« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食.全日空:羽田⇒ロサンゼルス

搭乗:[2011/2/17 NH1006便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
メキシコ旅行の往路は話題の羽田発深夜便でロサンゼルス経由。先月のシンガポール線(☞ こちら)に続き、またまたビジネスクラスにアップグレードされた。しかも搭乗口での突然の通達という幸運。3日前でも十分に空席があったので予想外だ。(どうも、他社で欠航が発生したことによる振替で満席になった雰囲気)

ラウンジの食事は先月の情報を見ていただくとして、今回は約10時間かかる長距離路線。にもかかわらずシートは国内線のプレミアムクラスよりも幅が狭く、かなり窮屈な印象。B777-200という古い機種なので仕方ないか。トイレもウオッシュレットではない。

機内食のサービス手法はシンガポール線と同じなので省略。ただ、出てきた料理の質は雲泥の差だった。ここ2年間に利用したビジネスクラス機内食では、デザートを除けば最高水準だ。

離陸と共に就寝モードに入れば何もないが、起きていればドリンクと共におつまみが出てくる。これが、今まで経験したことのない手の込んだ感動ものの皿だった。

離陸直後のおつまみ

左側はポルト酒系の甘いワインで漬け込んだフォアグラのテリーヌを生ハムで包んだものと、やはり少し甘めに味付てほんのりアルコールを加味した感じの白ごまのムース。酒のつまみなので一口サイズだが、見事なハーモニーで滅茶苦茶美味しい。感動ものだった。

フォアグラを生ハムで巻いたもの 長ネギを鴨肉の生ハムで包んだもの

右側はカモ肉の生ハムで長ネギを包んだもの。これも美味しい。
過去のレビューを見ていただければわかると思うが、今まで出てきたANAのアミューズとの差はいったい何なのかというほどだ。

到着2時間前から朝食のスタート。というか、現地では夕方の時間帯ゆえに夕食仕様だ。
日本時間では朝食であるうえに、アップグレードを予期していなかったので羽田のラウンジでたらふく食べていたことから、重い重い。米国線のビジネスクラスに乗る場合は、ラウンジでの深夜食は控えねば。

和食と洋食の選択肢だが、洋食は主菜(肉か魚)の選択もできる。さらに肉料理はソースも2種類から選択できると、選択肢の多さはANAでは初めて。素晴らしい!



最初のセッティングはこんな感じ。
パンとバター、オリーブオイルは前回と同じ構成、ANAの塩と胡椒は昔から皿にたっぷり盛られてくる。

前菜:ソフトドライビーフ・柿、葱のロースト、マリネした根セロリとキャベツ ピーツのソースを添えて
洋食の前菜

離陸直後のアミューズでも驚かされたが、こちらもなかなか凝った料理だ。
特にソフトドライビーフは、ビーフキャーキーのソフト版という感じで良かったし、たっぷりの野菜も美味しかった。成田発の欧州線もこんな感じに変わっていれば嬉しいなぁ。

主菜:牛フィレ肉のステーキ リンゴのソテー添え シードル酒風味のソース
牛フィレ肉のステーキ

これも野菜たっぷり。ソースもたっぷりで、粒状リンゴとマスタードシードが良いアクセント。
素晴らしい機内食のグレードアップだ。

苺とニューヨークチーズケーキのパフェ 小菓子

ここまでは素晴らしく改善されていたのだが、残念だったのがデザート。メニュー上では、苺とニューヨークチーズケーキのパフェで固定されていて、昔のようにフルーツやチーズの選択肢がなくなっている。もちろん水準の低さは言うまでもない。

もっとも、チーズとフルーツは随時注文可能な軽食側に載っていたので、完全になくなったわけではないが、デザートを強制的に1品にしてしまった部分は明らかな改悪。やっぱり、どこか視点がずれているんだなぁ。

とはいえ、ANAの羽田発深夜便、その意気込みは大きく感じることができた。
願わくば、他の長距離路線でもこだわりの見える機内食を出していただきたいものだ。(といっても、私は無償アップグレードでしか利用しないので、大きなことは言えないが・・)
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>