《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スイス/サンモリッツ[St.Moritz]:La Stalla(ラ・スタラ)

訪問:2015/8/20 19:00
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
ミラノからコモ湖を北上し、ランチを楽しんだキアヴェンナ[Chiavenna]の街を右折してスイス入り。ほんの30分も走れば、標高1800mのサンモリッツ(ザンクトモリッツ[Sankt Moritz])の入口にあたるシルス湖[Silsersee]に到着する。

20年ぶりのサンモリッツだが、街は大きく発展しているし、前回出かけた6月の雪の残る風景の残像とはかなり違っていた。
とりあえず、地図から楽に選べるBooking.comで目星を付けていた国道沿いの4つ星ホテル数軒を当たり、宿を確保。イタリアのドロミティ(☞ ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図)と同様に、当地にも Last Minutes と呼んでいた当日格安レートがあるようで、事前に調べていたレートよりも2割ほど安く泊まれた。

ホテルで連泊すると貰えるフリーパスを使った山巡りは翌日に回して、サンモリッツ駅前のサンモリッツ湖[Lej da San Murezzan|St. Moritzersee|(英)Lake St. Moritz]を散策してから、駅横の駐車場ビルにある長いエスカレーターを上り、ケーブルカー乗り場のある街の中心をレストランを物色しながらぶらぶら。やっぱり、この街並みには魅力を感じられない。

外観(2階部分) 店内
▲左:店は2階部分の全部。1階左端の階段を登って入る。

結局、家内が食べたいと希望していたチーズフォンデュを置いてあるレストランということで、バス通り沿いにあったこの店でいただくことにした。

スイス料理と言えば誰でも真っ先にチーズフォンデュが思い浮かぶだろうが、2度訪問している大都市チューリッヒでもチーズフォンデュを食べることが出来る店が少ないので(勝手な推測だが、他の料理と比べて客単価が安くなるからだと思う)、見つけられたらラッキーというスタンスで入ったわけが、注文を終えた頃に40人位の日本人ツアー客が入ってきて失敗を悟った。

水 伝票
1Lt Mineralwasser(CHF9.50≒1250円)

いつものように水をお願いしたが、後で伝票で確認すると9.50フラン(≒1250円)だって!
さすがスイスの物価だ。前々日のノルウェーも物価は高いが、あちらは日本と同じ様に冷たく冷やした(あるいは氷入りの)水を無料で出してくれる。

Fondue La Stalla
Fondue La Stalla(280g proPerson)x2(CHF36.50x2≒9600円)

お目当てのチーズフォンデュは3種類からの選択。(32.00~36.50フラン)
チューリッヒの Le Dézaleyでは200gでCHF28.50、Swiss Chuchiでは200gでCHF25.50だったので、量は1.4倍あることから店の名前の付いた最高峰のトリュフ味のものを1人前お願いした。

チューリッヒの店よりも大きな鍋だが、見ての通り底の方に少しだけチーズが入っているような感じ。もちろん直径が大きいので、チューリッヒの2軒と比べて深さが無くなるのは当然だが、どうみても1.4倍の量は無い。せいぜい Le Dézaley と同じ程度だ。(供されたパンの量と余った量から見ても間違いない)

確かにトリュフの粒々が入っているのは見えるが、それほどトリュフの香はしないしチーズが薄い。
4.50フラン差とはいえ、これならノーマルなものを頼めばよかった。

チーズフォンデュ用のパン

パンの量は、チューリッヒの店と同じぐらいかな。
こちらは直径が無い分だけ深さがある。

このチーズフォンデュにもケチが付いた。
先に載せた伝票の通り2人前の請求で来たので1人前で注文していると指摘したのだが、2人前で間違いないと言い張るのだ。
1人前5千円(こんなのでも5千円もする!)をダブルで取られたらたまらないと、チューリッヒの事例を出して徹底的に抵抗した結果、最終的には1人前の支払いで済んだものの最後まで2人前だとブツブツ言っている。こんな店なのだ。

恐らく利益にならない日本人ツアー客(サラダと鱒のソテーとデザートだったが、ドリンク代をメニューよりも安く案内していた)を大量に受け入れているので、日本人を面白く思っていないのだろう。あるいは、何も知らないツアー客をカモにして美味しい思いをしていることから、日本人なら騙せると思ったのだろうか。

こんなぼったくりをどうどうとやられた店は、このブログに載せているだけでも世界各国700軒近くの店を食べ歩いていて初めてだ。タイでボッタクリ経験は何度かあるが、金額が大きすぎるので比較にならない。

Rösti
Rösti(CHF25.00≒3300円)
Potatos Chips fried in butter with tomato, ham an cheese


