« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/スペッロ [Spello]:Ristorante La Cantina

訪問:2016/9/18 13:45
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
    ※今日のルート by Geo Tracker ⇒⇒

前日は無理のしすぎだったみたいで(年齢を忘れてはいけないということ)、2日目はおとなしくフォリンニョ [Foligno]のホテル周辺の小さな街を周遊することにした。滅多に連泊することはないが、IHGの75000ポイントを獲得できるキャンペーンに乗ってしまったのだ。

トレヴィ [Trevi]モンテファルコ [Montefalco]スペッロ [Spello]と、ガイドブックに載っているかは知らないが、日本人のブログ記事でいくつか発見できた街をピックアップ。

特に最初の街であるトレヴィ [Trevi]の駐車場で、土曜日の料金が無料なのか有料なのか悩んでいると(曜日別の有料時間が記載されていなかったのだ)、イタリア在住らしき日本人夫婦が声をかけてくれて、有料時間帯を示す標識のマークの見方を教えてくれた。
これだけレンタカーでイタリアを走り回っているというのに、こんなマークの意味を知らなかったわけだ。


▲左下の金槌マークは仕事日を意味するので、平日9:00~13:00と15:00~20:00が有料という意味になる

さて、やたらと観光客で混雑していたモンテファルコ [Montefalco]でのランチはあきらめ、スペッロ [Spello]の街に賭けることにした。事前に Google Map のレストランマークのある店から、口コミ数が多くて点数の高いリストランテを2軒選んでおいたのだが、1軒目はテラス席が満席だったことから、こちらの店に入ることにしたものの、広いホールは満席という事で、入口正面の通常ならバーカウンターがありそうなテーブルに案内されてしまった。
満席なので仕方ないとはいえ、外から丸見えで見世物になってしまうので(特に当地では珍しい東洋人ということもあって)、雰囲気面では最悪の部類だろう。前述のトレヴィ [Trevi]で会った日本人以外、中国人や韓国人すら見かけないような地域なのだ。

炭酸水パン
coperto(€2.00)

注文を終えて出てきたのは、ピッチャーに入った炭酸水とパン。
ちなみに、水の写真の奥に見えるのが店の入口で、外を歩く人達の視線が気になってしまう席だ。

気になったのは、メニュー上にコペルトの表示が無かったのに2ユーロ徴収されていたこと。代わりに水代が加算されていない。
ということは、パンと水で2ユーロっていうことだろうか?

渡されたメニューが紙っぺら1枚だったのは正規のものではなく簡易版だったのかもしれないが、コペルト表記が無いにも関わらずコペルトを取られた店は、イタリアでは初めてだ。恐らく法令で厳しく定められているからだろうが、日本よりも伊仏のメニュー表記は厳格に守られている点からも、消費税表記の法令の趣旨を理解しないで値上げの手段として違反まがいのこと(外税化)を新たに始めるような埼玉イタリアンは、恥を知れといいたくなる。

Antipasto Misto
Antipasto Misto della Cantina(€13.00)

前菜からは、既定方針通り盛り合わせ。
ハム類3種と、パンの切れ端(何に合わせるためのものだろう?)と、濃厚トマトベースのペーストに、当地の土産物屋でよく見かけた小麦とリコッタのサラダ。

小麦とリコッタのサラダ

このうち、小麦とリコッタのサラダは、埼玉イタリアンでは出会えないものなので、拡大写真も紹介しておこう。
単純そうに見えるが、トマトとハーブのアクセントが絶妙に効いていて、なかなか美味しい。

前菜2皿目

13ユーロの前菜盛り合わせにしては、やや寂しいなと思っていたら、頼んでいないトリュフペーストがたっぷり乗った半熟玉子焼き(当地では、これをオムレツと言うみたい)が出てきた。
頼んでいないと言うと、前菜盛り合わせの1品だと。

トリュフペーストは、前日トリュフの産地であるノルチャのRistorante Granaro del Monteで食べたものよりも、ザラツキ感がなく上品。香りは同等だろう。

豆の煮込み

続いて、小型のカップに入った豆の煮込みも出てきた。
これも前菜盛り合わせって聞いたら、そうだと。なんだか、4年前のRistorante Castello di Valenzanoで出てきた前菜盛り合わせを思い出す。

手前の極太うどんみたいなものは、小麦粉ベースのパスタという読みだったが、ちょっと微妙。
小麦粉ほどの食べごたえ感がなく、かといって野菜の類では弾力感の説明が出来ない。

ビスケット仕立ての濃厚チーズソース&トリュフがけ

これが最後だと言って出てきたのは、見た目がデザートという感じの皿。

前菜4皿目の断面

断面写真が無いと説明できない皿だが、野菜とビスケットを砕いた感じのものをセルクルでまとめて(スフォルマートの類だと思う)、上に濃厚チーズソースをたっぷりかけて、さらにトリュフペーストもトッピング。
なかなか凝った「料理」を前菜で出してくれるとは、嬉しい誤算だ。

しかし、「Antipasto Misto」を「前菜盛り合わせ」と訳していたが、誤訳なのかなぁ?

