《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/ガルーダ・インドネシア航空:デンパサール(DPS)⇒ロンボク(LOP)⇒ジャカルタ(JKT)

搭乗:2014/6/28 GA436便、2014/6/30 GA435便
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
ガルーダ・インドネシア航空の国内線ビジネスクラスの機内食を簡単に紹介しておこう。

国内線仮設ラウンジ ホットミール群

まずは、バリ島のデンパサール(DPS)から、ロンボク島までの区間。
デンパサールの国内線ターミナルは工事中のようで、ラウンジはどう見ても仮設スペースだった。
なんと、ビジネスクラスチェックインカウンターのお隣、チェックインホールの中にある。

ケーキ類 バナナリーフとケーキを取ってみた

それでも用意されている食べ物の種類は豊富。
ホットミールが5~6種類とご当地デザートが豊富にそろっていた。
国内線用の仮設ラウンジでありながら、ANA羽田の国際線ラウンジよりも優れているという点で、帰国便で利用するジャカルタの国際線用ラウンジに期待してしまう。

バナナリーフの中身

1時間前にお腹いっぱい食べていたので、気になったバナナリーフに包まれていたものとケーキ2種類だけにしたが、バナナリーフはお弁当という感じのものだった。
ご飯を敷いた上にバナナリーフを乗せ、その上におかずを盛ってある。

竹串の先端に付けてある物体は、つくね風のもの。
あとは、テンペを揚げたものにナッツと焼きそば(ミーゴレン)。

一番奥のゲート近くに別のラウンジもあった ゲート横のラウンジの雰囲気

セキュリティ通過に要する時間が読めなかったので、少し早めに搭乗口に向かったら早すぎた。
周辺を物色すると、一番奥に別のラウンジを発見。
こじんまりとしているし、食事やドリンク類も米国航空会社のラウンジみたいにわずかしかなかったが、大混雑していた搭乗口前で待たなくて済んだ。

シート ウエルカムドリンク

機内へはバスでの案内だったので真っ当な写真は取れなかったが、シートはしっかりビジネスクラス仕様。
最前席だったが、エアチャイナの羽田⇒北京線と違って、足元も広い。やっぱりエアチャイナがひどかったんだ。
もちろん、搭乗客の流れが止まったところで、ウエルカムドリンク(ジュース2種類)とおしぼりも出てきた。

ランチボックス風機内食 ボックスの中身

この区間はわずか120Km(76マイル)、離陸から着陸まで17分という超々短距離区間だが、それでもランチボックス的な機内食も出てきた。シートベルト着用サインが消えている時間は5分も無かったので素早い対応だが、ちゃんとドリンクサービスもある。
ちょっと残念なのは、ボックスの中身。ロールパンと水とシロップ入りのナタデココにデーツ1個と、手作り品がまったくない。ここは、せめてサンドイッチぐらい出してほしいところだ。

ここまでは、バリ島からロンボク島までのわずか17分のフライトで出た機内食の紹介。

ロンボク空港とマタラムの中心やリゾート地のスンギギを結ぶ路線バス情報は、
 ロンボク島 空港~マタラム~スンギギ 路線バス詳細情報
に詳細を記しておいたので、参考にしていただきたい。

ロンボク島のレストランは、この記事の後にまわすことにして、続いてロンボク島からジャカルタまでの国内線ビジネスクラス機内食の紹介。ジャカルタからの帰国便に接続する国内線だ。

ロンボク空港 シェラトンラウンジ

ロンボク空港の国内線ラウンジは、シェラトンホテルが運営するラウンジを利用できる。
国際線側には、ガルーダ・インドネシア航空直営のラウンジがあることを遠目で確認できたが、国内線側はカードラウンジとの共用だ。
従って、アルコールは有料。もちろん飲まない私には関係ない。