上記のトラブルは後で起こった話なのでひとまず置いておいて、チューリッヒの経験から1人前(しかも表記上はチューリッヒの2軒の1.4倍量)を2人でシェアしても十分な量だと思っていたものの、予想より少なかったので追加注文。
こちらは、スイス土産でレトルトパックを何度か買っているレシュティ[Rösti](ロスティ)だ。

レシュティ自体は細めの千切りにしたジャガイモを茹でて平たく敷き詰め、バターでこんがり焼き固めたシンプルな家庭料理だが、本場のレストランで3千円以上払うのだからと期待していた。

ところが出てきたのは、本当に英語説明で書いてある通り。
トマトの輪切りが乗っているのでボリュームは想像できるだろう。

レシュティを取り分け

しかし、どうやったらこんな不味いレシュティを作れるのだろうかと思うほど、レシュティの要である芋が不味い。バターをケチっている上に、上の写真では分からないが裏側の焼面の芋の焦げが強烈で、修復不能なほどだ。まるで、下手な小学生が家庭科の授業で作ったような感じの料理と言えない失敗作と言えるものだった。
いや、失敗ではなくこの店の実力なのかもしれない。味だけでなく内容的にも無星相当。

結果的に支払では当方の主張が通ったのでCP点を★1つにしたが(内容的に、それ以上の★は付けられない)、フリーで日本人が利用するには問題のある店であると警告しておこう。
リスクを覚悟の上で注文するか、チーズフォンデュを頼まないなら大丈夫だと思うが、今度は料理の水準でガッカリする可能性が高いと思う。

ただでさえ物価の高いスイスで、競争原理の働かない観光地の中心にある店に入るぐらいなら、真っ当なホテルレストランで食べたほうが良いと思う。チーズフォンデュを食べたいなら、中心地からは離れるが(バス便多数あり、歩いても20分程度)、この後で紹介するミシュラン推奨店をお勧めする。何故か日本語メニュー完備の店だったが、ホスピタリティも含めて良い店だったのだ。

※メニュー:チーズフォンデュ郷土料理スープ前菜肉料理サイド

【店舗詳細情報】
店名:La Stalla
電話:081 837 58 59
営業:11:30~14:00、18:00~22:00
住所:Plaza dal Mulin 2, 7500 St.Moritz
GPS:46.498897, 9.839873

 

【サンモリッツ[St.Moritz]|ザンクトモリッツ[Sankt Moritz] の風景】
日本ではフランス語表記の「サンモリッツ」で通じるが、現地サイト等を見ているとドイツ語表記の「ザンクトモリッツ」も幅を利かせている。どうりで、事前にネットで色々調べている際に「St.Moritz」で検索しても期待したほど出てこなかったわけだ。

でも、フランス語やドイツ語を話せなくても英語でまったく問題なしだった。
すぐお隣の国境沿いのイタリア側では英語が通じないケースが多かったものの、レストランはもちろんロープウエーの駅係員でも英語がしっかり通じた。彼らは3か国あるいはイタリア語を含めた4か国語を自由に操れるということだろうか?


▲サンモリッツ湖畔から市街地中心部


▲左:湖畔の教会  右:氷河急行[Glacier Express]の機関車@サンモリッツ駅


▲左:城風の Badrutt's Palace Hotel  右:ケーブルカーの先に見える城風ホテルとサンモリッツ湖

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/キアヴェンナ [Chiavenna]:Ristorante Crotto Ombra

訪問:2015/8/20 12:15
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
← 今日の走行ルート実績
 (クリックで大きな地図が開きます)

夏休み第二弾は特典航空券を使った周遊旅行ということで、2つ目の国イタリアのミラノに移動してきた。
前後に空港泊を挟んだ4泊のうち、ホテルを予約してあるのは3泊目のトレント自治県内の1か所だけで(これは失敗した)、残りは天候を見ながら判断しようというスタンス。ミラノ到着日の夜の天気予報と衛星写真から概ね天気は良好と判断して、スイスのサンモリッツに向かうことになった。

ミラノからスイスと言うと意外に感じるかもしれないが、最も近いスイス国境まで空港から50Km、目的地であるサンモリッツまででも200Km強、3時間ちょっとのドライブで着いてしまうほど近い。
さらに、スイスでレンタカーを借りる6掛で済むうえに、イタリア北部のスイスやオーストリアとの国境地帯は魅力的な山岳リゾート地がたくさんあるだけでなく、スイスと比べて宿代も非常にリーズナブルであることから、行き当たりばったりの旅行には最適なのだ。今回でこの地域は3度目になるので、それだけ気楽に無計画を楽しめるというワケだ。

