《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ミニ情報:ダラット高原鉄道(Da Lat–Thap Cham Railway[Đường sắt Tháp Chàm-Đà Lạt])

現地調査日: 2016/12/28
最終確認日: 2017/1/29~31

ダラット高原鉄道

2016年の年越旅行で、ベトナムの高原都市ダラット[Đà Lạt]で1週間滞在した。

滞在中のレポートは既に登録済だが、ここでは元鉄道マニア(主に乗り鉄)だったことから、ダラット高原鉄道について詳細に紹介したいと思う。もちろん鉄道マニア向けの記事では無く、一般旅行者向けの記事になる。マニアックな日本語記事は、地図と鉄道のブログというサイトが参考になるだろう。
ついでに、地球の歩き方に不正確な紹介記事が載っているので、それも正しておきたい。




▲ダラット駅の案内掲示と、ダラット駅前からの風景(☞ Google Map

地球の歩き方では、単に「ダラット駅」と紹介されている中に「赤と青の車両が」と、明らかに実乗車したとは思えない紹介が掲載されている。また、今回紹介する鉄道乗車部分も「チャイマット村への行き方」と、現地調査していない資料だけで書いたと思われる内容で紹介されている。相変わらずダメなガイドブックだ。


▲ダラット駅舎と建物標

さて、本題では「ダラット高原鉄道」として紹介しているが、この名称は客車の横に英語で記されている「DALAT PLATEAU RAIL ROAD」から取ったものだ。正式名称ではないが、分かりやすさを重視してタイトルにしてある。(☞ wiki(英語)

運営はベトナム国鉄[TCT Đường Sắt Việt Nam]で、カッコ書きで記した「Da Lat–Thap Cham Railway [Đường sắt Phan Rang - Đà Lạt]」が正式名称のようだ。(☞ wiki(ベトナム語)



▲左:出札窓口  右:駅舎内ホール(待合室だった空間)

駅舎の中は、昔は日本の田舎の駅にもあっただろう雰囲気。
残念なことは、本来待合室だったはずの空間に、大量の販売用(?)の木材加工品が展示されていた事だ。



▲時刻表と注意書き、運賃表

駅に掲示されている時刻表によると1日5往復運行していることになっているが、下の方の注意書きにある通り、20名以上集まらなければ運休とのこと。また、最大80名までと明記されている。
時刻表を転記すると、ダラット駅発 07:45、09:50、11:55、14:00、16:05で、朝一番の便を除いて1時間半で往復する。

運賃は、ベトナム国鉄路線らしく4クラスに分かれていて、以下の通り。2016/11/29に改定されたようだ。
すべて往復運賃で、終点のチャイマット[Trại Mát]駅で1本やり過ごして後の便で戻ることは出来ないのは、一種のツアーだと理解すれば当然だろう。
チャイマット[Trại Mát]駅は40分ほど停車するので、その間に周辺の寺院を訪問することができる。街並みは見どころ無しだ。


▲VIP1席とVIP2席は、元々客車だった長い車輛を使っている


VIP 1:VND150000≒780円(飲用水ペットボトル付)
VIP2と共用の客車のボックス席。車輛両端に4ボックスずつ配置されている。
最後尾側のボックスを確保すれば、展望スペースの出入りも確実で、絶対お勧め!


VIP 2:VND135000≒700円
客車のロングシート席...地球の歩き方掲載はコレ。外国人向けツアーがこのクラスを利用していた。


▲Soft Seat席とHard Seat席の車両は手前の2両(帰りはDLの後ろに連結される)


左:Soft Seat:VND126000≒660円
  貨車改造(?)のロングシート
右:Hard Seat:VND90000≒470円
  貨車改造(?)の木製ロングシート。2番目にお勧めだが、真っ先に売り切れるようだ。



乗車券は、昔ながらの冊子状。
優等席を購入すると、表示に「VIP 1」という具合にスタンプを押される。



その乗車券だが、手書き3枚複写式。
特に座席指定されるわけではないので、良い席を確保するには指定車両で改札を待っていよう。
走行中に車輛間の行き来はできないので、車輛に興味があれば2往復しても良いかもしれない。



乗車したVIP席では、乗り込む際にチェックされただけでなく、往路走行中にも車内検札があった。
しかも、VIP1席とVIP2席の間のカーテンを閉じてしまい、VIP1席は飛行機のビジネスクラスみたいな運用だった。(もっとも、VIP1席を車掌室として使っていたからのようで、復路ではカーテンを閉めることは無かった)

前述の通り、VIP2席は外国人向けのバスツアーが利用する席のようだ。
地球の歩き方の記載の金額は、ツアーベースで書かれているものと思うが、写真を見ての通り金額差に対して内容は雲泥の差だ。


▲走行中の最後尾車両展望スペースから

個人旅行で行くなら、必ず「VIP 1」席か、VIP車輛と同様の展望スペースのある「Hard Seat」席を確保しよう。
ダラット駅まで街の中心から2Km、前半部分は湖畔沿いに歩いて行ける。



▲路線マップ(by Geo Tracker)

ダラット駅からチャイマット駅までは平均25分ほど。(往路は登り、復路は降りで所要時間に差が出る)



上の写真のように、一面野菜畑(半温室)が広がる中を走って行く。
景色の良さというものには恵まれないが、古風な車輛でのんびり進む旅は楽しいものだ。
運賃を倍に上げても、牽引するのがSLならもっと観光客を呼べると思うが、周辺が野菜畑ということもあって煙害で反対が起き、DLに変更されたものと思われる。



