《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ミニ情報:ニューカレドニア/ヌーメア 空港レンタカー利用方法

2016/3/18から3泊5日で、ニューカレドニアの玄関となるグランドテール島ヌーメア周辺をレンタカーで走ってきた。
天候が悪くヌーメア周辺しか走っていないので、総走行距離は350Km程度で終わってしまったが、ここで現地で確認した情報を含めてまとめておこうと思う。離島に泊まりで行くことが目的でない限り、日本から直行便で行く個人旅行の場合はレンタカー必須と言えるので、参考にしていただきたい。


▲最終日の走行ルート  ↑↑クリックで大きな画像が開きます↑↑

ニューカレドニアの玄関となるヌーメア国際空港[L'Aéroport International de Nouméa - La Tontouta]。
東京から直行便で行けるのは良いが、現地発着が深夜時間帯となるだけでなく、街から40Km離れているのに空港タクシーも少なく(実際2台しか見かけなかった。どうも予約制らしい)、個人旅行では高い送迎サービスを頼むか(ホテルで聞いたら、混載バスで片道3000Cfp/人≒3300円/人とのこと)、タクシーを手配しておくか、レンタカーを借りるしか選択の余地が無い厄介な空港だ。

公共交通機関が発達しているのは、平日のヌーメア市街地だけで(週末はタクシー・バス共に激減。タクシーはそもそも台数が極端に少ないので、あまり期待できそうもない)、ちょっと足を延ばそうと思ったら高額な現地ツアーに参加するしか手がなくなってしまう。まあ、きれいな海を見に行くのが目的だろうから、街と空港間の足が確保できれば問題無いとの見方もできないでもないが、それにしても不便だ。

ということで、個人旅行では必然的にレンタカーの利用となる。
英語をカタコトも話せないという方には無理だが、中学英語までなら大丈夫という方(概ねTOEIC500点前後)であれば、何も問題無い。私の英語力がその水準なのだから、ガイドブックお得意の机上の空論ではない。
事前にレンタカー会社の会員制度に登録しておくと、厄介な手続きも簡単に済ませることが出来るのでお勧め。

どこのレンタカー会社を選ぶかだが、ご当地の属するフランス企業の Europcar がお勧めだろう。
欧州では Hertz よりも圧倒的に安いことが多く、私も数年前から利用するようになったレンタカー会社だ。
まだ10回程度の利用実績しかないが、今のところ、Hertzと違って問題が起きた実績はない。(Hertzは、問題が起きても後で日本法人がフォローしてくれる安心感があるが、Europcarでは問題が起きていないので、事後フォローがあるかの検証は出来ていない)

今回は多少安かったHertzを選んだが(CFP14091/3日分)、走行距離制限が付いていたのだ。(1日150Km、超過分はCFP23.40/km加算。 Europcarは最初から無制限)
空港窓口は、Hertzの返却時はキードロップ方式(窓口が閉まっているので、返却するキーを指定の場所に入れる方式)だったものの、本家であるEuropcarは往復とも開いていた。日本語サイトもあるし、日本語での予約やメール問い合わせも可能。料金体系もシンプルだし、保険の種類によって事故時の最大負担額が明示されるので安心感もある。

Europcar 日本語サイト
Hertz

基本的に無事故無違反者であれば、最低限のBASIC(Hertzで言うLDWとTPのみ)で十分。ガイドブックに書かれているようなフル保障に入ることは、二重保険にもなるのでナンセンスだ。私は常にBASICだけ。
現に過去25年間、通算100回程度は借りているが、一度も事故を起こしたこともなければ、(これは運だが)当て逃げされた事もない。日本で自分の車を利用している際のリスクと同じと考えれば、高額保険にフルで入る馬鹿な人はいないだろう。借りたことのない連中が書いている机上の空論だし、約款を見るとフル保障でも日本以上にシビアな休業補償が課金されるケースもある。

ただし、日本での運転経験が浅い方は、ある程度の保険は入った方が良いかもしれないが、万一事故を起こして保険を請求するとなると、その手続きを英語または現地語で自分でやらなければならないことも理解しておくべきだ。つまり、その手間をかけられないような保険に入る意味は無いと言うことだ。
フル保障は、日本の海外旅行保険に含まれている保険も含まれているうえに、手続きは現地語となることを頭に入れて欲しい。(ガイドブックの書いていることは、詐欺まがいの誘導行為なのだ。入れば万事OKという話では済まないことをもあるということを説明していない)

支払い能力のある方なら、3ヶ月借りれば元が取れてしまうような高額保険料なので、リスクとリターンを考えて加入しよう。これが出来る方なら、きっとお金を貯めるのも得意なはずだ。
クレジットカード付帯の海外旅行保険では不十分と煽る旅行会社の連中の言い分を鵜呑みにするのも同じだ。彼らの利益につながる煽りという事を抜きにしても、カード付帯保険ではカバーできないほどの事態になるリスクがどれほどあるのかを考えるべきだ。

あ、久々に大きく脱線してしまった。失礼!

