« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア.クアラルンプール(Kuala Lumpur)

ジョホールバル(Johor Bahru)からマレー鉄道に乗って、マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur、以下KL)にやってきた。

ここから目的のペナン島には空路で向かうことにしたが、最近のJALの騒ぎで日本でも知名度があがりつつある格安航空会社(LCC)[Low-Cost Carrier] の中で、アジアを代表する エアアジア(AirAsia) を利用。KLセントラル駅から格安航空会社専用ターミナルである LCCT (Low Cost Carrier Terminal) への前売バス乗車券を含めて、RM76.50≒2190円というお値段。
マレー鉄道は大きく遅れる事があるとのことで、最終便を予約しておいた。

予想通り到着は遅れたものの、2時間ほど余裕があったので食べ損ねている昼食を兼ねて、前回(2005/10)出かけてフードコートが充実していた KLCC駅に直結するツインタワーに隣接する巨大モール Suria KLCCRapidKL で向かった。(KL Sentral→KLCC RM1.60≒45円)

KLセントラル駅の案内板には日本語表記がある 「RapidKL」は運賃激安なのに斬新なデザイン ペトロナス・ツインタワー(PETRONAS Twin Towers)
▲ツインタワーの写真は、2005/10に出かけた時のものです。


まずは、トイレを目指して伊勢丹へ。
当地ではRM0.20程度の有料であることが多いが、もちろん抜群にキレイで無料(笑)。

フードコートに直行して真っ先に目に付いたのが、巨大な海老や渡り蟹を揚げた料理。
値段が書いていなかったので聞いてみたら、海老はRM20.00≒570円、渡り蟹はRM12.00≒345円と、当地の物価から考えるとかなり高額。街中の屋台は、RM4.00≒115円もあれば食べる事が出来るし、このフードコートでも概ね RM7.00≒200円もあれば食べられるので、随分高いなぁ・・と思いつつも、日本的には普通の価格である以上、食べないで後悔するよりはマシと注文。

ショウケースの中の巨大な海老と渡り蟹の唐揚げ 海老は茹で甘エビの食感、蟹は可食部ほとんど無しで、食べて後悔!

カレー味の衣を付けて揚げているだけだし、海老はクチンで食べたも不味い方の海老と同様に(詳細は食べログ in Malaysia, 2009春(Part1 屋台料理編))プリプリ感がまったく無いもので、期待はずれ。渡り蟹は可食部が少ないことは承知していたが、やはり殻ごと食べるには無理な揚げ方だった。
また、前述の食べログ側に記している価格と比べてみても異様に高い。日本人と見られてぼられたようだ。
(マレーシアでは、滅多にぼられることは無いはずなんだが・・)


気を取り直して、次の店に行こう。
今度は、この後に向かうペナンの名が入った「Penang Char Kuey Teow」(RM5.50≒160円)

Penang Char Kuey Teow メニューの写真と現物のギャップの激しさ!

メニュー写真と出てきた皿の極端な違いに着目してほしい。昔の日本では普通に見られたものだが、最近ではほとんど見かけないので懐かしく思ったりして。
当地の屋台では、まだまだこういったメニュー写真と実際の差が激しいのが普通だが、さすがに高級ホテルではほぼ写真通りで出てくる。そんな点からも、日本の感覚では十分に安いホテル利用の方が美味しくいただける可能性が高い。
食べログに参加して海外でも食べ歩き始め、多少グルメに走り始めている最近は、リスクの大きい屋台系を敬遠する傾向が出てきてしまっている。

肉が無かったので、今度の店では「鶏肉のスパイス炒め(Braised 5 Spices Chicken)」(RM3.00≒85円)

Braised 5 Spices Chicken 肉料理はみんなRM3≒85円と安い こんな感じで並べてあるので指さし注文可能

胡椒を中心としたスパイシーな味で、どことなくタイ北部で多かった胡椒料理を思い出させてくれた。
北隣のタイと違って、マレーシアのメニューでは街の屋台レベルの店でも英語表記が大抵はあるので分かりやすい。もちろん南隣のシンガポールの方が英語表記の多さは上だが、外国人が食べ歩きしやすい国だと思う。


