《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/テルモリ(Termoli):Trattoria Tipica L'opera

訪問:[2014/1/1 20:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
街をウロウロ物色していると、おなじみミシュランのシールを貼った店を発見。入るしかないだろう。
事前に英語版はチェックしてあるのだが当地は対象外だったので、イタリア語の書籍版にでも載っているのだろうか?

店内 テーブルセッティング

レストランは多いものの、オフシーズンだからか空いている店ばかりだったのに、この店はほぼ満席。
一番奥の2人用テーブルが空いていたので、通してくれた。
メニューは英語版も用意されていた。イタリア語も併記されているのは、店側が判断するためなのかもしれないが、イタリア語の料理名の方が分かるケースもあるのでうれしい配慮だ。。

パン

まずは、コペルト(€2.00)で付くパン。
1種類だけしか出てこないとは、格を見誤ったかな?

Porzione scampetti crudi
Porzione scampetti crudi(€8.00)
Raw langoustines


前菜に、生の手長海老があることを発見。
イタリアでも刺身があるんだと、郷土料理そっちのけで飛びついてしまった。

ラングスティーヌの刺身

きれいに開いて盛り付けも魅せてくれたのは、イタリアらしくない。
さすがグリーンガイド掲載店だと思ったのだが、刺身にうるさい日本人には通用しないな。
やや鮮度面で問題がありそうな味と臭いが気になったものの、甘味は乗っていた。

Orecchiette scampi, vongole e cicoria
Orecchiette scampi, vongole e cicoria(€10.00)
Orecchiette with langoustines, clams and chicory


既にプーリア州を離れてモリーゼ州(Molise)に入っているのだが、パスタはまたまたオレキエッテを頼んでしまった。
スカンピとアサリという組み合わせも魅力的だったし。

確かにオレキエッテのような筋が見えるので、オレキエッテを作る際の生地を使っているのだろうが、プーリアのそれとはまったく違う形状の平べったい大型のパスタが出てきた。
アサリの出汁が効いているうえに、青菜との相性も非常に良く美味しかったのだが、海老がショボイのは残念。

Razza mollicata alla termolese
Razza mollicata alla termolese(€13.00→€15.00請求されていた!)
Oven roasted breaded ray fish


メインの選択だが、この店は全部魚料理。
ということで、地元テルモリ産と記されていたものを頼んだのだが、北海道でよく出てくるカスベ(エイ)みたいな魚だった。

魚の中身をアップ

カスベと同様に扇型の筋状に肉がほぐれるのだが、この肉質が筋肉質でちょっと独特な硬さのある食感。
でも、食感だけで美味しいという感じはしなかった。

オーナー風のおじさんの愛想は非常によく(英語は話せないと英語で言われていた)、感じの良い店だったのは確かだが、おじさん以外は形式的だし、勘定も間違えられたし、魚も(日本人的には)普通だったし、お値段もやや高めだし、ちょっと★4つは付けられないなぁ。でも、私で満席になってしまったので、人気があるのは確かだと思う。

お会計 店頭

※メニュー:前菜・パスタ・メイン①②、サイド・デザート

【詳細情報】
店名:Trattoria L'opera
電話:0875-704547
住所:VIA Adriatica 32 - 86039 Termoli (CB)

大きな地図で見る
 

【テルモリ (Termoli) の風景】

▲左:旧市街  右:新市街


▲旧市街にあった教会


▲この周辺の海岸沿いには、こういった漁をやる小屋がかなり多く見られた

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/トラーニ(Trani):Ristorante Pizzeria Non solo Pizza

訪問:[2014/1/2 13:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
中断していた年末年始の南イタリア旅行の記事を再開したい。(☞ ひとつ前の記事はこちら

今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)  (地図をクリックすれば、大きな地図が開きます)

前日断念したアルベロベッロ(Alberobello)を朝一番で訪問し(複数の日本人ツアーに遭遇して日本人だらけだった)、海沿いのモノーポリ(Monopoli)を経由して、そのまま西へ。お昼過ぎに到着したのが、トラーニ(Trani)という街だ。

店内 店内

開いている店が少なく、やっと見つけたのがこの店。でもピザ屋みたい。
入ってみると、入口周辺はピザ屋といった食堂系のノリだったが、奥の方は古い建物の風格を表しているレストラン的な雰囲気。

メニューを見ると、"Menu' fisso(€15.00)" という安い3皿コースがあったのでお願いしたら、今日はやっていないと。年始2日目とを考えると、日本のお正月営業的な慣習がイタリアにもあるのかもしれない。
仕方ないので、パスタ1品だけオーダー。またまたプーリア名物のオレキエッテだ。

パン

まずは、コペルト(€2.00)で付くパン。温められて出てきたのは、イタリアでは初めてのような気がする。
ピザ屋(といってもピザを食べている人を見なかったが・・)だから、ピザ釜で温めたのかな?
やっぱり、この手のパンは温かい方が美味しい。

Orecchiette zucchine vongole e gamberi
Orecchiette zucchine vongole e gamberi(€9.00)

頼んだオレキエッテは、生地が他の2軒とちがって、やや薄め。(といっても、ラザニア等と比べれば厚い)
その分だけ、団子的な食感が薄れてパスタっていう感じになるので美味しい。

