« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フィリピン.マニラ(Manila):MANGAN

訪問:[2011/3/5 10:45]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
雨が降ってきたので街歩きを中断し、繁華街の中心部にある巨大モール「ロビンソン・プレイス(Robinsons Place)」に入ってみた。
ちなみに「地球の歩き方」最新(2011~12)版に掲載されている名称はビルの正式名称であり、一般的でないもの。中にある世界的なチェーンレストラン名も誤って掲載しているところを見ると、いつもながら真面目に実地調査していないことが見えた。ホントいい加減なガイドブックで、地域のバラつきが極端でブランド統一性がまったく無い。いいかげん「地球の歩き方」という名称は地球を歩くスタンスの旅人向けに実地調査した地域だけに限定し、それ以外の地域では別の名称で出版していただきたいものだ。

入口近くのイベント広場から日本語が聞こえると思ったら、コスプレ大会みたいなイベントをやっていて、夕方に出かけた時には千人単位のコスプレーヤーとそれを目当ての人達(?)で大混雑。フィリピンにも日本のアニメ文化が浸透しているようだ。このモールのすぐ近くにも、立派な「メイド喫茶」があったのには驚いた。

外観 店内の雰囲気

入口から右手に進むと、店頭にフィリピン料理の写真を掲げる立派なレストランを発見。
「T.G.I. Friday's」の真正面にある「A Portrait of Modern Pinoy Cuisine」、即ちモダンフィリピン料理店と名乗る店だ。

現金の持ち合わせが少ないことから、まずは両替屋を探し。そのまま直進した広場に行列の出来ている両替屋「MOROMAX Maney Changer」を発見。4つある窓口のガラスにUS$と円のレートが大きく張り出されていたが、事前に調べておいたTTSとほぼ同額の千円=523ペソという高レートで手数料も不要。前日ホテルで千円しか両替しなかったので(=P500)、2千円を両替。帰りの空港で出国税P750を払うため千円を追加両替(=P505)したので、合計4千円が当地でのパッケージに含まれない旅行費用総額。(3種類のレートの違いを載せたので、現地に行く予定の方は参考に。それほど血眼になるような差ではないことが分かる。リスクを負ってまで怪しげな両替商で両替する価値は無いという事だ。)

Free Fritters

注文を終えると、お通しなのか Free Fritters が出てきた。
請求書には無料として記載されていたので、必ず出てくるサービス品のようだ。
芋を極細切りのして揚げたもの。特に味を付けていないようで、そのままつまむには物足りないが、パリパリの感触は楽しめる。

Adobong baboy at manok
Adobong baboy at manok(P83≒160円)

なんとも不思議な味のソースで煮込まれた鶏肉。東南アジアではよく目にするブラックペッパーソースに近いが、胡椒ベースのグレービーにココナツクリームの濃厚さタマリンドの酸味等々をいろいろ配合した感じの味で、未体験ゾーンだったものの味としてはまとまっている


Lechon Babi
Lechon Babi(P101≒200円)

当地名物の豚の丸焼きが「Lechon」。
パリパリの皮目を見ると、ローストしたのではなく油で揚げたものだと思うが、甘酸っぱいピーナツソースでいただくと美味しい。

デザートの類だと思うが、「Sari-saring Kakanin」(タガログ語で「食べ物いろいろ」というニュアンスか?)というカテゴリに載っていた。
Lelut Balatong(Ginatang Mongo)(P54≒110円)

Lelut Balatong(Ginatang Mongo)

マンゴだと思って頼んだら一字違いのモンゴだったみたいだが(笑)、モンゴって何だろう?
米粒ぐらいの小豆色をした豆が入った甘いおかゆ版のお汁粉といったところか。

Lelut Balatongの中身

デザートとしては悪くないが、ちょっと私には量が多すぎて半分でギブアップ。

量が見えなかったので以上3品しか頼まなかったが、思ったよりは少な目。
あと2~3品行けばよかったと思ったが、同じ店に再び入るのもつまらないので、この後はフードコートで食べることにした。これが独特な現地料理たっぷりで、非常に楽しめたのだ。(☞ Coming Soon!)


※メニュー:店頭の写真付看板店内①店内②店内③


【店舗詳細情報】
店名:MANGAN
住所:Robinsons Place Ermita Level 1, Midtown

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>