《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG)

搭乗:2017/8/31 8:50発 NH859便
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★☆
2015年までプラチナ会員だったANAだが、2013年の対応の拙さをきっかけに2015年からJALに転向したので、ビジネスクラスはご無沙汰。(補足:JALでは最上級のダイヤモンド会員まで取得しているが、最上級会員を大切にしようという姿勢が極めて乏しいことが判明したことから、会員資格が切れる2019年からANAに戻ることにしている)

この間、JALの短距離路線ビジネスクラス機内食が優秀だと書いてきたが(例:2016/6 成田⇒高雄)、ANAは長距離路線ばかりで短距離路線の搭乗実績が皆無に等しかったことから、東京発の短距離路線に乗ってJALと比較せねばと思っていた。

今回の旅の目的地はバルト三国のリトアニアだが、そんな理由から無理やり香港経由にして、40時間近くかけて向かうことにした。JALと違ってANAの特典航空券はゾーン制なので、大回りしても同じマイル数で往復できてしまうことから、色々と楽しめるのだ。

恒例のビジネスクラス機内食即日レビューを、トランジット中の香港空港からお届けしよう。(この後、街に出る予定)




まずは、ANA羽田のビジネスクラスラウンジ。
優秀な航空会社のラウンジと異なり(☞ 航空会社直営空港ラウンジ食ランキング)、時間帯の区別のない炭水化物だらけの料理しか出さないANAのラウンジ食は相変わらずという気がするが、前回と比べてスープの質が上がっていた点は評価。初登場のANAのロゴ入りカステラケーキも美味しい。



JALのラウンジが劣化傾向にあるので、いずれはANAが上回るのではないかと期待したいと思うが・・無理かな。

***********

通算21回目のANAビジネスクラス搭乗だが、世界標準である離陸前のウエルカムドリンクは、短距離路線では無いみたい。
JALのように長距離路線でも出さないのは論外だが、ここは世界標準に習って出してほしいものだ。

離陸後は、早速不織布のテーブルクロスが敷かれ、食前酒とおつまみが配られる。
この袋入りのあられも、久しく変わっていないようだ。



そうそう、JALの短中距離路線がノイズキャンセリング機能の無い安物ヘッドホンだと書いた気がするが、ANAの短距離路線も同じだった。
長距離路線ではプレエコでもノイズキャンセリング機能付だったので、意外な感じ。
短距離路線は、2011年の台北松山⇒羽田線以来なので、前からだったのか、コスト削減対策で変更したのか不明。長距離路線のプレエコでも安物になっていたら、コスト削減だろう。


事前にシートポケットに入っていたメニューを見ると、料理は毎月変わるようで、1冊のメニューに6~8月の月替わりメニューがすべて掲載されている。つまり、何度も再利用するメニューのようだ。おまけに、別の便のメニューも1冊に記載されているので、自分が搭乗している便名を意識しないとどれが出て来るのか分からない。
ANAお得意のコスト削減も、ここまで来たかという印象だが、それ以上に衝撃だったのが NH821便のメニューの貧弱さ。搭乗便でなくて良かった。(笑)
ちなみに、東京発香港行は、NQ809,NH811,NH859便が同じ内容で、NH821便だけ違うようだ。

機内食が事前に予約できるようになっていたので(☞ ANAマイレージクラブ会員限定! ビジネスクラス機内食 事前予約サービス)、事前に搭乗便のメニューを確認してから(☞ こちらで確認できる)予約を入れておいた。

マレーシア航空のように、事前注文メニューの選択肢が多いケースでは、冷食ベースで内容が伴わなくなることを確認しているが(☞ 2016/12 クアラルンプール⇒成田)、通常メニューを事前予約できるというサービスは、狙った食事を選べないケースは滅多に無いとは思うものの(ANAでは、過去20回搭乗した中で1回しか経験していない)、非常に良いアプローチだと思う。
特に後部座席が割り当てられている場合は、事前予約を活用することをお勧めしたい。

今回搭乗便の洋食は、2015年5月に搭乗した成田⇒パリ線でも試している「レストラン よねむら」の米村昌泰氏プロデュースとのこと。
実質和食であることは知っていたものの、和食メニューにまったく魅力を感じなかったので、諦めて事前注文しておいた。(なぜか機内で選択を聞かれたが、予約情報が伝わっていない?)




