FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof

訪問:2017/7/15 18:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆

 ← 今日のルート実績(by Geo Tracker)

9日目は、4年前にルートヴィヒ2世が手掛けた城を周った残りとなっていた、ドイツのヘレンキームゼー城[Schloss Herrenchiemsee]に立ち寄ることを意識して、城まで1時間強で行くことが出来るドイツ国境に近いオーストリアの高原地帯に宿を取った。

ドイツ側の宿代が高いことや、下界の暑さに耐えられないだろうと立地重視で選んだので、事前にマークしたこの4つ星ホテルに、他と比較せずに飛び込み宿泊した訳だが、案の定 Booking.com で事前に予約するよりも安く、2食付€79.00/人で1ランク上の部屋をゲット。

あまり期待していなかったテラスからの眺めも、目の前がスキー場のゲレンデ(?)で、その向こうに山が見えるので、悪いものでは無かった。


メニュー

ディナーは18時からと、ドイツ時間であり日本と同じ時間。
ただし、開始と同時に来る客は皆無で、客が少なかったとはいえ30分後まで貸切状態だった。

メニューはドイツ語表記のみ。
英語を話せるスタッフがひとりしかいないので、彼が来て説明してくれるのを待ってからスタート。


前菜
GemüsesülzeKürbiskernölfeine SchinkenplatteSpeckwürfel
bunter Mix von vitaminreichen SalatenKäse vom Brett

前菜はビュフェ台から好きなものを取れるとの案内だったが、ここまでのイタリア側のホテルと違って種類豊富ではあるものの、質的には微妙な印象。

さらに、メインの後でいただくはずのチーズとデザートまでが置かれていたので、間違えてチーズまで盛ってしまった。

Kartoffelsuppeパン
Kartoffelsuppe

スープとパンもセルフサービス。バターも大きな塊から自分でカットして持ってくる。

パンは、美味しそうに見えたバゲットだけ取ってきたが、日本でも出回っているフランス産の冷凍生地を使って焼いたもののような気がした。


Ragout vom Karwendelhirsch
Ragout vom Karwendelhirsch
Apfelrotkraut, Kartoffelbuchteln


メインは3択で、私は何かのラグーをチョイス。
ドイツ語翻訳をかけても、何の肉だが分からずだが、ジビエ系かな?
たっぷりの野菜と茸の旨味も加わって、なかなか美味しい煮込み料理だった。

左上は、赤キャベツのザワークラウトっぽいものだが、適度に甘酸っい味で美味しい。
右上の団子は、南チロルのカネーデルリの原型みたいな感じ。
ドイツのこの手の団子は巨大だが、ドイツ語圏らしくジャンボサイズで飽きが来る。


Tiroler Schlutzkrapfen
Tiroler Schlutzkrapfen
Braune Almbutter, Parmesanflocken


家内は、事前に翻訳をかけて判明していた安全なラビオリをチョイス。
なんだか焼き餃子の上に、パルミジャーノとドライパセリを振り掛けた感じの皿が出てきた。

Tiroler Schlutzkrapfen

トッピングを除けてみると、形状こそ違うものの、本当に焼き餃子だ。
断面写真を撮り忘れたので中身の記憶が曖昧だが、ジャガイモベースで生地も餃子とはまったく違うので、餃子というよりは焼きコロッケの方が近いかもしれない。


Topfen-NougatknödelTopfen-Nougatknödelの断面
Topfen-Nougatknödel
Beerenragout

デザートも前菜と同じビュフェ台から自由に取る形式。
1種類しかないのでこれだけだが、団子(?)とソースが別々なので、何個でも取れるし、ソースもかけ放題だ。

といっても、無駄に炭水化物を取りたくないので、おとなしく1個だけ。
これこそ南チロルのカネーデルリに近い生地の団子(?)だが、中身にジャムが入っていた。


Eisvariation
Eisvariation

アイスクリームが別にあるのを発見して、最後はアイスクリーム。
リキュール系のシロップもかけ放題だった。




ついでに朝食も紹介しておくが、オムレツをその場で作ってくれるコーナーがあったのは驚き。
例の英語を話すお兄さんが作ってくれたので素人料理だが、ボリューミーなオムレツだったので、家内とシェア。

パンやチーズも豊富だし、スモークサーモンなどもあるので、今回泊まったドロミティ周辺の4つ星ホテルよりも充実した内容だった。


【店舗詳細情報】
店名:Zillertaler Hof
電話:05246-6396
住所:Achenkirch 104, 6215 Achenkirch
GPS:47.510663, 11.697730


訪問したオーストリアのレストラン
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>