FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/エアージャパン:成田(NRT)⇒ホーチミンシティ(SGN)

搭乗:2016/12/23 NH831便
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
昨年に続いて、今年も年越旅行はベトナムを選んだ。昨年3都市を訪問したが、今回はその中でダントツ良かったダラットだけに滞在する計画だ。
ただし、ホーチミンシティからバスで往復するので、ホーチミンシティにも前後泊。今のところホーチミンで2泊してからダラットに向かう予定だ。

さて、今年からJALのダイヤモンド会員となってJALばかり乗っていたのに、ゲートでビジネスクラスにアップグレードされてしまった。ありがたいことだ。
今年JALには、長距離路線20回(10往復)、中距離2回(1往復)搭乗したのに、ビジネスクラスへのアップグレードはわずか2回だけ。ANAでは経験したことの無い最上級会員であるのに1割にも満たなかったことから、年間150~200万円程度しか払わない上級会員などJALでは大切にする価値は無いらしいと判断し、ダイヤモンド会員の資格が切れる再来年4月以降はANAに復帰することを決めている。
ちなみに、ANAならエコノミー満席でなくてもプレエコにほぼ100%アップグレードしてくれるが、JALはそれすら3回しかなかったので、話にならない。




ANA成田ラウンジは、約1年ぶり。相変わらず炭水化物中心だが、少しずつ良くなっている。
久しぶりなので朝昼抜きで来たので、目いっぱい盛ってみたけど、やっぱり基本は変わらずだな。
パンは、毎度ながら美味しそうに見えないのでパス。昨年変わったことから試しているが同じ系統だろう。



今回は6月から新たに始まった1日1回1時間だけの「シェフサービス」というタイムサービスで、シェフがその場でカットするローストビーフがふるまわれた。
JALだとファーストクラスラウンジで寿司をいただくことができるが、ビジネスクラスラウンジで開催とはなかなか。
でも、この程度はラウンジ食として常駐してほしいものだ。
昨年から登場したスープが美味しい豚骨ラーメンは健在だった。


ANA成田ラウンジ シャワールームANA成田ラウンジ シャワールーム

シャワールームも利用してみたが、JALのファーストクラスラウンジのシャワールームよりもはるかに良い。
何しろ、JALはファーストクラスでも安ホテルと同じノーブランドのポンプ式シャンプー&ソープで、アメニティ類は櫛と綿棒1本だけで皆無に等しい。カミソリと歯ブラシは受付で配布というレベルなのだ。
対して、ANAはご覧のような品揃え。高級ブランドではないが、資生堂のブランドと安心感がある。

**********

昨年もアップグレードされているが(☞ こちら)、この路線はANAの子会社であるエアージャパンの運航便だ。

ウエルカムドリンク食事前のドリンクとおつまみ

相変わらずバスゲート発で、ビジネスクラスなのにシート電源も無いオンボロ機材。ウエルカムドリンク(スパークリングワインかオレンジジュース)はドアが閉まってから配られるという運用も変わらず。
ちなみに、JALなんて長距離路線でもウエルカムドリンクが出てこないという、過去29社搭乗している中で短距離路線を除けば唯一の航空会社だから、ANAの方が優秀。(だんだんANA側にバイアスがかかってきているなぁ・・笑。まあ屈辱的な待遇だったJALの姿勢を考えれば当然だけど)

食前酒(私はダイエットコーク)のお供が、安物袋入りあられという点は変わらず。
テーブルクロスは白いクロスから、不織布に変わってしまって雰囲気面では劣化したかな。


洋食(魚料理)

最初の食事は、昨年と同じく和食か洋食からの選択。
もちろん洋食を選択している。


ローストビーフ
ローストビーフ

アペタイザーは、中距離路線とは思えない凝った前菜だ。

ローストビーフを広げて

ローストビーフの裏側には、南高梅(? 金柑のような感じ)のコンフィと、ちょっとエスニック係った味付けのコールスロー。
昨年の写真を見ると、米国風圧縮サラダが付いていたが、サラダが無くなってデザートが一緒に出てきている。


ずわい蟹のサラダに林檎のコンフィを添えて
ずわい蟹のサラダに林檎のコンフィを添えて

林檎のコンフィの上にずわい蟹のサラダを乗せ、少しコンソメ風味のある透明ゼリーを被せてある。
お味的には機内食の限界が見えるが、地上のレストランと比較してはいけない。上等だろう。


