« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/パリ8区: Marché Gourmand@シャンゼリゼ通りクリスマスマーケット

訪問:2016/12/11 12:40
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービスN/A雰囲気★☆☆☆☆CP★★☆☆☆
2日目は、もうひとつの目的だったクリスマスマーケット巡り。といっても、パリのクリスマスマーケットは開催期間が短いようで、ほとんどが次の週末から開催と気づいたのは、航空券を予約した後の話。

この日は3か所でやっているとの情報を得て、駅前に大きなモノプリ[MONOPRIX]のあるモンパルナス駅前の会場(Marché de Noël de Montparnasse)に行ったら、半分近くの屋台が閉まっていて閑散としている。
これでは、もう1か所(Marché de Noël à Saint Germain des Prés)に行っても無駄と考え、本命のシャンゼリゼ通りにやってきた。ホテルからここまで約10Kmのお散歩だ。

Marché de Noël des Champs-ElyséesMarché Gourman

会場は、コンコルド広場から Franklin D. Roosevelt駅の間のシャンゼリゼ通りの両側。
食べ物屋は日陰になる南側沿いに多いが、北側沿いの中央付近に「Marché Gourmand」という食べ物屋だけを集めた一角が設けられていた。

生牡蠣ブリオッシュバゲット?

お決まりの生牡蠣を売っている店もあれば、ブリオッシュのバゲットみたいなものを売っている店もある。
腹ペコなら食べていたんだけど、この日も途中で偶然見つけたバゲットコンクール優勝店でパンを2つ食べていたので、断念。フランスの生牡蠣は、一昨年のブルターニュでたくさん食べたし(例:Querrien@カンカル[Cancale])、変わったパンは出来たてというわけでもないし、4.5ユーロという値段がネックで手が出なかった。

La Boite a FromageLa Boite a Fromage

ということで、La Boite a Fromage というチーズ料理をメインにした店で1品いただくことにした。
他にも、ラクレットを売る店もクリスマスマーケットの中で何軒か見ているので、さすがチーズ好きのフランスらしい出店構成。



たくさんの種類のチーズが置いてあったが、結局選んだのは昨日フロマジュリー・ヒサダで購入したモンドール[Mont d'Or]。



代金を支払うと、奥の赤外線トースターのような器具で再加熱し、チーズがトロトロに溶けたところを出してくれる。


Mont d'Or
Mont d'Or(€8.00)

出来上がり。
フォークを2本刺して出されたが、確かに1人で食べるにはボリューミー。



断面写真の通り、チーズもタップリだが、ベースの茹でジャガイモが半端ない量。
完食間際まで頑張ったが、結局右写真の上のチーズ部分まで食べてゴミ箱行きになってしまった。
美味しいかって? まあ普通にいただけるかな。芋は半分でいいけど。

一度ホテルに戻ってから、モンパルナス駅前の会場に夜も出向いてみたが、やっぱり閑散としていた。
翌週からあちこちで始まらないと、パリではクリスマスマーケットは楽しめないみたいなので、来年のクリスマスマーケットシーズンは、ドイツに行こうと思っている。

【所在地情報】
名称:Marché de Noël des Champs-Elysées
営業:10:30~24:00
期間:2016/11/11(金曜日)~2017/1/8(日曜日) ... 2017年以降は要確認
場所:シャンゼリゼ通り(コンコルド広場~Franklin D. Roosevelt駅間)
GPS:48.866224, 2.319755~48.868976, 2.311000(南側歩道にも展開)


訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景


夕食は、ホテル近くのフランプリ[marché franprix]で買ったローストチキン。
腿肉2本にポテトがタップリ入ったパックが、なんと €3.95 という激安価格。



また、ブログでの紹介はしないものの、3日間でバゲットコンクール優勝店4軒で2品ずつパンを買って(いずれの店も2品で3ユーロ前後)食事代わりにしている。
パリは、下手なレストランで散財するよりも、朝と昼はパン、夜はスーパーの惣菜と、激安路線が似合いそうだ。宿代が高いけど・・

ということで、到着日夜の Le Petit Boileau と、初日の昼の フロマジュリー・ヒサダ を除けば、昔の旅行パターンのような食生活で過ごした3泊5日の旅費も紹介しておこう。

■今回の旅の費用
往復航空券: 86910円(成田<>パリ、20440マイル獲得/JAL)
現地宿泊費: 31183円(€251.48/3泊)
現地交通費: 3943円(€31.80) 空港→市内は大気汚染警報発令で無料(☞ 参考
飲食雑費等: 12677円(€102.24)
国内交通費: 2446円
旅費合計: 137159円

この後は、2年連続で年越旅行地に選んだベトナムでの食べ歩きレポートを現地からお届けしたい。
昨年出かけて気に入ってしまったダラットで最低5泊するほか、ゲートウエイになるホーチミンシティでも最低2泊する予定だ。(残りは現地で決めるが、どちらかで泊まることになると思う)
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>