FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide

訪問:2017/10/7 15:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
3日目は、ヴァレンサ城 [Castelo de Valença] で城壁歩きと川の反対側にあるスペインを拝んでから、スペインに高速道路で越境。
ビーゴ城 [Castro de Vigo]を見た後は、ひたすら高速道路を北上して、ア・コルーニャ [A Coruña]の街に到着。ここに日本でも有名な「タコのガリシア風」の美味しい店があるとの情報を掴んでいたのだ。



日本的には3時のおやつの時間も過ぎているというのに、約10組の待ち行列。ウワサ通りだ。
おじさんに名前と人数を伝えれば、順番に呼んでくれるとのことで、店の前でウロウロすること15分。店内席側なら空いたとのことで、ようやく入ることが出来た。


▲右:壁メニュー(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

いつまでたってもメニューを持ってこないので催促したら、壁の液晶モニターを指して、あれだと。スペイン語(ガリシア語?)のモニター表示の壁メニューだけしかないという、凄い手抜き。

こういった時に備えて、またまた事前に保存しておいたGoogle Mapの投稿写真のスナップショットを見せて注文することになった。この手は、今年に入ってから使うようになったのだが、難点はいつもブログで明記しているメニュー名と金額が不明になってしまうこと。レシートから判断するしかないのだ。


Pacion de Pan(€1.00x2人)

まずは、パンが出てきたが、メニューに記されていないのに請求してきた。
日本の文化を持ち出すのは拙いとは思うが、海外でメニュー明記の無いコペルトやテーブルチャージを請求するされることはまず無かったので、サービス点減点対象だ。



Racion de Pulpo(€11.00)
Cacelos(€2.40)

お目当てのタコのガリシア風は、後でチェックしたら掲示メニューに表示されていなかった。
これがウリの店のはずだが、現地人なら口頭で頼めるものの、日本人では無理。やっぱりタブレットで画像表示して注文するしかないな。

さらに腹が立つのは(この記事を書く段階で判明したので、現地では請求額の高さに驚いただけで腹は立っていない)、付け合せのポテトが別料金。コペルトなら他国でもあるので許容範囲だが、頼んでいない物を勝手に出して請求する行為は許しがたい。



お目当てのガリシア風タコは、予想通り柔らか。足先の細い部分までもが、しっかり柔らか。



そこまでなら、ガリシアで食べるタコなら当たり前だろうが、味付けが良すぎた。
単に塩とパプリカ粉に、ほんの少しだけカイエンペッパーを振っているだけだと思うが、滅茶苦茶旨いのだ。



Navajas(€14.50)

タコよりも感動したのが、マテ貝。
生に近い加熱加減に加えて、白ワインとニンニクのソースが絶品もの。
こんなにおいしいマテ貝を食べたのは初めてだけど、スーパーでキロ7ユーロで売っているマテ貝が、この量で14.5ユーロに化けていたので原価率2割。儲かってるなぁ。(笑)



Zamburinas+Iberico(€14.50)

残念だったのはホタテ貝。
日本でも普通に食べることができる食材というだけに、小さい粒8個で14.5ユーロは高すぎだ。
下味の付いた極細かいパン粉を付けて揚げたものを、パセリマヨネーズでいただく。
どうも、無造作にトッピングしてあるイベリコ豚で付加価値を付けているようだが、意味なし。

前に別の場所(国?)でホタテを食べた際に、西欧でホタテは高いだけでつまらない選択だと思ったのに、学習効果が切れてしまったようだ。(いつも切れてるかも?)



水とコーラ代に、なぜか頼んでいないジャガイモ代とパン代を加えて、お会計は6千円越え。
美味しかったのは確かなので許容できるものの、物価の安い地域でこの価格はべらぼうだ。

やはり西欧での海鮮料理は日本よりも高くつくということで、日本では味わえないタコとマテ貝だけにすることを強くお勧めしたい。真っ当な価格設定だったタコだけでも良いかと思う。(No Potato というのを忘れずに! 笑)

このあとは、今日の宿であるフェロールのパラドール(Parador de Ferrol)へ移動。もちろん、夕食は抜きだ。


【店舗詳細情報】
店名:A Pulpeira de Melide
電話:981 152 197
営業:13:30~16:00, 20:30~24:00
定休:月曜日
住所:Plaza de España Nº16, 15001 A Coruña
GPS:43.372919, -8.397297 (☞ Bing Map


今日のルート実績LOG
訪問したスペインのレストラン
 

【ビーゴ城 [Castro de Vigo] の風景】
案内掲示 (GPS: 42.231805, -8.726812


▲ほとんど城跡らしいものも無い、市民憩いの公園という感じだった
 

【ア・コルーニャ [A Coruña] の風景】

▲Praza de María Pita


▲左:Igrexa de San Xurxo  右:Igrexa de Santiago



▲サン・アントン城 [Castelo de Santo Antón] (☞ 案内掲示


▲ヘラクレスの塔 [Torre de Hércules]


▲塔の周りの風景


▲左:サン・アントン城向かいの病院  右:Antiga Prisión Provincial(ヘラクレスの塔の向かい)
 

【フェロール [Ferrol] の風景】
(GPS: 43.480925, -8.239976 ←写真撮影ポイントのパラドールの位置)

▲この教会の裏側がパラドール


▲左:教会横の丘側にあった建物  右:教会の目の前は軍港


▲パラドールも歴史的建造物。部屋の配置図の上側が、さきほどの教会につながっている


▲ロビーとラウンジ


▲軍港を拝めるレストランと朝食
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>