FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ブルガリア/ソフィア [Sofia]: HAPPY BAR & GRILL Mladost店

訪問:2017/5/29 11:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
4日目は高速道路で素直にソフィア空港に戻るだけ。
空港のラウンジで食べるという選択肢もあったが、ブルガリア最後の食事は、大々的に寿司を宣伝している当地のチェーン店にした。海外の店で寿司を食べるのは20年以上前のロサンゼルス以来2度目のはずだ。


▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

当初、ソフィアの街で存在に気付き、あまりにも立派な写真付の寿司メニューだったので写真に収めたのだが、プロヴディフ(Plovdiv)の街を歩いている際にも店があることを発見し、ネットで調べたらブルガリア国内で24店舗を構えるチェーン店であることが判明。

さらに、カザンラク(Kazanlak)の街でも5年前に姉妹都市となった福岡県宗像市のことを大々的に宣伝していたことから、日本人としてもブルガリアのことを大々的に(?)アピールしようではないかという魂胆で、前日の段階で訪問を決めていた。
日本人にとってはヨーグルトぐらいしかイメージに無い、人口わずか750万人の東欧の小さな国だが、ここまで日本を持ち上げてくれるとは、嬉しいではないか。


HAPPY BAR & GRILL MladostHAPPY BAR & GRILL Mladost

店は、空港から延びる幹線道路沿い、ドイツ語圏で有名な大型スーパー「BILLA」と同じ建物内にあるので、すぐに発見できると思う。駐車場入口が幹線道路の空港方面行き側からしか入れないので、空港から来た場合はどこかでUターンする必要があるので注意。あと、駐車場ゲートで発券される駐車券の精算方法が分からなかったが、店員に聞くと2時間まで無料だというので、そのまま差し込んだら出ることが出来た。(BILLAで土産物を買う場合は、時間超過時の扱いを確認のこと)

Bar & Grill という店名になっているが、お目当ては寿司。
メニューは初日に別の店で撮影済だったが、HPにも金額表記の無い写真入りメニューが掲載されているので事前チェックは可能だ。「にぎり」「細巻」「太巻」という日本語表記のサブタイトルの中に、Fuji, Zen, Ikigai, Samurai, Geisha, Ichiban, Kaizenといった寿司には無関係のおなじみの単語を使った寿司もある。現地人が日本の寿司屋に来て「改善ください」って言っても通じないという事を認識しているのだろうか?
また、1枚もののメニューでアピールしていた Amai Roll[甘いロール] なんて、サーモンとチーズは分かるものの生のイチゴを巻いているみたいで不気味。酒のつまみに Edamame[枝豆]、Wakame[ワカメ]なんかもある。


キッコーマン醤油と日本製割り箸

注文を終えると、キッコーマン醤油と日本製と思われる割り箸が出てきた。
この段階で、半端ないこだわり度が見えてきた。

注文した寿司

15分ほど待って出てきたのが、こちら。
注文品を1皿にまとめて、盛り合わせ寿司という感じ。

山葵

この半端ないワサビの盛り付けも凄い。
ちゃんと日本の粉ワサビを使ったものだが、日本人でもこんなに使わないよ!
富士山盛りっていう感じかな?

ガリも日本で食べるものとまったく同じ。
現地では真似できないだろうから、日本あるいは中国から日本仕様製品を輸入しているのかもしれない。


SUMMER ROLL
SUMMER ROLL 130g(7.49lv≒490円)
Singed salmon, avocado, Philadelphia sream with crab meat.


まずは、メニュー写真で一番惹かれた「サマーロール」と題したサーモンロール。
一口いただいて驚いたのは、酢飯とはいえ、御飯がまともなのだ。
JALの機内食で出てくる御飯(本当に不味い!)よりも美味しい。

がっかりだったのは、写真のイメージよりもサーモンが薄い事。故に、サーモンの主張が乏しい。
トッピングは、アボカドと蟹肉をクリームチーズで混ぜたものだが、これも味にまとまりが無い感じ。
まあ、海外の創作寿司なんかはこんなものだ。
日本に逆輸入されたカリフォルニアロールが優秀すぎだということだろう。


SALMON TATAKI NIGIRI
SALMON TATAKI NIGIRI 75g(4.29lv≒280円)
Singed salmon fillet, Ikura sauce, Japanese mayonnaise, kimchi sesame.


Nigiri[にぎり]メニューからは、サーモンのたたきと書かれているが、炙りの方が正しい。
と言っても、これもメニュー写真に比べるとかなり見劣りするもの。

とはいえ、優秀な100円均一寿司と同水準だろうから、海外のチェーン店レベルでこの水準を出して来るのには驚いたが、胡麻が余計だ。日本でサーモン寿司に胡麻を振って出す店など無いだろうから、研究不足だ。


BLACK MAMBA
BLACK MAMBA 6 PCS 140g(6.99lv≒450円)
Nori, sushi rice, surimi, Spice salmon, tobiko caviar, crispy shrimp and sauce Dragon.


