« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/全日空(ANA):羽田(HND)⇒シンガポール(SIN)

搭乗:[2011/1/6 NH151便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
年末年始旅行から帰ったばかりだというのに、すぐ3連休。もちろん旅に出るわけだが、今回はマレーシアでリタイアした日本人が多く住むというキャメロンハイランドが目的地。8年後の自分のリタイア後に使えるかを視察するのが目的。

今回は羽田からの深夜便でのシンガポール経由。ラッキーなことに、中距離路線ではじめてビジネスクラスへアップグレードされた。ビジネスクラスもビッシリ満席であるところを見ると、羽田発の深夜便も浸透してきたようだ。

羽田のラウンジは晩秋の香港行で体験しているが、その時は成田よりも劣る印象。
夜は食事がちゃんと出ると大々的にPRしていたので期待していたが、さすがに期待に応えるラインナップだった。夕食抜きで羽田に向かっても問題ない水準。海外では米国系などを除けばこれがあたりまえなんだから、成田のレベルアップもしていただきたいものだ。

夕食だけに出てくる料理群。メインはさんまの蒲焼もあった
カレーは高水準。フルーツは朝便利用時にも出ていた

さて、今日の機材はB767-300で、年末に乗った関空⇒上海線(☞ こちら)と同じ。その時は気づかなかったが、トイレにウオッシュレットが装備されていた。航空機では初めて見た。シートモニターもタッチパネル対応で使いやすいが、ヘッドホンがノイズリダクション機能の無いものとグレードダウン。ただし、ANAでは初めての「配られるアメニティセット」の中に耳栓が入っていたので良しと考えるべきか。

ビジネスクラスのトイレ ウオッシュレットの操作パネル

前回の上海線は最前列だったが、今回はビジネスクラスの最後部。全体を見渡すことができる。
オーストリア航空(☞ こちら)のように、朝食のリクエストを紙(☞参照)に記して渡す仕掛け。

ただ、軽食欄は離陸後の軽食を希望する場合に記すものと思っていたら、確認してきたので朝食と一緒という意味だったのだろうか? また、結局忘れられてしまったので、中途半端なリクエスト用紙にせず、要る要らないも含めて全行程もれなく書かせるようにした方がミスも少なくなるだろうと思ったしだい。


離陸後のドリンク(食前酒等)と共にするおつまみが出てくるのが遅いのは相変わらず。ただ、すぐ寝る方もいるので、起きている方だけに配っていたところを見ると、故意にそうしているとも受け止められるが、空きっ腹にアルコールは良くないだろう。

食前酒のお供(のはずだが、出てくるのが遅いのは相変わらず)

そのあと、忘れられていたチキンカツサンドを再リクエスト。おかげで照明を落とされてしまい、スポットライトに当てられた状態での撮影となってしまった。
衣薄めで胸肉を使っているものだが、肉がとにかく硬くて噛み切るのが大変。加工手法に難ありという印象。パンも表面にパサつきがあり、完成度の低さが気になる。チキンカツではなく豚カツにすれば良いのに・・

チキンカツサンド(リクエストベースの軽食)

お詫びにと、寿司まで持ってきたので掲載しておくが、上海線よりマシなものが出てきたところを見ると、上海線のひどさ(あるいは関空線だけ?)が際立ってしまう。ただし、あくまでマシというレベル。

寿司(リクエストベースの軽食)

3時間ほど就寝して、リクエストした朝食のお出まし。和食か洋食の選択になるので、もちろん「洋のセット」で。

まずは全体像のご紹介。
「洋のセット」全体像

ラビオリをバジル風味のクリームソースで
  季節のフルーツ


チーズ入りラビオリを皿にキッチリと敷き詰め、そこに濃厚な出汁を効かせたオイルベースのパスタソースをたっぷり。表面にチーズ、海老、茹で野菜をまぶして焼き上げてある。
なかなか美味しいのだが、ラビオリが1種類なので飽きが来る。せめて2色のラビオリといった芸があれば良いのに・・

フレッシュサラダ バルサミコヴィネガーのドレッシング
フレッシュサラダ 瓶入りドレッシングの表瓶入りドレッシングの裏

バルサミコドレシングはイタリアン製の小瓶入り。日本には普通でない味わいで、甘さを効かせたものだ。


ブレッド2種 蒜山ジャージーバターとオリーブオイルとともに

ブレッド2種蒜山ジャージーバターとオリーブオイル、塩・胡椒 オリーブオイルの小瓶

何度か乗っているパリ路線と同じ感じだが、バターだけは定番だったエシレもしくはイズニーと違って安っぽいお味。蒜山ジャージーバターだから良いもののはずなんだが、エシレと比較するのがいけないのか?


同じ中距離夜行便との比較となると、年末のシンガポール航空(SQ)メルボルン線(☞ こちら)となるが、シートはSQ便の方が座り心地も寝心地も上回るものの、食事に関してはANAの勝ちという印象。
今まですぐに下げていたおしぼり、レストランで出すようなしっかりした布であるうえに、回収せずに食事が終わるまで使えるように配慮されていたのは好印象。

ただ、この新しい機材のシート、欧米人仕様なのか短足には太ももに負荷がかかりすぎて、ビジネスクラスでもエコノミー症候群にかかりそうなものだったし、同じような幅の狭いシートだった SQ SIN-TPE便(☞ こちら)のA330型機と比べても、フルフラットにならないうえに遮音性も低いのが難。
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>