《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台南:禮物水果(礼物水果)【閉店】

訪問:2015/6/26 11:20
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
※2016/6/11:移転先を試してきました。(☞ 蜂橙複合式餐飲

新鮮芒果冰(S)
▲ピックアップ:新鮮芒果冰(NT$80≒320円)

2日目は高雄から電車で50分(61元/iPASS)で行ける、マンゴーの本場である台南でマンゴー三昧。
とりあえず、クミさんのブログ掲載分と、同じ市内に住むブロ友というご縁で(?)投稿前に教えていただいた店を8軒ほどピックアップして、うまく順番に回れるようにコースを組み立ててからスタートした。(もちろん全部歩きだよ!)

店頭カウンター 外壁看板

最初の店は、ブログ登録前に教えていただいたこの店。台南駅からちょうど1Kmの距離だ。
外壁の巨大看板に「一緒に礼物を多彩に描いている そして持参の楽と健康が新鮮な果物で来る」と、ちょっと意味不明な日本語が記されていたが、日本びいきの方の経営なんだろうか?

奥に進むと別棟の部屋がある 別棟の部屋

奥にどうぞということで中に入ると、別棟になっている部屋があった。
ここに注文シートがあるので記入注文できるはずだが、店頭で指差&口頭注文してしまったので、注文シートは最後に掲載しておく。

新鮮芒果冰とiPASSカード
新鮮芒果冰(NT$80≒320円/S)

しかし、教えていただいたクミさんよりも先に紹介してしまうことになってしまうのは申し訳ないが、昨晩高雄で意外と満足してしまった鹿仔草冰店(Deer Grassland)とは、レベルが違いすぎた。

大きさが分からないと思うので、高雄のiPASSカード(日本のSuicaと同様の交通系電子マネー)を一緒に撮ってみたが、優に2人分のサイズ。これでSサイズだというのだから、Lサイズ(150元≒600円)を頼んだらどうなることやら・・
(クミさん家が、そのLサイズを頼んだらしいので、レポートを楽しみに待っていよう!
 ☞ 2015/9/11 公開されました!

新鮮芒果冰のかき氷部分が見えるように

量的には、この後の店と比較しても同等なのだが、マンゴーの水準が違いすぎだし、かき氷も非常に良い。
雪花冰ではなく普通の氷を削ったものだが、氷の状態に加えて黒蜜と練乳の混合比が完璧という感じだった。

実は、私はこの日で3番目というランクだったのだが(それだけ台南マンゴーの水準が高すぎるのだ。台北マンゴーはつまらない)、家内は最終的に今回のマンゴー食べ歩きの中で総合力で1番だと言っている。
マンゴーの質だけでなく、氷との相性が非常に良かったということが理由のようだ。

【店舗詳細情報】
店名:禮物水果
電話:06-223-7969
営業:11:00~23:00
定休:火曜日
住所:台南市中西區忠義路二段181號
GPS:22.996816, 120.204188



▲メニューシート(クリックで大きな画像で見れます)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/高雄:台湾丟丟銅仔魯肉飯 七賢店

訪問:2015/6/25 20:40
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
初日の最後は、六合国際観光夜市からホテルに向かう途中で見つけた、台湾料理で一番の好物である魯肉飯の店。
最近できた店なのか真新しい内装に加えて、台湾ではあまり見かけないカウンター席まであった。

外観 店内カウンター席

相変わらず六合夜市の食べ物は魅力に欠けていて何も食べなかったのだが、私はまだ足りない。
家内は芒果でお腹いっぱいでパスするとのことで、冷房の効いた店内ではなく歩道側に置かれているテーブルでいただくことにしたのだが、閉店間際という時間帯なのか人気が無いからなのか、客は店内のカップル一組だけしかいなかった。

注文は、カウンターに置いてあったパウチシートの上に赤鉛筆で記入する方式。
さすがに2人で魯肉飯小を1杯だけっていうのも申し訳ないので、2品追加して総額70元(≒280円)のお夜食としていただくことにした。

肉燥魯肉飯
肉燥魯肉飯(NT$25≒100円/小)

まずはお約束の魯肉飯。
この店の魯肉飯は2種類あるようで、「○肉魯肉飯」(漢字変換不可のためメニューで見てください)と「肉燥魯肉飯」があったのだが、○肉の意味が分からなかったことから「肉燥魯肉飯」をチョイス。
「肉燥飯」と「魯肉飯」って、南部と北部の違いでほぼ同じものと思っていたので、どんなものかと興味もあった。

結果はご覧の通りで、ほぼ店名通りの「魯肉飯」というべきものだろう。
いや、脂身が少ないから「肉燥飯」か?
よく分からないけど、ややサッパリ目の普通の魯肉飯という感じだった。

