《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/TAPポルトガル航空:ポルト(OPO)⇒チューリッヒ(ZRH)

搭乗:2014/11/3 TP916便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
無事眼鏡なし運転で空港までたどり着けた。まったく観光できなかったので、いずれガリシア州は再訪しなければと思っているが、とにかく無事に帰ることが出来て一安心だ。

空港周辺の高速道路は料金ゲート無しの無線課金(ETCみたいなもの)だけなので、レンタカーを利用する場合は必ず手続きをする必要があるが(サービス料として5ユーロ程度加算される)、視力0.1の状態だと現金用ゲートの判別をしないで済むので助かった。

往路(☞ こちら)では見事に裏切ってくれたTAPポルトガル航空だが、復路は本拠地ではないものの母国の空港発となるから少しは期待していた。しかし、ここまで差が出るとは予想外だった。

まずは、ポルト空港のラウンジ。名称や運営体は調べていない。

ラウンジ食

TAPポルトガル航空リスボン空港ラウンジが素晴らしすぎるのだが、こちらは質的には悪くないものの品数は非常に少ない。

とはいえ、リスボンと同様にちゃんとポルトガル料理の要(カフェにあるもの)は押さえてある。
そう、バカリャウコロッケや、ポルトガルのケーキ類があるのだ。

ラウンジ Coca Cola Zeroのカロリー表示

テラス席(というのかな?)からは、空港のコンコースを眺められる。新しい建物のようで快適だ。
ここで、いつものダイエットコーク(ここでは、CocaCola Zero)のカロリー表示が違うことに気付いた。
日本ではなぜか 5Kcal 未満だと 0Kcal と表示して良いと、消費者の味方であるはずの役所がインチキ表示を推奨しているのだが、こちらはちゃんと 3Kj/1Kcal とゼロではないことが表示されている。

役所おお墨付きを得ているのだからと、実際には5キロカロリー近くあるのに成分表示でどうどうと「0カロリー」と表示しているような大手メーカーに対しては良識を疑いたくなるのだが、本来不正表示を取り締まるはずの日本の消費者庁の姿勢、おかしいのではないのだろうか?

搭乗後のウエルカムドリンクは、復路便でも無かった。
これはダメかもと思っていたが、今度はメニューが配られたうえに、ちょっと期待できそうな内容が記載されている。

ワントレーで供される

で、出てきたのはこちらのトレー。
パンは後から回ってきたバスケットから選んでいるので、それを乗せてから撮影している。

Octopus Confit
前菜:Octopus Confit, Pineapple and Ginger Chutney with Green Salad

前菜はタコのコンフィ。
スペインのガリシア地方だけでなくポルトガルもタコ料理が名物と言えるのだが、どちらもタコが柔らかいことが共通点。
これは日本では滅多にお目にかかれないので、いつも楽しみにしているのだ。

解剖前のタコ 解剖後のタコ

この柔らかさが気になったので、ちょっと解剖してみた。
皮をはがして中身を半分に割ってみると、確かに日本で食べるタコではありえない状態になった。
タコを柔らかくする手法として、洗濯機でぐるぐる回すといった方法を聞いたことがあるが、たぶんダメだろう。徹底して叩くという手法が正しい気がするが、こればかりはシェフに聞いてみないことには分からない。

オリーブオイル表オリーブオイル裏 Pineapple and Ginger Chutney

サラダにドレッシングがかかっていなかったので、最初はボトルに入っているのかとかけてしまったら、オリーブオイルだった。で、ドレッシングは葉っぱの下に隠れていたのだ。

メニューの記載内容を覚えているわけがないので気づかなかったのだが、これがパイナップルとジンジャーのチャツネなんだそう。こんなところに隠していたら分からないではないか。
でも、ドレッシングという感じではないので、まさかタコに付けていただく??