ブレッド・バター・塩胡椒
ブレッド

パンは、たぶん昨年と同じだろう。
軽く温められていたし、昔の安物っぽいものと違ってフランス風のお味だが、ちょっと趣味とは違った。

ローストビーフのソースが無かったので(南高梅の下に少し敷かれていたソースを使う?)、ANAご自慢のたっぷりの塩をふっていただいたが、この塩のブランドが判明。
長崎県対馬産の「浜御塩セルドフレーク」というものだそうだ。

JALのノーブランドの塩と比べて、ANAは昔から脇役部分には拘りがある。
塩に関しては、10年近く前からフルールドセルを使っていたし、バターもエシレからイズニーを経て国産ニュージャージー種のバター(このバターは不味かった)に変わったが、この路線はエコノミークラスで出てくる安物バター。
中距離路線だから長距離路線とは差別化しているそうだ。


銀鰈のソテー ナンプラーソース ココナッツの香るライスを添えて
銀鰈のソテー ナンプラーソース ココナッツの香るライスを添えて
sautéed Greenland halibut with nam pla sauce and coconuts rice


メイン料理は2択で、1品がエスニック料理風だったので、これから向かうベトナムをイメージしてエスニック料理を選んでみた。洋食というカテゴリーに入れるのはどうかと思うが、英語表記では International Cuisine になっているので、これに該当する適当な日本語が無いということだろう。世界各国料理じゃ、ピンと来ないだろうから仕方ないか。

銀鰈って何だろうと英語メニューで確認すると、グリーンランド産のハリバット。欧州のレストランではよく見かける単語だが、日本語だと銀鰈になるとは知らなかった。
ややパサつき感があった点が残念だが、そこそこ脂ものっている美味しい白身魚。
そこに、それほどエスニック感は強くないものの、ナンプラー風味のタレという感じのソースも美味しい。
ANAの機内食、ずいぶん改善しているではないか。

ココナッツの香るライスと言うので、てっきり先日搭乗したマレーシア航空で食べたナシレマ(☞ こちら)だと思っていたら、普通の白米だった。
ココナッツの香りなど感じなかったけど、英語表記では coconuts rice とあるので、ちょっと違うのでは?


ヨーグルトムース 紀州南高梅ジャムヨーグルトムース 紀州南高梅ジャム
ヨーグルトムース 紀州南高梅ジャム

デザートは毎月変わるようだ。
ヨーグルトムースとの表記だが少しチーズ風味のあるもので、フロマージュブランという表記でも良さそうだ。

紀州南高梅ジャムは、ジャムというよりはコンフィが乗っているだけ。この出し方だと、ジャムではないだろう。
前菜のローストビーフと一緒にでていたものを南高梅(?)と書いたのは、同じ物だったからだ。ちょっと安直だなぁ。
でも、ムース自体のお味は、シンプルながらも悪くない。

食後のドリンクには、小菓子(チョコレート)付。
これも昨年と変わらずだが、この1つがイメージアップにつながるのだ。

**********

2食目は、昨年の「軽めのお食事」から変わって、「お好きな時に」と題した中間食が用意されている。
昨年より1品(スープ)が増えて、カップ麺しか無いJALの中距離路線との差がますます開いた感じだ。

舞茸うどん
舞茸うどん

さすがにスープではつまらないので、4年ぶりの舞茸うどんをチョイス。
うん、舞茸の風味は健在だったが、ごまが邪魔している感じ。4年前の成田⇒シカゴ線で食べた時は、邪道な胡麻は入っていなかったので、安直に胡麻を使うANAの悪い癖が出ていた。
七味と同様に個食パックで付ければ良いのに。

それでも、機内食でこの水準の舞茸をいただけるのは上等だ。
ただし、お手拭が付かなかった点がマイナス。せめて丼の下に紙ナプキンを敷くのではなく、口拭き用のナプキンを付けてほしかった。(仕方ないので、丼の下に敷かれていたものを使ったけど)

なお、お隣さんが頼んでいた昨年いただいたチキンカツサンドは、2カットから3カットに戻っていた。
内容も6年前のものに戻っているのかもしれないが、不明。


以上、トータルで見ればサービス面ではやや水準ダウンが見られたものの、メインの食事面では水準アップ。
特に前菜の水準の高さは、長距離路線並だということは評価したいが、メニュー表記内容と異なる部分(デザートのジャム表記など)など、基本的な部分で出来ていない部分もあったことから、★5つは見送りとしたい。
ちょっと残念。

※メニュー:和食・洋食・お好きな時に

※機内で概ね書き上げ(シート電源が無いので・・)、ホーチミンシティの初日の宿から登録しました。
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>