《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/バレンシア⇒マドリード: 高速鉄道AVE Preferente(グリーン車)の無料車内食

乗車:2017/6/18 15:10発 AVE05151
台湾マンゴーかき氷の最新情報を現地からお届けするために中断していたスペイン旅行を続けたい。
この記事の続きとなる。

往路はバスでバレンシア入りしたが(€27.10)、帰りはスペイン版新幹線のAVE。
最初のホテルに着いた段階で、スペイン国鉄 Renfe の公式サイト(☞ Renfe 英語サイト)で調べると、66.55ユーロでPreferente車両(日本でいうグリーン車、欧州全般では1等車)に乗れるというプロモーション価格が出ていたのを見つけ、購入したチケットを利用している。
マドリード空港に着いた際に空港内のRenfeの自動販売機で調べた時は、2等車(Turista)が73.10ユーロの定価販売しか無かったのだが、ネットでは2日前までだと割引運賃での販売があるようだ。

ちなみに1等車(Preferente)の定価は123.20ユーロだから、列車の選択に限りはあるものの、ほぼ半額で買えたことになる。




AVEの駅は、バレンシアの街の風景で紹介した近郊路線用の駅(Estació del Nord)から1Kmほど離れた場所にあるのだが、ご覧の通り現代的ながらも簡素な駅だ。
近郊路線用の駅から右奥に線路沿いに歩いて行く場合は、右側写真の小さな入口から入ることが出来る。



X線検査のある改札口(実際は、改札ではなく荷物検査しかしない)の左横に、自動販売機が並んでいるので、ここでネットで予約した際の予約番号等を入力すれば、指定席乗車券が出てくる。



もちろん、事前にPDF版チケットを印刷しておけばこの作業は不要だが、旅先で印刷するとなると厄介なので、外国人旅行者にはありがたい仕組みだ。日本語表示はできないが、英語表示が可能なので、ひとりで個人旅行が出来る程度の英語力(≒高1程度)があれば問題ない。



出てきたチケットは、出発ホームの入口にある改札ゲート(右写真の中央の小屋)で改札。
バーコードが読めれば良いようなので、タブレットでPDFを表示しても大丈夫だろう。スマホ用なら、モバイル乗車券もあるようだ。(スマホを持っていないので、確認できず)



日本の新幹線に似た先頭車両の横には、renfe AVE のロゴ。
結構カッコいい。



各車輌入口のドアに「T」の文字があるのは、普通車(2等車)の「turista」、「P」の文字はグリーン車(1等車)の「preferente」だ。
ドア横の電光掲示に表示されている号車番号と行先・列車番号を確認してから乗り込もう。



座席は1-2配列で、出入口にスーツケース置き場があるが、キャリー程度なら座席上の棚にも置くことが出来る。
スーツケース置き場のスペースが限られているので、出来るだけ座席上の棚に置くようにしたい。





出入口側の1組だけ、いわゆるボックスシートが用意されていた。
席番号1と2が、このボックスシート席になるのだが、1人席を向い合せた配置というのは、初めて見た。
ネット購入時には、単に窓側か通路側かの選択しか無かった気がするので、この席を取りたい場合は駅の窓口で指定するしかないのかもしれない。(あるいはネットでも定価販売の場合は可能なのかも?)

なお、日本語サイトのあるレイルヨーロッパ[Rail Europe] は、単なる代理店であり、発券手数料が取られるだけなく列車の選択肢も少なくなるようなので、ネットで列車の予約をする場合は Renfeに限らずTGVでもユーロスターでも公式サイトを利用することをお勧めする。それぐらいの英語力(完璧に理解できる必要は無い)は、個人旅行をする以上は必須だろうし、どうせ代理店発行の引換券等も英語か現地語表記なんだから、あまり日本語に意味は無い。



座席は、レッグレスト付。
電源があるのは今どき当然として、20年前の飛行機のエコノミークラスに付いていたような1ケタチャンネル式のイヤホンジャックが付いていた。イヤホンを持っていないと使えないし、誰が使うんだろう?

**********

さて、ここからが本命の食べる方の話。
シートポケットに、車内販売とカフェテリア車両の価格付メニューがあったので(☞ BAR MOVILCAFETERIA)、まさか機内食もとい車内食が出てくるとは予想していなかったのだが、バレンシア駅を出発するとおしぼりと共にメニューを配り始めたのだ。
英語併記版であるところは、さすが観光客の利用も多いであろうスペインの看板列車だ。

車内食の配膳

メニューは固定。食べるかどうかを聞かれ、食べると答えればトレーに乗ったワンセットを渡される。
ドリンクは、メニューに記された中から1品えらべるが、ワインなんかもある。私はダイエットコーク。