次は、マレーシアらしい肉骨茶(バクテー)系の「SUP EKOR(Malaysian Oxtail Soup)」(RM6.80≒195円)

出てきた時の「SUP EKOR(Malaysian Oxtail Soup)」 スープだけ少し食べて顔を出した「SUP EKOR」の中身 やはりメニュー写真と現物は大きく違う!(笑)

当然ながらメニュー写真のように具材たっぷりでは出てこなかったが、美味しいスープだけを飲んで具材と対面した時の写真も掲載した。それでもメニュー写真とは違うなぁ・・(笑)
マレーシアのスーパーに行くと、このバクテーを作るための乾燥調合材料(主に茸やスパイス類)のパックを売っているので、前回日本に持ち帰って作ってみたが、やはり現地で食べるものとは雲泥の差である。
マレーシアに出かけた際には是非食べて欲しいと思う。


お腹いっぱいになったところでKLセントラル駅に戻り、格安航空会社専用ターミナルの LCCT に向かう。
KLセントラル駅内の表示は、マレー語と英語と日本語の3言語で書かれているものが多いが、それほど日本人が使うとも思えないのに不思議な感じだ。
駅から LCCT へは、AirAsia のWebサイトで予約すると同時に Skybus を安く手配できるので使うことにしたが(RM9.00→RM6.50)、そうでなければ同じ場所から発車する黄色い車体の Aerobus の方が RM8.00 と安い。

このエスカレーターを降りればLCCT行のバス乗り場 「Skybus」はエスカレーターの裏側が乗り場 エスカレーターを降りた正面は「Aerobus」の乗り場。こちらの方が安い

日曜日の夜とあって渋滞もなく50分ほどで LCCT に到着したが、予想よりも大きなターミナルでビックリ。
これぞ格安航空会社先進国という感じがした。

バスを降りたところから見た夜のLCCT LCCTの総合案内書。とても格安ターミナルには見えない

AirAsia は昨年春にも利用しているが、短距離路線であれば優秀と言える新しい機材も魅力的だ。
席もリクライニングこそ出来ないものの、座り心地もまずまず。
その代わり、搭乗の際には地面を徒歩で移動してタラップを使って乗り降りさせるし(ターミナル側にボーディング・ブリッジ設備が有っても使わないのだ!)、機内食もドリンクも付かないし、持ち込みも禁止されている。
ただし、機内食は有償提供しているので、ものは試しと事前予約しておいた Nasi Lemak (RM9.00→RM8.00/事前予約)を最後にご紹介。

AirAsiaの機内シート 事前注文の食事;「NOT FOR SALE」のシール付 蓋を開けると・・Web Pageの写真よりも雑な感じ

LCCT内での店のほとんどが RM10.00以下で食事を提供していることから考えると、あまりにも貧弱だった。
これでは誰も頼まないだろうし、実際ほかに予約している客は一人もいなかったので目立ってしまった。


※クアラルンプール情報を中心にマレーシア情報に詳しいサイトをご紹介。
更新頻度だけでなく調査能力が非常に高く、特に個人旅行者が欲しい情報の充実度も半端ではありません。
実際、2005/10に訪問した時にも参考にしましたが、今回改めて参考にさせていただき驚かされました。
よくある広告主誘導型のサイト(例えば○○ナビの類)やガイドブック、それにアフィリエイト目的の個人ブログと違い、完全にボランティアベースで運営されている、私が海外情報系で尊敬しているサイトのひとつです。
マレーシア旅行情報・案内

※余談
食べログのプロフィール画像(ペンギンに道を譲れの標識)、当初はKLセントラル駅と空港(KLIA)を結ぶ KLIA Ekspres でした。この鉄道も各駅停車に乗って途中下車すると安くなるという不思議な運賃体系で、2005/10にしっかり実践してきました。



in : 2010/01/09 ジョホールバル[08:47→15:17]クアラルンプール
  by マレー鉄道 1等席(AFC) (RM64.00≒1830円)
out: 2010/01/09 クアラルンプール[KUL 21:20→22:10 PEN]ペナン
  by AirAsia (運賃RM59.00+税諸費RM11.00≒2000円)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>