FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo

訪問:2017/11/5 14:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★☆☆☆
3年前の夏、カンカル[Cancale]で生ガキ(☞ こちら)を食べる前に寄るつもりだったサン・マロ[Saint-Malo]だが、大渋滞と駐車場が満杯で断念したものの、あの巨大な城壁に囲まれた街には未練があったあったことから、今回の旅に無理やり組み込んだ。

日曜日とあって、それなりに混むかと予想していたら、城壁内の無料路駐スペース(フランスでは、たいてい週末の路駐は無料になる)もあっさり見つかり、難なく城壁歩きと干潮時に渡れる島(Petit-Bé)の城に行くことができた。



ディナー時にも城壁内に来る予定だったが、朝昼抜きだったので軽く食べたいと中心部を歩いていると、大好物のクイニーアマン専門店を発見。



日本で食べているクイニーアマンとは、見た目がかなり違うものの、その場で焼き上げていたので食べるしかないだろう。
ブルターニュが本場であるとは知っていたが、サンマロからは200Kmも離れた半島の西端近くにあるドゥアルヌネ[Douarnenez]が発祥の地らしい。



それにしても、形状が違うだけでなく5人前サイズだとか10人前サイズなんかもある。さらには、味も4種類ほどあったが、本家とは違うサンマロ流のクイニーアマンということかな?

このサイズ違いは、この店だけでしか見なかったが、味違いのクイニーアマンは、ブルターニュの他の地域のパン屋でも見かけている。(今回の旅では、ホテルで朝食をとる代わりに近くのパン屋で買って食べるケースも多いが、パン屋の紹介はキリがないので省略)



Kouign Amann de Saint-Malo Le Traditionnel(€2.00)
beurre et sucre


4種類の味の中から選んだのは、日本でも食べることができるバター&砂糖のトラディッショナルタイプ。
チョコとか変な味のものよりの、クイニーアマンは断然シンプルな方が美味しいはずだ。



見ての通り、パイ生地のような渦巻き状に焼き上げてある。
薄くスライスしたら「源氏パイ」みたいだが、もちろんパイのようなサクサク感はまったくない。

上の2枚の写真は表と裏を撮っているが、日本では底の部分がバター入りシロップが固まってカリカリになっているのに、こちらは両面ともほぼ同じ感じ。硬さがまったくない。



薄巻き部分を少し平らげた断面写真がこちら。
バターたっぷりのしっとり感はあるものの、カリカリ感がまったくないことが分かるだろう。

これがサンマロ風なのか、本家ドゥアルヌネのものは日本で食べるものと同じなのかは不明だが(半島南側のゲランドのパン屋で売っていたものも含めて、ほぼ全部がサンマロと同じ源氏パイ型だった)、個人的には日本の方が美味しいと思っている。
ただし、店を選ぶ必要があり、大手系チェーンベーカリーのは完全に偽物だ。フォションのものが一番美味しいと思っていたが、半年ぐらい前に久しぶりに買ったら味が安っぽく変わってしまっていた。


▲壁メニュー

まあ、決して不味いものではないし、出来立てを食べられるという点でも十分お勧めできるとは思う。
日本と重量比で同じような値段で観光地価格だなぁと思ったものの、ほかの地域でも概ね同じような価格設定だったので、ことクイニーアマンに関しては、クロワッサンやパイ類のようなお得感は無いみたいだ。


【店舗詳細情報】
店名:Kouign Amann de Saint-Malo
電話:02 90 10 28 08
営業:10:00~19:00
定休:無休
住所:6 Rue Porcon de la Barbinais, 35400 Saint-Malo
GPS:48.649295, -2.025161 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストラン
 

【サン・マロ [Saint-Malo] の風景】

▲南側から旧市街全景。3年前に、この光景に魅せられて再訪する気になった。


▲干潮時に干潟を渡って行けるGrand-Béの城塞跡からみた旧市街全景


▲干潮時はこんな感じで前方の島(左:Petit-Bé、右:Grand-Bé)に歩いて渡れる


▲左:Grand-Béから見たPetit-Béの城  右:こんな道を歩いて向かう(☞ 両島に渡る際の注意掲示


▲Petit-Béの城(夏のシーズンは、右写真の岩場にあるロープで登って内に入ることができるらしい)



▲得意の城壁歩き。一部狭い場所もあるが、おおむね広くて快適(つまらない?)


▲左:北東端にある城が町役場って、凄い町だ。


▲左:メインゲート前広場(町役場の城の横)  右:メインゲート(Porte Saint-Vincent)


▲サン・マロ駅(駅舎正面の裏側はそのまま屋根なしホームになっているので寒い!)



▲ブルターニュのter(普通列車)がカッコイイ!(乗りに来ようかしら・・)


▲Tour Solidor
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>