« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)②

訪問:2017/6/10 11:50
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
3日目は、マンゴー食べ歩きが空振りになったことから、朝から空港のある高雄に移動。
帰国便は翌日の昼前だが、今回は食材をたくさん買う予定だったので高雄で調達した方が移動が楽ということで、1泊だけ高雄の宿を確保しておいた。土曜泊で994元というリーズナブルな宿だったが、かなり快適で今後の定宿になりそう。

鴨肉本(二老闆の店)鴨肉本(二老闆の店)

今回の旅のテーマをマンゴー食べ歩きから鴨肉飯食べ歩きに変更したので、宿に荷物を預けて真っ先に向かったのは、前回発見した鴨肉珍の暖簾分け店。前回は本家よりも良かったので、確認の意味も含めての再訪だ。

時間帯が違うので単純比較はできないが、前回2割も埋まっていなかった席が、ほぼ満席。
やはり、安さと美味しさが地元民に支持されたようだ。

写真を撮り忘れたが、私の後に出かけられたクミさんが報告してくれた通り(前回の記事で、クミさんの旦那さんに大盛りを食べてと比較をお願いしていたのだが、しっかりレポートしていただいた。Thanks!!)、メイン料理だけ壁メニューにマジックで記した金額が加わっている。
これで、旅行者でも安心して注文できることになるが、スープとかサイド側に金額を記さないのか意図不明。まさか「時価」っていうことも無いだろうに。


鴨肉飯
鴨肉飯(NT$55≒210円/小)

まずは、本命の鴨肉飯。
前回よりも一段と肉燥(魯肉)がタップリ乗っていて、鴨肉を半分ぐらい覆っている。

ご飯のほぼ全面を鴨肉か肉燥で覆うというビジュアル的にも素晴らしいが、お味の方も期待通り。

鴨肉飯

今回は、この後すぐに本家鴨肉珍にも行って食べ比べようと思い、しっかり噛みしめていただいたが、鴨に浸み込んだタレの味と肉質の良さに加え、程よい水分含有量といった食感が素晴らしい。

醤油ベースのタレだが、醤油を控えめにして塩を少し強調しているようで、鴨肉の出汁を引立てている感じ。期待通りのお味だ。


鴨肉切盤
鴨肉切盤(NT$60≒230円)

鴨肉飯の店では、吉野家の牛丼と同様に丼に加えて肉を単品で頼むのが一番充実感を味わうことが出来ると思っているが、牛皿ならぬ鴨皿に当たるのが、この鴨肉切盤だ。

こちらは金額表示が無いので差額で表記したが、当初50元だと思って鴨肉飯と合わせて105元を渡したら、足りないと言われて10元追加したので、60元に値上げしたみたい。鴨肉飯の「大」と間違える訳が無いので、鴨肉切盤を値上げしたのだろう。

鴨肉切盤

初めて骨なしの鴨肉切盤を出してくれた前回とは違って、他店と同じ骨付き肉で出てきたのは予想通り。お味の印象も、前回同様に旨! やっぱりタレとの相性が非常に良かった。

リピートしても期待が高すぎることから裏切られるといった店も多いが、今後も高雄に来たら一度は訪問することになると思う。つまり、再来週も訪問することになるだろう。


※過去の訪問:
2017/2/18

【店舗詳細情報】
店名:鴨肉本 (二老闆の店)
営業:10:00-20:00(未確認情報)
住所:高雄市鹽埕區富野路107號(厨房は111號)
GPS:22.628758, 120.282715


台湾の訪問レストラン&ランキング
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>