Beef Terrine
メイン(2択):Beef Terrine with Mashed Potatoes and Baked Pear

メインはビーフテリーヌをチョイス。
パテのような感じで出てくるかと思っていたら、大量生産できるミートローフだった。ちょっと残念。

どちらかというと、マッシュポテトが美味。
見て分かる通り、フレンチタイプではなく混ぜ物タイプで写真で見るとマヨネーズにも見えてしまう。

ポルトガルと言えば焼きリンゴという印象だったが、焼き梨というのも初めてだ。でも、それほど焼いた感じはしなかった。熟していない梨を使っているのか硬い食感が強く主張していた。

Almond Cream
デザート:Almond Cream Scented with Chinnamon

デザートはアーモンドクリームって書いてあったけど、カスタードベース。
中に見える粒々はリンゴで、それに合わせてシナモンをたっぷりかけてあるようだ。
まあ、普通に美味しくいただけたが、ちょっとひねりがほしいかなぁ。

ということで、往路と違って欧州域内線としては優秀な料理が出てきたので満足できた。
この後、チューリッヒでの当日乗継が出来ないことから街で1泊して、前回食べたチーズフォンデュの比較をするために食べた記事を掲載してから、帰国便となるスイス航空のビジネスクラス機内食を紹介したい。

※メニュー:ランチ/ディナー用ワイン・ドリンク

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ポルトガル/アマレス[Amares]:Pousada Santa Maria do Bouro

訪問2014/11/2~3 (Room Type: Suite、1名朝食付 €106.92、Rate: Early Booking - Golden Age
食事: 総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆
宿泊: 総合4.0、予約個室3.5、建物全体4.5、サービス4.0、CP4.0
ポルトガルのポザーダ レビューインデックス

Pousada Santa Maria do Bouro

スペインのガリシア地方の帰りは、アクシデントの影響で単純に往路と同じルートを戻ることになってしまった。
実質最終日はポルトガル側での宿泊だが、不便な場所にある修道院跡のポザーダを予約しておいた。

ここは Google Map で示される位置と、ポザーダ予約票に示されている緯度経度が示す位置が異なっていたのだが、もちろん公式サイトに示されている方が正しいことは航空写真ベースで確認済。
アマレス [Amares] の中心地から10Kmほど山奥(スペイン国境側)に進んだ N308号線の道路沿いにある。アクシデントが無ければ、その道をスペイン側から入ったのだが・・残念。

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
宿泊代に含まれる朝食の内容
泊まった部屋(Suite Room)の内部写真
上記以外のポザーダの写真

入口 反対側
ハロウィンの飾り ハロウィンの飾り

スペインのパラドールと同様に、こちらもハロウィン仕様でお出迎え。
後半の写真集でも登場するが、中庭の柱と柱の間すべてにハロウィン南瓜が置かれていたほど凝っていたのだが、なんと宿泊客は(たぶん)私ひとりだけ。
そりゃあ、こんな僻地にあると車でしか来れないだろうが、1月に泊まったサン・フィリペ城(Castelo de São Filipe)のポザーダ(Pousada de São Filipe)の倍以上の規模を考えると、この集客力の無さの原因は部屋の内装を現代風にしたことではないだろうか、と思ってしまう。(後半の部屋の写真で確認してほしい)
 

レストラン(入口から) レストランの最奥部

さて、お約束のディナーの紹介。
いつもは、選択肢の少ない3皿コースの価格が前菜+メインのアラカルトと同じ水準なのでアラカルトを攻めることが多いのだが、コベルトが €6.80 もするので断念。
それに客が私ひとりでは、下手にアラカルトを頼むのも食材の質という面でリスキーだ。

ということで、2食付で予約した場合と同じメニューである €32.00Menu Pousada をお願いすることにした。

Couvert
Couvert
Variedades de Pão, Manteiga, Azeitonas, e Petiscos(€6.80)

Variety of Bread, Butter, Olives and Appetizer


まずは、コベルトの内容。
他のポザーダと比べて2ユーロ高い設定の理由は、アミューズ(アペタイザー)の皿の内容にあるようだ。

Petiscos

しっかり塩抜きされた干しダラをニンニクオイルと海藻でマリネしたものに、地元のチーズをカナッペ風にして出してきた。
このバカリャウが美味しい。塩分を完全に抜いているのに、水っぽさが無い。鮮魚ではないので、バカリャウ特有の旨味はちゃんと残っているのだから技術なんだろう。我が家では真似できないや。