空港から街までは一本道。途中までは一般道だが(高速道路は無料)、路面状態も日本と同等で、真っ暗でも何も問題無い。道幅は、米国や豪州のような広さはないものの、日本よりも広いだろう。日本で言う3ナンバー車を借りても、難儀するような道は無さそうだ。(もちろん、路地の話を言っているわけではない)

空港周辺の交通量は極端に少ないので、日本の大都市圏をどこでも難なく走れる方で無事故無違反の方であれば、当地で海外レンタカーデビューしても大丈夫だろう。
右側通行はハンドルも反対側になるので、言われているほど違和感は無いはずだが、走行前に点灯スイッチ類やワイパーの操作方法、ハンドブレーキ・バックギアの入れ方、ミラーや椅子の前後高さの調整等の基本操作や確認を忘れずに!
周りに走っている車が見えない道路に出た際、無意識に左側通行をしてしまうミスには気をつけよう。(私の初期の頃の体験談・実は今でも時々やってしまう)

一般道の制限速度はフランス本土と同じ90Km/hだが、実際は70Km/h区間が多い気がした。
高速道路の一部に110Km/h区間もあるが、2車線なので特段違和感は無いし、現地の方はあまり飛ばさないようなので、110Km/hで走ると追い越しを余儀なくされる。そういう意味では、海外レンタカー初心者でも安心してゆっくり走れる。

街中が50Km/hというのも、フランス本土と同じ。違いは、街の区域を示す標識が曖昧であること。
本土では密集地の開始と最後にある区域表示が、ここでは周囲に何もないような場所に立っているので、かなり広範囲に50Km/h区間が存在することになる。(このあたりの解釈は、本土と違うかもしれない)

ヌーメア市街地中心部は一方通行が多いが、日本の大都市も含めてどこでも同じだろう。標識や道路標示を見落とさないように注意すれば大丈夫だ。
欧州の古い都市の旧市街地区(特にイタリアやオーストリア)に多い住民専用で部外者進入禁止という標識は見あたらなかったので、日本ではなじみの無い道路規制を心配する必要もない。狭い道があまり無いということだ。

最近日本でも出現しだした欧州標準とも言える「ラウンドアバウト」(ロータリー交差点の一種)は、恐れるに足らず。交差点内にいる車を優先するという最低限のルールさえ知っていて、道路標示に気をつけてゆっくり走れば大丈夫だ。
2車線進入の暗黙ルール等もあるが、そもそもそのような交差点はヌーメアに数えるほどしか無いので、気にする必要は無い。(クラクションを鳴らされるかもしれないけど)

駐車場に関しては、ヌーメア市街地中心部やモール併設のものに有料のものがあったが、基本的に無料。マルシェの前にある大駐車場も無料だ。ここは、市街地中心部を散歩するときにも使える。
中心部にパーキングメーターの設置のある場所もあったが(要コイン)、ちょっと外せば無料区域がたくさんある。

ガソリン代は日本の3割増程度だから(CFP130/L前後だった)、フランス本土と大差ない。

レンタカーがあれば、ホテルやレストランの選択も自由自在。
交通の便云々など気にする必要は無いので、ホテル代や食費の節約にもつながる。大いに活用してほしい。


さて、今回はリゾート目的だったうえに天候も悪かったことから、いつものようにあちこち回るようなことはしなかったが、最後に出かけた観光スポットの写真と位置情報(緯度経度)を記しておく。
ガイドブックには具体的な場所の記載が無いので、事前にGoogle Map等で位置と経路情報を確認しておくことをお勧めする。正直、ガイドブックの存在価値を感じなかった土地なので、インターネットの他に現地で入手する地図や情報紙、ホテルフロント等で聞けば十分だろう。
ヌーメア空港内のインフォメーションは午後11時前でもオープンしていたので、地図や観光情報は、そこでも入手可能だ。

