« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ニュージーランド/ロルストン [Rolleston]: Café Izone

訪問:2016/10/23 19:00
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
今日のルート実績←今日のルート実績(by Geo Tracker)

かなり気に入ってしまったカイコウラ [Kaikoura] の次は、クライストチャーチ周辺で最も有名なアカロア[Akaroa] で泊まろうと思ったものの、宿代が高すぎて断念。(天気を見ながら翌日の宿を確保している)

航空券を取った時にチェックした値段はそうでもなかったし、まだ観光シーズンが始まったばかりなのでおかしいと思っていたら、翌日月曜日はレイバー・デー(日本でいう勤労感謝の日)で、当地の3連休だったのだ。事前に気づいていなかったのは失敗。

Café Izone

仕方ないので、クライストチャーチ郊外のロルストン[Rolleston] という普通の街にあったB&Bに泊まることにした。
せっかく観光客の来ない普通の街に泊まるので、地元のレストランを試そうとGoogle Mapのレストランマークを頼りに選んだ店がココ。地元民をターゲットにした店だと、どんな料理になるのかという興味からだ。

出かけてみたら、工場街のど真ん中にあって、周囲に民家がまったくないような立地。
3連休の中日に、こんな場所で営業しているということは、それなりに地域住民に支持されているはずだ。
念のため宿で予約してもらったが、最終的にはほぼ満席になってしまった。ここを逃すと、20Km離れたクライストチャーチまで遠征しなければ店が無さそうだったので、予約しておいてよかった。

Chef Seafood Platter
Chef Seafood Platter(NZ$20.50≒1600円)
A selection of nibbles from the seas or rivers, served with wasabi aioli and crusty bread


前菜からは、最高値だった魚介類の盛り合わせを選択。
ここで失敗したのは、まさかファストフード店みたいな揚げ物が出て来るとは思っていなかったことだ。
ご当地チーズとハムの盛り合わせと悩んだのだが、失敗した。

Chef Seafood Platterの構成物

全体の1/3強を皿に盛ったのがこちら。
スモークサーモンと、スィートチリソース(ここでもアジアンテイスト!)をかけたムール貝は良いとして、残り4種類は揚げ物だ。

一風変わった形状のものは、春巻の皮の端に海老を乗せて巻いた後に小麦粉の衣で封をして揚げたもの(全体の2/3を占める右側の細長い部分は春巻の皮だけで中身無し)、中央は開いた小型の海老に目いっぱい衣を付けて揚げたもの、下中央は定番のホタテフライ、右下はイカリングフライといった構成。

山葵のアイオリソースは、まったく山葵が香らず単なる緑がかったマヨネーズ。
巨大なパンで量を誤魔化しているようにも取れるし、ここまでパンを出すなら前菜でなく、メインとしても十分の量になる。

Green-lip Mussels
Green-lip Mussels(NZ$24.00≒1850円)
New Zealand green-lip mussels steamed in white wine with a tomato salsa, capsicums, olives, spinach served with pasta and crusty bread


メイン料理側にムール貝(Tuti's Restaurantで書いた通り、正確には「モエギイガイ」)があったので、肉料理を頼んでも食べきれないだろうと思って頼んでみた。

こちらはメイン料理扱いなので、厚切りパンが乗っていても納得できるが・・

Green-lip Mussels

パンを外して全体が見えるように撮ったのがこちら。
前夜のTuti's Restaurantでいただいたムール貝との出来の違いが大きすぎだ。

前夜はソースの出来がピカイチだったが、こちらのソースはトマト缶にちょっと菜っ葉と缶詰黒オリーブを放り込んでいるだけっていう感じの、超ド素人料理。ここまで何も手を入れていないソースって、有りだろうか?

Green-lip Musselsをアップ

ペンネは完全に茹で置き品だし、写真の一番マシな茹で加減だったムール貝でも茹ですぎ。
ただでさえ縮みにくい種なのに、半数が貝殻の半分ぐらいの大きさまで縮まっていた。
ソースは論外、ムール貝もダメという激マズ品だったのだ。
不味すぎて3割程度は残してしまった。もちろん無星相当。

お会計Café Izone

しかし、ここまで悲惨な結果になるとは予想していなかった。
一般的に観光地の店は、現地人が普通に使うレストランより劣るものだが、ここニュージーランドでは、その原則が当てはまらないのかもしれない。
それにしても、こんな店が Google Mapで★4.4なんて、現地の方は美味しいものを知らないんだろうなぁ・・

※メニュー:前菜・メイン石焼キッズ・シニア・ベジタリアンドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Café Izone
電話:03-347-4960
営業:9:00~22:00
定休:無休
住所:15 Radius Loop, Rolleston 7675
GPS:-43.582245, 172.369947 (☞ Bing Map

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>