« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリアの古城ホテル:Castello di Gargonza(ガルゴンツァ城)

訪問:2016/9/19~20(Room Type: Single Room€100.00/朝食付)
評価:総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★★☆
宿泊:総合4.5、予約個室4.0、建物全体4.5、サービス4.0、CP4.0
何で見つけたのか忘れたが、航空写真を見ると小さな城下町といった感じの城のホテルがあることを発見した。
宿泊代もおひとり様だと割引率が大きく、これなら試す価値がありそうだと予約してしまった。


▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

古城ホテルはカテゴリを分けて登録しているので(☞ 宿泊した古城ホテル・シャトーホテル一覧)、いつものように宿の詳細と合わせて紹介したいと思う。

【インデックス】
直営レストラン(Ristorante La Torre di Gargonza)のディナー
朝食の紹介
泊まった部屋と館内の写真
ガルゴンツァ城[Castello di Gargonza]の風景
  

Ristorante La Torre di GargonzaRistorante La Torre di Gargonza

城のレストランは、城内にある朝食用(外部利用不可)と、城外にある一般利用可能なレストラン(Ristorante La Torre di Gargonza)に分かれている。
夕食は、城外にあるレストランに歩いて向かうことになるのだが、暗い坂道を2分ほど歩いて降りることになるので悪天候時にはどうするのだろうか?

レストランカード

上の写真はレストランカードだが、店の写真はまったくの合成写真。ホームページに使われている写真の中にも、背景に写る城を実際とは異なるように合成しているのだから、ちょっと問題アリだ。Google Map等の航空写真やストリートビューで見れば明らかなので、そんなテクノロジーが出てくる前に作成したのだろう。ただし、宿泊客には関係の無い事。

パン塩胡椒・バルサミコ・オリーブオイル
pane e coperto(€2.50)
cover charge


料理の方は意外に安いのだが、コペルトは2.5ユーロと高級店らしいお値段。
出てきたパンはこれだけと、ちょっと寂しい感じ。その代わり(?)、今回の旅では滅多にセットされなかった塩胡椒とオリーブオイルにバルサミコと、フルセットを持ってきてくれた。

Maltagliati di farina integrale con pesto e zucchine
Maltagliati di farina integrale con pesto e zucchine(€8.00)
Whole wheat pasta squares with pesto and zucchini


食べたことの無いパスタを食べるのも、今回の旅のテーマのひとつ。
選んだのは、マルタリアーティ[Maltagliati]というパスタ。これ、タリアテッレ[Tagliatelle]の切れ端を使う(実際はそれでは足りないから、疑似的に切れ端のようにカットする)パスタらしい。

出てきた時は、7月に出かけたValtellina地方特産の蕎麦粉のパスタ「ピッツォケリ[Pizzoccheri]」を平たく延ばしたものと思ったのだが、食べてみると全然味が違った。ピッツォケリのような粗挽きそば粉特有のざらつきは無く、ちょっと癖はあるものの普通の小麦粉パスタだ。バジルペーストを練り込んでいる可能性大だと思う。

後で英語版表記で気づいたのだが(選択時にメニューを見ているのものの、記憶していないのは相変わらず)、全粒粉の小麦粉のパスタだそうだ。

マルタリアーティをアップ

ちょっとピンボケだが、アップ写真も。
ジェノベーゼソースにズッキーニのペーストを混ぜることで、バジルの強い味を押さえたマイルド感が良くパスタに合っている。表面積が大きいだけに、そのままジェノベーゼではくどいだろうから、考えられているなと。

もちろんたっぷりのパルミジャーノが別添えされていたので、後半はパルミジャーノを加えていただいたが、味の変化を求めなければ、そのままいただいても美味しいだろう。

Salumi di Grigio del casentino
ventaglio di formaggi con confetture miste fatte in casa
Salumi di Grigio del casentino e ventaglio di formaggi con confetture miste fatte in casa(€12.00)
Selection of cured hams from 'Grigio del Casentuno' pork and selection of cheese with home-made marmelade


メインはうさぎ肉料理をお願いしたのだが、売切れだと。
仕方ないので、サラミとチーズの盛り合わせをお願いしたのだが、なんとも朝食仕様の内容の無い盛り合わせ。(ホテルの朝食が4つ星らしからぬ貧弱さだったので、助かったかも?)

ノルチャの Ristorante Granaro del Monte では当たったが、そもそも美味しい思いをした前菜盛り合わせがハムやサラミの盛り合わせを表すことが多いと知ったのは、ペスカーラ[Pescara]のオステリア(☞ Osteria La Lumaca)だから、リストランテで頼むものではないのかもしれない。

強調して書かれていた Grigio del Casentino の肉(☞ たぶんここの肉製品)も、ノルチャの24か月熟成生ハムとは比較にならない普通のお味。

チーズは、左上の青かびチーズと左下のチーズがまあまあだったが、他は魅力なし。

お会計翌朝撮った外観
▲左:お会計(何故か部屋付けできず)  右:翌朝撮った外観

以上でお会計は、水代とコペルトを加えて25ユーロ。
大々的に外部客を呼び込んでいるせいか、ホテルレストランらしい割増しもなく、むしろリストランテとしてはかなり低価格。
うさぎ肉が売り切れということで焦ってしまったのも悪いが、メイン料理を食べておけば良かった・・

※メニュー:アラカルトのみメニュー裏表紙
  
*****

ホテル本体の予約は朝食付だったので、朝食も紹介しておく。
朝食会場はホテルの中にある地下室(実際は外壁ベースでの地上階)だ。




▲左:それほど充実していない  右:卵料理は私が作ると案内をしてくれたオネエサン作の「オムレツ」(!?)

【ガルゴンツァ城の詳細情報】
名称Castello di GargonzaRistorante La Torre di Gargonza
電話:0575 847021 (レストラン:0575 847065)
住所:Castello di Gargonza, Strada Comunale di Gargonza, Monte San Savino
GPS:城フロント=43.340096, 11.674483、城駐車場入口=43.340000, 11.673595、レストラン=43.340129, 11.672501、泊まった部屋(7号室)=43.340408, 11.674654


イタリアのレストランレビュー&街の風景一覧
 

【泊まった部屋(No.7)と館内の写真】

▲シングルルームで予約したのだが、ダブルルームだった


▲バスタブは無いが、アメニティは4つ星ホテルらしい内容


▲左:部屋からの風景  右:ホテルフロント入口






 

【ガルゴンツァ城[Castello di Gargonza] の風景】(入城無料)
城内の建物のほとんどが、宿泊施設として活用されている











▲左:教会入口(☞ 説明掲示)  右:ホテル案内書の写真
関連記事

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>