茄子
茄子(NT$35≒140円)

おかずに注文したのは、ずばり「茄子」。
小菜の皿でいただく茄子料理は美味しいので、そのつもりで頼んだわけだが、出てきたものは全然違った。

色だけは鮮やかだが、カットした茄子をそのまま熱湯に放り込んでから取り出し、添えられたタレとニンニクをたっぷり使っていただくだけの料理だ。

こうなるとタレが命だと思うのだが不味い。
右上の方に大根おろしのように見える白い物体は、おろし大蒜なのだが、合わせても激不味だった。

魯蛋
魯蛋(NT$10≒40円)

毎度お決まりの魯蛋は、見た目の艶もあって普通に美味しかった。

ご夫婦っぽい感じの店員は感じが良いし、外のテーブルまで運んできてくれた際にはもう1品が遅れると丁寧に教えてくれた(中国語なので正確には分からないけど・・)し、お箸は高級中華みたいに紙ケースに入れられていたし、印象は非常に良かったのだが、茄子を選んだのが失敗だったのだろう。

なお、店名の「丟丟銅」とは、宜蘭地方の民謠から取っているようで、レストランカードが歌詞カードを兼ねていた。

※メニュー:レストランカードの裏面から、(レストランカード表面

【店舗詳細情報】
店名:台湾丟丟銅仔魯肉飯 七賢店
電話:07-285-6947
営業:11:00~21:00
住所:高雄市新興區南台路131號
GPS:22.634147, 120.299057

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/高雄:鹿仔草冰店 (Deer Grassland)

訪問:2015/6/25 19:20
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
3軒目は、上海生煎湯包から1.5Km離れた待望の芒果かき氷屋さん。

外観 店内からテラス席側

完全に女性向けの店らしく、客層は4組の女性グループ客と1組のカップル。
従業員も全員若い女性だ。

それにしても、こんな不便な場所にこれだけ客が来ているとは驚きの立地。
人通りがほとんど無い寂しい道を歩いてきたので、一気に期待が膨らんだ。

鹿仔草冰店メニュー
▲メニュー(クリックで大きな画像で見れます)

クミさんのレビューで承知していたが、12種類のシャーベットと14種類のトッピングを組み合わせて注文する。
注文用のシートが用意されているので楽々注文できると思ったのだが、ちょっと記入ルールを間違えたみたい。用紙左上に例示されているように、左と右のグループを線で結ぶ必要があったようだ。

結局、「多量新鮮芒果」という文字に惹かれて季節限定品と記されていたものだけをお願いすることになってしまった。
「芒果水冰+芒果加料」(75元)も頼んで2皿食べ比べるつもりだったのだが、私の記入方法が悪かったせいで通じなかったのだ。
一皿は2人分サイズだから、中年カップルが2人で2皿注文するとは思わなかったのだろう。

芒果雙亭
(季節限量)芒果雙亭(NT$85≒340円)
芒果水冰+多量新鮮芒果+練乳


さすが「多量新鮮芒果」とあるだけあって、大きめにカットされた芒果が山盛り。
クミさんが食べられたマンゴー(芒果加料側の方)とは随分と違う大きさだ。

台北の冰讃(ピンザン)が、激安でボリュームたっぷりという印象を持っている方は、こちらに来ると量も質もはるかに上回っているということを実感するだろう。

反対側から マンゴーの下は芒果シャーベット

手前にちらっと見えるが、マンゴーの下はかき氷でも雪花冰でもなく、マンゴーのシャーベットというよりは、滑らかさの足りないジェラートという感じのもの。
かなり甘さ控えめなので、これだけ食べると美味しくないと思うが、そこに芒果ソースと練乳をかけてあるので甘さ的にはまずまず。(個人的には、もう少し甘さがほしかった)

マンゴー自体も、値段が値段だけに安いマンゴーを使っているのか、これまた甘さ不足という感じだったが、シーズンの台湾芒果を食べるのは初めてという家内は、お値段も含めて大満足のようだ。
台北でオフシーズンに食べさせた経験があるので、値段も美味しさも雲泥の差に驚いていた。

私は、愛文芒果の産地である玉井で食べ比べた経験もあるので、芒果の味自体は不満だったが、シャーベット側がまずまずだったのと、値段の安さには満足した。

しかし、翌日に出かけた台南でのマンゴー食べ歩きは、こんなレベルでは済まなかったのだ。
玉井や愛文芒果って、いったいなんだったのかと思わされてしまうのだ。

【店舗詳細情報】
店名:鹿仔草冰店
電話:07-322-9576
営業:11:30(日曜11:00)~21:30
定休:月曜日
住所:高雄市三民區綏遠二街188號
GPS:22.649329, 120.298645

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>