《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/コルシカ島.ヴェナコ[Venaco]:La Villa Michel(Chambres & Table d'hôtes)

訪問:2014/9/20 19:45
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
今日の走行ルート←今日の走行実績
(地図をクリックすると大きな画像で見れます)

世界自然遺産指定地区の景観を楽しんだ後は、いよいよ山側に入るルート。
カランケ [Les Calanche]からポルトに戻ってD84号線に入る方が近いのだが、日本人向けコルシカツアーの中にサゴーヌ[Sagone]という地名があったので、そこを経由してD84号線に入ることにした。
でも、何も見どころは無くて失敗。

D84号線の中間点にあるコル・ド・ヴェルジォ[Col de Vergio]という峠が、今回の旅の最高峰(GPSベースで1475m)だった。なにやら変な像があって、観光バスまで止まっていたので有名なのかもと思った訳だが、後で調べたらコルシカ島内の道路の最高地点(1478m)だそうで、納得。
峠らしい眺望も無いので、停まってみるほどのものは何もないけど・・

外観 部屋からの眺め

そのまま北上して、ほとんど干からびていたダム湖の脇を通って、歩き方にも載っているコルス[Corse]の街で宿を探そうとしたのだが、何やら祭りをやっているみたいで中心部は道路規制中。街も汚いので、パスして次の街に向かう途中で見つけたのが、この民宿(Chambres & Table d'hôtes)というか、日本的にはペンションだ。

一般向けのレストラン営業は無いが、B&B(Chambres d'hôtes)と違って夕食も頼めば作ってくれると言うので、地元の家庭料理を食べてみることにした。お値段は3皿コースのみで €22.00。前菜とメインは2択となっている。

ダイニングルーム テーブルセッティング

ダイニングは広々として個人宅らしい調度品。
テーブルセッティングも良い感じだが、蝋燭は飾りで火を灯した形跡がない。
全体的に利益優先主義という感じを受けたのは、宿代の請求がHPでは1人料金が載っているのに2人料金だったことや、頼んでいないワイン代を請求してきたからだ。(夕食を頼んだ客が他にいないので間違える要因は無い)
それに加えて、クレジットカードも使えない。

バゲットパンは、近隣の大型スーパーで調達したような大量生産品だろう。
もちろんバスケットで出て来るが、美味しくない。まあ、家庭料理を標榜しているわけだから当然か。

Soupe Corse
Soupe Corse

前菜はコルシカスープを選択。
魚のスープは2度いただいたので、ボニファシオ[Bonifacio]の Cantina Doria でいただいたコルシカスープも比較したくなったというワケ。

コルシカハムが入っているとはいえ、レストランとはまったく違う感じの皿が出てきた。マカロニがタップリ入っているのは、やはりコルシカにイタリアの食文化が大きく入り込んでいる事を示すものだろう。
お味の方は、当然ながら家庭料理水準。レストランの水準と比較するのは野暮というものだが、まあ普通にいただける。

前菜のスープでも大皿にタップリでてきたので、メイン料理扱いにもなっていた Cantina Doria のスープが大量だったことは理解できる。

メインの豚肉料理

メインは豚肉料理。カネロニと何か分からない単語(英語は簡単な単語しか通じない)の選択だというので渋っていると、ポークがあると言ってきたので、それをお願いした。

で、出てきたのは骨付き肉の煮込み。骨がかなり細いので仔豚だろうか?
よく煮込まれてソース側の味が浸透していたことと、肉自体が割と淡白なことから肉の種類を判別できなかった。豚と言われればそんな気もしないでもないが、割と大き目なウサギではないかと思って食べていた。

肉は普通に美味しいのだが、片側に8枚も乗っていたフライが厳しかった。
何のフライかと解剖してみると、胡瓜! 胡瓜を細長く薄くスライスして、少し甘い衣を付けて揚げてあるのだ。
家庭料理らしく油切れが悪く、残しては申し訳ないと完食したのだが、正直辛いものがあった。