さて、サンモリッツに向かうスイス国境手前にあるキアヴェンナ[Chiavenna] という街で、ランチタイム。小さな街をざっと見て歩いた後は、その際にマークしたレストランを目指した。

裏山を含む外観 入口ゲート
▲左:岩山の左が店の正面(右手前の建物は無関係)  右:入口ゲート正面から

外から見ると洞窟レストランのように見えた店だが、洞窟の中には大量の大きなチーズを熟成している部屋が見えたので、チーズ製造がメインなのかもしれない。
基本テラス席で食事をすることになるのだが、崖に近い明るい席は予約で満席とのことで、簡易屋根付の合席が前提となる6人掛テーブルに案内された。
30分後には見事に満席で、合席を強いられるほどの人気店のようだ。

パンとグリッシーニ

まずは、コペルト(€2.00/人)で付くパン。
グリッシーニが市販品という点では残念だが、パンは3種類。

アミューズ

続いて、アミューズというか別の加工パン(フォカッチャに近い)も出てきた。
コペルトでパンとは別枠で1皿出てくる店は良店が多い事から、期待が膨らむ。

MARINATA DI MANZO IN CARPACCIO
MARINATA DI MANZO IN CARPACCIO(€8.50)

前菜からは、牛肉のカルパッチョをチョイス。
英語版のメニューは無いとのことだが、イタリア語ベースの料理名も代表的なものなら覚えているので大丈夫だ。

ここでは、日本では滅多に出会えない牛肉のカルパッチョということで選択したわけだが、チーズが覆いかぶさっていて、牛肉本体がほとんど見えない皿が出てきた。さすがチーズ工場!

牛肉のカルパッチョを見えるように

チーズだけ見せても仕方ないので、牛肉部分が見えるように撮ってみた。
日本のしゃぶしゃぶ用の肉と同じ様に、かなり薄切りできれいに並べられている。

超薄切り肉だと肉の味を楽しめないものだが、案の定だ。チーズをウリにしている店なのに、肝心のチーズもパッとしない。
最近地元大宮で開店した店(☞ Pizzeria Ciccio)と同じ感じのものだったが、さすがにイタリアの地方で冷凍肉を切ったような肉を出すようなことはない。

GNOCCONE DI PATATE
GNOCCONE DI PATATE CON BRISAOLA, SPINACIE RIDUZIONE AL PARMIGIANO(€8.50)

北イタリアで楽しみのパスタからはポテトのニョッキを選んでみたのだが、出てきたのは北海道名物の芋餅みたいな芋団子の中に詰め物をしたもの。
「GNOCCONE」は「GNOCCHI」の変型だろうと予想していたので、こういった現地ならではの料理に当たると喜んでしまう。

GNOCCONEの断面

例によって断面写真の拡大。
カットした部分がマッシュポテトのように見えるが、芋餅のような粘り気はほとんど無いものの、マッシュポテトとも違う。
オリーブオイルで焼いたのではなくバターで焼いてある点で芋餅に近い感じがしたのだが、やはり独特。でもニョッキとはまったく違うものだ。

具材の方は、かなり細かく刻んだハムとほうれん草を炒めたもの。
これも馴染みのある味わいで美味。

TAGLIATELLE AI FUNGHI PORCINI
TAGLIATELLE AI FUNGHI PORCINI(€9.00)

家内の選択は、ポルチーニのタリアテッレ。タリアテッレがやたらと厚切りで、面白い食感だ。

ポルチーニ茸はしっかり生のものがタップリ。日本で定番のクリームソースではなく、ポルチーニの出汁ベースのソースは現地ならではと思うが、日本のイタリアンで秋になるとお目見えするイタリア直輸入の生ポルチーニと同様にそれほど香らなかったのは、何故だろう?

イタリア産のポルチーニは乾燥ものを戻さないと香りが足りないのか、あるいは未だに強烈な香りの印象を残しているチェコの Kampa Park で食べたものが、特殊な調理法(乾燥ポルチーニの戻し汁を加えてあるだけでは説明付かないほど強烈)だったのかは不明だ。

この秋、フランスのリヨン周辺で食べ歩く予定なので、パスタは無いだろうけどセップ茸(ポルチーニ茸のフランス語)の香りを他の料理で楽しめたらと思っている。

 

以上に、水代(€2.50)を加えて、お会計は €32.50
イタリア初日から良い店に巡り合えて、幸先の良いスタートを切れた。

※メニュー:前菜・プリモ・メイン・サイド・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Crotto Ombra
電話:0343 290133
営業:14:00~21:00
住所:Viale Pratogiano 14, 23022 Chiavenna
GPS:46.320017, 9.406865

