FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ステルヴィオ峠 [Passo Stelvio|Stilfser Joch]:Restaurant Tibet Hütte

訪問:2016/7/19 13:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
4日目は、ボルミオ [Bormio] の街からジグザグ道を上ってカンカノ湖 [Laghi di Cancano]を往復し、夏しか通れない峠道を通って南チロルとの境界線であるステルヴィオ峠 [Passo Stelvio]へ。
しかし、道中はバイクの大群に何度も合うし、サイクリストも多いので神経を使う道だ。何でもヨーロッパのバイカーにはトップ3の人気を誇る道路らしい。

峠に着いたと思ったら、ここにも数百台もの大型バイクが道を占有していて、駐車場(無料)に入る道を塞いでいた。彼らは、奥にある駐車場にバイクを置くという発想が無いらしい。歩くのが嫌なんだろう。どこの国でもそうだが、バイカーのマナーの悪さには腹が立つ!

Apple Strudel+Latte Macchiato

この日は朝食抜きなので、お決まりの峠のレストランでランチタイム。

ステルヴィオ峠は、西側がロンバルディア州、東側がトレンティーノ=アルト・アディジェ州の南チロル(ボルツァーノ自治県)になるのだが、この店は南チロル側にあるので表示は完全にドイツ語ベース。リストランテ[Ristorante]ではなく、レストラン[Restaurant]なのだ。

店内席からの眺め

お陽さま大好きの西欧人でテラス席はいっぱいだったが、店内はウソみたいにガラガラ。テラス席からの眺めは、峠を見下ろす方向なので、それほど良くないのに、彼らはホントにテラス席好きだ。(人のことは言えない?)
おかげで、店内の奥にある絶景を拝める席を楽々確保できてしまった。

パン

こんな条件の良い立地(峠から少し上るので、歩くのが嫌いな方には良くない?)なのに、メニューを見るとお値段リーズナブル。
しかも、3種類のパンが出て来たのに、コペルトの徴収も無かった。パンが出てきてコペルト無しは、この旅2回目だ。

やはり、お隣フランスの影響もあるのか、だんだんコペルトを取らない店が増えてきている気がする。(パンを有料化する店もある)

Piatto Tirolese
Piatto Tirolese con Speck, Formaggio e Salmone affumicato(€13.00)
Mixed Tirolean Plate with speck, cheese, smoked sausage and spicy cucumbers


例によって地名入りメニューに弱い私は、チロルプレートをチョイス。
よくよく考えてみれば、街から離れた峠の上の観光客相手の店に、ハムやチーズの質を求めるのは無謀だったわけだが、その無謀な注文に気付いたのは、皿が出てきた時。相変わらず、学習効果が働かない・・

Strudel di Mele Valvenostane
Strudel di Mele Valvenostane con Panna(€4.00)
Apple Strudel with Cream


家内は、美味しそうに見えたという南チロルの定番であるアップル・ストゥリューデル。
メイン道路か少し離れた峠の展望の良い場所にある洒落た一軒家だというのに、お値段は極めて良心的。

Apple Strudel

リンゴを包む生地がカステラタイプだったが、このカステラが意外に美味しかった。
中のフルーツもたっぷりで、日本の山や峠にある店などでは考えられない高品質低価格だ。

お会計150m手前の案内版

以上に、ドリンク代2人分を加えて、お会計は23ユーロ。
いわゆる前菜盛り合わせ(イタリアの前菜盛り合わせは、生ハムを含む肉の加工品の盛り合わせが普通)が低水準だったこともあって料理の満足度は低くなってしまったが、ステルヴィオ峠まで来られた際には、ぜひとも訪問してみてほしい。お茶だけで良いだろう。

※メニュー:スープ・パスタ/英語版メイン・サラダ・デザート/英語版

【店舗詳細情報】
店名:Restaurant Tibet Hütte
電話:0342 903360
住所:Passo Stelvio - 39020 Stelvio
GPS:46.527533, 10.455818

外観テラス席

イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧
 

【ステルヴィオ峠 [Passo dello Stelvio] の風景】


ボルミオ [Bormio]から峠を目指す(高原地帯をさらに上ると峠に到着する)


▲峠から南チロル側の眺め


▲夏季しか通じていない道なのに、峠には建物も多く、素晴らしい(苦笑)賑わい


▲左:峠全景(左側にロープウエイ乗り場がある)  右:城みたいな建物はゲストハウスだとか?


▲峠から南チロル側に少し降りた所に、別の展望台がある(道路は広くて快適)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
キプロス/レメソス [Limassol]: MEZE Taverna 2018/12/12
ギリシャ/アテネ空港: Bistrot Attica Athens 2018/12/11
ギリシャ/アテネ: LIONDI Traditional Greek Restaurant 2018/12/10
ギリシャ/ロードス島 [Rohdos]: Amalfi Social Lounge Bar 2018/12/09
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: ΜΑΓΕΙΡΕΙΟ ΜΕΖΕΔΟΠΩΛΕΙΟ(Tzatziki?) 2018/12/08
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: Nikos Fish Restaurant 2018/12/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒成田(NRT) 2018/12/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: デンパサール(DPS)⇒香港(HKG) 2018/12/05
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Balique 2018/12/04
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Rame Cafe 2018/12/03
インドネシア/バリ島・ヌサドゥア [Nusa Dua]: Raja Bali 2018/12/02
インドネシア/バリ島・ブノア [Benoa]: Balicious Restaurant & Bar 2018/12/01
インドネシア/バリ島: ENVY@Holiday Inn Resort Baruna Bali 2018/11/30
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒デンパサール(DPS) 2018/11/29
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG) 2018/11/28
ベルギー/アントワープ [Antwerpen]: De Bomma 2018/11/27
ベルギー/メヘレン [Mechelen]: Brasserie 't Vlietje 2018/11/26
オランダ/エイントホーフェン [Eindhoven]: Restaurant Zarzo 2018/11/25
オランダ/ユトレヒト [Utrecht]: Frites Atelier 2018/11/24
オランダ/スキーダム [Schiedam]: Restaurant De Noordmolen 2018/11/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>