FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe

訪問:2017/8/4 11:20
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
7日目は、この旅のメインイベントである聖ミカエルの山(セント・マイケルズ・マウント [St Michael's Mount])に向けての長距離移動。



イギリスのモンサンミッシェルと言われているそうで、干潮時間帯でないと徒歩で島に渡れないということから、11時前には到着しなければならない。ということで、朝6時半に出発して300Kmをノンストップで向かい、無事10時に到着。

Island Cafe

城の観光を終えて、島の中にあるカフェでランチタイム。
島内で食べることが出来る店は、このカフェの他にレストラン「Sail Loft」があるだけだ。



ガラガラの店内席よりも、空いている席を探すのが大変なテラス席側に席を確保してから行列に並ぶと、昼食は正午からと店員が大声で案内していた。ということで、早朝から食事抜きで行動していたものの、クリームティーで昼食にすることにした。

メニュー案内版を見ると、スコーンが2個ついてくるとあるので1人前だけにして、家内用にホットチョコを注文。

Cream Tea
Cream Tea(£5.95≒890円)
Two scones, Cornish clotted cream & Cornish jam served with a tea


ご当地コーンウォール[Cornwall]地方のクロテッドクリームとジャムを使っていると期待していたら、どちらもパック入りのまま出てきた。

Two scones, Cornish clotted cream & Cornish jam

この Rodda's のクロテッドクリーム、どこのスーパーでも売っていただけでなく、店で食べる場合でも普通に使われているようだが、パックのまま出して来るとは究極の手抜き?
あるいは、それだけ名の通った名品ということだろうか。

また、この店のように、小型のスコーン2個に56gのクリームが標準的な量だと思う。
初日のワデスドンマナーで出てきた量が少なすぎるという事は、ここでも証明された。



さすがにジャムの方は、見たことのないブランドだったが、しっかり Made in Cornwall と書かれているもの。メニュー表記に偽り無しだ。



Rodda's のクロテッドクリーム、写真の通り表面が黄色い油脂分の結晶みたいなもので覆われている。
ジャムは、甘みの強いものだ。



スコーンもまずまず。観光施設直営のカフェとしては、上等だ。

この後も出て来るが、今回の旅でクリームティーを8回ほど食べているが(スーパーでスコーンとイチゴジャムとクロテッドクリームを買って食べた回数を含む)、クリームティーの違いを決定づけるものは、クロテッドクリームでもジャムでもなく、スコーンであることが判明している。

一番気に入ったのが、アズダ[Asda]というスーパーで売っていた4個入りで £0.65(≒100円)のプレーンタイプの激安スコーン。これを持ち帰って、帰国日に中沢のクロテッドクリームを買って食べてみたが、結論は変わらずだった。

クロテッドクリームそのものの味や食感の差は、全体印象を大きく変えることが無いというわけで、これなら日本国内でも美味しいスコーンを売っている店を探し出せれば、英国の味を再現できると確証した。

お会計Hot Chocolate


※メニュー:食べ物飲み物

【店舗詳細情報】
店名:Island Cafe on St Michael's Mount
営業:10:30~17:00(7月と8月は~17:30)
定休:土曜日と10月最終土曜日~翌年3月第3日曜日の前日
GPS:50.118324, -5.476080


訪問したイギリスのレストラン

ここでイギリス旅行を中断して、明日から出かける台北マンゴーかき氷食べ歩きレポートを、現地から1日2本ペースでお届けしたいと思う。イギリス旅行の続きは、その後のリトアニア・リガ・ワルシャワ旅行の後に登録する予定だ。(☞ King Arthur's Cafeに続きます)
 

【聖ミカエルの山 [St Michael's Mount] の風景】(☞ 案内掲示


▲出発地点と到着地点(☞ Causeway Opening Times


▲左:上陸したら、徒歩で渡れる時間を再確認(この日は11:15まで)  右:城の入口(£9.50)


▲左:城(St Michael's Mount Castle)の手前の展望台  右:城の中にも入れる


▲展示物は大したことは無いと思う


▲左:あっけなく城の外に出た  右:陸地から渡ってきた道(コーズウェイ)を城から眺める


▲左:反対側の風景  右:眼下には公園があるようだ(別料金の「The Garden on St Michael's Mount」)


▲順路に従うと、お次は教会の中へ


▲徒歩で渡れる時間を45分経過していたが、まだ多少水につかりながらも渡れる状態


▲「The Garden on St Michael's Mount」に入場(£7.00、城とセットで£14.00、木曜と金曜のみ入場可)
地図掲示説明掲示



▲ガーデンは多肉植物がたくさん植えられていた


▲入口では、その多肉植物を多品種販売していた(日本には持ち帰れない)


▲徒歩で渡れる時間を70分経過。そろそろ限界。


▲渡船(£2.00)に乗って戻ろう。本土側の船着き場は海面高(時間帯)によって異なるので注意


▲往路徒歩で渡ることが出来たコーズウェイは、完全に水没
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ニシュ [Niš]: Tavern Kod Rajka 2018/10/22
セルビア/スボティツァ [Subotica]: Boss Caffe 2018/10/20
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>