【ヌーメアからレンタカーで行った周辺の風景】
ニューカレドニア情報は、ガイドブックよりも現地の公式サイトである ニューカレドニア観光局[Nouvelle-Calédonie Tourisme Point Sud] を見た方が良いだろう。フランス本国と同様に観光情報の発信に力を入れているので、ガイドブックに掲載されていない情報も豊富だ。



Fontaine de PlumGPS:-22.25083, 166.60865)... 標高110mの Col de Plum にある。

現地のミネラルウオーター「Mont-Dore」の源泉があるとのことで、Le Mont-Doreの街に行ったものの見つからず。単純往復ではつまらないので、山をぐるりと回る形で Plum の街を経由して帰る途中で見つけた。ぜんぜん場所が違うではないか!
右上写真の白い屋根が、Mont-Doreの工場だ。源泉採取所は、フランス本土で出かけたボルヴィック[Volvic]エビアン[Evian]と違って、蛇口がたくさん並んでいた。
現地の方がたくさんのペットボトルを持ち込んで汲んでいたのが印象的だ。



リビエール・ブルー州立公園[La Rivière Bleue]入口(GPS:-22.168950, 166.743083)
▲右下:公園有料ゲート入口(GPS:-22.151656, 166.734845)から、中をうかがう


ヤテ湖[Lac de Yaté](右の写真は、GPS:-22.163588,166.844052から撮影したもの)


▲ヌーメア中心の西に位置する Kuendu BayGPS:-22.260551, 166.390807)
 水上レストランみたいなものがあったが、11:30~14:00の営業で入れず。
 ウオータースライダー(週末10:00~17:00営業)もあるみたいだ。



セントジョセフ大聖堂 [Cathédrale Saint-Joseph de Nouméa](GPS:-22.272909, 166.444377)


ついでに、訪問したレストランのうちお勧めの2軒(とりあえず食べ歩きブログなので)
■第1位:シェ・トト [Chez Toto]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
  
寸評:日本人向けのオーソドックスなデギュスタシオンが無難な選択

■第2位:ラ・テラス [La Terrasse]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
  
寸評:ヒルトンのレストラン。海の幸の盛り合わせがお手頃価格。

もうひとつおまけに、エアカランのエコノミークラス機内食

▲往路:成田⇒ヌーメアの1食目と2食目(昼行便)


▲復路:ヌーメア⇒成田の1食目と2食目(深夜便)

テーマ : 海外レンタカー
ジャンル : 旅行

ニューカレドニア/ヌーメア・Anse Vata:Le Taom Restaurant

訪問:2016/3/21 19:00
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★☆☆☆☆
ニューカレドニア最後の晩餐は、トリップアドバーザーで堂々4位の店。
ヒルトンと同じ4つ星格のシャトー・ロイヤルの中にあるレストランだが、最初はレストランがあるとの表示に従って手前の外階段を下りてしまった。

エントランス室内席

見つからないのでホテルフロントに戻って聞いた結果、フロントを直進した左手のバーの奥に店があるとのこと。まさかバーコーナーの奥にレストランがあるとは、何も表示がないので気づきようがない。

テラス席テーブルセッティング

事前にHPに掲載されていたメニューをチェックしていたので、ヒルトンよりも2割ほど高いなりに立派なレストランだろうと予想していたのだが、立派なのは入口にあるバーと室内席。夜なのに海の見えるテラス席に案内されたが、海がまともに見えるのはコーナーの一角だけで、我々の目の前は、塩素臭が少し気になる室内プールの建物だった。(苦笑)

アミューズ(2人分)

注文を終えると、アミューズが出てきた。
昨晩のヒルトンでは出てこなかったので、この段階では高いなりに真っ当なレストランだと期待が膨らんだのだが、内容的にはフランス料理から外すような味だったので、不安も少し。

今回はフラッシュ無しでは撮影不可の暗さだったので、すべての皿をフラッシュで1発勝負で撮影している。
こうやって写真で見ると、何となく食材が見えてくるのだが、現場ではほとんど判別出来ないので味だけで判断するしかなかった。

パンとバター

パンは2種類、バスケットで持ってきてどちらにするかと聞いてくる。
左の大きな方が、ご当地のパンだそう。これも、バターと合わせてまずまずのお味。
と、ここまでは順調に進んだ。

