FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/マルセイユ[Marseille]: Brasserie L'Embarcadère

訪問:2017/3/17 11:30 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
実質初日の午前中はマルセイユ観光に当てた。
港では、船から水揚げしたばかりの魚を売る屋台がたくさんでていたが、生きたままの魚を平台に流し込んでいたので、鮮度抜群。活きの良い平目、刺身にして食べたいなぁ・・
港の正面両端に城跡があったので行ってみたが、左側は軍事施設なのか中に入れず、右側は博物館だった。

店頭テラス席Brasserie L'Embarcadère

13:30発のウイバス[OUIBUS]でモンテリマールに向かうことから、朝9時から開店しているとHPに記されていたマルセイユ大聖堂に近いこの店に11:30前に出向いたが、客が皆無。



店内席で店員らしき方々がまかないを食べていたが、ボンジュールと声をかけると出てきてくれて、テラス席に案内してくれたうえで(もちろん室内と外のどちらがいいか聞かれる)メニューの説明をしてくれたものの、ランチは12:00からなので待っててねと。

アミューズ

仕方ないので、先に出されたアミューズを食べながら30分待ったのだが、テラス席から大聖堂が見える良い席を案内してくれたようだ。(最初の写真のテラス席は複数の店が使っているので、この店のポジションを確認してから利用しよう)

予定より30分遅くなるので、3皿コースは時間的に無理と諦め、前菜とメインだけの2皿コース Entrée & Plat €20.00 でお願いすることにした。


Soupe de poissons
Soupe de poissons de roche, rouille(€8.00/単品)

前菜側からは、日本では滅多にお目にかかれない魚のスープをチョイス。
周辺の客を見ると、みなさんこれを頼んでいたのでマルセイユの定番なんだろうが、西欧なら食べ方や内容が多少異なるものの、どこの国でも普通にある。

Soupe de poissons

これこれ、日本では有っても色の薄いスープ上品な見栄えになるが、いかにも大量の魚を使っていますよっていう濃い色と魚の身の粒々感のある見栄え。この手の魚のスープは、確実に美味しい。

roche, rouille

ルイユソースとチーズ(roche? スペルが違うかも?)を、クルトンの元になりそうなカリカリのスライスバゲットに塗って魚のスープにひたして食べるのだが、このパンがカリカリ過ぎるのと、スープの水分が少ないので、パンがふやけず硬いままでいただくことになってしまうのは、ちょっと微妙。

パン

仕方ないので、最初に出てきたパンをちぎってソースとチーズを付け、魚のスープの中に入れてから口に運んだが、旨!
ルイユソースの出来が違うのも大きいが、スープの良さも手伝って、コルシカ島の U Marinaru で食べた時以来の、美味しい魚のスープを堪能することができた。


Poisson du jour
Poisson du jour, semoule d'ange, coulis de carottes, zaatar(€21.00/単品)

メインは魚料理を選んだが、これ、単品価格が2皿コースの値段よりも高いのだ。
量が違うのだとは思うが、日本の普通のランチで出てくる魚料理よりも大きい切り身。

魚の断面

きれいにローストされた魚の断面を見ての通り、ミディアムレアな焼き加減。昨日カルパッチョでいただいた魚と同じで、カツオの類だろう。
表面を炙っているのとローストしてある違いがあるし、味は鰹でも魚自体の種類も異なるので、鰹のたたきに近い料理ではあるものの、まったく違った味わいになる。でも、この魚は加熱しない方が美味しいかな。

タップリ敷かれたクスクスみたいなものに、少しカレー風味のあるソースは良かった。


お会計

なかなか水準の高い店だったのでデザートも行きたかったが、予約してあるバスのチケットに15分前までに乗り場に来ないと乗車出来ない事があるなんて書いてあったものだから、急いでホテルに戻って荷物を受け取ってから、駅の横にある長距離バス乗り場に向かった。


※メニュー:ランチ構成&金額(日曜以外)ランチ用黒板メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Brasserie L'Embarcadère
電話:09 67 58 05 19
営業:12:00~23:00(公式ページには9:00~とあるが、実際は12:00だった)
定休:無休
住所:Place Albert Londres, 13002 Marseille
GPS:43.298514, 5.363948、43.298391, 5.364120 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景
 

【マルセイユ [Marseille] の風景】
Gare Marseille Saint-Charles
▲左:国鉄マルセイユ[Marseille Saint-Charles]駅  右:トラムのデザインが独特



▲港周辺の風景

Fort Saint-NicolasFort Saint-Jean
▲港先端にある城跡(左:Fort Saint-Nicolas、右:Fort Saint-Jean)

Palais des congrès du PharoÉglise Saint-Laurent
▲左:Palais des congrès du Pharo  右:Église Saint-Laurent

Cathédrale La Majorマルセイユ大聖堂
▲Cathédrale La Major(マルセイユ大聖堂)

Porte d'Aix
▲左:Porte d'Aix  右:街中で見つけた格安ブランドのイビス・バジェット(旧 Etap)は良い感じ
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>