« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア.ジョホールバル(Johor Bahru)

2010年最初の海外旅行の目的地はマレーシアのペナン島。
ダイレクトに空路で向かうのは面白くないので、シンガポールから陸路マレーシアに入ることにした。

陸路での国境の町であるジョホールバル(Johor Bahru、以下JB)へは、昨年の春にも実践しているので勝手は分かっているが、今回はちょっとイレギュラーな空港からバスだけで行くルートを試してみた。
ガイドブックには掲載されていないが、実は最も安く行くルートになる。それでいて、時間的にも鉄道(MRT)ルートと大差は無かった。

まずは、チャンギ空港(Changi Airport)の各ターミナル地下にある公共バス乗り場(「Bus to City」を目印に向かう)から、路線番号[858] Woodlands 行に乗って終点まで(S$1.90;概ね10~15分間隔で運行)
※詳細は SMART Bus & Train ServicesBuses > Getting Around > Town Map > Woodlands

「Bus to City」を目印に 乗り場は路線番号858を目印に 乗車する SBS Transit バス

Woodlands Regional Interchange」行と書かれているので、駅とは別の場所かと思って8ヶ月前にJB経由でクチンに行った時には使えなかったが、空港から鉄道(MRT)を使って行けるWoodlands駅の高架下にある。
今回の所要時間は約1時間とMRT利用とほぼ同じ時間で行けたが、交通渋滞があるとバスは不利だろう。特に、途中のKHATIB駅の手前までは高速道路で向かうので早いが、その先は一般道となるので、時間が迫っている場合はKHATIB駅で降りてMRTに乗換えた方が無難そうだった。(そうなると、最安値にならないので無意味かも?)

Woodlands からは路線番号[950] Jln Trus(Kotaraya II Ter) 行に乗換えて、まずはシンガポール側のチェックポイントで全員降車。出国手続きを経て再び同じ路線バスに乗って(最初に発行される切符をなくさないように!)、マレーシア側のチェックポイントで再び全員降車。入国手続きを終えれば、そこは完成間近のJB中央駅(JB Sentral)の隣となる。引続き終点まで乗車する場合は、同じバスに再々乗車すればよい。(車体が同じという意味ではなく、同じ会社の同じ路線のバスで良い)

シンガポール側のCheckpoint 国境を跨ぐ橋(徒歩越境不可だった!) マレーシア側のCheckpoint
▲以上3枚の写真は、2009/4にJB経由でKuchingに出かけた際に撮影。当時も含めて徒歩での越境は不可。

海沿いに2.5Kmほど離れたホテル(ZON Regency)まで歩いて行くつもりだったものの、国境道路や鉄道の線路をまたぐ手段が見つからずに徒歩を断念してタクシー(RM10.00≒290円)で向かうことになってしまった。
このため、ホテル到着は22時近くになりバテてしまったことから、夕食はおとなしくホテルのルームサービスにした。

注文したのは「NASI LEMAK ANEKA RASA」(RM23.10≒660円)
Rice cooked coconut milk wrapped in banana leaf, served with rendang chicken drumstick, fried tiger prawns, acar rampai, oriental sambal udang paste and anchovies.

NASI LEMAK ANEKA RASA」(RM23.10) NASI LEMAK ANEKA RASA」のご飯を露出して撮影 レンダンというよりは単純なカレー味だった鶏肉
アンチョビと胡瓜はご飯類を頼めばどこでも付いてきた定番 海老チリの類でかなり辛い ココナッツミルクで炊かれたご飯

さすがに高級ホテルだけあって美味しくいただけたが、特に良かったのがココナッツミルクで炊かれたご飯。バナナの葉でくるまれているご飯というのは、インドネシアでよく見かた。
拡大写真で見ると分かるが、ココナッツの成分を固めたような物(単に、クリームが分離したもの?)が入っている上に、軽く塩味が付いていたのでそのまま食べても美味しい。米をココナッツミルクで炊いたご飯は何度か食べているが、これが過去一番の味だった。

