« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/カタール航空:アテネ(ATH)⇒ドーハ(DOH)

搭乗:2017/2/27 QR212便
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
終わってみれば、予定していなかった北キプロスにも入国し、年内の目標だった訪問国60か国を達成してしまった今回の旅行。3泊したキプロスでは連日快晴の天気に恵まれ、消化しきれなかった訪問先があったものの充実した旅行になった。

帰国便は、単純に往路(羽田⇒ドーハドーハ⇒アテネ)の逆方向になるが、いつもの通りビジネスクラス機内食を紹介したいと思う。

まずは、アテネ空港のラウンジから。
エーゲ航空でキプロスに渡った際に利用したラウンジと同じ「swissport executive lounge」のインビテーションが発行されたので、キプロスに向かう前にはお腹いっぱいで何も食べなかったラウンジ食を少しだけいただいてみた。



航空会社直営のラウンジではないのに食事が用意されているので、ホットミールを全種類少しずつ盛ってみた。
お味はギリシャ料理仕様なのか、ピラフに乗っているパプリカに果物の甘さが有ったり、クスクスにしっかり味が付いていたりと、ちょっとフェイントを受けたが、それなりに美味しい。
この後がビジネスクラスでなければ、たっぷりいただいたところだ。

ここのラウンジの欠点は、電源がほとんど配置されていない点と、コーラが1.5Lペットボトルだった点。
この後がエコノミークラスだと、タブレットなら予備バッテリーで給電出来るだろうが、PCだとバッテリー残量を気にしなければならなくなる。

**********



今回は欧州域内線でおなじみのA320型機で、欧州域内線とは違う2x2配列のシート。
ちょっとシートが硬い印象ですわり心地が悪かったが、往路2便に続いて隣が空いていたのはラッキーかも。

ただ、エコノミークラスの客が荷物が入らないと当方の席の上の棚に入れ、隣の席が空いていることを良いことに何度も出し入れしに来た。カーテンで区切られているのに、いくらなんでもこれは無いだろう。
採点は食事関係のみなので影響しないが、安易に認めるからこういうことになる訳で、5つ星航空会社とは思えない対応だった。

離陸前のウエルカムドリンクは、やはり注文制。おしぼりは、有無を言わさずホットを持ってきた。
夜発の便だからか、往路では無かったアメニティも離陸前に配られた。
中身は靴下・安眠マスク・耳栓に加えて、なぜかヘアーブラシ。ニーズあるのかなぁ?
このうち、安眠マスクは今までにないごっつい感じのもので、往路の羽田便で貸してもらったパジャマと同じ生地を使っていた。袋も同じ生地。


4時間のフライトだというのに、メニューは長距離路線と同じアラカルトと題して、いつでも好きな時にオーダーできるタイプ。
Dine at any time of your choosing and in any order, from our extensive a la carte menu.
とはいえ、離陸後の食前酒の注文と同時に食事の注文も聞きに来たので、とりあえずスープ・前菜・メインをお願いしてみた。

ウエルカムドリンク食前酒とおつまみ
▲左:離陸前のウエルカムドリンク  右:食前酒とおつまみ

まずは、食前酒(私の場合はダイエットコーク)。
お供のナッツは、往路便と同じ構成。



今度は微妙に温めているのかいないのか分からないような感じ。ナッツの温めって、加減が難しいのかな?
美味しいかったので良しとしたいが、まだコーラが残っているのに、さっさと片されてしまったのはバツ。

食事のためのクロスが敷かれ、ナプキンは手渡し。
このナプキンが曲者で、大抵はシャツのボタンに留めるための穴が開いているものだが、4回搭乗してボタン穴の開いているナプキンが出てきたのは1度だけ。揺れる機内なので、ナプキンをシャツの上に固定できるかは大きな問題なのにだ。


artisan breads
Bread
A selection of artisan breads


まずは、パンとバター、塩胡椒がセットされる。
パンの出し方は全便共通だが、その内容は路線や方向で異なるようだ。



往路で食べたパンの印象が悪かったものの、違うパンはどうだろうとナッツみたいなのが入っているものを1ついただいたが、サクサクした感じでバターに良く合う。


Roasted butternut squash soup
Roasted butternut squash soup
lemon and herb creme fraiche


