FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/フォルリ [Forli]:Osteria Enoteca Salumé

訪問:2016/9/21 12:35
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
5日目。今日は、州境に近い人口わずか320人の田舎の村にある一軒宿が目的地だ。
実は、そこでトリュフ狩りが体験できると聞いて、トリュフ解禁日を待って連泊で予約を入れてある。(今回の旅のテーマのひとつがトリュフなのは、そんなワケ)

移動距離が短いので、周辺の大きな街であるラベンナ [Ravenna]に寄ったものの、街に向かう際に雷雲の中に飛び込むような感じになってしまった。雨がやんだので雷雲が通り過ぎたものと思い街歩きを開始したのだが、再び大雨。ついていない。
小振りになるのを待ってから街の外れの駐車場まで戻り、フォルリ [Forli] でランチタイム。



最初はマークしていた店に行ったものの、派手な外観で拒否反応を起こしてしまい、店頭黒板メニューに「Burrata」の文字があった、同じ広場に面した別のオステリアに入ることにした。
飲み屋だと思って入ったが、壁側にずらりとワインのボトルが並んではいるものの、小規模ながらもテーブルはリストランテ仕様の店だったので正解。

パン

英語の出来るオニイサンにブッラータと、いつもの通り炭酸水をお願いした。
パンは、酒飲み屋であるはずのオステリアに似合わない、パステルカラーの籠に入って出てきたが、ちょっと形状は異なるものの、日本のイタリアンでよく出てくるフォカッチャが入っていた。昨日の店(☞ Quel castello di diegaro)にもあったので、日本のイタリアンのパンは、エミリアロマーニャ州がベースなのかもしれない。他の地域では、あまり見かけないのだ。

Alia e Burrata
Alia e Burrata(€8.00)

楽しみにしていたブラータチーズの登場!
Aliaが何だか分からないで注文したのだが、アンチョビだった。
そのせいか、ピンチョスのノリで出てきた。

昨日の店のアンチョビだったら合いそうだが、ごく普通の塩分の強いアンチョビでは、せっかくのブッラータの味をぶち壊し。仕方ないので、アンチョビは除けていただくことにした。

ブラータチーズの断面

断面を見ての通り、薄皮を剥いだ中身は生クリームみたい。
下の方を見ると、少し分離した生クリームの液体が見えるが、食感的にはモッツァレラと生クリームがしっかり融合しているし、適度な塩分もあってまずまず。

ペルージャの Ristorante La Rosetta で食べたものよりは美味しいけど、ブッラータ独特の紐で結んだ上の部分が付いていないのは残念。細長い皿で出てきたので、横にでも添えてくれればいいのに・・

Tagliatelle al Ragù別添えのパルミジャーノ
Tagliatelle al Ragù(€8.00)

当然ブッラータだけでは足りないので、店のオニイサンに自家製パスタはあるかと聞くと、タリアテッレが自家製だというので注文。どこの店でも置いているラグーのパスタだが、あえて避けていたので試すには良い機会になった。

ちょっと注目は、別添えのパルミジャーノの入れ物がパルミジャーノの形の器。
器の横に、しつこいほど PARMIGIANO REGGIANO と記して主張しているところが良い。
蓋付なら買いたくなってしまったけど、どこで売ってるのかなぁ?

Tagliatelle al Ragù

予想通り、超粗挽き肉を使った薄味のラグーがたっぷり。お味に特段主張は無いかな。
パスタの方は、自家製と言っていたけど、やや機械生産っぽい生パスタでコシが強すぎた。

お会計

黒板メニューにコペルトの表記は無かったが、お会計ではしっかり2ユーロ乗ってきた。
ただし、ここでもピッチャーに入れて出してきた炭酸水の代金が入っていなかったので、スペッロ[Spello] の Ristorante La Cantina と同じパターン。
地域性の問題なのか、イタリア全土でこんな感じにも変化しだしているのか?

※メニュー:店内黒板メニュー(紙のメニューは無かった)

【店舗詳細情報】
店名:Osteria Enoteca Salumé
電話:0543 36400
営業:12:30~14:00、19:30~22:00
住所:Piazza Cavour 42, 47121 Forlì
GPS:44.224762, 12.040156 (☞ Bing Map


イタリアのレストランレビュー&街の風景一覧
 

【ラベンナ [Ravenna] の風景】
街の地図掲示




▲これが有名らしい(☞ 案内掲示


▲上の建物の裏側と横の建物にあった


 

【フォルリ [Forli] の風景】
街の地図掲示



▲街の中心のかなり大きな広場(Piazza Aurelio Saffi)の両方向






▲目抜き通りにあった天井装飾の美しい建物
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>