FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ダラット: Le Rabelais Restaurant@Dalat Palace Hotel(フランス料理)

訪問:2016/12/30 18:40
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★☆☆
ダラットの5つ星ホテルの中でも最上格の Dalat Palace Hotel の中にあるレストラン。
大晦日の真っ当なホテルレストランは高額で魅力の無いガラ・ディナーになってしまうことから、その前日に試すことにした。

Dalat Palace HotelDalat Palace Hotel

ホテルレストランだから予約無しでも大丈夫だとは思ったが、念のため昼のうちにメニューを見に行き、内容的に問題がないことを確認してから予約して出かけている。

Dalat Palace HotelLe Rabelais Restaurant

こういった見るからに豪華な内装のレストランは、日本で出かけたらとんでもない金額になってしまうが、そこはベトナムの地方都市ダラットだ。我が地元埼玉フレンチと同価格帯で楽しめてしまう。

Le Rabelais RestaurantLe Rabelais Restaurant

ちなみに、宿代は最低でも1泊2万円。
私が泊まった4つ星ホテルの約3倍もするので、歴史ある建物を使ったこのホテルの雰囲気を味わいたい場合は、レストランを利用するだけでも多少は堪能できると思う。(夜は何も見えないので、昼の利用をお勧めしたい)

テーブルセッティング窓際席からの風景

案内されたのは、数少ない窓際席。本来ならカップルに割り当てられるべき席だった。
正面は広い庭で、その先に湖が見える席だが、夜だと道路を走る車のライトぐらいしか見えない。

改めてメニューをチェックすると、ベースはフランス料理だが、ベトナム料理も存在している。
特に店頭掲示の無かったコースはベトナム料理とフランス料理の混合で、VND1300000≒6800円か、VND1700000≒8500円で用意されていた。

ちなみに翌日のガラディナーはフランス料理と西洋料理のセットで VND1900000≒9900円と案内掲示が出ていた。
もちろん、この価格帯でベトナム料理を食べる気は起きないので、アラカルトでお願いすることにした。

パンとバター

フレンチなので、当然のように最初にパンとバターが出てきた。

パンは、ここまで何度も紹介してきたバインミーで使われているタイプのもの。
バインミーではたっぷりのマーガリンが塗られているのが普通だが、当然バターにも良く合うパンだ。

アミューズ

このクラスのレストランとなれば、無料のアミューズも出てくる。
カナッペ風のものだが、ちょっとエスニックで内容不明。
英語での案内はあったが、知らない単語でったので忘れてしまった。

Ceasar Salad
Ceasar Salad with Grilled Chicken Breast with Tiger Prawn(VND250000≒1300円)

前菜に選んだのは、シーザーサラダ。
スープではつまらないし、フランス料理の前菜的な料理が無かったので、消去法で残ったのがこれだ。

使っている葉野菜が、いかにもベトナム野菜っていう感じ。
しかも、2本突き刺している葉っぱがほとんどで、あとはミニトマトが少しという芸の無い皿でちょっとガッカリ。
多少は期待していた鶏のグリルは裂いたものが少々、海老は中央にトッピングされている1尾だけだった。


Seared Venison
Seared Venison with Parsmip Puree, Vegetable Cheese Cracker & Red Wine Sauce(VND450000≒2350円)

メインは、鹿肉料理を選んでみた。
やっぱりこの季節(日本や欧州基準だけど・・)、ジビエ料理は魅力的だ。

お値段の割には、ハーフポーションみたいな皿で出てきたが、ひょっとして鹿肉はベトナム産では無くフランス産?
というのも、非常に覚えのある肉の味だったからだ。日本の鹿とは若干違う感じ。

フランス料理の要であるソースは、昨年ホーチミンシティで食べた Le Bourgeois と同様に煮詰めの甘いもの。
これだと、ジビエの肉の味が強すぎてソースが生きてこない。
まあ、2軒のベトナムフレンチで同様の結果となったので、日本やフランスのようなソースをベトナムで期待してはいけないのかもしれない。今後はベトナムでフランス料理を食べるのはやめておこうと思う。


Dalat Berry Mille-Feuille
Dalat Berry Mille-Feuille(VND180000≒940円)

デザートは大好物のミルフィーユ。
しかも、ダラット産のベリーだというので飛びついたわけだが、単なるイチゴでガッカリ。
イチゴもベリーであることには違いないけど、それならストロベリーって書くのが(日本では)普通だよなぁ・・

Dalat Berry Mille-Feuille

私の基準だと、ミルフィーユではなくパイサンドだったわけだが、やっぱりダラットのイチゴは甘みよりも酸味が強調されている。
甘い生クリームと合わせて、ようやく美味しくいただける味なのだ。
パイ生地は、安物の冷凍パイ生地かな。


お会計

お会計をお願いすると、ランチにアフタヌーンティーをいただいた Le Cafe de la Poste の名前の入った伝票入れで出てきた。
Du Parc Hotel とこのホテルは姉妹関係にあることは知っていたが、Le Cafe de la Poste も同じ経営だったようだ。


※メニュー:店頭掲示前菜スープ魚料理肉料理グリルデザートコース①

【店舗詳細情報】
店名:Le Rabelais Restaurant
電話:063-382-5444
住所:02 Trần Phú, Phường 3, Đà Lat(Dalat Palace Heritage Hotel)
GPS:11.937602, 108.440489


ベトナムの訪問レストラン一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>