ロブスターのスフレ
ロブスターのスフレ(2650Cfp≒2900円)
トロピカルフルーツの白バターソース、ロブスターのネム(ベトナム春巻き)

Soufflé de langouste
Sauce beurre blanc aux fruits exotiques, Nem de langouste


最初にやってきたのは、家内が選んだロブスターのスフレ。
約3千円の前菜なので、それなりにロブスターの身が入っていると思ったのだが・・

ロブスターのスフレの断面

ご覧の通り、まったくロブスターが見えない。
底の方に隠れているのかと思ったが、底まで同じで存在無し。
ロブスターの濃厚な味があれば別だが、濃厚どころか微塵にも感じなかった。
別皿に1個だけ乗っていた小さなロブスターの揚げ春巻きも、とてもロブスターとは名乗れない代物だった。
最悪!!

シーフードの盛り合わせ
シーフードの盛り合わせ(2650Cfp≒2900円)
スモーク・マンダイ、カニとエビのサモサ、シカ肉のサラダ、
サーモンのグラブラックス、マグロと地元産の貝のタルタル

Expression du Pacifique
Saumon des dieux fumé, samossa de crabe et crevettes, salade de cerf,
Gravelax de saumon, tartare de thon et trocas


昨晩のヒルトン(☞ Restaurant La Terrasse)と比較しようと頼んだ魚介の盛り合わせ。
サモサとかグラブラックスなんて書いてあったので、ちょっと違うとは予想していたが、ちょっとどころか全然違った。これを「シーフードの盛り合わせ」と訳すのは無理がある。それに、記載されている内容と微妙に異なるというのもいただけない。

核となるのはグラブラックスだが、これまた現場では暗くて構成判断出来なかった。
メニュー表記ではサーモンとあるが、左が貝のタルタルで、右が鹿肉サラダだと思う。
で、サーモンはグラブラックスではなくて、小さなスモークサーモンが一切れ、スモーク・マンダイも一切れ、サモサは一口サイズで、左右の小皿はメニュー表記にないものだ。

普通、フランス料理店ではメインよりも前菜の方が美味しいことが多いものだが、この店の前菜は2つとも最悪。3千円の皿と考えれば、どちらも無星水準だ。せいぜい1500円止まりだろう。(だとしても星2つ水準)

ロースト鴨の胸肉
ロースト鴨の胸肉、香辛料を使ったパン(3250Cfp≒3600円)
ヘーゼルナッツオイル香味のタロイモネム、シナモンジュース

Magret de canard rôti aux saveurs de pain d’épices
Nem de taro parfumé à l’huile de noisette, jus court à la cannelle


家内が選んだメインは、またまた鴨肉。
焼き加減を聞いてきたのでピンクと指定したのだが、ミディアムウエルダンかな。

前菜よりはマシな料理だが、タロイモの春巻きを見ても本当にタロイモだけといった感じで(日本のポテトコロッケをイメージして欲しい)、素人料理の範疇のものだ。
ソースは、ヒルトンと同様にベースをまじめに作っていない安っぽいお味。

Médaillons de cerf au foie gras et jambon de Bayonne
フォアグラとベヨンヌ特産ハムとシカ肉の切り身(3450Cfp≒3800円)
スィートポテト、ベリグー・ソースがけ

Médaillons de cerf au foie gras et jambon de Bayonne
Patates douces, sauce périgourdine


私は、鹿肉を選んだのだが、この日本語訳はひどいものだった。
私なら「フォアグラ入り鹿肉のメダリオン、バイヨンヌハム巻き」とでも記すだろうか。

こちらの肉も焼き加減を聞いてきたのでピンク指定したのだが、やっぱりミディアムウエルダン。
鹿肉の味わいは無いし、フォアグラは臭いし(たぶん劣化したもの)、真っ当な料理でなかった。

両方の皿にトッピングされている揚げスナックは湿気ているし、高級店としての料理の基礎がまったく出来ていない食堂レベルの皿を出されては、高価なデザートを頼んでも撃沈されるのは目に見えたので、ここで打ち止めとした。

お会計店の入口

以上でお会計は、12000Cfp≒13000円也
当地のフランス料理店はフランス本土と同価格という印象を持っていたが、この店の価格設定はデタラメだろう。
腕のないシェフを雇っている点から見ても、ホテル自体の水準も見えてくるというものだ。

