« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/シネシュ [Sines]:Restaurante Cais Da Estação

訪問:2017/2/3 13:15 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
2017年最初の海外旅行は、家内と共に3か月ぶりのポルトガル。またまた古城(廃城)巡りの旅だ。
今回は、日本人がほとんど訪れていないアレンテージョ地方の海岸部分を経由して、ポルトガル南西側を走る計画。

まずは、3年前に一人で泊まったら貸切になってしまったポザーダ・セトゥバル [Pousada São Filipe] の城塞に家内を案内したら、工事中なのか完全閉鎖。ゲートにポルトガル語で何か書かれていたが、もちろん分からず。
このままポザーダとしての営業終了となったら、最後のチャンスで泊まれたわけだが、規模が小さいとはいえ貸切になってしまったことを考えると、そもそも無理だったのかもしれない。

お次は、グランドラ[Grândola] という街に城があるはずだと家内が言うので寄ってみたものの、見つからず。
そこから30Kmのサンティアゴ・ド・カーセン[Santiago do Cacém] という街にあるサンティアゴ・ド・カーセン城 [Castelo de Santiago do Cacém] が、今回の古城めぐり最初のご対面となったが、城壁は完全に修復されているものの、城壁の中は墓場。
半周ほど城壁歩きを楽しめるものの、そこからの景色がお墓というのもなんだかなぁという感じだった。

Cais Da EstaçãoCais Da Estação

さらに海岸方向に進んだシネシュ [Sines] という街に向かい、まずは旧シネシュ駅の跡地に建てられたレストランで昼食。

愛用している Via Michelin で当地に2軒掲載されていた店の1つだ。
しかも、ビブ・グルマンマーク付き。これは期待しても良いだろう。


オリーブ
Azeitonas(€1.20)

席に着くと、メニューと共にパン・バター・オリーブ・チーズの乗ったトレイを持ってきて、どれが要るかと。
最初からテーブルに置いてある訳でなく、必要なものを選んで取れるというのは現代風かも。
パンとかチーズを取ってしまうと、後が続かなくなる可能性が高いので、オリーブだけチョイス。

量は一般店と違って少ないが、二人でちょうど良いサイズで、やはり洗練された店という印象。
でも、自家漬けだとは思うものの、オリーブのアクを抜かずに付けているのか、ちょっと苦味の強いお味。
日本でしかオリーブを食べたことが無い方には、生のオリーブの自家製漬けでよく出会える苦味の強いものの味は分からないだろう。ポルトガルだけでなく、スペインやイタリアでも出会える。

Cais Da EstaçãoCais Da Estação

今回の旅では、海岸部を回ることからシーフードだけを頼む方針でいる。
海沿いの街にある Marisqueira を名乗る店だけあって、メイン料理だけでなく前菜にもシーフードがたくさんあり、選びがいのある店だ。


Ostras ao natural
Ostras ao natural(€4.80/4個)
Oysters raw


前菜から家内が選んだのは、なぜか生ガキ。何もポルトガルなんかで食べなくても良いのに。

しかし、ご覧の通り生ガキを剥いたことのない人間が無理やりこじ開けた感じのものが出てきた。
身が崩れているだけでなく、貝殻の破片が大量に付いているのだ。

Ostras ao natural

その中から、一番マシに見えたものをアップ。
貝殻の破片が散らばっているのが見えるだろうし、なんと他の個体(最初の写真の左側の個体)からちぎれた身が乗せられていた。ど素人が牡蠣を剥くとひどいことになるのは、私自身も体験しているのでよく分かるが、こんなものを出してきた段階で、期待は大きく萎んでしまった。


Pimento recheado com sapateira
Pimento recheado com sapateira(€3.90)
Pepper stuffed with crab pate


私のチョイスは、スペイン料理でよく食べている赤ピーマンの中に詰め物をした料理。
選んだ詰め物は、蟹肉だ。

見ての通り蟹肉でギッシリの詰め物だったが、蟹の味を壊すほどにトマトを使っている点がマイナス。
だんだん心配になってきた。


Arroz de Lingueirão
Choco Frito
Arroz de Lingueirão com Choco Frito(€15.00)
Razor Clams Rice with Fried Cuttlefish