4人チームで配膳しているようで、最初に食事を配る人、次にドリンクの注文に応える人、バスケットのパンを配る人に、サラダやパンに使うバルサミコとオリーブオイルの小瓶に加え、バターやジャム、塩胡椒を揃えたトレーを持って、客に選ばせる人。
1等車は2輌連結されているが、わずか1時間半強の路線で車内食を出すとなれば、航空会社よりも効率よく対応しなければならないだろうに、予想外のフルサービス仕様だ。


AVE車内食

メニュー上の最初は、Gazpacho o Consomé según temporada(Gazpacho o Consommé according to the season)と記されていたが、右上のカップに紙パックから注いでくれたのはガスパッチョ。

スーパーで、牛乳のように紙パックで売られているガスパッチョや、ジュースのようにペットボトルに入れられているガスパッチョが目についたが、そのうちの1つが出てきた。
もちろん、レストランで出てくるガスパッチョには及ばないが、1リットル2ユーロ程度で売られているのを見ていたので、意外に真っ当であることには驚いた。自宅へのお土産(?)購入決定だ。


Ensalada de patata con humus
Ensalada de patata con humus
Potato salad with hummus


メニュー上の前菜は、ポテトサラダ。
こちらは、マヨネーズ控えめな点では良かったものの、きわめて安物っていう感じで、美味しくない。


Meloso de costilla ibérica con salteado de manzana
Meloso de costilla ibérica con salteado de manzana
Tender iberian pork rib with sautéed Apple


メインは、イベリコ豚のリブと書いてあったが、ぜんぜん予想と違う料理だった。

Meloso de costilla ibéricaの断面

断面写真では分からないかもしれないが、肉がコーンビーフみたいな加工。
明らかにくず肉という感じの部位も入っていたが、美味しくは無いものの、不味いというほど酷いものでもない。


Fruta

メニュー上の最後は、デザートとして Fruta(Fruit)
この写真は、そのフルーツを撮ったものというより、カトラリーを撮ったものだが、これだけ必要になるほど出てくるっていう意味だ。
わずか8千円で東京=名古屋間とほぼ同じ距離を乗った訳だが、凄いサービスぶり。




機内食と同じ様に、最後はお茶が回ってくる。
コーヒーが飲めないので、紅茶をお願いしようと「Tea with milk」と言ったら、Green tea, Black tea と返ってきた。緑茶にミルク入れるのかなぁ?

欧州らしく、お茶といっしょに小菓子も出てくるところはさすが。
下手な航空会社の機内食よりもいいじゃん!
最後にレモン入りのウエットナプキン。
これ、飛行機のエコノミークラス機内食では出てこないよなぁ・・

味とか内容はともかく、結構パーフェクトな食事で、感動ものだった。
乗る前にランチを食べてきたのに、パンを除いて完食してしまったので、夕飯抜きになってしまったけど。

なお、途中で2駅に止まるAVEだったが、途中駅から乗ってきた場合は、食事なしという感じだった。
逆に途中駅で降りる人は貰えそうな感じ。(近くの席に座っていた1人が途中駅で降りたが、食事を受け取っていなかったので貰えるのかは不明)

※メニュー:表紙コース説明とドリンクの選択肢


この後、最後のIHG修行のホテルに泊まって全行程終了。IHGの最上級会員資格(スパイアエリート)も取得できたので、夏の旅行で多用するクラウンプラザでの宿泊が楽しみだ。
いつもの旅の費用は、以下の通り。

■今回の旅の費用
往復航空券: 10500円+10万マイル(成田>ドバイ<>マドリード>羽田/EKビジネスクラス)
現地宿泊費: 48514円(€382.00/4泊、うち朝食付2泊、IHG Bonus Pack 10000pt)
現地交通費: 14065円(€110.75) 鉄道・バス・AVE
飲食雑費等:  9794円(€77.12)
国内交通費:  2446円
旅費合計: 85319円+10万マイル/JAL

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食を紹介する。
非常に良かった成田路線とは違って、ちょっと残念なエミレーツ航空羽田路線のビジネスクラスだったのだ。

訪問したスペインのレストランリスト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

台湾/台中: 美村點頭冰

訪問:2017/6/26 18:15
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
今回の旅で最後(12軒目)のマンゴーかき氷は、昨年台南の麗都大冰果に貼り出されていた「2015年芒果牛奶冰」の第5位として紹介されていたこの店だ。

美村點頭冰美村點頭冰

台中駅前から渋滞知らずのバス専用レーンを通って「科博館(科學博物館)」站(バス停)を下車。
台中では、昔からiPassや悠遊卡を使うと市内路線の一定距離までは無料で乗れるので助かる。
SOGO百貨店の横から美村路を5分ほど歩くと、右手に目的の店が見えてきた。