スープ(2択):Canja de Galinha com Folhas de Hortelã(€4.70)
Home Chicken Broth with Mint


コースには前菜かスープが選べると記されていたが、実際はスープしか選べない。
アミューズでしっかりした皿が出てくるからだとは思うが、仕方ないのでミント入りチキンスープをお願いしてみた。

ミントの葉はトッピングされているだけで、米粒パスタがタップリ入ったチキンスープ。
インスタントでないことは確かで、しっかり鶏ガラから作っている事が分かるお味で美味しい。

Arroz de Galo Pica no Chão Malandrinho
メイン(5択)Arroz de Galo Pica no Chão Malandrinho(€19.00)
Country Chicken Rice


ポルトガル料理系であるマカオのアントニオ [EST. DE COMIDAS ANTÓNIO] で食べたチキンライスと比較できるかと思って、ご当地のチキンライスをお願いしてみたのだが、出てきた皿は予想とまったく違うものだった。

ご覧の通り、洋食のハヤシライスといった感じのもので、ハヤシライスとの違いは牛肉ではなく鶏肉であることと、最初から米をシチューの中に入れて混ぜてあることか。
味は、見た目通りで日本のハヤシライスに近い。

Maçã Caramelizada em Mel
デザート(10択)Maçã Caramelizada em Mel e Vinho do Porto com Gelado de Baunilha(€7.90)
Toffee Apple with Honey, Port Wine and Vanilla Ice Cream


デザートの選択肢は非常に多く、スペシャリテ側からも選べるとのことで、そちらから選んだ。
なんとも魅力的な文字が並んでいたのだ。

シナモンを加えた甘いポートワイン(ポルト酒)で煮込んだリンゴを軽くキャラメリゼした感じのデザート。
中央には、煮込んだ時に使った太いシナモンが添えられていた。

以上、ディナーの紹介だが、客は私ひとりだけということで、フラッシュを使って撮影させていただいた。
フラッシュ無しで撮影したものと比較して、きれいに再現できた方を掲載している。
 

朝食セッティング

朝食は、ディナーと同じ席に用意されていた。
宿泊客は私ひとりだけなので、Pousada de São Filipe のように完全オーダー制かと覚悟していたら、黙っていても上の写真のようにセットしてくれた。助かる。

パン ジャンボクロワッサンもどき

パンは例によってたっぷり。
クロワッサン風に焼いたパンは、やや甘めのケーキ風。

ケーキ

パンがタップリなのに、ポルトガルとかスペインでは、この手のケーキもたくさん並んでいる。
私一人用なのに、ここまで出して来るとはサービス精神旺盛。それに、意外にも美味しかった。

フルーツ

フルーツポンチもすべてフレッシュもので5種類。
かなり豪華な盛り合わせになっているし、これも美味しい。満足満足。

ハムとチーズ ミルクティー

ハムとチーズはサラミとか生ハム類が無くて残念だが、ミルクティーをお願いしたら温めたミルクも大量に持ってきてくれた。これは日本では珍しいけど、真っ当な欧州のホテルの朝食なら普通の光景だ。

ソーセージ 目玉焼き

これで全部かと思っていたら、後から卵料理とソーセージ・ベーコン類は要るかと言ってきたので、卵1個の目玉焼きにソーセージを付けてとお願いしたのだが、ソーセージの量が半端ない。
自家製なら無理してでも食べたが、安物の市販品だったので半分以上残してしまった。

※ディナーメニュー:シェフのお勧め前菜メインデザート

【ポザーダ詳細情報】
名称Pousada Santa Maria do Bouro
電話:253 371 970
住所:Largo do Terreiro - Santa Maria do Bouro, 4720-633 Amares
GPS:41.659375,-8.270662

駐車場:無料(正面階段下の広場 入口GPS:41.659603,-8.271383)
ネット:WiFi無料
予約先ポザーダ公式HP
 

【泊まった部屋(No.209 Suite Room)の内部写真】
ルームキー ベッド
ベッドルーム 古風な机と椅子
▲せっかくの歴史ある建物なのに、中は斬新でがっかり(快適さを求めても仕方ないのに・・)