ラウンジ食 ヨーグルトとプリン

料理の方は、ナシゴレン、鶏肉のカレー煮込み、野菜炒めの3種類。これにご飯とパン、デザートが4~5種類というラインナップ。ソフトドリンク系の用意も少なく、ダイエットコークが無かった。やっぱりカードラウンジは魅力が無い。

機内 ウエルカムドリンク

機内に入ると、ウエルカムドリンクはリクエスト制だった。
前にも他社であったが、今回もビジネスクラス客は私だけと、空いている時は臨機応変に対応するようだ。
ということで、ダイエットコーク。おしぼりもちゃんと出てくる。

新聞サービスでは、「じゃかるた新聞」という日本語の新聞があるということで見たのだが、昨日から7月下旬までの1カ月間ラマダン(断食月)に入ったという記事がトップニュース。朝4時半から夕方6時頃まで飲食を絶つとのことだが、終了日を明記せずに曖昧な書き方をしているのはなぜだろう? 結構重要だと思うのだが・・

朝食仕様の機内食

今度は2時間ほどのフライトだが、朝食仕様ということで予想外に貧弱。
口頭説明で、ライスとチキンか、パスタとビーフというので、ライスを注文。
カトラリーをくるんだナプキンだが、なんとなく黒ずんでいて当の昔に交換時期を過ぎたという感じ。
こちらのホテルは、とことん使い古したタオルが普通に出てくるので、当地の人達が対象の国内線だと気にしないのかも?

メイン

出てきた皿は、国際線エコノミークラスで出てくるような感じ。
ご飯が真っ白でなく少し黒っぽいところを見ても、国内線クオリティは屋台レベルのようだ。

赤い唐辛子のようなものも見えたので、覚悟して食べてみたら甜麺醤の甘い味付けで中華料理風だった。
唐辛子ではなく、パプリカの赤だったのだ。

フルーツとプリン

デザートは、フルーツとプリン。
相変わらずインドネシアのフルーツは味が薄くてイマイチな印象だが、プリンはゼラチンで固めたものではなく、卵を使って蒸し固めた本来の仕様で作られたもの。甘さも控えめだが、カラメルが無いのはインドネシア仕様?

ということで、往路の羽田⇒デンパサール線で期待させすぎたガルーダ・インドネシア航空の国内線だが、きわめて平凡ということで終わってしまった。
こうなると、期待しているジャカルタ⇒羽田線の機内食も、怪しい雲行きになってきた・・

※ジャカルタの国際線側ラウンジから登録しました。
これが狭くて、食べ物も貧弱でANA羽田の夜間帯(注:ANAでの最高水準は、場所と限られた時間帯で限定されるのだ!)よりも劣るという状況だったことから、帰国便の期待は急速にしぼんだわけです。
結果は、ロンボク島のレストラン紹介の後になるので、この記事から4本目(☞ こちら)に掲載しています。

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島:Bebek Tepi Sawah(Beachwalk Kuta店)

訪問:2014/6/28 12:45
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
2日目はロンボク島への移動日だが、早朝便の次が15:45発と時間が開く。
ということで、7年前と同じようにクタ[Kuta]とレギャン[Legian]周辺をウロウロしてみたのだが、大きなショッピングセンターが出来ている以外には、そんなに変わっていないみたい。

で、ランチはそのショッピングセンター(Beachwalk Shopping Center)の最上階(3階)にあった眺めの良い店にした。

海の眺め フードコート
▲左:オーシャンフロントの隣の店とこの店の境界からの海の眺め
 右:さらに奥に進むと、この屋根の下に大きなフードコートがある。

一番眺めの良いオーシャンフロントの店は、インドネシア料理を置いていないうえに高いので興味はなく(客もまったく入っていなかった)、少し奥まっているものの海が見えるテラス席を確保できたこの店に決定。
さらに奥に進むと、大きなフードコートなんかもあるので、結構使えそうなモールだ。