Stringozzi alla Spoletina
Stringozzi alla Spoletina(€10.00)

さて、お楽しみの手打ちパスタはウンブリア州の「Stringozzi」というもの。(☞ wiki英語版

トスカーナのピチ[Pici]ほど太くは無いし(☞ La Piazzetta@ピエンツァ[Pienza])、食感もパスタそのもので、ピチと比べたら完全にパスタと言えるもの。

Stringozziをアップ

お願いした時に早口でパンチェッタとか何かの食材名を言われたのだが、よくわからずに何も答えなかったせいか、ほぼトマトソースだけという状態で出てきた。そういえば、プーリア州で食べたオレキエッテ(☞ Osteria dei Quattro Gatti@バーリ[Bari])も、黙っているとトマトソースだけで出てきたので、この手のパスタを頼むときは自分で食材を指定しなければいけないのかもしれない。

かなり濃いめのトマトソースで、別添えの(これも必要かと聞いてきた)パルミジャーノをたっぷりかけて、トマトの酸味を緩和することで美味しくいただけたのは事実だ。

お会計レストランカード
▲会計伝票に記載の住所が違っているのは??

以上で、お会計は25ユーロ也。
メインを頼まなければ、リストランテでも昼夜共通でこの程度の金額で済んでしまうし、イタリアのメイン料理は十中八九外すので、このスタンスで頼めば良さそうだ。

しかし、前夜は何も食べていなかったのでホテルの無料朝食をしっかり食べたのが悪いのか、この日も夕食抜きになってしまった。やっぱり年齢のせいで、大食いだった昔のようには食べられなくなっているみたいだ。
つまらないホテル朝食は食べない勇気も必要のようだが、ケチな私には難しい課題でもある。

※メニュー:紙っぺら1枚だけ!

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante La Cantina
電話:0742 651775
定休:月曜日
住所:Via Cavour 2, 06038 Spello
GPS:42.990860, 12.671505 (☞ Bing Map

外観正面外観横
▲左:外観正面入口  右:店の建物

※チェゼーナ[Cesena]のホテルから登録しました。
イタリアのレストランレビュー&街の風景一覧
 

【フォリンニョ [Foligno] の風景】
到着日の夜はパレード開催日とのことで、珍しく夜の街を見に行った。


▲中心広場にイベント会場を設営していた。(雨が降ってきたので見ずに退散)



▲あちこちで待機していて、どこを練り歩くのか分からず・・
 

【トレヴィ [Trevi] の風景】
街の地図掲示





 

【モンテファルコ [Montefalco] の風景】





 

【スペッロ [Spello] の風景】
街の地図掲示




関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
2月:ベトナム
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ルブリン [Lublin]: Polski Stół 2018/05/26
ポーランド/ルブリン [Lublin]: Grycan Atrium Felicity店 2018/05/25
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Smak Bar Zamość-Centrum Handlowe Twierdza店 2018/05/24
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Restauracja Skarbiec Wina 2018/05/23
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Restauracja Bohema 2018/05/22
ポーランド/ジェシュフ [Rzeszów]: Olimp Galeria Rzeszów店 2018/05/21
ポーランド/タルヌフ [Tarnów]: Restauracja u Jana 2018/05/20
ポーランド/タルヌフ [Tarnów]: Olimp Tarnów Gemini Park店 2018/05/19
ポーランド/カルヴァリア・ゼブジドフスカ [Kalwaria Zebrzydowska]: Restauracja Klasztorna 2018/05/18
ポーランド/カルヴァリア・ゼブジドフスカ [Kalwaria Zebrzydowska]: Kawiarnia@Dom Pielgrzyma 2018/05/17
ポーランド/クラクフ [Kraków]: 中央広場[Rynek Główny w Krakowie]屋台街 2018/05/16
ポーランド/クラクフ [Kraków]: Restauracja Pod Baranem 2018/05/15
ポーランド/クラクフ [Kraków]: Bistro Kuchnia Domowa 2018/05/14
ポーランド/キエルツェ [Kielce]: Kuchnia Marche (Galeria Korona店) 2018/05/13
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ヘルシンキ(HEL)⇒ワルシャワ(WAW) 2018/05/12
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): 成田(NRT)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/10
マルタ島~シチリア島間を結ぶ国際フェリー利用情報(チケット手配&乗船記) 2018/05/09
イタリア/ナポリ [Napoli]: Pizzeria Gino Sorbillo 2018/05/07
イタリア/ナポリ [Napoli]: Pizzeria da Gaetano 2018/05/06
イタリア/シチリア・アグリジェント神殿の谷[Valle dei Templi]: Café Arcosoli 2018/05/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>