« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/リヴィーニョ[Livigno]:Ristorante Stua da Legn

訪問:2016/7/17 19:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CPN/A
スイスのベルニナ峠周辺の景色を堪能した後は、天気も良いことからイタリア側の僻地で有名らしいリヴィーニョ [Livigno]に向かった。
現地で知ったことだが、この地は免税特区とのことで、ガソリン代が3割以上も安かった。(物の価格は、観光地価格で相殺されている感じ)

Hotel Lac Salinバルコニーからの景色

事前にBooking.comでターゲットにするホテルを選んでおき、現地で外観判断と部屋を見せてもらったうえで決めるというアプローチで、4つ星半表示だった「Hotel Lac Salin」に決定。前にドロミテで飛び込んだ4つ星半のホテル(☞ Hotel Savoy)が快適だったので、他を回らずに決めてしまった。(街の中心まで歩いたものの、4つ星半表示のホテルはここしか見なかった)

残念ながら昨年のスイス・サンモリッツや過去のドロミテのような当日割引価格は無く、Booking.comと同じ価格を提示されてしまったが、バルコニーからの景色が良いスイートルームが1泊2食付で2人で258ユーロ(≒30400円)と、日本と比べたら格安。北イタリアの山岳観光地は、2食付のスイートルームが日本の半額未満なのだ。

レストランの雰囲気テーブルセッティング

ディナーは7時半からと、スペインほどではないものの、かなり遅め。
時間になったので宿泊客専用の「Lac Salin Restaurant」に向かうと、スイートルーム客は一般開放している「Ristorante Stua da Legn」側に案内された。

何でも最近オープンしたばかりのリストランテだそうで、前菜+パスタ+メイン+デザートで45ユーロからのコースのほかに、豊富なアラカルトメニューも用意されていた。
もちろん2食付で泊まっているので、席だけ一般開放のリストランテで、メニューは宿泊客専用だったけど。

パン

まずは、パンの選択。写真では3種類だが、もっと種類は多い。
ビュッフェ台から、自分で好きなものを選んでこれる。

Assortimento di antipasti al buffet
Assortimento di antipasti al buffet e insalate fresche
Grand buffet of appetizers "Lac Salin"


前菜もビュッフェ台から。一般レストランでは未体験だが、イタリアでは前菜をバイキング形式にしている店が多いのだ。
もちろん、サラダを除いてほぼ全種類を盛ってきた。

Assortimento di antipasti al buffet

反対側から撮った写真も載せておこう。
実は、4つ星半のホテルということで、食事内容もそれなりに期待していたのだが、出てきた前菜群は極めて平凡というか、大規模ホテル特有の量産料理っていう感じだったのだ。

食材的には、格下ホテルよりも良いものを使っているのだが、料理人の腕を感じることが出来ず、ちょっと残念。

Spaghetti leggermente piccanti saltati
Spaghetti leggermente piccanti saltati con olive, alici e pomodori ciliegini
Spicy spaghetti with olives, anchovies and cherry tomatoes


パスタ(プリモ)は3種類の中からの選択ということで、私は手打ちパスタに期待してスパゲッティを。
これが、北イタリアのくせに乾麺で出てきたのだから、またまたがっかり。
ホテルの格が上がると規模が大きくなるものだが、その弊害ということだろうか。

ただし、トマトは美味しかった。日本のトマトは概ね不味いが、さすがイタリアっていう感じ。
あと、パルメザンチーズをたっぷり掛けられるように皿を置いて行ってくれたので、写真を載せられないほどかけてしまった。(イタリアでは、食堂レベルでもチーズかけ放題の事が多い)

Gnocchi di patate al ragù bianco
Gnocchi di patate al ragù bianco di vitello
Potato Dumplings with white veal ragout


家内は、相変わらずポテトのニョッキを選んでいた。
少し味見をしているが、ニョッキは量産品という感じだし、仔牛のラグーも味がぼけた感じでイマイチ。
こちらにもチーズをたっぷり掛けて、味を引き締めることはできる。

Scaloppa di salmone
Scaloppa di salmone al vino bianco con patate al forno e flan spinaci
Escalope of salmon with white wine sauce, roasted potatoes and sauteed vegetables