テラス席 テーブルから海を拝む

7年前と3年前に来た経験から、バリ島では安い食堂に入ってもそれなりのものしか出てこないことが判明しているので、高級店狙いに決めている。といっても、日本の物価から考えれば十分安いので、日本の普通の店に入る感覚で高級店を使うことができるのだ。

メニューをチェックすると、バリ名物の鴨肉料理「Bebek Betutu」を見つけた。
3年前にもヌサドゥア[Nusa Dua] のBanyan Cornerで食べているが、良い店か否かを比較するには同じものを頼まないと判断が難しい。

Bebek Betutu
Bebek Betutu(Rp.121220≒1050円)
Balinese smoked duck with vegetable, steam rice, and two choices sambal


ヌサドゥアの店よりも少し高いが、予想通り立派なものが出てきた。
鴨肉は小型の半身。いや、写真を見る限りは1羽だったようだ。可食部もそれなりにある。
ヌサドゥアの店で食べた揚げ物とちがって、蒸した後にソースの中で軽く煮こんだ感じで、手を掛けている。



写真の通り、皮が非常に目立つのだが、皮下脂肪は確認できなかった。つまりそれほど脂っぽくないということ。
説明に記されているほどスモーク感は無いが、肉は柔らかくマリネされているようで、少しカレー風味の味付けが素晴らしい。バリ島で柔らかい肉に当たることは稀なので、この店の水準高いぞ!(日本的に考えれば、ショッピングセンターに入っている店など期待できないのだが・・)

two choices sambal

サンバルを2つ選べるのかと思ったら、選べないと。
激辛が苦手なので、選べるなら辛さ控えめのものを頼もうと思ったのに・・

で、出てきたのがこの2種類。左の唐辛子いっぱいの皿は、見た目通り激辛でパス。
右の皿は、赤唐と青唐が少し入っていたが、こちらの辛さは大丈夫だった。

葉っぱを揚げたもの

サンバルと一緒に出てきたのが、この葉っぱの天ぷら。
日本だと大葉の天ぷらに該当するものだが、大葉よりも分厚い葉っぱで、ホウレンソウみたいな味がした。
サンバルをこれに付けていただくのかは分からないが、衣に味が付いていたのでこのままいただいても問題なし。

Gado-Gado
Gado-Gado(Rp.54520≒470円)
Boiled vegetable, tofu, bean cake, potatoes with peanut sauce


もう1品、好物のガドガドを頼んでしまった。
予想と違って、ガドガド特有のソースは別皿で出てきたので、野菜にかけていただくのではなくタレに付けながら食べることにしたのだが、ソースとしては味が濃すぎるので、店側も付けダレとして食べることを想定しているのかもしれない。
お味の方は、さすが高級店。食堂の量だけといったソースとは違って、味のまとまりがある。

左に見える緑の葉っぱは、先ほど紹介した葉っぱの天ぷらに使われていたものと同じだと思う。

Juice Four Season 追加の氷
Special Juice:Juice Four Season(Rp.34800≒300円)
Banana, Mango, Pineapple, Papaya, Grenadine Syrup


前夜が悲惨だったので、調子に乗ってドリンクも一番高いフレッシュジュースを注文。
なぜか、後から氷を持ってきてくれたが、最初から出してくれればいいのに・・

お会計 席からの海の眺め

以上で、お会計は Rp.209380≒1800円
高級店といっても、これだけいただいて2千円にも満たない。
せっかくのビーチリゾート(というには、海は汚いけど・・)、ケチなこと言わずにバリでは高級店に入ることをお勧めしたい。

なお、HPに税サ抜の価格が入ったメニューが掲載されている。
私は郷土料理狙いだが、基本インターナショナル料理店なので、行こうと思われた方は事前にチェックしておくことをお勧めする。同名のホテルがウブド[Ubud]にあるみたいだが、関係は不明。