フリットの断面 デザート

コルシカ島では生野菜のサラダが豊富という印象があるのだが、サラダも無いので口直しするには、次のデザートを待つしかなかったのだ。

で、出てきたデザートだが、やっぱりクリーム・ブリュレ風の硬めに固めたクリームプリン。
これ、コルシカではデフォルトなのかなぁ?
栗が入っていない点でも残念だったが、コルシカの民宿というかペンションの雰囲気をお伝えしたということで、おしまい。

部屋は、近隣でもう1軒当たってみたホテルなどよりも広くてきれいではるかに快適だったことを最後に記しておこう。泊まる価値はあるかもしれないが、夕食を食べる価値は無いということだ。

宿のカード 夕食メニュー

【詳細情報】
店名:Chambres & Table d'hôtes La Villa Michel
電話:04 95 48 27 52
住所:lieu dit taola, 20250 Santo Pietro di Venaco
GPS:42.254427,9.16993

 

【コル・ド・ヴェルジォ(Col de Vergio)周辺の風景】
(☞ Google Map、GPS:42.290314,8.878508、wiki(仏語)
この峠は、アジャクシオ[Ajaccio]を県都とする南コルス県[Corse-du-Sud]と、バスティア[Bastia]を県都とするオートコルス県[Haute-Corse](北コルス県とは言わないみたい)の境界線でもあり、南方向には「南コルス県にようこそ」といった境界線を示す看板が建っていた。

また、北コルス側に1Kmほど進むと、場違い的に立派な「Hôtel Le Castel de Vergio」というホテルがあった。
写真を撮っていないのだが、景色も抜群に良く、さぞかし値段が高いだろうと当たってみなかった事を後で非常に悔やんだのだ。お一人様だと、今回泊まったこのペンションとほぼ同額だったのだ。



▲峠の風景


▲主に南側は、こんな感じの風景。路上あちこちに豚が出現したが、これが名産のコルシカ豚?

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/コルシカ島.ピアナ[Piana]:A Casa Corsa

訪問:2014/9/20 13:15
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
7日目。今日も晴れてはいるものの霞が多くすっきりしない。
台風一過の時のような真っ青な空というものは、コルシカでもなかなか出現しないのかもしれない。

ガレリア[Galeria]の街を出発して海岸線を南下し、今日は当初前半に予定していた中央山岳地域に途中のサゴーヌ[Sagone]から北に戻る形で入ることにした。

ガレリアを少し過ぎたCol de la Croix周辺あたりから、ポルト[Porto]カランケ[Les Calanche]までの区間は、世界自然遺産に指定されているだけあって景観が素晴らしく、昨日通ったカップ・コルス[Cap Corse]と合わせてお勧めのドライブルートだ。(この後のポルトからD84号線で山に入るルートもお勧め!)

ポルトの街はコルシカ島では珍しく雰囲気が良かったので、そこのレストランで食べようとしたのだが、店員の横柄な態度に嫌気がさしてパス。次の街であるピアナ[Piana]で食べることにした。

ピアナは、ひとつ前の記事でも紹介した通り150の村が認定されているフランスの最も美しい村々[Les plus beaux villages de France]のひとつだが、日本の怪しげな団体が賛助金目当てでやっている同様の称号と同じなのかと思ってしまった。どう考えても普通の村なのだ。
将来フランスの最も美しい村々を少し潰そうかとも思っていたが、自ら選んだ村々を認定しているのでないなら止めた。金儲けを大前提とする連中の罠に乗る気は無い。といいながら、その罠にまんまとひっかかってしまった。

外観 店頭掲示のムニュ

既に1時を回っていたので、この店か少し手前にあって保留にした3つ星ホテル(2皿ムニュが25€、アラカルトは滅茶苦茶高い)にするかの選択だったのだが、店頭黒板に3皿18ユーロの Formule Midi:18€ と題したコースが掲示されていたので決定。これが偽りだったわけだ。

フランスで、安いコースを店頭黒板で掲示していながら今日(週末)はやっていないと言われたケースは何度かあるが、このパターンは初めて。やはりどこの国にも客を騙す姿勢のある店はあるものだ。

店内窓側席 店内からの眺望

店内窓側席は満席で、内側の席に案内された。
後で写した店内からの景色を右側に載せたが、ピアナの街はこの程度の景観。普通だよなぁ。
もちろん、周辺を多少は歩いてみての判断だ。

