FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal)

訪問2017/10/8~9 (Room Type: Junior Suite Twin、朝食付2名 €156.00、Rate: Golden Days
食事: 総合★★☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★★☆☆☆、雰囲気★★★★☆、CP★☆☆☆☆
宿泊: 総合3.0、予約個室3.5、建物全体2.0、サービス2.5、CP4.0
4日目は、昨日通過したサンティアゴ・デ・コンポステーラ [Santiago de Compostela]に寄ってから、バイヨーナ[Baiona]にある古城タイプのパラドールへ。



Castillo de Monterrealとの表記よりも、Fortaleza de Monterrealとの表記が主流であるとおり、外観からも城壁で囲まれているというだけの城塞跡に新しく建てたもので古城ホテルとは言い難いが、パラドールはこの手のタイプが多く、過去泊まったロルカ城スダ城(トルトサ城)なんかと同じだ。
ただ、1周2Km近くにもなる城壁を整備した遊歩道があるのは、他に無い魅力。ほかに、1周3Kmの島の外周遊歩道もある。

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
朝食の内容
泊まった部屋(No.106/Junior Suite Twin)と内部写真
モンテレアル城の風景



お約束のAmigos会員向けウエルカムドリンクのおつまみは、ピーナッツ。無いよりはマシだが、これでおおよそのホテルの姿勢が分かってしまう。バーコーナーのテラス席でいただいたが、城壁歩きをしている観光客が見えるだけだ。
 



パラドールの夕食は、2食付で予約した場合のコースを現地でも頼めるのが普通なので、あえて2食付で予約しなかったのだが、ここのパラドールは2食付予約者以外のコースが存在せず。
過去アラルコン城しか経験無いのだが、あちらは部屋数14の最小規模のパラドールだから仕方ないとは思うものの、こちらは部屋数120以上の大規模パラドール。なんだかなぁ。


Bread(€2.10/人)

注文を終え、最初にバスケットに入ったパンが出てきた。
2種類あったので、家内と私で違うものを取ったのだが、パンが無くなっても追加を持ってこないので、これ1切れが2.10ユーロということになる。



アミューズは、イワシ(?)のマリネに、アボカドではなく豆のピュレを添えたもの。
美味しくない。



Pulpo a feira con cachelos de patata y alino gallego(€16.50)
Octopues 'a feira' with jacket potatoes and olive oil


まずは、当地「リアス・バイシャスの名物[Gastronomia Das Rias Baixas]」と題した料理群から、またまた蛸のガリシア風。

昨日ア・コルーニャ [A Coruña]A Pulpeira De Melide で食べたものよりも高い上に、味が平凡なだけでなく、タコの食感に個体差がある。

家内は不味いから要らないと、全部私が責任を取ることになってしまったが、昨日の店の水準が非常に高かったことは、ここでも裏付けできた。



Empanada gallega de bacalao y pasas(€11.00)
Wheat flour galician pie with cod and raisins


もう一品は前菜群の中から、当地ガリシアの名前の入った料理をチョイス。
英語版では分からないが、スペイン語版のメニューに「gallega」という文字が入っていたので決めた。



出てきたのは、パラドールの朝食バイキングで良く見かけていた料理だった。
クレープのような薄い生地に具材を入れて包み、オーブンで焼き上げた一種のパイ料理。



中の具材は色々なパターンがあると思うが、ここのは安直なツナだった。
普通にいただけるものの、約1500円という価格には見合わないよなぁ。所詮朝食バイキングで出てくるようなものだし。



Canelon trufado de pollo(€17.00)
Cannelloni with Chicken and truffles


家内のメインは、消去法で残ったというチキンのカネロニ。
カネロニというよりは、巨大なロールパスタという感じのものが出てきた。



変わったものが入っているというので一口いただいてみたが、鶏肉ではなく魚の白子みたいなものだ。
これも美味しくない。



Rabo de toro guisado(€16.00)
Stew bull's tail


私は、牛テールのシチューを選んでみたが、なんじゃこれ?
温玉をトッピングしている点からしても外しているし、シチューとも言えないし。

ちょっと調べてみたら、スペイン料理ではメジャーなものみたいだ。
ただし、画像検索するとオーソドックスなシチューや肉の煮込みがヒットするので、ここのシェフの創作料理っぽい。
お味の方は普通にいただけるものの、やはり温玉は要らないなぁ。


ということで、かなり独創的な料理ながらも、技術力の無いシェフが作るとこうなるという典型で、大外れ。
城のホテルでは、必ずディナーをいただくことにしているし、大規模パラドールのレストランは当たることも多いので期待していたのだが、がっかりな内容だった。
キャパに対してスタッフ不足で、サービスも悪いし・・


※メニュー:店頭掲示英語版①ドリンクワイングラスワイン

【パラドール直営レストラン詳細情報】
名称:Parador de Baiona
電話:986 355 000
営業:13:30~16:00、20:30~23:00
住所:Monterreal, 36300 Baiona Pontevedra
GPS:42.125637, -8.849616 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したスペインのレストラン
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
 

【朝食】


朝食は、どこのパラドールでも基本部分は同じ。



その割には朝食代が高いので、ルームチャージのみで予約した場合は朝食は抜いて、どこかのバルで食べた方が楽しめるだろう。夕食もそうだが、車が無いと気軽に街と行き来できない点が難だが、ここの場合は歩けない距離では無い。


 

【泊まった部屋(No.309/Junior Suite Room)の内部写真】


▲少しは城の雰囲気を出してあるが、部屋からの眺めはイマイチ。


▲バスルームは近代化されてしまうのは、最近の古城ホテル共通かな?


▲館内通路は、雰囲気無し!






 

【モンテレアル城 [Castillo de Monterreal] の風景】
まずは、城壁歩きからスタート。パラドール入口横から反時計回りで。













▲ほぼ終点、車道入口側のレストランの横から教会に移動しておしまい。


▲翌日は、城壁の外側、島の外周遊歩道を1周(左写真クリックで大きな画像が開きます)


▲モグラ発見。自然界で生きているのを見たのは初めて。


▲海鳥って、ヒトデをちぎって食べるのね。これも初めて目撃。




▲サンティアゴに近いだけあって、帆立(とヒトデ)を祭ってる?


▲マリーナの手前で終了。
 

【サンティアゴ・デ・コンポステーラ [Santiago de Compostela] の風景】
(GPS: 42.880530, -8.543700

▲大聖堂は、絶賛工事中!


▲行列に1時間並んで右写真入口から入ったものの、出たら行列解消していた。何だったんだ?



▲大聖堂の中。ミサがあっても中に入れるし、入場無料、一部を除き写真撮影可。


▲大聖堂の横の広場から(行列したところ)


▲左:大聖堂正面広場にあるポザーダ  右:その横、大聖堂正面の建物



▲大聖堂広場から各方向に延びる道


関連記事

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>