 

【キアヴェンナ [Chiavenna] の風景】





▲左:駅前広場

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ノルウェー/ベルゲン [Bergen]:Café Opera(カフェ・オペラ)

訪問:2015/8/18 21:00
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
フィヨルドツアーのベルゲンへの戻り時刻は20:30ということで、真っ当なレストランは無理。

外観 店内

船を降りてから、前日にインフォメーションに置いてあったチラシを元に、価格設定が他店よりも安めだったことと、トナカイ料理もあるとのことで選んだ店に直行。もちろん夜9時でも入れる店という条件もチェック済みだ。

BRUSCHETTA med oliventapenade
BRUSCHETTA med oliventapenade(NOK52≒830円)
BRUSCHETTA with tapenade


まずは、前菜からブルスケッタ。単に安いからというだけで選択した。
具材の選択では、トマトとバジルでは想像できてしまうのでタップナードを選んでみたのだが、日本で食べるタップナードソースとはずいぶん違う感じのものが乗ってきた。

確かにオリーブの実を砕いたものがたくさん含まれているのだが、なんだか葉っぱみたいな舌触りの悪いものが多くて、食感的によろしくない。オリーブオイルも味の主張のない安物を使っている感じで、料理へのこだわりは無いみたいだ。

REINSDYRSTEK
REINSDYRSTEK(NOK216≒3500円)
Reindeer Roast with rosemary gravy, fried Brussels sprouts, red onions and potato purée


メインは、もちろんトナカイ肉のローストをチョイス。
しかし、出てきたのはローストではなくゆで豚ならぬ茹でトナカイ肉を厚切りカットしたものだった。

しかも、ローズマリーのグレービーソースとあるのに、肉の煮汁をベースにワインを加えただけという感じのソースというよりはスープがかかっているだけ。

トナカイ肉をアップ

丸く固めているのはラム肉みたいなアプローチだが、見ての通りロースト感はまったく無し。
茹でた際に旨味が抜けてしまった肉質は最悪という水準だが、これでも3500円もするのだ。

前夜ウエッセルステューエンで食べたトナカイ肉のステーキとは出来が違いすぎた。

マッシュポテトとベリーソース

肉はガッカリだったが、付け合せのマッシュポテトやベリーソースはまずまずのお味。
不味い肉をどうやって食べようかと悩んだが、ベリーソースをたっぷり付ければ果実の酸味と甘みで肉を食べることは可能だった。(塩胡椒で食べるよりはマシだろう)

芽キャベツ

もう一つの付け合せである芽キャベツだが、こちらは短時間で茹でた半生の状態だった。
当地の加熱方法なのかもしれないが、しっかり熱を通して柔らかくなった芽キャベツに慣れていると、この硬さには抵抗がある。

BACALAO AV SEI
BACALAO AV SEI(NOK182≒2900円)
Coalfish Bacalao / Portuguese clipfish dish wit potatoes, onions, bell peppers, olives and cayenne


家内はポルトガル料理で親しんでいるバカリャウをチョイス。
しかし、出てきた皿は干しダラがまったく見えない!

Coalfish Bacalao

反対側から撮ると一口大のバカリャウが見えるが、全部で3切れしか入っていなかったそうだ。
これでは、ジャガイモのパプリカ煮込み、オリーブとバカリャウ添えという感じの料理で、メインはジャガイモになってしまう。
お会計 注文はバーコーナーで

お会計は3品で NOK450(≒7200円)。ドリンクは無料の水だけにした。

結局、典型的な安かろう悪かろうの店だった。日本でも同じことが言えるが、カフェ飯レベルでは満足できる料理を食べることができないということだ。
カウンターでテーブル番号を伝えて注文せよと記されている通り、サービス面でも褒められた店では無かった。

※メニュー:ディナーメイン前菜・スナックスープ・サラダ・デザート
※ノルウェー・スイス・イタリア3か国周遊旅の帰国便搭乗前、ミラノ空港ラウンジで登録しました。

【店舗詳細情報】
店名:Café Opera
電話:55 23 03 15
営業:11:00~23:30(曜日により延長あり)
住所:Engen 18, 5011 Bergen
GPS:60.391874, 5.319877

 

【ベルゲン [Bergen] の風景】

▲左:世界遺産を通り過ぎて  右:塔の公園も突っ切って(無料トイレがあった!)


▲左:海に出ると水上建物群を発見  右:フロイエン山に登って駅前の公園から山を拝む


▲左:ベルゲン駅舎  右:トラムは来年には空港まで延伸予定



▲「魚市場」(Fish Market)という不当表示名の海鮮屋台街。決して魚市場ではない!




テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>