で、店頭黒板を写した画像を見せて前菜とメインを選んだ訳だが、水はボトル水を持ってこようとする。断固拒否した訳だが、この段階で店の姿勢を悟った。(フランスの食堂クラスの店では、コルシカ島を含めて水道水をデフォルトで出してくれる)
厨房側が席から少し見えるのだが、その後見えたシェフの風貌が外国人かアルバイトという感じだったので、覚悟は決めていた。

Bruschetta
前菜(2択):Bruschetta (jambon cru, parmesan, tomate, basilic) salade

前菜はブルスケッタを選んだはずだが、出てきたのはサラダ。
いや、よく見ると、左側にブルスケッタが乗っていた。

ブルスケッタ パン

ちょっとピンボケだが、別に出されたパンとブルスケッタに使われているパンは同じ。
致命的なのは、サラダ側にたっぷりかかっていたバルサミコドレッシングが、ブルスケッタの下の部分に浸透してしまっていること。
無論、単に材料を乗せただけの芸の無いブルスケッタが美味しいわけがない。

Poisson entier rôti aux agrumes
メイン(3択):Poisson entier rôti aux agrumes

メインでイタリアンを選ぶ気は無いので、知っている単語であるポワソン、すなわち魚料理を選んでしまった。普段から日本の魚料理を食べていると、海外の魚料理は高くて美味しいことは無いと思っているわけだが仕方ない。

で、出てきたのは焼き魚の上にスライスしたレモンとオレンジを乗せた、日本では見ないアプローチ。
美味しければいいんだけどね。

Poisson entier rôti

柑橘系を除けて魚体を腹側から撮ってみた。
プックリ太い魚体はフグみたい。食感もフグに近い。でも臭い!

こういった店で鮮度を求めてはいけないが、腐っているのではないかと不安になるほどだ。
焼きも甘いので、怖くて胃薬を飲んでしまった。

魚料理の付け合せ

付け合せは、トマトをくりぬいた皮で覆われた野菜の煮込み。中身が見えないので、皮を食べてから撮ってみた。
油っぽいうえに味が薄いのだが、まあ食べられる。臭い魚を打ち消すほどではなかったけど。

さて、デザートをお願いしようとすると、別料金だと。
店頭で撮った黒板写真を見せて確認したが、先方はメニューを持ってきて、前菜+メインかメイン+デザートで18€と書いてあると主張する。

確かにメニュー上には書かれていたが、言葉が通じないので店頭表示は何だと反論できないところが悲しい。
でも、料理水準の低さから未練はまったく無かったので、そのままお会計をお願いした。

お会計とレストランカード

さすがに表示価格以上の請求は無かったが、添付されていたレストランカードが油ギトギト。
こういったカードを平気で客に出して来るところが、この店の水準を表しているだろう。もちろん持って帰る気にはなれず。
さらに、クレジットカードを出すと、またまた別紙を持ってきて25ユーロ以上でないと使えないと。唖然。

ということで、久々の大外れ店を選んでしまった。
元々選択肢が少ないうえに、時間的余裕が無くなっているので諦めるしかない。
態度は悪かったものの、ミシュランシールが貼られていたポルトのレストランに入れば良かったと後悔したものだ。

※メニュー:アラカルトピザ

【詳細情報】
店名:A Casa Corsa
電話:04 95 24 57 93
住所:Route de Porto, 20115 Piana
GPS:42.238189,8.637357

 

【Col de la Croix|Bocca a Croce周辺の風景】(☞ Google Map、GPS:42.3268,8.632379)
ガレリアポルトのほぼ中間点にある標高260mの峠。「Bocca a Croce」はコルシカ語表記。
島内の標識には上段にフランス語、下段にコルシカ語の地名で表記されているものも多く、上段のフランス語の地名部分をスプレーペイント等で塗りつぶされているものも時々見かけた。特に北部の小さな街ほど多い気がする。
駐車場脇の売店裏手から10分ほど登ると展望台(GPS:42.325265,8.628988)があり、世界自然遺産に登録されているジロラータ湾[Gulf of Girolata]の素晴らしい景色を堪能できる。


