« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant]

訪問:2017/5/25 18:20
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
半月ぶりのドイツ。目的地はブルガリアだが、安い運賃だとフランクフルトで1泊しないと乗り継げないことから、再入国することになってしまった。

ちなみに、JALのダイヤモンド会員資格で長距離路線インボラアップグレード無し連続記録は、20回に更新中だ。こうなると、どこまで記録が伸びるか楽しみ(!?)になって来るし、これからJALの上級会員を目指す方への価値判断のための指標にもなるだろう。(☞ インボラアップグレード実績マーク付きビジネスクラス機内食レビュー一覧

Africa Queen RestaurantAfrica Queen Restaurant

夕食は不味いドイツ料理を避けて(笑)、トリップアドバイザーで上位1%に入っていたアフリカ料理店を選んだ。
アフリカ料理って、日本ではまず食べれないので、やはり興味がある。

英語メニューもあるだろうと思っていたら、出てきたのはドイツ語ベース。
どこの国か分からないが、アフリカ現地語とドイツ語だけでは何が何だかわからないので、アフリカの文字が入ったものを注文することにした。


Afrikanischer Salat
Afrikanischer Salat(€4.50)
Kopfsalat, Oliven, Tomaten, Zwiebeln, scharfe Paprika


まずは、アフリカン・サラダ。
変わった食材を使っているかと思っていたら、ごく普通の羊乳のチーズとオリーブの入ったサラダだが、野菜のカットや盛り付けが丁寧で美味しそう。

ドレッシングも特段変わったものではなく、オリーブオイルに乾燥香草を加えたシンプルなものだが、普通のサラダとしては非常にまとまっている感じで美味しくいただけた。


Afri-Queen DishAfri-Queen Dish
Afri-Queen Dish(€12.00)
Derho, Qulwa-Lahm od. Rindfleisch und vegetarisch auf Injera serviert


トリップアドバイザーに投稿されている写真で群を抜いて多かったのが、この帽子みたいなものと、色々な煮物みたいな料理が並んでいた料理で、それを食べたいとは思っていた。

そこで、店名の入った料理を選んだわけだが、大当たりだ。
周りの客もこの料理を頼んでいたので、店の看板メニューなんだと思う。

Afri-Queen Dish

人数によって乗っている料理の種類が増えるみたいだったので、1人前だとやや寂しい感じだが、皿の底にアフリカのクレープ(?)を1枚敷いて、その上に肉や野菜の煮込み料理を少しずつ盛ってある。
何だか、南インド料理のミールスの親戚みたいな感じの料理だ。



このクレープみたいなもの、メインの皿の上に2つ折りにしたものが1枚と、別皿でも4つ折りにしたものが1枚付いてきたが、ご覧のように掌に広げてみると、少し厚めながらもやわやわであることが分かる。
しっとりしているので、結構重量感もある。

甘いか小麦粉だけの無味だと思っていたら、少し酸っぱい。
アフリカでも酸っぱいクレープを食べるのか、ザワークラウトを代表に酸っぱい料理が大好きなドイツ人仕様だからかは不明だが、この酸っぱさが単独では美味しい煮込み料理と合わないなぁ。個人の味覚の問題だとは思うが。

そうそう、ラップのように包んで食べるものと思っていたが、やわやわでちぎれてしまうので悪戦苦闘していた私を見て、店員が食べ方を実践して教えてくれた。大きいままで巻くのではなく、料理を挟める程度の一口サイズにちぎって、そこに具材を挟み込んで、ソース(皿の両端部分にある料理がソース扱いのようだ)を付けて、口の中に放り込むようだ。

日本人の口コミでミールスみたいに手食いで食べると書いていた人がいたが、なるほどと思った。
隣のグループが、料理が出てきたと同時に全員がトイレに向かったのは、手を洗いにいったからだろう。
ナイフとフォークで食べることも可能だが、ここは流儀に従った方が良いと思う。(事後処理も含めて、濡れナプキン必須!)


お会計

デザートも試したかったが、メインの量が多く、デザート別腹ではないので断念してお会計。
フランクフルト中央駅から歩いて5分もかからない中心部にありながら、GW旅行で食べたレストランと比べて激安価格。
お財布にも優しいし、珍しいアフリカ料理をいただけるので、お勧めしたい。

なお、複数人で出かける場合は、事前にメニュー写真のドイツ語を翻訳して、何を食べるか選んでおくことをお勧めする。
「Afri-Queen Dish」は1人前だけにして、他の料理を色々頼んでシェアした方が楽しいと思う。


※メニュー(HPにも掲載されています):前菜野菜料理、メイン①②、デザート

【店舗詳細情報】
店名:African Queen Restaurant
電話:069-24248505
営業:11:00~24:00(日祝は12:00~)
定休:無休
住所:Stuttgarter Str. 21, 60329 Frankfurt am Main
GPS:50.103149, 8.663001 (☞ Bing Map


訪問したドイツのレストランリスト
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>