ネット上の予約サイトで押さえたホテル(5700円)だったので、朝食付。
アジアのホテルの朝食は、色々な種類の現地料理が楽しめるのが常なので期待していたが、かなり貧弱なものでがっかり。この後は長時間列車に揺られることになるので、ガッツリ食べたかったのだが・・

ホテルの朝食は思ったよりも貧弱だった

食事の話題の中で恐縮だが、せっかくなのでマレーシアのホテルでのトイレの話題を少しだけ。
日本ではビジホでも常識となりつつあるウオッシュレットの現地版なのだろうか? 形状からして、ウオッシュレットが出来る前から存在しているものと思われるが、西欧のビデを真似て合理的にした感じだ。そこからさらに発展したのが日本のウオッシュレットというところか。

現地流ウオッシュレット? どう使うかが記されていない説明書

朝7時半にチェックアウトし、マレー鉄道に乗るために駅まで歩いて向かった。海沿いの整備された歩道を歩いていると、人だかりが出来ていたので何かと覗いてみれば、小さな船が何隻も堤防に横付けされ、採ってきたばかりの魚介類を販売していた。
日本では見ないが、他のアジア諸国では何度か見かけた光景だ。

ジョホールバルの東側海岸通りはキレイに整備されている 海岸通りで漁民が船から直接魚介類を販売 海に面した道端での即興海鮮マーケット?

明るいので駅までは難なく行けると思ったが、やはり関門が。前夜苦労して断念した道路と線路をまたぐ歩行者用の道が見つからないのだ。海岸沿いの歩道を素直に歩いているのに、何ら標識も無く、何人かに聞いてみて行ったり来たりしてようやく正しい答えを教えてくれた方に巡り会えたが、歩いている人は一人もいないのでニーズがないのだろう。標識や案内板が無くて当然というところか。

結局、駅に着いたのは事前に調べておいた発車時刻の8分後。ところが、ダイヤ改正があったようで運良く間に合ってしまった。無事切符を買い、乗ることが出来た。ラッキー!

実は、なぜ始発のシンガポールから乗らずにJBから乗ることにしたのかという点も記さなければならない。
シンガポールから同じ列車に乗ると、運賃通貨はシンガポールドル。数字部分は同じで通貨単位だけ変わるという不思議な運賃体系なので、約2.3倍の運賃になってしまうのだ。ちなみにシンガポールから今回乗車した1等車でクアラルンプールに向かうと S$68.00≒4530円、JBから乗ると RM64.00≒1830円という具合だ。

ジョホールバル駅ホーム、左側は建設中の新駅(凄いギャップだ!) 1等席は2列+1列形式でゆったり座席。但し日本と同じ狭軌なので欧米のような車内の広さは無い 窓口で発券した乗車券は古い発着時刻での表示だった

定刻10分遅れで列車が動き出すと、乗務員がパンと水を配りに来た。現地のあんパンといったところか。
あんはココナッツベースのものだったが、いかにも安物という味で、特にパンが旨くない。餡だけ食べて廃棄。

車内で無料で配られた弁当ならぬパンと水 あんパンの餡はココナッツ!

1等車だけだと思うが、オンボロ車輌の割にはコンセントが付いていた。今回はPCを持っていかなかったので、使えるのかは定かではないが、使えるのなら便利。シートも1-2席シートとゆったりで、これなら夜行便でも問題無さそうな乗り心地だった。
結局、定刻より1時間遅れでクアラルンプール到着。ダイヤ改正前の到着時刻よりも1時間近く遅い時刻に変更していても、やはりマレー鉄道は遅れて当たり前のようだ。


in : 2010/01/08 成田[NRT 11:30→18:00 SIN]シンガポール[19:00→20:00]Woodlands[20:05
   →20:15]シンガポール国境[20:35→20:40]ジョホールバル
  by Singapore Airlines H(Y)クラス, 858路線バス(S$1.90≒130円), 950路線バス(S$1.20≒80円)
out: 2010/01/09 ジョホールバル[08:47→15:17]クアラルンプール
  by マレー鉄道 1等席(AFC) (RM64.00≒1830円)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>