Futomaki[太巻]メニューからのチョイスは、100円寿司で良く頼む海老フライ巻。
これも予想外に優秀。海苔は日本産の良い物を使っているようだし、海老フライもサクサク感が多少は残っている。

ただし、タレがいただけない。
ブルガリア人の好みなら仕方ないのだが、タイのスイートチリソースなのだ。
西欧域全般にタイ料理が急速に広がっているので、その流れなのかもしれない。

SUMMER ROLLの断面BLACK MAMBAの断面
▲左:サマーロールの断面  右:海老フライ巻の断面


寿司の水準が分かったので、追加はデザートにした。
ブルガリアらしいデザートが見当たらなかったので、同じ東欧諸国であるエストニアで美味しかったチーズケーキをチョイス。

CHEESECAKE WITH BLUEBERRIES
CHEESECAKE WITH BLUEBERRIES 100g(5.79lv≒380円)
Cake with crispy biscuits cake, "Philadelphia" cream and blueberry jam.


ニューヨークチーズケーキならグラハムクッキーを砕いたものを底に敷くものだが、こちらはチョコレート濃厚のタルト生地。
それ以外は、少しチーズの粘度が高いものの、ほぼ好物のNYチーズケーキ仕様だったので、満足。
ブルーベリーソースが半端なく甘かったかな。


お会計

以上でお会計は、27.45lv(≒1800円)也。企業店だと伝票が2枚出てくるようだ。
コーラ代が2.89lv(≒190円)と都会価格だったので料理も都会価格なんだろうが、概ね日本のチェーン店寿司を基準にして5割増の価格水準という感じだ。
米やワサビ等は日本から輸入しているだろうから、まあ妥当な価格だとは思うものの、ブルガリアの物価水準から考えれば高級料理だ。(質が伴っていないけど・・)


※寿司メニュー:残念な表紙Nigiri,Sashimi,Hosomaki[にぎり、刺身、細巻]Miami, Futomaki[太巻]Amai Roll[甘いロール]PhiladelphiaLet's TweakShare with FriendsSmileKanpaiデザート①

【店舗詳細情報】
店名:HAPPY [Ресторанти Хепи] BAR & GRILL Mladost店
電話:0700-20888
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:35-37 Alexander Malinov Blvd, Sofia
GPS:42.648143, 23.379062 (☞ Bing Map



以上で、4泊6日のブルガリア・バラの谷&バラ祭り体験旅行はおしまい。
最初は単にバラの谷でバラ畑を見るだけのつもりだったのに、現地で偶然遭遇できたカルロヴォのバラ祭りに加え、バラ祭りのスケジュール掲載サイトを現地で知ったことから、一番有名なカザンラクのバラ祭りの「バラ摘み儀式」までも見ることが出来て大満足の旅行となった。

ブルガリアのバラ祭りをお目当てにするなら、事前情報を収集してレンタカーで訪問することを強くお勧めしたいと思う。街中のパレードやステージショーだけを見たいならともかく、バラ祭りツアーのパンフレットを飾っているバラ畑でバラ籠を持った御嬢さんたちを見るには、レンタカーでないと行くことはできないだろう。しかも、カザンラクのバラ祭りは期間が長いので、最終日のパレードやバラの女王を選ぶコンテストなどのイベントを目当てにしなければ、かなり日程的にも融通が利くことになる。ツアー会社やその関係者の情報だけを鵜呑みにしては損だ。(私も鵜呑みにしていたクチだけど・・)

なお、この後にミニ情報として、カザンラクのバラ祭り「バラ摘み儀式」の様子(既に公開済の映像以外)と、バラ祭り詳細情報収集方法や、どのあたりでバラ畑が見れるのかという情報をまとめて発信したいと思う。
今回は感動が薄れる前にまとめたいと思うので、いつも予告しては時間切れでポシャっているミニ情報予告とは違う事を宣言しておこう。(☞ こちらに登録しました)

■今回の旅の費用
往復航空券:111950円(成田>フランクフルト>ソフィア>ロンドン>羽田、21720マイル獲得)
現地宿泊費: 48527円(€382.10/4泊、5つ星ホテル2泊、IHG Bonus Pack 12000pt)
現地交通費: 17949円(€97.80+BGN84.88)鉄道、レンタカー(3日間)、燃油
飲食雑費等: 9877円(€18.50+BGN115.58)
国内交通費: 2446円
旅費合計:  190748円

訪問した東欧諸国のレストランリスト
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片② 2019/02/15
台湾/高雄・三多商圏駅: 冠霖手工包子饅頭専売店 2019/02/15
台湾/高雄・三多商圏駅: 屏東肉圓② 2019/02/14
台湾/高雄・凱旋中華駅: 前鎮夜市 無名鴨肉麺 2019/02/14
台湾/高雄・凱旋中華駅: 屏東最好肉圓蚵仔煎(前鎮夜市) 2019/02/13
台湾/高雄・凹子底駅: 懷舊列車鐵路便當 2019/02/13
台湾/高雄・巨蛋駅: 佳味焼肉飯 2019/02/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>