FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house)

訪問:2017/9/2 17:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
実質初日は、11時までヴィリニュス[Vilnius]旧市街を歩き回り、空港まで戻ってからレンタカーでカウナス[Kaunas]へ。


▲今日のルート

リトアニア最初の食事は、旧市街中心部にある広場にある飲食店街とは違い、教会の横に1軒家で営業していたこの店を選んだ。

Google Mapで見つけて、HPのメニューを確認したらジビエ料理をいただけるとあって、ジビエ大好きな私が飛びついたというわけだ。
リトアニア料理は、この後どこでも食べることが出来るだろうという判断もある。

Hunters houseHunters house

店の入り口から、ジビエのターゲットとなる動物たちの絵が描かれていた。

Hunters houseHunters house

店内に入ると、既に数組の客が食事中。
実は、事前に店頭で6時半で予約しようとしたら、団体客が入るので無理と断られ、5時か8時半ならOKというので5時でお願いしたのだが、5時前から客が入っていたのだ。
遅いランチなのか、早いディナーなのか??

Medžiotojų užeigaMedžiotojų užeiga

内装を見ると、対象となる獲物の剥製が飾られているのは良く見かけるが、片方の壁一面が獲物の毛皮で覆われていた。初めて見た気がするが、凄いこだわり様で料理への期待が膨らむ。




注文を終えると、温められたパンが出てきた。
これはフランスと同様に無料。


Game Meat Plate
Game Meat Plate According to an Old Lithuanian Recipe(€8.00)

ジビエ目当てで来ているので、前菜からは狩猟肉の盛り合わせを選んでみた。
古いリトアニアのレシピで作られているとのことで、とりあえずはリトアニア料理ということになるかな?

Game Meat

皿に少しずつ盛ったのがこちら。
実質サラミとドライミート(ジャーキー)という皿で、期待外れだったのは確かだが、細長い棒状のものが独特で美味しかったので聞いたら、鹿肉だそうだ。



盛合せを乗せた木の板、中心部分に店名の焼印が押されていた。


Red Deer Loin
Red Deer Loin with Red Wine and Cherry Sauce(€16.00)

メインは、赤鹿肉をチョイス。
赤ワインとチェリーのソースって、ほとんどフランス料理だが、付け合せはフランスでは見かけない。

特に、スライスビーツの上に、ハーブソースを乗せてあったのが独特。
縮緬キャベツのソテーをたっぷり敷いてあるのも、リトアニア料理なんだと思う。

Red Deer Loin

鹿肉をアップ。
特に焼き加減を聞かれなかったのだが、しっかり焼きすぎのようだ。

赤鹿肉の断面

ソースも普通というか奥深さは無く、肉質は間違いなく冷凍品。
鹿肉といえば、過去最高だったのがイタリアのウルビーノにある Antica Osteria da la Stella で食べたものだが、どうもこの店では地元で捕れたフレッシュなジビエを提供するわけでは無さそうだ。

最初の期待が大きかっただけに、ちょっと残念な結果になってしまった。


お会計は、コーラ代を加えて €25.50也。

わずか3千円でジビエ料理の前菜とメインをいただけるのだから安いが、この後で食べたリトアニア料理の価格設定から考えたら、かなり高額。

まあ、珍しいタイプの店という事で、下手な店に行くぐらいなら選択しても良い気がする。



帰り際に、隣の団体用の席に料理が並び始めていた。
紹介するのは1枚だけだが、この時点で8種類もの料理の皿が並んでいたので、いったいどんな形で食事を提供するのだろう?

※メニュー:スペシャリテ・サイド・サラダ・スープ狩猟肉・メインデザート・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Restoranas Medžiotojų užeiga
電話:37-320956
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:Rotušės a. 10, Kaunas 44279
GPS:54.896458, 23.885381 (☞ Bing Map

 

【カウナス[Kaunas] の風景】

▲カウナス城


▲左:その隣の教会  右:メイン広場(名称不明)に面する教会


▲そのメイン広場の中心に建つ教会 兼 Kaunas City Museum


▲広場の角にある別の教会でも結婚式開催中(上の2つでも開催中)


▲左:広場全景(教会の間の先に見えるのが、食べた店)  右:広場に面する飲食店街


▲左:広場から延びる歩行者専用道路の起点  右:最初は飲食店街


▲左:ボロい教会の横を通り・・  右:トロリーバスの走る道路に接して少し右折すると


▲左:この広々とした歩行者専用道路が始まる(木々の外側も遊歩道)  右:その終点の教会


▲左:横に伸びる歩行者専用道路の先に洒落た道路橋があった(その先はショッピングセンター等)
 右:歩行者専用道路の真ん中付近にある市庁舎の前には日本国旗が掲げられていた(左から2番目)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>