メインは、何かの賞を受賞したと記してあったマテ貝のリゾットを選んでみた。
船の形をした洒落た深皿で出てきたが、予想通りボリュームたっぷり。

Arroz de Lingueirão com Choco Frito

イカフライ全部とリゾットを皿に盛り付けた写真がこちら。
リゾットは、この量で全体の4分の1だ。さすがポルトガル。

マテ貝の出汁の味というものは、缶詰マテ貝以外で経験が無いのだが、確かにクラム[Clam]と記すだけあって遠くにアサリの出汁のような味わいがある。
実際のところ、マテ貝だけの出汁ではないと思うが、これが感動ものの美味しさ。ダメダメの前菜の印象を見事にひっくり返してくれた。

イカフライは、大型の赤烏賊の類だと思うが、分厚い身の部分と頭(?)の部分。
それに、タコの足みたいな赤烏賊の足(??)が付いていたが、フライの方のお味は平凡。
恐らくリゾットだけでは見栄え的に無理があるので、無理やりフライを付けているのだろう。個人的にはリゾットだけか、マテ貝をトッピングしてもらった方が嬉しい気がするが、どれにしても美味しいリゾットだった。


Açorda de Vieiras e Gambas
Açorda de Vieiras e Gambas(€14.00)
Sea Food Bread Casselore
Alentejo's typical bread with shrimps and scallops


家内が選んだのは、アレンテージョ地方の郷土料理であると記されたパン料理。
私が頼んだリゾットと同じ船型の器にたっぷり盛られてきた。有頭エビ2本がトッピングされていたのだが、スタッフが皿に盛りつけようとしたところでストップをかけて、写真を撮らせていただいたのが上の写真。



海老を皿に除けたところで、スタッフが全体をよくかき混ぜはじめた。
見ていると、中に生卵が隠れていたようで、熱々のパンシチューの全体をかき混ぜながら生卵を加熱するようだ。白身部分の色が変わっているところを目にすることが出来た。

かなりよくかき混ぜて、出来上がりは右側の写真。カレーライスを目いっぱいかき混ぜた感じの仕上がりだ。
見た目はライスに見えるが、1粒も米は入っていない。パンだけでこんな感じに仕上げられる点も驚き。

Açorda de Vieiras e Gambas

実は注文後にホタテが品切れで海老だけで良いかと承諾を求められていたのだが、トッピングの海老だけでなく中にも大き目の海老のむき身がゴロゴロ入っていた。
エビ好きの家内は大喜びだったが、それ以上に凄かったのが蟹の出汁。メニューのどこにも蟹が入っているとは書かれていないが、半端ない蟹の風味で、これまた美味しくいただけた。
確か、この料理、前にどこかで食べた記憶があるのだが、全然違うものだった。


ということで、前菜2品の出来の悪さをひっくり返したメイン料理2品。
さすがにお腹いっぱいで少し残してしまったが、デザートまで行きたかったなぁ・・

お会計Restaurante Cais Da Estação

お会計は、38.9ユーロと、日替わりランチの5割増しの価格になってしまったが、雰囲気は抜群に良いし、納得のお会計だった。
今気づいたのだが、最初に取ったオリーブの請求が漏れていたみたい。その場で気づかず、申し訳ない。


※メニュー:前菜魚料理肉料理日替りランチ(案内)(今日のメニュー)英語版①表紙

【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Cais Da Estação
電話:269 636 271
営業:12:00~15:00、19:00~22:30
定休:月曜日
住所:Av. General Humberto Delgado 16, 7520-104 Sines
GPS:37.959012, -8.863923


ポルトガルの訪問レストラン一覧
 

【サンティアゴ・ド・カーセン城 [Castelo de Santiago do Cacém] の風景】

▲正面写真と案内版


▲城壁内入口と城跡であることを示すプレート



▲お楽しみの城壁歩き


▲城壁の外側も一周できる
 

【シネシュ [Sines] の風景】


▲レストランの向かいにある旧シネシュ駅舎(レストランは駅構内倉庫跡を利用)


▲シネシュ城[Castelo de Sines]を外側から


▲シネシュ城の城壁歩き


▲シネシュ城の城壁から海の眺め


▲左:シネシュ城の城壁内側  右:城に隣接する教会
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>