« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/ミルフォンテス[Vila Nova de Milfontes]:Tasca do Celso

訪問:2017/2/3 19:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆

← 今日の走行ルート(By Geo Tracker)

シネシュ [Sines] の街で城を拝んでから、海岸線を20Km南下した Vila Nova de Milfontes(ミルフォンテス) に宿を取った。
宿のすぐ隣にミルフォンテス城[Castelo de Milfontes]があるという我が家にとっては好立地だったが、肝心の城は公開していないのか固く門を閉ざしていて外周しか見ることが出来ず、残念。

ちなみに、ミルフォンテス城の正式名称は「Forte de Milfontes」らしいが、Googleでは別名の「Forte de São Clemente」で掲載されている。


Tasca do Celso

夕食は、宿から歩いて3分という近さから、当地でトリップアドバイザー2位の店にした。
宿のレストランよりもマシだろうという判断からだが、かなり微妙だった。


Pão
Pão(€2.50)

注文を終えると、早速パンとオリーブをテーブルに置いて行った。
これは手を付けなければ課金されないが、ちらっと布をめくって写真だけ撮ったもの。
このパンで2.5ユーロは高いだろう。


Azeitonas
Azeitonas(€1.25)

オリーブは、ランチで食べた Restaurante Cais da Estação と同価格ながらも量は倍。
スペインやポルトガルのオリーブは、たまに美味しいものに当たることがあるので食べたが、ランチと似たようなえぐみのあるお味。あまり趣味ではないなぁ。


Octopus Salad
Octopus Salad(€7.50)

前菜から選んだものは、定番のタコサラダ。
日本で頼むと、野菜たっぷりの上にスライスされたタコが少しだけトッピングされているものになるが、こちらは立場が逆転して、乱切りのタコがメインで刻んだ野菜が少々という構成。

Octopus Salad

皿に盛り付けた方が、タコの量がハッキリわかるだろう。
思ったほどタコが柔らかくないのは、サラダ用に叩きを控えめにしてあるのかもしれない。

それは良いのだが、生のピーマンの主張が激しく、苦手な家内はドレッシングに浸透していたピーマン味がダメだと。
私は問題なしだけど、安物ピーマンよりパプリカを使ってほしいなぁ。


Clam RiceClam Rice
Clam Rice(€16.50)

メインは、Typical Alentejo(郷土料理)マークのあったアサリ御飯を選んでみた。
20種類ぐらいあるメイン料理の中で、郷土料理マークのあった料理はコレだけ。残りはすべて Products from Alentejo(地元産食材)というのも、なんだかなぁと思ってしまう。
実は、アレンテージョの郷土料理って少ないのかもしれないけど。

ちょっと想定外だったのは、大きな土鍋で出てきたものの、中身はリゾットだった点だ。

Clam Rice

2人で1人前をシェアでお願いしたのだが、最初に盛り付けてくれた量がこんな感じ。
この量だと5~6皿は取れるだろう。

Clam RiceClam

ランチではマテ貝ライスをいただいたが、有頭海老2尾という点では同じだが、それ以外に海老が入っていない。
写真に写っている海老は、最初の盛り付けで頭だけ取れてしまった残りの部分だ。

それに、アサリの量も控えめ。これでは、しっかりした出汁は出ないだろう。ランチのマテ貝ライスよりも高いのにだ。

さらには、右写真のようにアサリの管が伸びているものが半数以上。
これは、砂抜きのために塩水に入れておいたままアサリが死んでしまったものを使っている証拠だ。
こんな料理を出してくる店がトリップアドバイザー2位というのも、いかに信用できないランキングか納得できる点だ。
立派なHPを持っていることから、観光客がこぞって選択した結果なのだろう。店の戦略勝ちと言える。


お会計

前菜とメインを1品ずつだけにしたので、総額は27.5ユーロと安く済んだが、田舎の観光地のレストランは、これ以上を望んでも無理だと思う。その点、ランチをいただいたシネシュの街は、石油の備蓄基地がある工業都市と、少し発展した街だったので、レストランの水準も上がっていたのかもしれない。

食後のナッツ

会計をお願いしたタイミングで、小菓子ならぬナッツを持ってきてくれた。
こんなサービスがあると、少し採点が甘くなるのは万国共通のような気がする。


※メニュー:前菜(英語版)メイン(英語版)サイド・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Tasca do Celso
電話:283 996 753
住所:Rua dos Aviadores, 7645-225 Vila Nova de Milfontes
GPS:37.724427, -8.783424


ポルトガルの訪問レストラン一覧
 

【ミルフォンテス [Vila Nova de Milfontes] の風景】


▲ミルフォンテス城 [Castelo de Milfontes]




関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>