長距離路線のように布のテーブルクロスでなく不織布のテーブルクロスという点では残念だが、トレーでまとめて出してくる場合は(短距離路線は時間制約から仕方ない)許容範囲。
JALなんて、長距離路線でもトレーで出してくる手抜きだし。




前菜は、ブロガー泣かせの横長の皿に4種盛り。


ずわい蟹をのせた雲丹御飯 出汁ゼリー

今回は、JALとの比較が目的でもあったので、都度メニューの記載内容を確認しながら食べていたが、この雲丹御飯は期待外れ。
先入観があれば、雲丹だと思って食べれそうなものなのに、色だけ雲丹っぽくて味は甘いケチャップという感じ。冷たい押し寿司タイプの御飯は、もち米を加えているような粘り気のあるものだったので、それなりに凝ってはいるようだ。

蟹の解し身は、しっかり蟹の味がするものの、出汁ゼリーは単独で食べても分からず。何の出汁だったのか?(その前に、これ、洋食だったはずだけど・・)


ガスパチョ いくらとともに

一番良かったのが、このガスパッチョだ。
前回の米村氏のスープでも、水に付けると表面に透明の膜が浮き出てくるバジルの種の類(チアシード?)が乗っていたと記憶しているが、今回も同様。芸が無いというか、よほど好きなのか・・

下に中粒のイクラがたくさん沈んでいたが、どうせ創作料理なんだから沈まないように少し粘度を上げても良さそうな気がしたものの、美味しいガスパッチョだった。


ポテトと茗荷のピクルス
生ハムと帆立貝のソフトスモーク いちじく添え

嫌いな茗荷はパスして、ポテトのピクルスはシャキシャキした食感が残って面白いものの、茗荷の味が移ってしまっていて個人的にはNG。好きな方には、悪くないだろう。

けど、洋食に和食の代表食材を使うのはやめてほしい。フランス料理に和食を取り入れるのがフランスでも流行っているみたいだが、和食の無いフランスだから問題ないわけで、優秀な和食を食べることが出来る日本でわざわざ洋食に和食を加える必要は無いだろう。日本は、外国の真似ばかりしてきた国民性があるからだろうけど、どこか間違っていると思う。

生ハムは2種類使っていた。短距離路線で、このこだわり様は評価に値するだろう。
薄い色の生ハムの下に、生の無花果と小型の帆立貝柱の半身が隠れていたが、無花果はよく熟して甘いものだったし、帆立も軽いスモーク感が手伝って上等。
やっぱり、ANAの前菜は優秀だ。(5年位前からの話)



ブレッド:カンパーニュ
●ブレッドはANAオリジナルメニューです。


昔は長距離路線だけだったはずの、ANAご自慢の塩胡椒といっしょにパンも撮影。
トレーの空間に余裕が無かったので、こんな配置になってしまった。
写っていないが、パック入りのバターも付いている。

このパン、わざわざ「ANAオリジナルメニューです」と書いているところを見ると、これ以外はすべて米村氏の料理ということになるのかな? パンの水準も数年前に上がってから安定していると思う。

ちなみに、左のカップはメイン料理側のスープ。
量が少ないので、最初は魚にかけるソースだと思ってしまった。


鱸のソテー 自家製ハムと鶏レバームース添え
鱸のソテー 自家製ハムと鶏レバームース添え
冷製南瓜スープと共に

メインは、スズキのソテーってあるけど、ソテーというよりはポワレ。
問題なのは、洋食らしいソースが無いこと。
軽く塩を振っただけで蒸し焼きしているので、ほぼ味が無い。これまた和食?

ついにANAもスープを出すようになったのかと思ったスープは、プリンを焼くときに使う銀カップに少しだけ入れてきた。
スープにしては量が少ないので、前述の通り、最初はメインにかけるソースかと思ったが、お味はもちろんスープで、ソースとしては使えない。
スープとしては真っ当なお味だったので、ケチケチしないで量を出して欲しい。

左の黒い大きな物体は、ピーマンを丸のまま焼いてから茹でた感じのもの。
西欧で食べる焼き野菜は、野菜そのものの味が良いから成り立つわけであって、日本の野菜でやっても美味しくない。色も悪いので、米村氏は見栄えを重要視していないのかも?