リビングルーム リビングルーム
▲リビングルームはテーブルが無いので、使い勝手が非常に悪い。

壁に冷蔵庫が隠れていた 部屋の窓からの眺め
▲左:壁に冷蔵庫が隠れていた  右:部屋からの眺め

バスタブ 洗面所
▲バスルーム
 

【上記以外のポザーダの写真】

▲なんとなく新しく作られた感じのする館内2階部分



▲1階部分にはラウンジ的なスペースがたくさんある




▲正面裏側から見た建物外観



▲中庭が1番の見所かな? 柱の横にはハロウィンのカボチャがたくさん!

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペインの古城ホテル:パラドール ビラルバ[Parador de Vilalba|Castelo de Vilalba]

訪問:2014/11/1~2 (Room Type: Doble Bed Torre dos Andrade(No.303)、€96.96/朝食付割引レート)
評価:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★★☆
宿泊:総合4.0、予約個室4.0、建物全体4.0、サービス4.0、CP4.0
Parador de Vilalba

ガリシア州2泊目は、城のパラドール。
って言っても、大きな塔は見えるものの、城は無いじゃないかって?
確かに見た目は城ではないが、パラドールの公式サイトで城を指定すると城に分類されている。
で、どうも塔だけが残っているようで、他は大昔になくなっているみたいだ。

Torre de Andradeの説明

実は、この大きな塔「Torre de Andrade」の中に泊まれる部屋があるのだ。
全部で96部屋あるパラドールだが、塔の中にある部屋はわずか6部屋だけ。競争率は高そうだが、オフシーズンだからか楽勝だった。
公式サイトで予約するときは、Torre dos Andrade と書かれている部屋を予約しよう。

【インデックス】
直営レストランのディナー
朝食の紹介
泊まった部屋の写真
ビルラバ城の内部写真
[参考] 訪問したパラドール一覧
[参考] 宿泊した欧州の古城・シャトーホテル一覧

Torre dos Andrade パラドールの入口

パラドールの入口は、塔と新館の間の通路から新館側にある。駐車場は手前の並行した狭い坂道で地下へ。
上の写真のように、左奥まで新館が延びているのだが、塔に泊まらなければ単なる普通のホテルで魅力は無い。
街自体にも見どころは無いと思うので、やはりここは「Torre de Andrade」側の部屋に泊まることに価値があるだろう。

カフェコーナー カフェコーナー

まずは、会員特典の無料ドリンクをいただこうとバーコーナーを探したのだが、新館側ではなく塔側の1階にあった。
歴史ある塔の中ということで、なかなかの雰囲気。

暖炉(ハロウィン仕様?) 会員特典ドリンク

早速いつものダイエットコーク(Coca Cola light)をお願いしたのだが、なんとおつまみ無し!!
パラドール11泊目だが、おつまみが付かなかったのは初めてだ。(前日の Parador de Cambados で2品付いたので、その反動?)

このバーコーナー、テーブルの半分がレストラン仕様のセッティングになっていたのだが、外への出入口があったので確認すると、「Enxebre」という名前のレストランだった。ガリシア語でハイランドという意味らしい。(by Google翻訳)

レストラン入口 Enxebre Castelo dos Andrade
 

ディナーはどこでいただくのだろうとフロントに尋ねたら、なんとこのバーコーナーに案内されてしまった。
後で写真で紹介するが、2階にも食事用にテーブルがセットされていたが、今日はハロウィンパーティーで貸切なんだそうだ。ということは、通常なら雰囲気のある2階でいただけるのかな?

