FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/パリ16区・Porte de st Cloud駅: Le Petit Boileau

訪問:2016/12/9 19:30 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今年21回目の海外旅行は、9年ぶりのパリ。
フランス自体は17回目の訪問だが、いつも空港からレンタカーかTGVに乗ってしまうので、パリ市内で滞在することが無いのだ。(20年前までは何度か来て一通り観光もしている)

今回は宿代の安い16区の Holiday Inn Paris - Auteuil に3連泊。事前に近くのレストランを Via Michelin で探って、ネット予約可能だったこの店をロシア上空から当日予約しておいた。
IHGのスピードアップキャンペーンも、飲食を除いてコンプリートし、合計75000ポイントをゲット。これで、年始の高いホテル代が浮いた。

Le Petit BoileauLe Petit Boileau

開店時間に訪問して予約画面をタブレットで見せたものの、英語の出来ない店員だったので予約の意味はなかったかも。でも、1時間後には満席でフリー客を断っていたので、人気のあることは確かなようだ。
ちなみに、おひとり様客は、私とカウンターで食べていた常連風の女性だけ。

英語が通じたのはカワイイ女性。でも、私以上にカタコトだけしか話せない。
ミシュラン掲載店だけに英語メニューも持ってきてくれたが、フランス料理は英語版だとイメージしづらいので、フランス語の黒板メニューでも大丈夫と伝えるとニッコリ。実際は、事前にHPメニューを翻訳して検討済みだったからなんだけど。(笑)

パン

注文を終えると、無料の水とパンの到着。
フランスでは、日本と同じ様に水が無料なので(ペリエとかエビアンを頼むと、日本と同じ様な金額で請求されるので要注意!)、星付店でなければ頼む必要は無い。
観察ベースだが、ワインとかを頼むと大抵は無料の水もいっしょに出てくるようだ。イタリアとかスペインだと、その水が有料なので(フランスの半値以下だけど)、やっぱりフランスのレストランの方が個人的には馴染める。

もちろんパンも無料だが、地方都市ではあまり見かけないトラディッションタイプのバゲット(Baguette Tradition)が出てきた。バターが付かなかった点は残念だが、そのままいただいても十分美味しいパン。
パンが美味しければ、料理も美味しい事は予想できる。


Escalope de Foie Gras
Escalope de Foie Gras aux figues frâiches(€14.00)

前菜は、禁輸で日本のフレンチからほぼ姿を消しているフランス産フレッシュフォアグラを食べたくなって、芸も無くフォアグラを頼んでしまった。

かなり強火で表面を焼き上げているのか、表面カリカリ中はトロトロといい塩梅。
ちょっと残念だったのは、ソースが薄めだったこと。
リンゴの皮の部分を少し厚めに削いでローストしたようなものが付いていたが、単なる飾りという水準だ。


Cuisse de Lapin au Cidre et Pruneaux
Cuisse de Lapin au Cidre et Pruneaux, Raviolis a la TRUFFE(€19.00)

メインは、これも日本では滅多に食べれない兎料理を選んだ。
トリュフのラビオリという文字が見えたので、イタリア料理が出てきたら嫌だなぁと思っていたが、しっかりフレンチ。
ラビオリは、日本でもごく普通に見かけるタイプだが、生地の分厚さと大きさが違った。イタリアでこの手のサイズのラビオリをいただくと、もっと違った感じの美味しいものが出てくるのだが・・

Cuisse de Lapin

期待のうさぎ肉は、嬉しい腿肉部分。
一般的には淡白な胸肉部分を出す店が多いが、腿肉の方が味わいがあって美味しいのだ。
しかも、大きめの兎を使っているのか、食べ応えのある量。小骨を気にせずにいただけるのも嬉しい。

ソースは、ややフルーティーな酸味と甘さのある軽めのもの。
これも、日本では食べたことが無いお味で、美味しい。
付けあわせのポワロ葱も甘苦くて良い感じ。やっぱり本場フランスだなぁと。


L'assiette de fromages du moment
L'assiette de fromages du moment(€9.00)

料理の水準が比較的高かったので、デザートもお願いすることにした。
デザート専用の黒板メニューから選んだのは、今回の旅行がバターとチーズの調達が主目的だったこともあってチーズの盛り合わせにしてみたら、ワゴンでは無いけど6種類も盛ってきた。

L'assiette de fromages du moment

この後の記事で出て来るが、翌日出かけたフロマジュリー・ヒサダ [Fromagerie Hisada] で、チーズ熟成士の久田恵理さんから、パリのビストロでは出てくるチーズの水準が低いという話を聞いたが、この店のチーズの水準は高いと思う。(注:当方チーズ歴わずか4年ほどの初心者です!)

いや、さすがミシュラン推奨店。
たまに外れるが、良いものを出してくれて満足だ。

お会計

※メニュー:前菜・メインデザート

【店舗詳細情報】
店名:Le Petit Boileau
電話:01 42 24 48 67
営業:12:00~14:00, 19:30~22:15
定休:日曜日・月曜日
住所:98, rue Boileau, 75016 Paris
GPS:48.839845, 2.261683 (☞ Bing Map


訪問したフランスのレストランと各地域圏の風景
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>