« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB)

搭乗:2017/6/14 EK319便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
6月2本目の海外旅行は、エミレーツ航空ビジネスクラスで行くスペイン。
こう書いたら分かるだろうが、スペインは単なる行き先で、半分以上はエミレーツ航空のビジネスクラスの機内食とラウンジ食を試すことが目的だ。(残りの半分はIHGのスパイア資格取得のための宿泊修行・・笑)

これで通算33社目、日本国内線を除いて135回目のビジネスクラス搭乗になる。



通常なら、搭乗前のラウンジレポートから始めるのだが、成田空港のエミレーツ航空専用ラウンジ「The Emirates Lounge」が予想以上に凄すぎたので、ひとつ前のページにミニ情報として掲載した。

アウエーのラウンジとしては過去最高で、JALの成田や羽田の本拠地ファーストクラスラウンジなんかでは歯が立たないレベルのラウンジが、ビジネスクラスでも使えるのだ。

***********



例によって、初めての航空会社なので1番乗りで搭乗。
しかし、照明が怪しげな色(しかも変化する)で、撮影泣かせだ。
最後までこんな感じだったので、座席のスポットライトに頼らざるを得なかった。

広々としたラウンジに客十数名と閑古鳥だったが、今日のビジネスクラスの搭乗客もたったの10名だけとのこと。オール2階建てのA380で、2階席はファーストクラスとビジネスクラスだけになっているが、悲しいほどの搭乗率。
エコノミークラスも含めて、日本人CAは6名搭乗している(他社では2~3名が普通)だけでなく、外国人CAでもカタコト日本語ぐらいは話せるのには驚いた。
超大型機で定員数が多いことを割り引いても、明らかに日本人向けサービスの気合が入っている。
ラウンジも含めて、2月に乗ったカタール航空とは雲泥の差だ。

この段階での判断は早すぎるものの、欧州往復オール込25万円未満で航空券が出ていたら、勢いで買ってしまうかもしれない。(欧州線での有償搭乗は、やっぱり勢いで買ってしまったマレーシア航空の21万円台でのドイツ往復しかない)


座席に飲料4種常備ウエルカムドリンク

ウエルカムドリンクは、シャンパン・オレンジジュース・透明タイプの林檎ジュースからの選択。
少し後になってから、おしぼりも出てきた。

ウエルカムドリンクの他に、座席にミニバーのような専用のスペースがあったのは初めて。(左写真の奥の下段)
缶コーラと7-up、瓶のペリエとマンゴージュースの4種類にグラスが1つ備えられている。

アメニティ

アメニティも後から配られたが、ごっつい大き目の布製ケースに入ったもの。
内容から見て、男性用と女性用があるものと思う。帰国便で家内へのお土産用に女性用をゲットできればいいな。
スリッパの用意は無いとのことで、持参のスリッパを使うことになってしまった点だけは残念。

ナッツ

離陸後の食前酒(私はダイエットコーク)と共に出てきたのが、温められたナッツ。
ラウンジでもそうだったが、安物ピーナッツなどは入っていないうえに、マカダミアナッツが含まれていた。
ピスタチオは時々見るが、マカダミアは過去1社しか無かった気がする。

夕食

最初の食事は、夕食表記。日本時間では22時を過ぎているので、かなり遅い夕食だ。

和食と洋食が用意されていたが、もちろん洋食をチョイス。


サーモンのグラブラックス
サーモンのグラブラックス ブリニとシトラスクレームフレーシュを添えて
Salmon Graavadlax Served on lemon and potato blinis with citrus créme fraiche


3択の前菜からは、意味不明のカタカナが並んだ料理。
英語版も転記しておくが、Graavadlax、blinis、fraicheが分からない。



表面を剥がした写真と、断面写真をお見せするが、中東の薄焼きホットケーキの上に、香草入りスモークサーモンとキュウリを交互に乗せて、山羊のチーズを添えた感じの料理だ。

何でもない料理に見えるが、これが美味しかった。
最初写真撮影用にサーモンを剥がして食べてみたが、剥がさずに薄焼きの甘くないホットケーキといっしょにカットして口の中に入れるのが正解。

そうそう、食事中のドリンクは、ワインとシャンパンを注ぎに来るものの、ソフトドリンク系は聞かれもしない。
確か酒を飲まないお国柄だったと思うが、何故ドリンクの注文を取らないのか疑問の残るところ。
ただ、これは乗継便でも同じだったので、エミレーツ仕様ということで理解しておこう。


季節のサラダ
季節のサラダ

メニューでは補足表記的に書かれているサラダは、最近地元イタリアンでも多くなってきた葉物中心。
瓶入りのバルサミコとオリーブオイルのドレッシングをかけていただく。


パンとバター
焼きたてのパン

焼きたてのパンとメニューに書かれていたが、後からバスケットで配られた方も含めてだろう。
そこまで手を出すと完食できないので取らなかったが、最初のバゲット2切れは、ちょっと見栄え的に劣る。

バターの出し方は他社でも見た気がするが、安物バターだ。


ビーフ テンダーロイン ステーキ
ビーフ テンダーロイン ステーキ
焼きニョッキと枝豆サラダ、トマトときゅうりを添えて


2択のメイン、もう一方がチキンカツカレーって、和食じゃないか!
仕方ないので牛ステーキを選ぶことになったが、ソースでなく、スープに浸かったステーキというのは初めて見た。

