FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ティラーノ[Tirano]:Trattoria Valtellinese

訪問:2016/7/16 18:50
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
L'Antipasto della Trattoria
L'Antipasto della Trattoria(€12.00)
Salumi con sciatt


今日の宿はスイス領のステーションホテル(?)を確保したが、駅周辺には何もないので、お隣イタリア領のティラーノ [Tirano]でディナーをいただくことにした。

駅周辺はベルニナ急行目当てのツアー客を当てにした店が多いとの読みから、少し離れた旧市街地区からほぼ隣どうしの2軒を選んでおいた。お値段少し高めのリストランテ仕様の店と店頭メニューを見比べ、より郷土料理的なものをいただけそうな、こちらのトラットリアをチョイス。
トリップアドバイザーでも、こちらの方が評価が高かったのが決め手。

コペルトで付くパン
Coperto(€1.50/人)

まずは、コペルトで出てくるパン。
右上にちらっと見えている市販品の袋入りグリッシーニは、最初からセッティングされていた。

L'Antipasto della Trattoria

前菜からは、ランチに La Corte di Bacco で食べたサラミ類の盛り合わせを比較のために注文。
こちらの方が2.5ユーロ高いのだが、見栄え的に良くないし、ハム類の量は気持ち少な目で、ちょっとがっかり。

サラミを見れば分かる通り、典型的な安物市販品という感じの生ハムで、トリップアドバイザーの評価など無視してもう1軒の候補だったリストランテにすれば良かったと後悔したものだ。

シャットゥ[Sciatt]

La Corte di Bacco では、キノコのマリネとピクルスが別皿で付いてきたが、こちらは同じ皿の上に Sciatt(シャットゥ) という揚げ物が乗っていた。
Sciatt の下には、タコライスに使われるようなレタスの千切りが山盛り。

この シャットゥ だが、キューブ状にカットしたチーズに衣を付けて揚げたものだ。
ちょっと調べてみたが(☞ wiki)、当地から西に10Km離れた テーリオ [Teglio] 発祥の食べ物らしい。
驚いたことに、翌日宿泊した リヴィーニョ [Livigno] にあったスーパーで、天ぷら粉ならぬシャットゥ粉が売られていたので、ゲット。当地ではメジャーな料理であることが分かる。

Pizzoccheri della Casa
Pizzoccheri della Casa(€8.00)

お次も、ランチとの比較で、先ほどのシャットゥと同様に当地の郷土料理であるピッツォケリ[Pizzoccheri]。
ランチの店と同様に、厚めにカットした平打ちそば粉のパスタだったが、こちらはチーズの量が多すぎるぐらいで、ソースがネットリ。日本の手打ちパスタみたいなコシもあったので、ところ変わればである。

お味は、文句なく La Corte di Bacco の勝ちだ。こちらのは食堂料理というか、まんま家庭料理という感じで、パスタさえ手に入れば自分で作れそうな感じだったのだ。
先のスーパーで、乾麺を購入済み。平打ち麺だけでなく、スパゲッティタイプのものもあったので、両方とも購入したのは言うまでもない。

Tagliatelle Fresche ai Funghi Porcini
Le Tagliatelle Fresche ai Funghi Porcini(€8.50)

ピッツォケリが苦手な家内は、無難なポルチーニのタリアテッレを注文。
我が家では乾燥ポルチーニを戻した際の汁をたっぷり使って作るのだが、こちらはオイル漬けの生のポルチーニを使っていたせいか、ポルチーニらしい風味に乏しい悲しいお味だった。

鮮度の良い生のポルチーニを使えば、ものすごい香りがするものだが、ここまで風味の無いポルチーニも珍しい。あ、日本でも初秋から出回るイタリア直輸入と煽られた香りの抜けた生ポルチーニを使ったものと同じかな。食感も同じだ。

Affogato al Caffe o al Cioccolato
Affogato al Caffe o al Cioccolato(€4.00)

お腹に余裕があったのと、比較的低価格だったのでデザートも注文することにした。
家内の選択は、アッフォガート。珈琲はNGなので味見できず。

Gelato Misto
Gelato Misto(€3.00)

私はジェラートミスト。
専門店ではないので、こんなものかな。イチゴのジェラートが濃厚。

お会計 テーブルセッティング

お会計は、全部で41ユーロ。メイン料理を頼まず、前菜をシェアすれば安上がりだ。
ガイドブックには前菜かパスタを頼んで、メインを1品などと書かれているが、超高級店ならいざ知らず、この価格帯の店なら好きに頼んでも問題ないだろう。乾麺ベースの南イタリアならともかく、手打ち麺ベースの北イタリアや中部イタリアでパスタを頼まないのは、じつにもったいない行為だ。(この店のように外すことも多々あるが・・)

※メニュー:屋外掲示コース①ランチ

【店舗詳細情報】
店名:Trattoria Valtellinese
電話:0342-701147
場所:Via Don Luigi Albonico 13, Tirano
GPS:46.216366, 10.174171

外観店内

※ボルミオ[Bormio]のホテルから登録しました。
イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧


▲今日のルート by Geo Tracker
 

【ティラーノ [Tirano] の風景】

▲スイス・レーティッシュ鉄道のベルニナ線は、ティラーノ等の一部区間で車道を走る


▲一般向け写真ポイントは教会前のラウンドアバウト(ロータリー交差点)


▲でも、鉄な人にはこちらの方が魅力。
 ラウンドアバウト手前の道路に踏切警報器を設置し、電車進入時に車両を止めてしまう。
 この施設はティラーノだけでなく、スイス領側にも何か所かにあった。






▲左:イタリア国鉄のティラーノ駅舎  右:駅前広場のお隣にレーティッシュ鉄道の駅舎


▲左:普通列車に連結される展望車  右:ベルニナ線は、箱根登山鉄道と姉妹関係にある
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:台湾㊱:(芒果かき氷)
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮:(経由地)
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ラトビア/ツェーシス[Cēsis]: H.E. Vanadziņš 2019/06/24
ラトビア/リガ[Rīga]: Lido Origo店 2019/06/23
リトアニア/ヴィリニュス[Vilnius]: Bernelių Užeiga② 2019/06/22
リトアニア/ヴィリニュス・ウジュピス共和国[Užupis]: Užupio Picerija 2019/06/21
リトアニア/ヴィリニュス[Vilnius]: Bernelių Užeiga (Vilniuje店) 2019/06/20
リトアニア/ヴィリニュス・ウジュピス共和国[Užupis]: Thierry Kepykla 2019/06/19
リトアニア/ヴィリニュス・ウジュピス共和国[Užupis]: Uzupio Klasika 2019/06/18
リトアニア/ヴィリニュス[Vilnius]: Senoji Trobelė 2019/06/17
リトアニア/ヴィリニュス[Vilnius]: Borsch 2019/06/16
イスタンブール新空港 ターキッシュエアラインズ 新ラウンジレポート 2019/06/15
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>