自家製ハムは、琉球の塩豚みたいな塩漬け豚肉。これって、ハムというのかなぁ?
イタリアのパンチェッタを意識しているのかもしれないけど。

鶏レバームースは、ちょっとフォアグラ感のある仕上がり。
確か、前にもこの手のムースが出てきたと思うが、好みの味だ。


ピーチメルバ
ピーチメルバ

デザートのピーチメルバ。
単なるスポンジケーキかと思ったら、底にクランベリージャム(?)を薄く敷いて、シロップをしみ込ませたもの。

ナッツ系のクリームとスライスアーモンドとの相性も良く、意外に出来の良いデザートだった。
JALのデザートのレベルは低いが、ANAのデザートは昔から高水準だったのでキープしているということだ。



ANAオリジナルスープ

メインとは別に、昔は無かったスープがオプション表記であったので試してみた。
今日はキノコのスープだそうだ。



長距離路線の中間食で頼めるスープと同じカップスープだと思うが風味も味も良く、頼まない手は無いだろう。
これを短距離路線で出してくるとは、ANAの機内食もずいぶんと改善が進んだようだ。




トイレの横に、長距離路線ならバーコーナーになるようなスペースがあった。
単にワインを飾ってあるだけのようで、アメニティとか新聞もいっしょに置かれていたが、メニューもワインのページを開いて置いてあったので、その場で注文して頼むものだと思う。(飲まないので、試すことが出来ない)


JALの中距離路線は劣悪、長距離路線も格差が激しすぎることから短距離路線だけANAよりも優秀だと思っていたが、短距離路線もANAが上回ってしまい、想定外の結果となった。
文句なく★5つを進呈することにしたい。

また、現時点で34社のビジネスクラス機内食を食べているが、総合でもエールフランスを抜いて5位に浮上。マイレージや予約の関係で、転向を決断しても実現は2年後になってしまうが(ANAからJALに移った時も同様だった)、1年半後のANA復帰が楽しみになってきた。

※メニュー:日本語・英語中国語・シェフの紹介シャンパン・ワイン①日本酒・焼酎その他ドリンク

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

台湾/桃園空港T1: 麥記②

訪問:2017/8/21 14:55
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
最後は、いつもの桃園空港フードコート。
バニラエアが発着する第1ターミナルのフードコートは魅力が無いので、普段はチェックインを済ませたら、第2ターミナル側のフードコートまで出かけて(注:片道15分程度は見る事)食べているのだが、第1ターミナル側で昨年10月に見つけたこの店が良かったことから再訪。


▲メニュー (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

台湾料理ではないものの、大好物のロースト系の肉を色々味わえるとあって、前回食べた後に気付いた、1品肉が増える「招牌四賓飯套餐」を食べに行くことを決めていたのだ。

そうそう、分かりづらいものの、店の看板が「新東陽」から「麥記」に変わっていた。
メニュー表記の方も肉の種類が併記されるようになっていたので、前回からそうだったらミス注文を避けられたのに・・


招牌四賓飯套餐
招牌四賓飯套餐(油雞・烤肉・叉焼・香腸)(NT$180≒680円)

お目当ての「招牌四賓飯套餐」、昨年10月よりも20元値上げされていたが、個々の肉の量は変わらずも、小菜の盛り付けが多くなった感じだ。(担当者の差?)
一般的に高い空港内施設なのに、これで680円とは感動もの。

招牌四賓飯

左側の小菜は、姫筍みたいなものとキャベツ。
台湾の姫筍(色々種類があると思うけど)は、どこでも間違いなく美味しいし、預け荷物可の運賃で利用している場合は、瓶詰のものを土産に買っている。(今回もたっぷり買い込んだ)

香腸・叉焼

前回食べた「經典三賓飯」に、左側の香腸が加わっただけのもの(小菜が変わるかも?)が、今回食べた「招牌四賓飯」だ。
値段差10元なので香腸の量は少ないものの、お味の方はまずまず。

香腸と同じ系統の味である蜜汁叉焼も、好みのお味。
これ、前回の「經典三賓飯」は付いていなかったものだが、現在は「經典三賓飯」にも含まれることになっている。やっぱり、ちゃんと品目が明記されるようになったのはいいね。

油雞・烤肉

油雞と烤肉は、前回も出てきたものだが、こちらは味の浸み込みが足りない感じなので、タレが欲しくなる。
カウンターにタレが置いてあったかも?(未確認)