▲ジロラータ湾[Gulf of Girolata]


▲左:Col de la Croixの展望台にある地形プレート  右:反対側にも形の良い山が見える


▲左:海が綺麗  右:海中散歩も楽しそうだ(ポルトやガレリアの街から船が出ている)
 

【ポルト(Porto)の風景】(☞ Google Map、GPS:42.267814,8.691763)
ホテルばかりだが、西海岸で一番きれいな街だろうか。鉄道や空港のあるアジャクシオとカルヴィのちょうど中間に位置するという不便さもあってか、宿代もそれほど高くは無いようだ。
この地域は世界遺産に指定されているようで、ここを拠点に世界遺産の海岸線を周るボートがたくさん出ている。


▲左:街の北側手前から  右:珍しく街が整然としている。世界遺産指定の効果かな?


▲左:街の中央にかかる橋の上からポルト湾側を拝む  右:ボートツアーの案内版がたくさん出ている


▲左:ポルトのジェノバの塔[Tour Génoises]は珍しい四角形  右:街を見下ろす



▲ジェノバの塔の上から360度
 

【カランケ[Les Calanche]の風景】(☞ Google Map、GPS:42.247113, 8.654568)
ポルトとピアナの間にあるこの地域、ミシュラン道路地図で★3つが付いている地域だ。(世界自然遺産にも指定されている)
車窓からでも独特な景観を楽しめるが、所々にある駐車スペースに車を停めて降りて楽しみたい。
ポルトから南側の道路は、幅も十分あるし(岩を削っている箇所では、すれ違い困難な場所も存在する)、舗装も良くなるので運転しやすくなる。







テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/コルシカ島.ガレリア[Galeria]:L Aghja Nova

訪問:2014/9/19 19:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今日の走行ルート← 今日の走行実績
(クリックで大きな画像が開きます)

リル・ルッス[L'Île-Rousse]を後にして、日本のガイドブックにも掲載されているカルヴィ[Calvi]を経由し、今日の宿探しは街道から5Kmほど奥に入り込んだ行き止まりの港町ガレリア[Galeria]に決定。

行き止まりの街とあって一段とのどかで、今回の旅では一番気に入った街だ。

欧州の一般的な地方都市のように街並み自体に美しさを感じる都市がコルシカ島には存在しなかったため、こういった人口数百人クラスの小さな村の方が魅力を感じてしまう。

フランスには有名なフランスの最も美しい村々(Les plus beaux villages de France)という150の村があるが、コルシカ島には翌日通ったピアナ[Piana]と Sant'Antonino の2か所だけ。
象徴的な建造物が無いため選ばれていないのだろうが、ピアナなんかよりも十分魅力を感じることが出来た街だ。

店頭 店の看板

明るいうちに高台にある街の中心を散策しに行ったが、ちょっと洒落た一軒家レストランを発見。
店頭看板を見ると9/20までの営業という張り紙。明日じゃないか!(村役場の掲示板にも貼ってあった)

一軒家の中庭 テラスには案内してくれない

それにしても、当地の観光シーズンはコルシカ島の中でも一足先に終わってしまうのか。
確かに泊まったオーシャンフロントのホテルの宿泊客は4組だけだったし(9/15以降€71、8月は€106)、夕刻とはいえ広々としたビーチに出ると独占状態。こんな広いプライベートビーチ感は、そうそうあるものではない。

テーブルセッティング パン

お願いしたのは、看板メニューらしい Menu Corse(€20.00)
前菜とメインは、いつも選んでいない側のものを試してみることにした。

Salade du berger
前菜(2択):Salade du berger

コルシカではサラダが豊富なようで、ピザ生地のうえにたっぷり野菜を盛ったような皿も見かけている。
生ハムの盛り合わせを頼んでも予想できてしまうことから、あえて羊飼いのサラダを選んでみた。
漁師のサラダだとか、農家のサラダという名称はよく目にするが、この羊飼いのサラダという名称はコルシカ島のレストランでは必ずある気がする。もっとも羊を飼っているのではなく、路上でもよく見かける山羊なんだけど・・

