《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北・西門駅:西門町芒菓冰

訪問:2016/6/30 12:10
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
3週間前に台南・高雄で8軒の店でマンゴーかき氷を食べ比べてきたというのに、今度は台北でも比較してみようとやってきた。(実は家内とレンタカーで回るために空路を予約していたのだが、家内が行けなくなったことで急遽方針変更)

ここ数年は台南で安価でたっぷり美味しいマンゴーを食べられることを知ってしまい、このシーズンに台北に来るのは2年ぶりだ。(最近は年5回ペースで台湾に来ている)

外観カウンター
▲左:交差点角地の好立地  右:店内カウンターで注文

高雄ではマンゴー不作の影響が見られていたが、台南では6軒中3軒で美味しいマンゴーをいただけたので、こういった時は店の姿勢や能力を見るには最適。(何でも同じで、不作等で仕入れが困難な時ほど、よく現れてくる)
ということで、1軒目は4~6月だけ提供している土芒果をいただけるとの情報でこの店にやってきた。

店外表示メニュー

道路に面した部分に「意難忘/フレッシュマンゴーかき氷(NT$220)」という写真付メニューがあるのを確認して、店内のカウンターで注文しようとすると、カウンターメニューの「意難忘」にバツ印が付いているではないか!

6月最終日なので無い可能性もあると覚悟はしていたが、今年は天候不順で生育が遅れていたこともあって、多少は期待していたのだ。がっかり。

愛相隋
愛相隋(NT$190≒620円)
マンゴーかき氷


仕方ないので、普通のマンゴーかき氷を注文。
この店、芒果恰恰(マンゴーチャチャ)みたいに、かき氷に変な名前を付けるようだが、注文伝票には普通に「芒果雪花冰」と書かれていた。
台湾人がこういった名称を好むのかもしれないが、こんな変な名称を付ける店は台北の一部でしか見たことが無いので、やめればよいのに・・(まさか、マンゴーチャチャの経営?)

愛相隋

決してサイズが小さいわけではないが、台南でたくさん食べてきたのと比べると、マンゴーの量があまりにも少ない。
マンゴーの乗せ方もマンゴーチャチャみたいだし、マンゴーよりも芒果アイスの方が存在感がある。
アイスの中に、マンゴーの硬めのゼリー粒が入ってるところが拘りか?

で、肝心のマンゴーのお味だが、予想通りダメ。甘味が少ないだけでなく、冷凍品だ。
高雄で食べた2軒と同等水準という感じだが、そもそも冷凍品であることから比較対象にならないだろう。
せめて中央部分までちゃんと溶かして、客に冷凍品と気づかれないようにすべきでは?

愛相隋の断面

かき氷というか雪花冰の方は、マンゴースムージーを固めて削った感じ。
かなり酸味が強く、不味いマンゴー果肉の味をごまかすには最適っていう感じ。

そうそう、30代ぐらいの関西人カップルが、空いている椅子に荷物を置いて席を占有していた。
外国だから話している内容は分からないだろうと大声で話していたが(若いのに、オッサンみたいな行為だ)、台湾では若者でも日本語が通じる確率は高い。荷物の方は、最終的には店員が排除させたが、日本人の恥をさらすのはやめよう!

※メニュー:カウンター版(左半分)(右半分)

【店舗詳細情報】
店名:西門町芒菓冰
電話:02-2388-8511
営業:10:00~23:00
定休:無休
住所:台北市萬華區漢中街17號
GPS:25.045349, 121.507891


台湾のマンゴーかき氷レビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園空港:春水堂-人文茶館② 桃園二航店

訪問:2016/6/12 20:20
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービスN/A雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
続いて、先ほどの鬍鬚張と同じフードコート内にある春水堂へ。
このフードコートの中央部分に本家である飲み物コーナーがあり、食事系は鬍鬚張と同じ並びにある。


▲掲示メニュー  ↑ 画像クリックで大きな画面で見れます ↑

前回、食事メニューが充実していることを知り、違うものを食べてみようと思っていたのだが、予定外の鬍鬚張で食べてしまったので、控えめに頼まざるを得なかった。

手工麻香麺線
手工麻香麺線(NT$75≒260円)
手作りゴマ油風味そうめん


ということで、選んだのは手工の文字の入った麺料理。
出てきたものを見ると、手工の意味がイマイチよくわからない普通のそうめんだ。

日本のそうめんと決定的に違うのが、タレ。
冷やし中華以上にゴマ油の香りがするし、トッピングが刻みセロリと、かなり苦手なお味。
ゆで卵を見ても、黄身の周囲が黒ずんでいるので、大量生産にしても気を遣った調理をしていないことが分かる。