ステーキの断面

正直よく分からないスープだったが(無くても何も問題ないレベル)、牛肉はラウンジでいただいたステーキと同等。つまり、それほど良い肉ではないということだ。
焼き加減も火を通しすぎという感じでイマイチ。

付け合せの焼きニョッキだが、中東の超プチパンみたいなものに見えたものの、食感は確かにポテトニョッキ風。
枝豆サラダは、サラダではなく冷凍枝豆をソテーした感じのものだ。美味しくない。


チーズとフルーツ
チーズ盛り合わせ
世界中の高級チーズから厳選したものを、クラッカー、付け合わせとともに

季節のフルーツ
フレッシュカットフルーツ各種

高級チョコレートの各種をご用意
Fine luxury chocolates


デザートは4種類のうち3種類を頼むことになってしまった。
タルトをお願いした後、チーズの内容を聞いてからそれもお願いしたのだが、フルーツとチーズがセットで出てきた。
「高級チョコレートの各種」も付いてきたが、最近他社でも多くなっているゴディバの2個入りの箱。

チーズ盛り合わせ

チーズは5種類ぐらいあるとの話でお願いしたのだが、超無難なブルー・カマンベール・ミモレットの3種類。
お味の方もごく普通で、これを高級チーズって言われると?マークが付く。


フルーツタルト
フルーツタルト
塩キャラメルソースを添えて


本命は、塩キャラメルソースに惹かれてフルーツタルト。
しかし、どこにその塩キャラメルソースがあるんだろう?

たぶん内容変更したのだと思うが、実際はタルトではなく、一般的な市販品サイズの倍はあると思う大きなフィナンシェを土台にしてフルーツを盛ったもの。

フルーツタルトの断面

このフィナンシェ、昔のアンリ・シャルパンティエのものが好みだが(10年ぐらい前から味が落ちたので、今は買っていない。家内が作るものが一番!)、小麦粉含有量の多い安物と違って、しっかりアーモンドプードルを使ったもので驚き。
現在のアンリ・シャルパンティエ製ぐらいの水準ではないだろうか?

ゴディバ
ゴディバ

デザートといっしょに出てきたけど、メニュー上の最後は「高級チョコレートの各種をご用意」と題したゴディバチョコ。
しかし、毎度のことながらゴディバチョコレートの美味しさが分からない。
3粒100円位の価値しか感じられないのは、私の舌がおかしいということで。

**********

機内ラウンジ機内ラウンジ
写真撮影サービスおつまみ

中間食はエコノミークラスと共通のカップ麺しか無いようだが(メニューには、お好きな時間にインスタントカップ麺をお持ちいたしますと記されている)、素晴らしいラウンジを備えていた。

広々としている上に、立ち飲みカウンターはもちろん、着席できるソファーが両側に3席ずつ。(シートベルト付!)
おまけに、バーカウンターの中に入ってポラロイドで記念撮影までしてくれるのだ。




食べ物の方は、おつまみのナッツに加え、アフタヌーンティーでおなじみの3段重ねの皿にケーキやサンドイッチ。
さすがにラウンジ食もたっぷりいただいていたので試さなかったが、半端ない。

ただ、多くの他社との大きな違いは、飛行中にドリンクサービスが回ってこないこと。
このラウンジがあることと、前述の通り、各シートにミニバーがセットされているので、不要という考えだろう。
座席のドリンクは冷えてないので冷蔵機能を付けてほしい、ラウンジは最後部にあるので、前方席からだと遠いという問題があるかな。トイレも最後部にしかないので、結局行くしかないんだけど。(笑)

**********

到着前の食事のために明かりがついたのは、到着1時間55分前。
朝食仕様で、和食の他に、洋食は Full Breakfast、Continental、Express の3コースから選べる。

Full Breakfast

離陸直後に専用のオーダーシート(☞ こちら)で注文を受け付けるのだが、英語版だけだし、3種類の区別がメニュー上ではイマイチよく分からない。
どうも「Full Breakfast」がメニュー上にある朝食のようで、そこにチェックを付けて、選んだメインを記入して渡しておいた。


デラックスオムレツ
デラックスオムレツ
マッシュルーム入りフレンチロールオムレツ、燻製豆のオーブン焼きとほうれんそうのソテーを添えて


メインに選んだのは、無難にオムレツ。
パンケーキは趣味でないし、冷製料理はカタール航空で失敗したので、消去法で残った。

デラックスオムレツの断面

しかし、オムレツは何も芸が無いだけでなく、不味すぎてパス。
昔、ANA便で美味しいオムレツが出てきた記憶が残っているので(☞ こちら)、それを基準にしてしまう。

それよりも付け合せの燻製豆のオーブン焼きが独特で美味しい。中東料理かな?
スパイスが独特なだけでなく、甘さと辛さが混合した不思議な味だ。


ペイストリーフレッシュフルーツ
ペイストリー、フレッシュフルーツ


小型のアップルパイが事前に皿に乗っていたが、温められていないので美味しくない。
他にもバスケットでクロワッサンなど3~4種類のパンが来たが、パイが美味しくなかったのでパス。やっぱりラウンジで食べすぎだったようだ。

ということで、そのラウンジ食で期待していた機内食だが、水準は日本の航空会社と同等。
食べていないけど、立派な機内ラウンジにある食べ物の種類が過去最高水準だったことを考慮しても、★5つは進呈できないと判断した。

※メニュー:お夕食(洋食)お夕食(和食)朝食お飲み物①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>