メニューを見ると、通常のパラドール仕様のものではなく(つまりコースが存在しない)バル仕様のもので、少し安めの価格設定。雰囲気は良いものの、外から気軽に入れる店なので、価格を低めに抑えているのだろう。

アミューズ

まずは、アミューズ。
Servicio de Pan por Persona(€1.00)Bread Service for person とあるので、パン代は通常の半額だが、バルらしい乾きもの(野菜チップス)と焼き饅頭みたいなパンが出てきた。

パン

パンはバスケットのまま供された。
後ろに見えるのは、昨晩のパラドール カンバドスでも採用されていた、地元ガリシア州のガス入り水「MONDARIZ」だ。
左にハロウィンの南瓜のロウソクが飾られているのが見える。

前菜に選んだのは、タコ料理。
日本では「タコのガリシア風」というメニューでおなじみなので、ガリシア州に来た以上は一度は食べておこうとお願いした。

Pulpo 'a Feira' con Cachelos
Pulpo 'á Feira' con Cachelos(€12.00)
Octopus, cooked and dressed with olive oil, sea salt, paprika and potatoes


出てきた皿は、ごらんの通りタコがたっぷり。伝票には 170g と記されていた。
やはり本場ものは違うようで、日本のガリシア風のタコと違って、非常に柔らかで美味しい。

日本で食べると噛み切るという表現になるのだが(スーパーで売っている茹蛸を使って、そのまま切っただけのもの)、普通の食材と同様に噛んでいただく感じだ。
こうなると、日本で噛み切るタコを「タコのガリシア風」と称して出している店には、突っ込みを入れたくなってしまう。

á Feira の意味を調べていたのだが、Pulpo á Feira で「タコのガリシア風」と翻訳されるみたい。
Pulpo がタコという意味なので、á Feira はガリシアを指すのかな?

Lomo de Raxo en Salsa de Queso San Simón
Lomo de Raxo en Salsa de Queso San Simón(€8.50)
Grilled pork with local Cheese


メインは、昨晩と同様に豚肉をチョイス。
豚肉というよりはローカルチーズという文字に惹かれたわけだが、チーズがそのまま出てくる訳ではなく、チーズをたっぷり溶かし込んだソースで供される料理だった。

スペイン料理は、お隣フランスの影響を強く受けていると感じることが多いが、フレンチ好きの私にはピッタリの料理だ。昨晩のように肉だけ焼いてソース無しでいただくよりも格段に美味しく感じてしまう。

※メニュー:英語併記版
 

新館側レストラン 朝食用ビュッフェ台

続いて、朝食を簡単に紹介しておこう。今回は55歳以上に適用される割引レートで泊まったので(あ、年齢がバレてしまった!)、普段は頼まない朝食が付いてしまうのだ。

朝食会場は、新館側の広いレストラン。
宿のキャパが大きいので、繁忙期にはディナーもこちらがメイン会場になるものと思われる。

ハム・チーズ・オムレツ

昨晩のハロウィンパーティに参加していた団体も含めてそれなりの人数が宿泊していたからか、そこそこの種類はあったものの、郷土料理的なものは見当たらず。

パン・ケーキ・フルーツ類

この日は移動だけで、ランチを食べることは不可能と見ていたので、しっかりいただいてしまった。



この中で、このパン(というか甘い菓子お菓子)が美味しくて、追加。

【パラドール詳細情報】
名称Parador de Vilalba
電話:982 510 011
住所:Valeriano Valdesuso, 27800 Vilalba Lugo
緯経:43.298145,-7.682641

 

【泊まった部屋(No.303)の写真】

▲部屋の雰囲気は近代化好きなパラドールにしては古風にまとめられている




▲バスルームは現代風。イタリアのヴァレンツァーノ城みたいなのが好みなんだけど・・
 

【ビルラバ城(Torre dos Andrade)の内部写真】

▲左:塔の中には旧式エレベーター完備  右:塔の部屋配置(最上階は305,306号室)


▲左:最上階(右が部屋で左は外に出る扉)  右:鍵がかかっているので外には出られず


▲左:最上階から階段を見下ろす  右:2階の配置(左の扉がエレベーター)


▲階段にある窓のいろいろ


▲1階にはレストラン仕様のホールがあったが、今日はハロウィンパーティで貸切だと。



▲左:そのパーティメニュー



▲新館から塔を結ぶ通路にもハロウィンの飾り(ちょっと不気味)


▲左:塔側にも入口があった  右:階段を登った側にはパラドールの看板

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>