小菜

最初、1品目増えた肉がこのホワイトソーセージみたいなものだと思っていたが、煮卵と共に小菜扱いのようだ。
ヤワヤワな食感が独特だが、普通に美味しい。



前回は餅抜きのぜんざいだった「甜湯」は、白木耳を薄甘シロップで煮込んだもの。
これは、イマイチだったかなぁ。ぜんざいの方が、日本人には馴染める。

ということで、香港的な味を楽しめるLCCが発着する第一ターミナルのお勧め店の紹介でした。


※前回の訪問:2016.10.16昼

【店舗詳細情報】
店名:麥記
電話:03-393-2798
営業:10:00~20:00
場所:桃園空港ターミナル1地下「新東陽美食廣場」


以上で、台湾マンゴーかき氷食べ歩き2017年度第三弾の日程はすべて終了。(☞ 台湾マンゴーかき氷店ランキング
全部で12軒のマンゴーかき氷を食べ比べた訳だが、今回は手薄な台北周辺ということで新店中心に回ってみた結果、値段こそ高雄平均の5割増ではあるものの、水準の高い店も多いことが判明した。

来シーズンは3回の訪台は無理そうなので、7月上旬に1週間かけて台北・台南・高雄の3拠点を一度に回り、優秀店を中心に再訪して食べ比べてみようと企んでいる。
過去一度もやっていない、同じ時期の地域間比較が出来るようにレビューしたいと思っている。

■今回の旅の費用
 往復航空券: 16790円+10500mile/JAL(成田<>台北桃園; 往路CX特典、復路JWコミコミ)
 現地宿泊費: 7992円+25000pt/IHG(NT$2129/4泊;うち特典2泊、朝食付3泊)
 現地交通費: 1652円(NT$440)EasyCardチャージ+桃園MRT
 飲食雑費等: 12684円(NT$3379)飲食費+中華電信SIM 5日用(NT$300)
 国内交通費: 2826円
 旅費合計:  41944円+10500JALマイル+25000IHGポイント

この後は、バルト三国訪問の残りであるリトアニアをメインとした食べ歩きを、現地からレポートしたいと思う。最初は、JAL(日本航空)の短距離路線との比較が懸案だった、ANA(全日空)の香港線ビジネスクラス機内食からスタートする予定だ。

なお、中断しているイギリスアイルランド旅行については、その後に掲載する予定にしている。
セミリタイアして1回の海外旅行での滞在日数が増えることから、ブログが追いつかなくなるという新たな問題が発生しそうだが、62歳まで年間180日の海外旅行ペースを維持するつもりなので、真剣に対策を考えねば・・

台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台北・龍山寺駅: 龍都冰菓専業家

訪問:2017/8/21 11:50
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
今年3回目の台湾マンゴーかき氷食べ歩きも、ついに最後の1軒。
この後は、来年7月上旬までお預けだ。

龍都冰菓専業家

最後を飾るのは、2日前の夜に大混雑で断念したこの店。
予想通り、お昼は空いていた。

カウンター横に持ち帰り用の容器が山積みされていたので、持ち帰り客がそれだけ多いという事だろうが、それにしても半端ない容器の量だ。

龍都冰菓専業家
▲壁メニュー (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

50元からかき氷があるというのに、マンゴーかき氷は170元と強気の価格設定。
食堂格の店でこの価格は高いと思うが、量と内容が伴っていれば許せてしまう。

カウンターで注文と支払を済ませると、山盛りかき氷の上に、大きな容器に入ったマンゴーミルクシロップに漬けこまれたカット芒果を盛り付けていた。


龍都冰菓専業家
芒果牛奶冰(NT$170≒640円)

出来上がり品は、こちら。
かなり黄色オレンジが際立つかき氷だ。

芒果牛奶冰

横から見ると、かき氷が山になっていない。
高原状態のかき氷の上にカット芒果が乗っている訳だが、マンゴーで埋め尽くされている訳ではないので、ちょっと割高感が先に来た。

芒果牛奶冰

ところがである。味が良いのだ。
シロップ漬けのマンゴーの質も良いし、カットサイズも大き目で芒果を食べた気になれる。
そのシロップも、色こそ着色料だらけという感じで敬遠したくなるものの、しっかり決めている。
さすが歴史のあるかき氷店だけあって、長年の努力(?)が積み重なってきた味なのだろう。

夜は夜市会場の中となるので大混雑するが、来るなら昼間のうちをお勧めする。
駅から近いし、所詮食堂で作り置きの芒果を乗せるだけなのですぐに食べることが出来るので、時間の無い方には良い店だと思う。個人的には、CPが今一つなのでリピート対象にはならないけど・・


【店舗詳細情報】
店名:龍都冰菓専業家
電話:02-2308-3223
営業:11:30~25:00
定休:無休
住所:台北市萬華區廣州街168號
GPS:25.036632, 121.498959


☞ 50軒以上訪問の店から選んだ台湾マンゴーかき氷店ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>