スープは、南瓜ベースに少し人参を加えた感じのポタージュ。
「butternut squash」という南瓜の品種があるようだ。

そのままでは美味しくないが、トッピングのハーブチーズ風味のヨーグルトと合わせると美味。
ヨーグルトの量が少ない点が残念で、全量を合わせることが出来なかった。
ここは、北キプロスのSedirhan Restaurantでいただいた時のように、別皿でだしてほしかったかな。


Classic Arabic mezze
Classic Arabic mezze
hummus, tabouleh and muhammara served with Arabic bread


前菜からは、往路の「伝統的アラビア風メッツェ」と同じものを注文。メゼ大好きなのだ。

しかし、本来のメゼは多品種あるはずなのに、なんでまったく同じものを乗継可能路線で出して来るのだろう?
ほとんどが乗り継ぎ客のはずだから、ドーハの東側と西側の路線で中身を変えれば良いのに、そういった発想が出てこないのかなぁ。

ムハンマラ

ところが、お味が日本発の便で食べたものと微妙に違っていた。
muhammara(ムハンマラ)は、少し熟したパプリカを使っているような甘さがあり、日本発のものよりも美味しい。
wikiでみると、結構いろいろ入っているようだ。

フムス

hummus(ホンモス)は、見た目はまったく同じなのに味は別物で、強烈なツナ缶の風味。
これは、日本発の方が断然良かった。(☞ wiki(フムス)


Arabic spiced chicken
Arabic spiced chicken with machboos sauce
machboos rice with fried onion and raita


メインには、これまたアラビアの文字の入っている料理を選んでいる。

トッピングの鶏の胸肉のローストを除けば、ほぼカレーライス的な内容だが、胸肉なのにパサパサ感も無くまずまずのお味。さすが本拠地発の地元料理だ。

カレーライスと書いたが、ライスはピラフだし、ソースはカレーと同量のヨーグルトの組み合わせになっている。
東欧料理でも、煮込み料理に必ず付いてくるヨーグルト(サワークリーム)だが、これがいつも味を引き立ててくれるのだ。そう考えると、中東でも煮込み料理を狙った方が良さそうだけど、興味が無いので行くことあるかなぁ?

カレーピラフは長粒種らしくパラパラというかボソボソという食感で、単独で食べても美味しくないので、ここはカレーライスとしてヨーグルトと一緒にいただこう。

そうそう、両脇の物体は、玉ねぎを目いっぱい炒めて甘みを引き出したような感じのものだった。何だろう?


Cheese plate
Cheese plate
Cheese selection served with crackers


追加でデザートを注文したが、往路ではチーズを頼まなかったので、今回頼んでみた。
定番のフェタチーズとブルーチーズに、オレンジのは何か不明のものが乗ってきた。ミモレットかなぁ?(ハード系はパルミジャーノ以外は滅多に食べないので分からない)

カップに入っているものは、無花果のジャムかと思いきや、なんだか福神漬けを甘くしたような変なジャム。
これは私の趣味では無かった。
でも、ナッツたっぷり、ドライ無花果にドライプラムと、チーズのお供は豪勢な感じだ。


Seasonal fresh fruit
Seasonal fresh fruit

〆のデザートは、フレッシュフルーツにした。
芒果は黄色いのに硬くて酸っぱいグリーン芒果みたいでイマイチ、パインは見るからに白っぽくて質の悪い物。
メロンはまずまずの甘さだが、イチゴは日本の質を求めるのは無理かな。




フルーツを食べていると、前の方が背もたれを倒してきた。
これだけ倒されると、ビジネスクラスとはいえ、かなり窮屈な感じになってしまう。
ということで、私も睡眠モードに入ってしまったが、目を覚ますとゴディバのチョコが置かれていた。

ということで、4時間の短距離路線の機内食としては、ベストではないが、非常に優秀と言えるだろう。
乗継便との料理の重複とかは気になるところだが、そこは個人の乗継路線に依存する話なので評価対象にはしていない。


ドーハ到着は沖止め。
お迎えのバスは、ビジネスクラス客専用で気分良かったし、乗継セキュリティも、大混雑の中ファストトラックが使えた。(ロープで閉鎖しているが、係員に搭乗券を見せれば開けてもらえる)

※メニュー:アラカルトドリンク

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>