« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ボルミオ [Bormio]:Guanella il Ristorante dell'Enoteca(Enoteca Guanella)

訪問:2016/7/18 19:30
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
再訪を誓ったリヴィーニョ [Livigno]を後にして、昨年行き損ねたボルミオ [Bormio]にやってきた。
リヴィーニョから標高差600m、40Kmほど山道を下ったところにある街だが、標高1200mという高地にあるのに結構暑いし(宿に冷房は無い)、街の見どころも無いに等しいし、山が近すぎて景色も冴えず、がっかりな街だった。

本命だった店が定休日で、予備の1軒は改装工事中だったため、仕方なく飲み屋系であることを知りながらもトリップアドバイザー1位ということで出かけたのがこの店。

パンとグリッシーニ
▲パンとグリッシーニ(ホテル以外では珍しくコペルト徴収なしだった)

想定外だったのは、メニューに地元の料理がまったく無いことだ。
イタリアの地方都市にあるレストランは、必ず郷土料理を置いてあるはずなのに、飲み屋系はどこでもこうなるのか・・

Agnolotti di brasato
Agnolotti di brasato al burro e salvia(€11.00)
Braised meat ravioli with butter and sage


パスタはどうみても乾麺なので、南チロル周辺では独特で美味しいものに出会えるラビオリに掛けたのだが、なんとも普通のラビオリが出てきてがっかり。たぶん市販品か仕入品だろう。
南チロルから30Kmぐらいしか離れていないのに・・

セージバターソースとあったが、ソースなんて無いに等しい。
ちょっとバターをまぶして、セージの葉っぱを乗せているだけの、料理とは言えないものだ。

Ravioli di zucca
Ravioli di zucca al Brillat Savarin(€12.00)
Pumpkin ravioli with Brillat Savarin cheese cream


家内はかぼちゃのラビオリを選んでいたが、これまた市販品風。
大都市周辺のモールで、この手の生パスタを良く見かけているが、手打ちパスタとは違った生地の特有の食感で、おおよそ判断できる。具材もかぼちゃの主張が強いだけ。

Filetto di fassone alla Woronoff
Filetto di fassone alla Woronoff(€22.00)
Woronoff fassone fillet(flambe with cognac and mustard souced)


メインは、何か分からいながらもコニャックでフランベしてあると書いてあったので頼んだもの。
焼き加減を聞いてきたのでステーキだと悟ったが、ミディアムレアでお願いしたら、ホントにミディアムレアというかレアに近い状態で出てきた。

Filetto di fassoneの断面

すこし癖のある肉質だが、レアでいただくと結構おいしい。

残念なのは、ソース。
ホースラディッシュにマスタードを加えて、フランベしたコニャックの風味だけっていう感じで、美味しくない。
パスタも含めて結構なお値段なので、テンション下がりっぱなし。

Filetto di cervo ai mirtilli
Filetto di cervo ai mirtilli con ristretto di Barbaresco(€20.00)
Venison fillet with blueberries and Barbaresco wine


鹿肉料理は、マルケ州ウルビーノの Antica Osteria da la Stella でいただいたことがあるので比較可能。
っていうか、肉質は劣るし、ソースも論外レベルでワインだけに頼っている感じで、まったく比較対象にならなかった。

鹿肉の断面

家内が言うには、ワインは煮詰め方で手を抜くと、こんな味になってしまうそうだ。
ワイン屋は飲むワインには長けていても、料理手法には長けていないということだろう。(だから、日本では飲み屋系のイタリアンや自称フレンチには、基本的に行かないのだ。)

牛肉側の付け合わせ鹿肉側の付け合わせ

付け合わせは、牛肉側には人参のグラッセ、鹿肉側にはパプリカのソテーが別皿で付いてきた。

お会計テーブルセッティング

以上でお会計は67.5ユーロ。メニューにコペルトの表記が無かったので、もしやと思っていたが、予想通りコペルトの徴収無しだった。(パンが付いているのにコペルトなしも、ホテルを中心に時々見かける)

この記事は、帰国便に乗るためのミラノの空港で登録しているが、今回の旅で最高値だった割には極めて満足度の低い店だった。
やっぱり呑兵衛相手の店は、トリップアドバイザー1位の店でも料理の水準が低いという証明になったという訳だ。

※メニュー:前菜・パスタメイン・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Guanella il Ristorante dell'Enoteca
電話:0342-910120
営業:11:30~、19:30~
定休:火曜日の昼
場所:Via Roma 30, 23032 Bormio
GPS:46.467187, 10.375748

Guanella il Ristorante dell'EnotecaGuanella il Ristorante dell'Enoteca

※ミラノ・マルペンサ空港のラウンジから登録しました
イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧


▲今日のルート by Geo Tracker
 

【ボルミオ [Bormio] の風景】





▲Chiesa del Santo Spirito(隣の教会よりも中が凄い)


▲対岸を結ぶ新旧の橋(新しい橋は歩行者専用)
 

【カンカノ湖 [Laghi di Cancano] の風景】(☞ 周辺地図掲示
ボルミオからジグザグの山道を上って行くと、巨大なダム湖が見れるとのことで行ってみた。


▲山道の途中にある2つの塔(上っている際にもよく見える)


▲カンカノ湖のすぐ手前にある水のきれいなスカレ湖(☞ Lago delle Scale


▲ダム湖は二重構造になっていて、下流側がカンカノ湖

Chiesa di S. ErasmoChiesa di S. Erasmo
▲カンカノ湖畔の高台にある教会(Chiesa di S. Erasmo)

Laghi di Cancano
▲左:教会から湖の集落  右:カンカノ湖全景(奥にもうひとつの巨大ダムが見える)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
14位
アクセスランキングを見る>>