FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ペルージャ [Perugia]:ラ・ロゼッタ [Ristorante La Rosetta]

訪問:2016/9/19 12:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
実質3日目は、2年半前にお隣のアッシージ [Assisi] に行っていながらパスしていたペルージャ [Perugia] が最初のターゲット。

Ristorante La RosettaRistorante La Rosetta

ランチは、正午から営業と書いてあった古いミシュランシールが掲示されていた(現在は落とされている)リストランテに決めた。
店頭メニューに、7月にいただいて大感動だったブッラータチーズがあるのを発見したからだ。
お値段が高いなりに、良い質のものを出してくれるだろうと期待したのは当然である。

パン
Coperto(€2.00)
Cover Charge


まずは、コペルトで出てくるパン。
グリッシーニ代わりのパンが良い感じ。

アミューズかき揚げが土台

コペルトが安いにも関わらず、格上リストランテだからかアミューズが出てきた。
生ハムのブルスケッタかと思っていたら、土台はパンでは無く具無しかき揚げっていう感じのもの。
油切れが悪いわけではないが、そもそも油脂の塊であるかき揚げに生ハムは、合うわけないよなぁ・・

Burrata e GazpachoBurrata e Gazpacho
Burrata e Gazpacho con Olive al Forno(€13.00)
Burrata and Tomato Gazpacho with Baked Olives


待望のブッラータチーズ。置かれた状態の写真は左側で、右側は逆側から撮ったもの。
最初にメインとなるチーズが見えない置き方って、いくら縦置きが主流のイタリアだからって無いだろうに。

Burrata e Gazpacho con Olive al Forno

邪魔な超薄切りラスク(?)を外して、ブッラータチーズをアップ。
下に敷かれたガスパッチョは、赤くないのにしっかりトマト味だが、ブッラータの味を壊してしまう存在。
ただ、かんじんのブッラータのお味がパッとしない。

ブッラータの断面

前回は2食付ホテルの夕食として出されたので(☞ Villa Waldkönigin)、恐らく宿泊者分をまとめて仕入れることで鮮度を保っていたのだろうが、今度はアラカルトの1品に過ぎないので、在庫として抱えていたものだと思う。

イオンが大量輸入しているもののように分離こそしていないものの(あれは煽り文句に反して味も含めて酷い物だった)、舌触りに何か邪魔をするものがあるのだ。それが、本来のクリーミーな味を楽しめない要因になっていた。
高額なだけに残念なお味だったわけだが、産地でないので仕入れの時期に依存する在庫品はリスキーだという事だ。でも、プーリア州を再度訪問することは無いだろうから、運に掛けるしかないか。

Tagliatelle Tirate a Mano al Tartufo di Stagione
Tagliatelle Tirate a Mano al Tartufo di Stagione(€20.00)
Homemade Tagliatelle with Seasonal Truffie


お次は、今回の旅のテーマでもあるトリュフのタリアテッレ。
これまた良いお値段だが、お値段に見合ったトリュフで埋め尽くされた皿が出てきたのには驚いた。

この半端ないスライストリュフの使い方。
初日のトリュフが名産だと宣伝していたノルチャのRistorante Granaro del Monteで食べたパスタのように、加工品であるトリュフペーストをほとんど使っていないところが凄いが、やはり香りは乏しい感じ。
トリュフの香りを楽しむには、晩秋以降でないと無理なのかもしれない。

トリュフを除けたタリアテッレ

では、もうひとつの楽しみであるタリアテッレはどうかというと、こちらはイタリア現地の手打ちパスタらしい食感(歯ごたえ)を楽しめた素晴らしいものだった。さすが高級リストランテだ。

お会計テーブルセッティング

以上でお会計は38ユーロ
トリュフが高いとはいえ、他の料理も結構なお値段なので、むしろトリュフパスタのお値段は安いぐらいだ。

問題なのは、観光のメインストリート沿いにあるのに、客が一人もやってこなかったこと。つまり貸切だったのだ。
他の街と比べたら、十分観光客が多いのに、貸切状態を味わうとは想定外。(伊仏での高級店でランチ貸切は初めてかも?)

貸切状態でのサービスは、常に監視状態にあって居心地が悪かったし、なによりたった1人のホール担当が英語が話せなかったこともいただけない。元々頼む気は無かったものの、店頭掲示のあった安いランチコースの案内が無かったのもサービス姿勢に問題ありと言わざるを得ないだろう。

ということで正直な話、あまりお勧めは出来ない店という評価にならざるを得ないだろう。

※メニュー:店頭掲示のランチ前菜パスタスープ・メイン①サイド・チーズデザート飲料・コペルト

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante La Rosetta
電話:075-5720841
営業:12:00~15:00、19:00~22:00
住所:Piazza Italia 19, 06121 Perugia
GPS:43.109452, 12.387791 (☞ Bing Map



※リミニ[Rimini]のホテルから登録しました。
イタリアのレストランレビュー&街の風景一覧
 

【ペルージャ [Perugia] の風景】
街の地図掲示街の地図掲示


▲Piazza Italiaからのメインストリート(人出が少ないのは雨天のせい?)


▲突き当りの大聖堂周辺は緩い警備中。右写真の御一行が出てきた


▲大聖堂裏手の門の周辺も緩い警備中


▲警備解除後の大聖堂からメインストリートを拝む




関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: Titu's Indian Bistro Junction City店 2019/12/05
ミャンマー/ヤンゴン: MIN LAN Rakhine Food@Junction City Food StrEat 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: Kyay Oh Bayin 2019/12/04
ミャンマー/ヤンゴン: シャンキッチン [Shan Kitchen] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: ビルマビストロ [Burma Bistro] 2019/12/03
ミャンマー/ヤンゴン: Wai Wai's Noodle Place 2019/12/02
ミャンマー/ヤンゴン: 203(Myanmar Curry Restaurant) 2019/12/01
ミャンマー/ヤンゴン: Shwe Palin Junction Centre店 2019/12/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>