« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant

訪問:2017/10/10 20:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆


1泊2食付2人で110.80ユーロで泊まったドウロ川に面した4つ星ホテル。
さすがに部屋は狭かったし、リバービューと言っても窓しかないので川の眺めを楽しむのは無理だったが、レストランのテラス席に出ればバッチリ。



結構大きな船が通っていたし、翌日のドウロ川沿線鉄道の旅で川を眺めていたら、結構な数の観光船が行き来していた。


さて、ディナーは夜8時からの営業とのことで真っ暗で眺めも何もないことから、室内席でいただくことにした。2食付レートでの食事は、お勧めメニューから前菜・メインを選び、最後のデザートはビュッフェ台から自由に取れるとのこと。
アラカルトメニュー側からも追加代金を負担すれば頼めるとの話だったが、その追加代金がいくらなのか不明だったのでパス。(相変わらずのケチ精神が出ている・・苦笑)


Couvert(€1.95)

まずは、パンとバター。
まあ普通だけど、お値段の割には寂しい感じ。


Creme de cenoura com croutons e cebolinho(€2.50)
Carrot soup


家内はスープが飲みたいと人参スープを選んでいたが、やや水っぽい感はあるものの、ごく普通。


Trilogia de sabores à Porto Antigo(€4.75)
Trilogy of flavors at Porto Antigo


私は、3種盛り合わせを頼んでみたが、ちょっと想定外のラインナップ。
3種類のカウントの仕方も微妙だ。



右端にあるのが、野菜のてんぷら。そう、フリットというよりは天ぷらに近い。
天つゆがあるわけでもなく、塩味でいただくことになるのだが、見た目通りで美味しいわけでは無い。



真ん中の2品は、フレーク状のツナだけのサラダと、マッシュルームの中に刻んだハムと野菜のソテーを詰めて、その上に山羊のチーズを乗せてオーブンで焼いた料理。
マッシュルーム側は少しは凝っているものの、味が伴っていないなぁ。



Francesinha à Porto Antigo(€11.90)
Typical sandwich Porto Antigo Style (w/ veal steak, sausage, cheese, ham and fried egg)


2択のメインからは、私はポルトの名物料理である「フランセジーニャ」をチョイス。
3年前にポルトの専門店(☞ フランセジーニャ・カフェ)で食べたものと比較しようという魂胆だが、選択肢が無いので消去法で残ったという方が正しい。

目玉焼きがデンと上に乗っているのは、Porto Antigo Style だから?



断面写真を比べてみても、ポルトの専門店は4種類のハムや肉がキレイに積み重ねられていたが、こちらは一見ハムとチーズだけ。一番上に乗っているステーキが仔牛肉らしいが、それも薄切りで焼き肉サイズだ。

ただ、3年前と比べてソースはこちらの方が上。専門店の方が正統派なのかもしれないが、少し辛いケチャップベースという印象だったのに対して、こちらはデミグラスソースベースでコクのあるお味だ。
目玉焼きをどう処分(!)すべきか悩んだものの、特に混ぜずにそのまま目玉焼きとしていただいたが、全体印象としては悪くは無かった。



Bacalhau à Serpa Pinto(€11.90)
Slice codfish with maized bread, greens and cowpeas


家内の魚料理は、ポルトガル定番中の定番であるバカリャウ(干しタラ)料理。




サラダとフリットもたっぷりと付いてきた。
生野菜のサラダには滅多に出会えないだけあって、家内が全部独り占め!(フリッツは私が半分以上食べた)



どちらも味見しなかったが、付け合せというかバカリャウと同じサイズで乗っていたジャガイモ料理は、なんとなくスイス料理のレシュティ[Rösti]風に見えた。





最後は、メニュー上はBiscuit cake w/ vanilla icecream(€3.80)となっていたが、嬉しいデザートバイキングということで、こんな感じで盛ってきた。

丸ごとリンゴのローストだとか、昔ながらのプリンなど、ポルトガルの代表的なケーキが2種類もあったのは嬉しい誤算。お味の方もまずまずで、これが採点アップにつながった次第だ。


※メニュー:お勧め前菜・パスタメイン・デザートワイン

【店舗詳細情報】
店名:Hotel Porto Antigo Restaurant
電話:255 560 150
営業:12:30~15:00、20:00~22:30
定休:無休
住所:Rua do Cais 675, 4690-423 Cinfães
GPS:41.090075, -8.079479 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したポルトガルのレストラン

ポルトガル旅行はここで中断し、この後からフランス旅行を現地からお届けしたい。秋のジビエシーズン到来とあって、今回は街歩きに加えて食べる方に拘ってみたいと思っている。
ポルトガル旅行の残りについてはフランス旅行の後から再開するつもりだが、月末のベトナム旅行を先行させる可能性や12月のドイツクリスマスマーケットの旅も先行させる可能性があるので、12月後半になるかもしれない。
 

【ドウロ川沿線鉄道の旅の風景】
翌日は、愛読している artyさんのドウロ川沿いに走る鉄道旅情報に加えて、EkaterinaYoghurtさんの情報も参考にして、最寄りのMosteirô駅前にレンタカーを停めて、後で車でも通ることになるピニョン[Pinhão]駅を往復してきた。(往復€11.20;片道約1時間)



こんな田舎駅なのに英語を話せる駅員だったのにはビックリ。現地で30分しか滞在しないことになるけど大丈夫なのかといった確認や、帰りの切符は最終時刻で発券したけど、その前の列車にも乗れると丁寧に説明してくれた。
窓が汚れていたことや、往路はドウロ川側の席が埋まっていて(というか、満席で最初は立ちんぼだった)キレイな写真は撮れなかったが、再来年にでも途中の街に泊まりながらのんびり鉄道旅をしようかと考えている。


▲左:Mosteirô駅  右:3両編成の列車が到着


▲田舎の普通の列車だと思ったら、中は1等車みたいなシート


▲左:途中のレグア駅の奥に、錆でボロボロのSL等が放置  右:東側には展示場?



▲往路はドウロ川側の席を確保できず、反対側のブドウ畑を見ながら(最後に船が見えたドウロ川)



▲1時間でピニョン[Pinhão]駅到着



▲駅舎の壁に注目(土地柄ぶどう関連が多い)


▲駅舎内のワインバー(右のメニューはクリックで大きな画像で見れます)...観光地価格で高い!


▲左:ピニョン駅正面  右:ホームからポルト側を拝む


▲左:帰りの列車到着  右:途中のレグア駅で車両交換
車内清掃員が入ってきたのでおかしいと思っていたら、ホームの物売りのおばちゃんが乗り換えろって教えてくれた。駅に着いてから駅員や車掌から何の案内も無いのはポルトガルだから?(レンタカー旅が中心なので、海外鉄道旅の経験値低すぎを実感)


▲帰りは楽々ドウロ川側の席を確保できた。


ポルトガル国鉄ドウロ線[Linha do Douro]路線図 (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>