※メニュー:お勧めインドネシア料理・西洋料理ドリンク

【詳細情報】
店名:Bebek Tepi Sawah(Beachwalk Kuta Branch)
電話:361 849 6004
住所:Beachwalk Shopping Center Level 3, Jalan Pantai Kuta, Bali
緯経:-8.716508,115.169457


※ロンボク島のホテルのプールバーから登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島.クタ[Kuta]:ブルーロブスター[Blue Lobster]

訪問:2014/6/27 22:45
評価点:総合★☆☆☆☆★★☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
今回の旅の目的は、ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラス機内食を試すことが1番で、その次は、前からマークをしていたロンボク島に行くこと。したがって、3度目のバリ島は単なる中継点にすぎない。

3割引の掲示 店内

機内食でお腹いっぱいだったこともあり、機内食レビューを先に登録してから(☞ こちら)食べに出かけたわけだが、夜11時近いとあって真っ当なレストランは無理。
ということで、インドネシア料理のある適当な店に入ろうと空港から来た道を戻る形で歩いていると、30%引きだとオネエサンに英語と韓国語で声をかけられたこの店に入ったというわけ。(英語で日本人だと主張したら日本語になった。笑)

翌日空港に戻る際に店頭を確認すると30%OFFの表示がでていたので、どうも3割引がデフォルトのようだ。

Pineapple Lobster salad
Pineapple Lobster salad(Rp.51750≒450円⇒315円)

店の名前がブルーロブスターということで、とりあえず一番安いロブスターの入ったサラダを注文。
この値段だからロブスターなど期待していなかったが、まあ予想通りくず肉を少量トッピングしてあるだけ。
米国ボストン周辺で見たベビーロブスターの水煮という感じのものだ。

たっぷりかけてあるのは、オーロラソース。
思ったよりも野菜は新鮮だったし、ソースも市販品的なまとまりもあって、特に問題ないという印象。

Nasi Kuning
Nasi Kuning(Balinese yellow rice)(Rp.86250≒750円⇒525円)
Balinese yellow rice, lawar bali, chicken, calamari, chicken satey


メインは、当地おなじみの「ナシ+○○」から、ナシクニンという料理を選んでみた。
バリにいるのだから、ご当地名の入った料理を選ぶという、いつものパターンだ。

出てきた皿だが、バリの黄色い米って書いてあったけど、普通の白米ではないか!
念のため、このナシクニンを調べてみると、ターメリックとココナッツミルクで炊いたご飯のことを言うとあるから、やはり白いご飯はおかしい。
こういったインチキをやるような店で、高額の料理を頼んだら悲惨なことになる。

おかずは、薄切りチキンかつとイカリングフライを交互に並べたもの、サテ2本、いんげんとカリフラワーの炒め物、鶏もも肉のあぶり焼きに、おなじみエビせんべい。
この中で食べれなかったのは、手前のチキンのあぶり焼きにトッピングされた赤いソース。激辛だったのだ。
そのチキンも、作り置きを再加熱した感じで、水分が飛んで硬くなっている。
チキンカツとイカフライは、注文後に揚げたようなので、普通にいただけた。

いつもブログに登録する前にいろいろと調べるのだが、メニューに載っていた(ラワール バリ[lawar bali]を調べると、バリ島伝統料理のラワールを指すようだ。ところが、これも皿に乗っていないことが判明した。
どうせ分からないだろうと、客をだます問題店ということだ。

3割引効果でドリンクを入れて総額千円弱と考えれば★1つを付ける水準ではないと思うが、やはり人をだます行為はいただけない。総合点は推奨点でもあるので、★1つを進呈することにした。
なお、当ブログの最低点は無星だが、個別点で無星を付けたことがあるが、総合点では今のところ存在しない。

※メニュー:前菜サラダスープお勧め①シーフード

【詳細情報】
店名:Blue Lobster
電話:(0361)758189
住所:Jl. Dewi Sartika, Kuta, Bali
緯経:-8.726914, 115.170154


※ロンボク島のホテルから登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>