美村點頭冰

メニューは店頭に掲示されている黒板にある7種類のかき氷だけ。
すべて「全部剉冰+煉乳」、すなわち「かき氷と練乳」とのことで、日本語で「マンゴーかき氷」と言って注文。芒果の発音が同じだし、マンゴーかき氷は1種類しかないのだから、当然通じる。

支払いを済ませて、そのまま出来るのを待って、空いている席に自分で持って行くことになったが、テーブル席が無くて全席カウンター席。あまり好きではないが、壁を見ながらいただくことになる。

美村點頭冰
芒果牛奶冰(NT$80≒300円)

一見普通のマンゴーかき氷。
マンゴー量は、気持ち多めだが、なぜこれが全国5位のマンゴーかき氷なのか、見た目では判断できない。

芒果牛奶冰

食べてみると、少しシロップに漬け込んだマンゴーのようだが、マンゴー味が優れている訳でもない。
第5位の信憑性はともかくとして、その答えはかき氷とシロップにあった。

芒果牛奶冰の断面

かき氷全体に万遍なく回ったシロップに、表面を覆っている練乳の配分比が絶妙であるうえに、全体写真からも多少は見える通りマンゴーシロップに含まれているミンチ状の果肉が非常に良いアクセントになっているのだ。

その果肉、恐らくドライマンゴーを軽く戻したものをミキサーにかけてシロップに加えてあるのだと思うが、いつもマンゴーの味をメインに美味しさを判断している中で、ここのマンゴーかき氷は「完成されたマンゴーかき氷」として評価されているのだと思う。
かき氷部分だけを見たら、今回の旅で1番だ。

氷を溶かして

ちょっと邪道だが、最後に氷を溶かして芒果果実を沈めた写真。
練乳が加わってフルーツ牛乳のような色合いになっているが、ガリガリ系かき氷の牛奶冰なら、こうなって当たり前。
こうならないかき氷、つまりシロップ不足あるいは練乳不足の店が多いわけだし、味まで決めてくる店はそうそう無いだろう。

いや、場所柄ぜんぜん期待していなかっただけに、お見事としか言いようがない訪問となった。
これでマンゴーの味が完璧だったら、味の採点は★5つになっただろう。


【店舗詳細情報】
店名:美村點頭冰
電話:04-2301-2526
営業:12:00~23:00
住所:台中市西區美村路一段176號
GPS:24.149953, 120.661564 (☞ Bing Map


☞ 約50軒訪問の店から選んだ台湾のマンゴーかき氷レビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/高雄・巨蛋駅: 芒果好忙 ⑥

訪問:2017/6/24 13:10, 6/25 18:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★★
安価でマンゴーどっさりと、現時点では(台南の蜂橙複合式餐飲が大幅値上げに踏み切ったことから)台湾マンゴーかき氷店で圧倒的なCPナンバー1の店となっている店。
問題点は、マンゴーの味が安定していないことぐらいだ。

芒果好忙
芒果雪花(NT$110≒420円)

過去最高は、初めて家内と訪問した初回(☞ こちら)の1品目だが、その後が不安定。
2週間前は、生育不良の影響で台南が全滅だったにもかかわらず、そこそこマシなマンゴーが出てきたので、期待を込めて再訪してきた。

芒果好忙

こういった店は、下手な鉄砲ではないけど数撃てば当たる訳で2日連続訪問。
ベストでは無いものの、2週間前よりは美味しくなっていたし、2回とも安定した味で満足。

あとは、トッピングのマンゴーアイスの質を極めていただければ、文句なしなんだけど・・

芒果雪花
▲翌日6/25の芒果雪花

ちなみに、2週間前には今年も不作なのかと思えるほどマンゴーの価格が高かったが(100元/600g 以下を見なかった)、今回は最安値で49元。愛文芒果と明記しているものでは、概ね70元台だったので平年より少し高い程度とこなれてきたようだ。

当地の日本語新聞では、豊作で台南産愛文芒果の価格は昨年の半額とあったので、これから7月いっぱいぐらいは本来の美味しいマンゴーを楽しめそうだ。

なお、現在のマイ・マンゴーかき氷ランキング第2位に位置しているのは、2週間前の台南芒果が全滅だったことに起因している。今年の残りは8月の台北マンゴーしか訪問予定が無いので、来年のシーズンまではトップ3安泰かもしれない。

※過去の訪問: ⑤2017/6/10、④2016/8/7、③2016/6/10、②2015/7/31、①2015/6/27
※メニュー:店頭掲示

【店舗詳細情報】
店名:芒果好忙
電話:07-550-8115
営業:12:00~22:00
住所:高雄市左營區富民路401號
GPS:22.666725, 120.305305


☞ 約50軒訪問の店から選んだ台湾のマンゴーかき氷レビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>