干貝海藻鮮蔬
干貝海藻鮮蔬(NT$90≒310円)
干し貝柱と海藻入りの野菜煮物


もう1品は、日本語の野菜の煮物という表記を信じて頼んだのだが、出てきたのは冷やし中華のお供になるような胡瓜の和え物。
汁は温かいので冷菜ではなく温菜になるのだが、冷たいカット胡瓜をスープの中に放り込んだだけで、煮物になっていない。というか、胡瓜はほとんど生と言える状態だ。

干貝海藻鮮蔬は胡瓜だらけ

トッピングのわかめを外すと、見事に胡瓜ばかり。これを野菜の煮物って訳すのは、いくらなんでも拙いだろう。
「鮮蔬」をGoogle翻訳に掛けると「新鮮な野菜」と出てくるので、原文では加熱してあることになっていないのだ。

ということで、選んだ2品が外れだったことから、かなりイメージダウンとなってしまった。


▲注文用メニュー  ↑ 画像クリックで大きな画面で見れます ↑

【店舗詳細情報】
店名:春水堂-人文茶館 桃園二航店
電話:03-393-1385
営業:09:00~22:00
場所:桃園國際機場第二航廈美食廣場(第2ターミナル地下2階)

※過去の訪問
2015/1/13 16:25 桃園二航店

以上で、台南を中心としたマンゴーかき氷食べ歩きの旅は無事終了。
予想外のマンゴー不作とあって高雄では心配していたが、台南に入ってからは十分満足できる水準のマンゴーかき氷をいただけたので、まずまずの食べ歩き旅とすることができた。

往路はJALのビジネスクラスで来たが、帰りはLCCのバニラエア。
通常時でも往復2万円で来れるのだから、ありがたい存在だ。滞在費が安いので、日本の国内旅行よりも安上がりで楽しめる。

■今回の旅の費用
 往路航空券: 2870円+約12500マイル消費(成田→高雄 JAL特典ビジネスクラス)
 復路航空券: 7466円(NT$2018/桃園→成田 バニラエア)
 現地宿泊費: 16480円(NT$4847/4泊、うち朝食付3泊)
 現地交通費: 1904円(NT$560)iPASSチャージ+空港バス
 飲食雑費等: 10278円(NT$3023)
 国内交通費: 2826円
 旅費合計:  41824円
 
今週末も台湾に行くので(通算21回目)、この後も現地からの食レポートをお届けしたい。
しかし、年間20回の海外旅行を目標にすると、あまりにも忙しすぎだ!

台湾のレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園空港:鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店

訪問:2016/6/13 10:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスN/A雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
最終日は帰国するだけ。
台中から路線バスで桃園空港に着き、早速お気に入りの第二ターミナル地下にあるフードコートに出向いたら(補足:第一ターミナルにもあるが、店舗構成の魅力に乏しい)、鬍鬚張が出来ていた。

外観
▲左:外観  右:魯肉飯紹介(画像クリックで大きな画面で見れます)

雪の台湾旅行となった1月にも台北市内で食べているのに(ブログ非掲載)、またまた食べたくなってしまった。
台湾ならどこでも食べることが出来る魯肉飯だが、他の店と違った独特な風味がクセになるのだ。


▲空港店メニュー  ↑ クリックで大きな画像が開きます ↑

メニューを見ると、フードコート店らしくセットメニューが中心になっていた。
アラカルト側の料理の組み合わせに過ぎないが、セットの方が少しだけ割引になっている感じ。
でも、余計なものは食べたくないので、アラカルトで。

魯肉飯(小)
魯肉飯(小)(NT$35≒120円)
細切豚肉を煮込んでご飯にかけた「豚肉かけご飯」


日本語訳がなんとも的を得ていない感じだが、三枚肉の皮の部分から細長く切った豚肉が特徴。もっと艶があるはずだが、空港店だと脂を控えめにしているのかな?

お味の方は、どこの店舗で食べても同じだ。さすがチェーン店。
「料理包」という魯肉飯と鶏肉飯の素らしきパックを売っていたので、今週末の台湾旅行の帰り買ってみようかな。165元とちょっと高めだけど、この味付けは真似できるものではないし。

唐山排骨
唐山排骨(NT$80≒270円)
唐山のスペアリブ


もう1品、メイン料理に選んだのが台湾名物の排骨。
これが、予想を裏切る不味さだったのだ。(味と総合点が★3つになった原因)

肉の水分が抜けていたので、揚げたてではなく、再加熱品だろう。
味付けも、なんだかパッとしない。やっぱり鬍鬚張は、魯肉飯だけで良い気がした。
レストラン仕様の街中店だと単品注文はしづらい感じだが、いつも魯肉飯だけの注文で食べている。

【店舗詳細情報】
店名:鬍鬚張 桃園二航店
電話:03-252-0225
営業:10:00~22:00
場所:桃園國際機場第二航廈美食廣場(第2ターミナル地下2階)

※過去の訪問(下記以外の訪問も複数回あります)
②2012/11/24 21:10 美食文化館
①2012/08/04 20:10 美食文化館

台湾のレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>