わずか7Kmを30分弱かけて、終点のチャイマット駅に到着。
ホームらしきものは、細いコンクリの通路だけという駅だ。



ダラット駅と比べること自体ナンセンスだが、とりあえず駅舎はあった。
でも、駅名標はあるものの、単に乗務員の休憩所という感じ。
ここで、約40分の休憩とのことで、2か所の見所を歩いてきた。



左写真は、駅に着く前から見えていた高台にある Thánh thất Đà Lạt。(☞ Google Map
右写真は、乗客のほとんどが向かった Chùa Linh Phước。(☞ Google Map

ダラット駅までの帰りは、下り坂になるので所要時間が短くなり、20分ほどでダラット駅に到着。
最後にダラット高原鉄道に乗車しなくても(最小催行人数に達せず運休となっても)、ダラット駅で多少は楽しめると思うので、その紹介。




まずは、この路線が復元された当初運行していたというSLの展示。



そのSLに牽引される客車という配置で、土産物屋とカフェ。
食べ物が無かったので利用しなかったが、列車の待ち時間や到着後の一息に利用したい。



最後は、ダラット駅ホーム側からの全景と、観光列車を牽引するDLを紹介しておしまいにしたい。


ミニ情報:ダラットへの行き方(ホーチミンシティからの寝台バス便利用)
ベトナムの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

台湾/桃園空港T1:麥記燒臘(新東陽)

訪問:2016/10/16 11:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
桃園空港B級グルメ2軒目は、バニラエアが発着するターミナル1のフードコート。
こちらは街角でお馴染みの土産物店「新東陽」が運営するせいか、テナントの魅力に欠けるのが欠点だ。
(だから、いつも第2ターミナル側に移動して食べている)

麥記燒臘麥記燒臘

ここで目を付けたのは、店頭に鴨のローストをぶら下げていた店。
正直、美味しそうには見えなかったのだが、他の店よりは良いだろうと試してみることにした。

麥記燒臘メニュー

メニューを吟味すると、經典三賓飯套餐が良さそうと思ったのだが、今確認すると一番上の招牌四賓飯套餐の方がロースト1種類多いものだった。
英語表記の文字が小さいので、恐らく英語版を見ずに注文したのだと思うが、失敗した。


經典三賓飯套餐
經典三賓飯套餐(NT$155≒530円)
Rice with 3 Mixed Roasts & Side Vegetables Set Meal


セットの出来上がり。どのセットも主菜・小菜・湯品という構成。

台湾の弁当を買うと、野菜料理の種類が多く付いているが、4種類も付けあわせとして乗っている。
揚げ物はハッシュドポテトを棒状にしたものだ。

經典三賓飯套餐のロースト肉3種

グルメ的には格下の新東陽だから期待していなかったのだが、鴨と鶏の豚のロースト、意外に良い味を出していた。
見落としていた4種盛りの方は、何が追加されるのだろう?
次回リベンジしなければ。

經典三賓飯套餐の小菜

想定外だったのは、小菜が餅抜きのぜんざいだったのだ。いや、付け合せの方が小菜だろうから、湯品?
でも、野菜スープは別にあるので、ちょっと謎。
このぜんざい、日本のものよりも甘さ控えめで、さっぱり美味しい。

店名は桃園空港の公式サイトで調べた麥記だと思うが、店頭表示はおなじみの新東陽ということで、利用する場合は間違えないでいただきたい。もっとも、焼鴨を吊るしている店など他に無いので、間違いようが無いと思うが。

【店舗詳細情報】
店名:麥記(店の看板は「新東陽」なので注意)
電話:03-393-2798
営業:05:30~20:00
場所:桃園空港ターミナル1地下「新東陽美食廣場」


以上で、台鉄全線踏破最終区間を潰しに行った2泊3日の旅行は終了。

■今回の旅の費用
 往復航空券: 14610円(成田<>台北桃園 バニラエア リラックスシート)
 現地宿泊費: 16680円(NT$4906/2泊、うち朝食付2泊)
 現地交通費: 3278円(NT$964)iPASSチャージ+台鐵+高鐵
 飲食雑費等: 3155円(NT$928)
 国内交通費: 2826円
 旅費合計:  40549円

この後は、ミニ情報を挟んで今年最初の海外旅行であるポルトガル旅行を現地からお届けしたい。

台湾のレストランレビューリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園空港:鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店②

訪問:2016/10/16 11:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
最終日は帰国のみ。といっても、桃園空港にはB級グルメの有名処を集めたフードコートがあるので、最後まで台湾グルメを楽しめるのだ。

魯肉飯/大
魯肉飯(NT$52≒180円/大)

まずは、今回の旅では大好物の魯肉飯を一度も食べていなかったので、専門店である鬍鬚張でいただくことにした。
ここの魯肉飯の味付けは、街の食堂で食べる魯肉飯とは少し違って、独特の味わいがあるのだ。もちろん旨い。

魯肉飯

前回は17元安い小サイズを試したので、今回は大サイズで。
ご飯の量も増えてしまうが(頭大盛りが欲しい!)、肉の密度が格段に上がった。
ここは、御飯を残しても大サイズを頼むべきだろう。

メニュー写真は、前回掲載しているので省略する。

※過去の訪問(下記以外の訪問も複数回あります)
③2016/6/13 10:50 桃園二航店
②2012/11/24 21:10 美食文化館
①2012/08/04 20:10 美食文化館

【店舗詳細情報】
店名:鬍鬚張 桃園二航店
電話:03-252-0225
営業:10:00~22:00
場所:桃園國際機場第二航廈美食廣場(第2ターミナル地下2階)

台湾のレストランレビューリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>