※メニュー:前菜メイン①②、チーズデザート仏語版①

【店舗詳細情報】
店名:Le Taom Restaurant
電話:29 64 00
営業:12:00~14:00、19:00~21:30
住所:Complexe Château Royal, 140 Promenade Roger Laroque, Anse Vata, Nouméa
GPS:-22.309446, 166.449511


この後、空港まで向かってレンタカーを返し(キードロップ方式)、深夜便で帰国。
物足りない最後の晩餐は、深夜便のエコノミークラスとしては優秀だったエアカランの機内食で補うことが出来た。2食出てくる上に、中間食はJALのビジネスクラスよりも上だ。(カップ麺の他に豊富なお菓子が用意されていた)

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 73260円(成田<>ヌーメア...2174マイル獲得/AF)
現地宿泊費: 25619円(CFP23722/3泊)
現地交通費:  9391円(CFP8696) レンタカー&燃油
飲食雑費等: 20598円(CFP19072)
国内交通費:  2826円
旅費合計:  131694円...2人で26万円(ツアーよりも2割安い!)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ニューカレドニア/ヌーメア・Anse Vata:アモリーノ[Amorino] Nouméa店

訪問:2016/3/21 17:10
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
3日目の昼は、ヤテ湖[Lac de Yaté]に隣接するリビエール・ブルー州立公園[Parc provincial de la Rivière Bleue]周辺で食べようと企んだが、公園はお休み(月曜日定休)だし、周辺に何も店が無かった。またまた昼抜きだ。

外観テラス席

ヌーメアの街に戻ってきて、何か軽食でも食べようかと物色するも、なかなか見つからない。
フランス本土でも月曜日はお休みの店が多いが、当地も月曜日を休む店が多いようだ。

結局、アンスバタ[Anse Vata]に隣接するシトロン湾のビーチに建つ「ミラージュプラザ」という小規模モールの正面にジェラート屋らしきものがあるのを発見して路駐。
雰囲気の良いビーチ沿いなのに楽々路駐(無料)できてしまったのは、オフシーズンならではかも?

Géant
Géant(1000f≒1100円)

2人でシェアしていただこうと、上から2番目の大きさのカップでお願いすることにした。
レジで支払いを済ませ、ショーケースでレシートを見せて盛ってもらう形式。

その際、何種類頼むのかを事前に聞かれたので、サンプルのように3種類限定ではなくても良いみたいだが、3種類しか考えていなかったので時すでに遅し。
ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、フルーツトッピングのあるものをお願いした。

店名表記が見えるように真上から
▲左:店名表記が見えるように  右:真上から

ジェラート屋だと思っていたのだが、食べてみるとアイスクリーム。ソフトクリームの柔らかさで、クリーム分たっぷりのものだった。
さっぱりしたイタリアのジェラートをイメージしていただけに、ちょっと残念な気分。

後で調べたら、フランスを中心に世界各国で展開しているジェラート屋だった。どうりで。
個人的には、アイスクリームとジェラートは別物だと思っているので、日本でも普通にいただけるようなアイスクリームの類(アイスクリームとジェラートを半々に混ぜた感じ)に、この金額を投資する価値は無いと判断した。まあ、好みの問題だけど。

来月はシチリア島に行くので、美味しい本場のジェラートを食べるぞ!

※メニュー:ドリンク・クレープ・ワッフル
ジェラート
追記:この店、花びらみたいに盛りつけるコーンが有名だったみたい。

【店舗詳細情報】
店名:Amorino Nouméa店
電話:26 26 56
営業:11:30~19:00(22:00/金土)
定休:日曜日
住所:Immeuble Plaza(Mirage Plaza), Baie des Citrons, Nouméa
GPS:-22.298782, 166.438723

 

【ヌーメア アンスバタ地区[Anse Vata]の風景】 ☞ ニューカレドニア観光局
ニューカレドニアの観光の中心は、ヌーメアの南端にあるアンスバタ。
ヌーメアの市街地の方が食べる楽しみが多いと思うが、リゾートならここをベースに観光をするのが普通だろう。


▲アンスバタのビーチ。海は晴れないときれいじゃないなぁ・・


▲左:ビーチの看板  右:カナール島へのボートタクシー(右奥に見えるのがカナール島)


▲カナール島[L'îlot Canard](☞ ニューカレドニア観光局 カナール島


▲メートル島[L'îlot Maître](☞ Ilot Maître;カナール島の先の方に見える)


▲アンスバタの南端にあるウアントロの丘(☞ Parc Municipal du Ouen Toro

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>