FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/モンドルフォ [Mondolfo]:Osteria dal Presidente

訪問:2016/9/24 12:20
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
8日目は、マルケ州入り。リミニ [Rimini] の宿を後にして、まずはマルケ州のグラダーラ城 [Castello di Gradara] に向かった。現地でネットサーフィンしていた時に見つけた城だ。

お次は、港のあるペーザロ [Pesaro] の街をちらっと見てから、あまり信用していないイタリアの最も美しい村 [I Borghi più belli d'Italia]に掲載されていたモンドルフォ [Mondolfo] にやってきた。

このイタリアの最も美しい村だが、本家フランスのフランスの最も美しい村々 [Les plus beaux villages de France] と違って認定基準が甘く(特に人口制限)、サイトの構成を見ても利益追求型の団体であることは一目瞭然だったが、行ってみなければ分からない。結果は予想通りだったけど・・
(日本にも同じような団体があるが、自治体側からの自薦である上に、甘い基準で認可して賛助金を得ることが目的のインチキ団体だと思っている。実際選ばれている(?)町村を見れば明らかだ。)

Osteria dal Presidente店頭メニュー

ランチは、マークしていた店に向かうもののお休み。街の中心部に繁盛していた汚いバール系の店があったが、真っ当な料理はいただけそうもないことから、街の外れで見つけたこの店に入ることにした。
かわいい雰囲気の店だったが、やっているのはオッサン一人。珍しいタイプだ。

客席から厨房を拝む店内掲示のランチメニュー

メニューはテーブルの上に置かれていた手書きのものだけ。英語が通じず単語だけでのやりとりになったが、4品書かれていたものから1品選択なら高過ぎるし、4品コースと考えると上の2品はパスタなので考えにくい。
とりあえず、「フジッリ? リガトーニ?」という問いにフジッリと返し、炭酸水もお願いして最初の注文は完了。

Fusilli Pomodoro
Fusilli Pomodoro e Basilica

フジッリは乾麺。厨房を真正面に見る席だったので、袋から出しているところがよく見えた。

で、出てきた皿はなんともシンプル。
しかし、これだけシンプルでありながら、しっかり絡んだソースが美味しいのだ。
単純なトマトソースで、ここまで美味しいソースは珍しい。
ちなみに、トッピングのバジルは、店内のポットで育てていたバジルを使っているようだ。
最近日本のスーパーでもポット入りのバジルを売っているが、それを一回り大きくした感じのポット。

この段階では、メニュー構成が分かっていなかったが、それなりに客は入っている店なので、これでおしまいということは無いと理解できていた。
食べ終わってから少し待っていると、店のオヤジが「モッツアレラ? ポーク?」と聞いてきたが、ポークはどんな料理かと聞いても通じないので、ここは私でもイタリア語表記が分かったモッツアレラでお願いすることにした。

Mozzarelle di Bufala con Rucola e Crudo
Mozzarelle di Bufala con Rucola e Crudo

このモッツアレラも、水(?)と一緒に入っていた袋の中から取り出しているのが見えたが、さすがメインの皿だけあって、とんでもない大きさ。

Mozzarelle di Bufala

ナイフで半分に切ったら、あれれ?
ブッラータのように薄い皮で覆われているし、中からクリーム(というか乳清?)が出てきた。
中身は、ちょっと滑らかさが足りないものの、ブッラータと同じ生クリームとモッツァレラを合わせた感じだったので、「ブッラータ?」と聞いてみたが、違うと明確に回答。
水牛モッツアレラの何々だと。(イタリア語は分からないので意味不明)

この周りの皮が薄く丁寧に作られた感じがしたのと、取り出していた袋が無地だったことから、気になって探っていたら、ブッラータチーズの作り方がネット上にはたくさん存在することに気付いた。(日本語に訳されたサイトも発見 ☞ 【レシピ】入手困難なブラータチーズは自分で作ろう!
ということは、オヤジさんが作ったブッラータだったのかもしれない。

お会計パン

お会計は、炭酸水代を加えて14.50ユーロ。
最初にパンが出てきたが、コペルト徴収は無かった。

ちょっとディナーも気になるところだが、イタリアの最も美しい村巡りをしている方で、当地モンドルフォに来る機会があれば、ぜひ立ち寄ってみていただきたい。

【店舗詳細情報】
店名:Osteria dal Presidente
電話:0340 7352160
営業:10:30~15:00、18:00~23:00
定休:水曜日
住所:Via Camillo Benso Conte di Cavour 60, 61037 Mondolfo
GPS:43.749536, 13.097595 (☞ Bing Map


イタリアのレストランレビュー&街の風景一覧
 

【グラダーラ城 [Castello di Gradara] の風景】
公式HP街のHP

▲左:駐車場から  右:城壁内への入口


▲左:城壁内のメインストリート  右:城壁の上は歩けないが、よく整備されている


▲城内へは、さらに2つの門をくぐって入る


▲ここから城内(入場料:6ユーロ)



 

【ペーザロ [Pesaro] の風景】



 

【モンドルフォ [Mondolfo] の風景】
街の地図掲示



関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>