« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen

訪問:2017/5/2 18:40
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
夕方前にハイデルベルクに到着。前回来た時ほどではなかったが、やはり日本人遭遇率の高い街だ。

IHG上級会員資格取得のために中心部に泊まったが、ホテル直営駐車場は値段が高いことが普通。
ハイデルベルクの場合は、中心部の駐車場一覧と料金を見ることが出来るサイトがあったので(☞ Parken in Heidelberg)、クラウンプラザ(P3 Crowne Plaza:€23.00/1泊)から徒歩3分の「P1 Poststraße」(€10.00/24時間)に留めて13ユーロ節約。
ついでに、この宿泊で無事IHGのプラチナ資格を取得することができた。

Zum Roten OchsenZum Roten Ochsen

家内をハイデルベルク城などの見所に案内した後、狙ったミシュラン推奨店に出向いたものの、金額的に折り合わず撤収。Google Mapの評価を元に選んだ予備候補のこちらの店にしたのだが、ドイツ料理の不味さを再確認できた店になってしまった。


Spargelcremesuppe mit Sahnehaubeアスパラガスのスープの中身
Spargelcremesuppe mit Sahnehaube(€6.50)
Cream soup of asparagus


パンが出てこなかったので、いきなりスープで始まった。
今が旬のアスパラガスのスープをチョイスしたのは家内だ。

当然アスパラの風味満点のスープが出てくると思ったら、普通のポテトポタージュにカットした茹でホワイトアスパラを入れてあるだけ。スープの中で煮込むのではなく、カップにポテトポタージュを注いでから加えた感じの手抜き料理だ。
そもそも、派手に欠けたカップで出す点で論外!
こういうことを気にしないのは、ドイツ人気質かな?


Beilagensalatベリー系ソース
Beilagensalat(€5.50)

私はサラダを選択。
日本でカレーライスに別添えで付くカレーソースの器に入っているドレッシングならぬベリー系のソースというかピュレが一緒に出てきた。

サラダの中身

余計な葉っぱを平らげて、隠れていた部分が見えるように撮った写真。店が暗いので、色が悪いのはご了承を。
サラダは、酢漬けのオンパレードっていう感じ。

しかし、ドイツ料理は何でも塩辛いか酸っぱすぎという印象だが、この下に隠れた野菜群も酸っぱいドレシングまみれで美味しくない。人参だけが少し甘めで食べやすかったが、それ以外は本場ドイツの酸っぱさで日本人的には不味い。
ベリー系のピュレを加えて試してみたが、滅茶苦茶な味になったので、用途が違ったのかも?


Pfalzer Bauernbratwürste
1 Paar Pfalzer Bauernbratwürste(€11.90)
1 Pair of roasted sausages with sauerkraut and mashed potatoes


家内がメインに選んだのは、ドイツ名物のソーセージ。
定番のザワークラウトがタップリ敷かれているが、やっぱり酸っぱすぎて少ししか食べれない。
家内は一口でパス。

ソーセージの断面マッシュポテト

お目当てのソーセージだが、これも不味くて食べられないと。
マッシュポテトだけは普通にいただけると、それだけ食べていた。

残りを私が引き受けたが、ソーセージの断面を見る限りは変わった感じはしないものの、食べてみるとハーブを複数組み合わせているのか、滅茶苦茶な味。
この店、観光客よりも地元の方が多く使う店のようだが、ドイツ人って、こんなハーブ使いの料理を美味しく感じるのであれば、我々にはドイツ料理とは相性が悪いということになる。少なくとも、Google Mapでは高評価だったのだ。


Odenwälder Hirschragout in sämiger Rotweinsoße
Odenwälder Hirschragout in sämiger Rotweinsoße(€21.50)
Ragout of deer with cranberries, croquettes and red-cabbage


私が選んだメイン料理は、鹿肉のラグー。
写真には無いが、最初にサラダといっしょに出てきたベリー系のピュレは、この料理に付くものだったようだ。(この記事を書く段階で、メニュー表記にあることを発見した)

鹿肉のラグー

そのラグーだが、イタリア料理のラグーをイメージしていたら、シチューというべきものが出てきた。
ラグーは煮込料理だとはいえ、こんな大きな角切り肉を煮込んだら、シチューという表記になるのは日本語だけの話?

写真では分かりづらいが、結構大きな肉がたっぷりで、家内のソーセージなども引き受けたことから完食断念。
っていうか、やっぱりしょっぱくて美味しくないのだ。不味いもので太るのは避けたい。

red-cabbage

それよりも悪い意味で印象的だったのが、ザワークラウトに代わるこの付け合せ。
英語表記で赤キャベツとあるが、赤キャベツ版の炒めたザワークラウト?

得体のしれない酸っぱい料理っていう感じで、3口でギブアップ。
まだ、ソーセージに付いていたザワークラウトの方が食べれた。

コロッケの断面

コロッケは、これらと比べたらマシだったが、中身は粉末マッシュポテトのお味。
ポテト以外何も入っていないのに、ここまで手を抜くかって!


お会計  

本当は、デザート専用の写真メニューにあった好物のアップルストゥリューデルを頼むつもりだったが、ここまでの料理水準を見ると怪しいと判断して、お会計。水代(€5.70)を加えて、51.10ユーロ也だ。
周辺の店よりは安いと思うが、都市部かつ観光地の中心部の店は、ちょっと外れに位置していても高いものだ。

割れた皿でサラダを出してきたし、ナイフとフォークを大量にセットして持ってきたのに、サラダの皿を片づける際に使ったナイフとフォークを片さずに返されてしまったり、肉料理に付くソースをサラダと一緒に出して来るなど、サービスも劣悪。

雰囲気だけ悪くないので総合点は★2つにしたが、この後はドイツ料理を避けようと、家内と意見が一致したことも記しておきたい。


※メニュー:お勧めコーススープメイン①デザート

【店舗詳細情報】
店名:Zum Roten Ochsen
電話:06221-20977
営業:11:30~14:00(夏季のみ)、17:00~
定休:日曜日
住所:Hauptstraße 217, 69117 Heidelberg
GPS:49.412791, 8.713538 (☞ Bing Map


訪問したドイツのレストランリスト
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/ボルツァーノ [Bolzano|Bozen]: Fink Gasthaus 2018/07/24
イタリア/マルテッロ [Martello|Martell]: Albergo Gasthof Edelweiß 2018/07/23
イタリア/ヴェルナゴ湖 [Vernago|Vernagt]: Hotel & Chalets Edelweiss 2018/07/22
イタリア/リヴィーニョ [Livigno]: Hotel St. Michael 2018/07/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>