野菜は新鮮。ちゃんとコルシカの山羊のチーズとコルシカのハムやオリーブも入っている。
葉っぱに埋もれてしまい見えないが、松の実がたっぷり使われていた。欧州一般の細長いタイプでなく中国産のような短いタイプなのだが、サイズが均一でないのと味が中国産とは異なるので、当地周辺にたくさんあった松の木から採ったものかもしれない。

Cannelloni au brocciu
メイン(2択):Cannelloni au brocciu

メインはパスタ。元イタリア領だったことの影響が残っているのだろうが、コルシカ島ではピザ屋が半端なく多いし、レストランでも普通にパスタメニューがあるので、その中でも最もコルシカ料理的なものらしいカネロニを試してみた。

カネロニの中身

春巻サイズのカネロニが4本。トマトソースを加えてぐつぐつした状態で出てきた。
一口いただくと異様なお味。緑色はブロッコリーとの表示だが、ミントの葉を相当量加えているようだ。あまり好きな味じゃないな。
トマトソースは、我が家で作るものと同じ様な家庭的なお味。

Glace vanille conistrelli お会計
デザート(2択):Glace vanille canistrelli et chataigne

デザートは、コルシカ名物の栗という単語を見つけてアイスクリームを試してみたが、市販風アイスだった。
ほんの少しだけ栗の粒々が入っていた感じもしたが、栗の味も乏しい。もう少し栗の主張がほしいなぁ。
それに、コルシカのクッキーである Canistrelli はどこにあったのだろうか?
アイスに刺さっているのは、中身の無いゴーフルみたいな市販品だったし。

外観などから期待はしていたのだが、結果的にはごく標準的なレストランだった。
これなら、海を見ながらホテルで食べた方が良かったかもしれない。

※メニュー:前菜コースパスタ肉料理ドリンク

【詳細情報】
店名:L Aghja Nova
電話:04 95 62 00 01
住所:20245 Galeria(村役場近くの教会裏側)
GPS:42.409746,8.64742

 

【カルヴィ(Calvi)の風景】
コルシカの街は、南部を除いて南イタリアの街に似ている気がして、どうも街歩きをする気になれなかった。欧州の街らしい美しさがないのだ。壁の配色が暗いし、花が飾られているわけでもない。
北東部の中心バスティア[Bastia]では、車を停めて街歩きする気になれなかったし、この街も城跡がなければパスするところだった。その城跡も、南端のボニファシオ[Bonifacio]と比べたら規模も小さく見どころも無いに等しく、鉄道で行ける街は魅力にかけるという結論だ。

コルシカ島に行かれる方は、ぜひともレンタカーで回っていただきたい。街歩きをするところではなく、自然の景観を楽しむところだと思う。鉄道では大きな街が中心となってしまい、コルシカの魅力の2割程度しか楽しめないし(車窓の風景は、かなり限定されるはず)、路線バスは大きな都市周辺しか見かけなかったので、レンタカーに頼らざるを得ないだろう。

道路事情は、日本の山間部を走る3桁国道と同等と思えばよいだろう。意外と広くて走りやすいので、マニュアル車で日本の山間部の道を走ったことがあれば問題なく利用できるはずだ。大型車になることが多いオートマ車は、海岸線でもカーブが連続する山道になるためお勧めできない。ブレーキングに苦労するだろうし、たまに遭遇するすれ違い困難な個所で対向車が来た時の事を考えると、大型車は厄介なことになる。


▲左:岬の先端にある城跡入口(駐車場から)  右:駐車場前の立派な碑


▲左:観光客向けのメインストリート(?)  右:城壁内に上ってみる


▲教会。ちょうど結婚式進行中だった。


▲左:塔なんだと思うが魅力ないなぁ(ボニファシオにもあった)  右:城跡から街を見下ろす
 

【ガレリア(Galeria)の風景】

▲左:先端の岬手前で道路の終点
 右:その終点にある港。すぐ手前の Stella Marina が泊まった冷房付の宿(初老の奥様が英語を話す)


▲左:海岸道路を闊歩する牛たち  右:村役場は高台にある


▲左:中心部のメインストリート  右:必ずある教会(レストランの正面に立地)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>