« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店)

訪問:2017/8/12 18:00
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
16泊18日の英国旅行+アイルランド古城ホテル宿泊旅行も、実質最終日。
個人的には英国の高い入場料を払って見る古城やマナーハウスなんかよりも良かったカブラ城をチェックアウトして、適当な道を選んでドライブしたものの、無計画だと見どころ無いなぁ・・(☞ 今日のルート実績

Gourmet Food Parlour Santry

最後の夕食は、翌日早朝発の便に備えて泊まった空港近くのホテルのお隣にあった店。
軽食中心の店で、ディナータイムはタパス表記になっていたうえに、後で調べたらチェーン店だった。

ドリンクは、例によって水道水(Tap Water)だけ。カラフェの水もしっかり冷やされている。
さらに、無料なのに氷とレモンを入れたグラスを出してくれた。これは、カラフェ形式で出す店では日本も含めて経験が無いサービスだ。



Mezze plate(€12.00)
red pepper hummus, herbed feta, tomato & olive tapenade, sundried tomatoes, roast peppers, grilled aubergine, garlic stuffed olives, warm artisan breads


Antipastiからは、プレート物を選んだ。シェアでいただくと言っておいたので、皿もちゃんと2つ用意してくれた。
店名からもメニュー構成からもカフェ系と思っていたが、出てきた皿は予想通りカフェ仕様。きれいに盛られている。



基本は出来合い品を盛り付けただけという感じで、料理として見たら魅力に乏しい内容。



ただし、左の皿にあるペースト類3種類は自家製っぽい。
特に、最近何度も食べる機会のあったフムスは、ひよこ豆の主張が非常に強いもので独特で美味しいし、トマトペーストもペストと合わせると美味。



Slow roast lamb(€11.00)
spiced couscous, beetroot & goat's puree


メインは、Small PlatesとLarge Paltesが用意されていたが、Large側にハンバーガーがあったので、Smallの量は相当少ないだろうと予想できた。でも、食が細ってきているので(半分ウソ)、二人とも Small側からチョイス。



ラムは豚肩ロースの蒸し焼きみたいな味わいで、本当にラムかどうか微妙な印象。
そこに、山羊のチーズとビートルートを合わせた独特なソース(というか付け合せのマッシュポテト代わり)を合わせると、結構ハマる味。もちろん羊系全滅の家内は舐めただけで拒否反応を起こしていた。



Tiger prawns pil pil(€11.00)
garlic, chilli, lime, smashed avocado dip, toast


家内が頼んだ海老のビルピルは、英国側のレストランで隣のテーブルが頼んでいたものを盗み見したのと違って、ほぼスペイン料理の海老のアヒージョ仕様。



これで1500円。ちょっと高すぎ。



アボカドディップ(ワカモーレ)は、普通にいただけるお味。

Gourmet Food Parlour Santry


概して飯の不味い空港ホテルで食べるよりはマシかもしれないが、車が無ければここで食べるしか無い気がするので(徒歩圏の他の店は、もっとダメそう)、適量で腹を満たせばよいかと思う。
部屋に湯沸しポットがあるので、日本からカップ麺持参という手もアリだろう。


※メニュー:Tapas Menu(夜用メニュー)

【店舗詳細情報】
店名:Gourmet Food Parlour Santry店
電話:01-968-5400
営業:8:00~Late(月火は8:00~17:00、土日は9:00~)
住所:Northwood Avenue, Santry Demense, Santry, Dublin D09 P832
GPS:53.404121, -6.242573 (☞ Bing Map



翌日は、朝7時の便でダブリン空港からヒースロー空港を経由して羽田まで、英国航空のビジネスクラスに乗って全行程終了。
航空券代が事実上タダであることと、食に期待できない英国南部ということで食費もかけなかったことが、16泊18日で1人20万円強で済んだ理由だろう。(高額な入城料も、ツーリングパスを購入したナショナルトラスト以外では家内だけにした)
しかし、アイルランド分を除けば家内の趣味である古城・廃城巡りが主目的で、私にとってはおかかえ運転手兼秘書に徹した疲れた旅行という印象だ。もうこんな旅行は無しにしたいと強く思ったのは事実だ。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 23700円(成田>ロンドン>ダブリン>ロンドン>羽田、85000マイル消費)
現地宿泊費: 100977円(£507.70+€116.05+US$35/16泊;うち2食付4泊,朝食付6泊,IHG特典1泊)
現地交通費: 39478円(£258.77+€8.94)レンタカー(英国2週間分のみ)&燃油・駐車場・渡し船
飲食雑費等: 40762円(£190.16+€63.00+4304円)飲食・入城料・National Trust 14日券・雑費
国内交通費:  2446円
旅費合計:  207744円...2人で約42万円+17万マイル消費/JAL

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食レポートを2本お届けしてから、今週火曜日に帰国したポルトガル・スペイン旅行を1日1本ペースでお届けしたい。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
台湾/台中: 蒝紅綵手作飲冰館(The Rainbow Ice) 2018/07/06
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲③ 2018/07/05
台湾/台南: 太陽牌冰品② 2018/07/05
台湾/台南: 冰仔角 (ICE TOP) 2018/07/04
台湾/台南: 裕成水果店⑥ 2018/07/04
台湾/台南・玉井: 玉梅芒果冰 2018/07/03
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>