イタリア料理嫌いの家内が選んだメインは、無難なサーモン。
それでも、付け合せのほうれん草のフランは食べれないと、全部私が引き受けることに。
英語版ではソテーとなっているが、イタリア語ではフランと正しく記載されているので、ある程度イタリア料理に慣れている方なら、レストランで注文する際にイタリア語表記の確認をした方が良いだろう。

Ossobuco
Ossobuco con risotto alla milanese
Ossobuco with saffron rice Milanese style


私は、オッソブッコ。恐らくイタリアで食べるのは初めてなので、ちょっと期待。
実は、オッソブッコって骨髄という意味だったこをと知ったのは、この記事を書くに当たってGoogle翻訳に掛けた段階なのだ。なるほどね。

Ossobucoの骨髄部分

さすが本場ものは、その骨髄部分がたっぷり食べられるような部位を使っている。
もっとも、可食部は骨の周りに付いている正肉の方が圧倒的に多いのだが、骨髄という意味であるからには疎かにしていないということだ。このあたりも、わが地元埼玉イタリアンとは全く違う。

で、肝心のお味の方だが、ソースがぜんぜん出来ていない。ワインだけっていう感じで、旨味成分が無いのだ。
せっかくのサフランリゾットは、その不味いソースで壊滅的なお味に。
肉質は仔牛肉らしい淡泊で主張のないものなので、ソースをしっかり作らなければ美味しくいただけない。

Dolci goloserie
Dolci goloserie della nostra pasticceria a vostro piacere
Sweet temptation from our buffet


お楽しみのデザートもバイキング形式。
ということで、家内と私でフルーツを除いたほぼ全種類を2皿に分けて盛ってきた。

Dolci goloserie

こちらのお味は、全体的にまずまず。
格下チェーンホテル(例えば日本のプリンスホテル)のデザートバイキングで並ぶような水準はあるだろう。

以上でおしまいだが、このホテルの部屋代の差額だけで考えると、1人たったの15ユーロだったのだ。
こんな低価格だと、デフォルトの朝食付だけにして、夜は外のレストランで食べようという気にはなれないものだ。
南チロル周辺の4つ星ホテルは、2食付料金にするとディナー代が1人15~20ユーロで納まってしまうのが普通だから、ケチな私には、なかなか一般のレストランを試すことが出来ない。
もっとも、一般のレストランは比較的大きな街でないと存在しないんだけど、当地リヴィーニョにはそれなりにあった。

※メニュー:コース前菜・メインフォンデュ・デザート道路側入口掲示宿泊客専用(英語版)

*****

テラス席での朝食

最後にちょっとだけ朝食も紹介しておこう。
ピーク時間をずらして9時すぎに出かけたので、テラス席をゲットできた。

朝食

私が取ってきた料理をお見せするが、普段朝食を食べない者が、こんな大量の朝食を食べてしまうと、必然的に昼抜きになってしまう。
食べ歩きを主目的とする場合は、食事の付かない2つ星以下のホテルを選ばなければ厳しいことになるのだ。

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Stua da Legn(Hotel Lac Salin)
電話:0342 996166
営業:19:30~
住所:via Saroch 496, Livigno
GPS:46.527721, 10.125997


※オーストリアのチロル地方Nauders(ナウダース)にあるホテルから登録しました。
イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧


▲今日のルート by Geo Tracker
 

【リヴィーニョ [Livigno] の風景】
wiki街の地図掲示地域山岳地図掲示

▲スイスのベルニナ側からリ入ったヴィーニョ峠[Forcola di Livigno]/2315mのイタリア側国境検問所。
 このルートは夏季のみ通行可能で、通行料は無料。


▲辺鄙な山岳地帯というのに街の中心は人だらけ。
 ZTL(Zona a traffico limitato:主に居住者以外車両通行止)まで指定されていた


▲左:街外れから街の中心部を拝む  右:街外れの教会



▲街の北側にダム湖(リヴィーニョ湖[Lago di Livigno])があり、ダムからトンネル(Tunnel Livigno/通行料:CHF16)でスイス側に抜けることが出来る。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>