メニューにはアサリ(vongole)と海老(gamberi)と書かれていたが、出てきたものにアサリは見えず。
その代わりにアサリの出汁が半端でないほど効いているが、何か物足りない印象。
そう、ここまでの店でたいていは入っていたミニトマトが無いのだ。
南イタリアのパスタには、味の濃いミニトマトが不可欠なのかもしれない。

お会計   外観

サービスは(珍しく)フレンドリーで良かったし、雰囲気もまずまずで、お味の方も普通に美味しい。
目の前は個人所有のヨットや小型船がたくさん係留されている港ということで、あまり観光地という感じはしないが、そういった風景が好きな方であれば、テラス席(冬は寒くて無理!)でのんびり過ごすのも良さそうだ。

※メニュー:セット(平日限定?)前菜パスタ・メインデザート

【詳細情報】
店名:Ristorante Pizzeria Non solo Pizza
電話:0883-198-3686
住所:Via Statuti Marittimi 102, 76125 Trani

大きな地図で見る
 

【アルベロベッロ (Alberobello) の風景】
(☞ アルベロベッロのトゥルッリ(wiki)Google Map

▲左:トゥルッロ[trullo](複数形:トゥルッリ[trulli])は何カ所かで固まってある  右:街の象徴?


▲観光客ルートの標識沿いは、真白く外壁を塗ってあってキレイ


▲左:ミニチュア版(売り物?)  右:少し外れると白いペイントが汚れてくる


▲標識のある観光客ルートを外れると、だんだん黒っぽくなってきた


▲左:ここまで黒いと完全に印象が変わる  右:周辺10Km圏でもトゥルッロは見られる
 

【モノーポリ (Monopoli) の風景】(☞ Google Map


 

【トラーニ (Trani) の風景】


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペインの古城ホテル:パラドール トルトーサ(Parador de Tortosa)

訪問:2014/2/9~10 (Room Type: Twin with Canopy/Hydromassage(No.214)、2食付 €209/2人)
評価:総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆
宿泊:総合4.0、予約個室4.0、建物全体4.0、サービス3.5、CP4.0

Parador de Tortosa
Parador de Tortosa

【インデックス】
直営レストラン「Restaurante Parador de Tortosa」のディナー
朝食の紹介(€16.00もする!)
泊まった部屋と城の内部写真
外観と周辺の風景
[参考] 宿泊した欧州の古城・シャトーホテル一覧
[参考] 訪問したパラドール一覧

ポルトガルのポザーダ(Pousada)と違って、スペインのパラドールは歴史的建造物を使わない普通のホテルタイプのものもたくさんある。例えば、前日泊まった Parador de Benicarló は、完全に普通のリゾートホテルだ。

今日の宿は、我が家の定番とも言える古城タイプのパラドールだ。といっても、実際は城の跡地に城の面影を残すように新たに建てられた建物で、「古城ホテル」という表現は正しくない。
しかし、スダ城(Castell de la Suda/トルトサ城(Castell de Tortosa)との表記もあり ☞ こちら)の広大な土地に建つ建物はパラドールだけなので、広義の古城ホテルという分類でも良いだろう。
実際、パラドール公式サイトでは「城」のカテゴリに含まれている。
 
ラウンジ ウエルカムドリンク

パラドールは、事前に会員登録して公式サイトから予約すると、無料のウエルカムドリンクが付く。
前日のベニカルロと同様に、広々としたラウンジでいただけるのだが、おつまみが自動的にセットされるところも同じだった。(☞ ラウンジメニュー

一般のスペインバルと同様にタパスなども用意されているので、早く着いた場合は別途タパスを頼んでも良さそうだ。なにしろスペインのディナーは早い店でも夜8時開始なので、ランチを遅い時間に取っていないとお腹が持たない。

店内の雰囲気 テーブルセッティング

今回は2食付で予約したが、ディナーは EL MENÚ DEL PARADOR(€29.00) と同じもの。前菜(8択)・メイン(6択)・デザート(8択)を自由に選ぶプリフィックスコースだ。
珈琲(€1.90)は別料金だが、ボトル水は無料だった。
他に、アラカルト(前菜€12~25.50、メイン€15~21)と、2人からという制約付だが €23 の安いコースも存在する。

朝食付の宿泊代で比較するとポルトガルのポザーダよりも高めという印象だったが、ディナー価格はむしろ安めな印象。物価はポルトガルの方が安いので、パラドールの宿泊は意外とリーズナブルなんだと思ってしまった。

パン アミューズ

パンは、ポルトガルのものと違って馴染みのある味わい。
アミューズは、スペインオムレツを串に刺したものと、前夜と同じアーティチョークの冷製スープ。同じものが出てしまうと、シェフの水準差がよく分かる。

Milhojas con Foie de Pato
Milhojas con Foie de Pato, Setas, Cebolla Confitada y Manzana Caramelizada(€16.50/単品)
Millefeuille with Foie Gras, Mushrooms, Confit Onions and Caramelized Apple


前菜から家内が選んだのは、やっぱりフォアグラ。(笑)
普通に美味しいそうだが、フォアグラはサイコロ大のものが少しだけ。

野菜のミルフィーユの断面

それよりも、味見した周りの部分(というか本体の大部分を占める野菜ときのこ)が独特。
キノコのソテーにカラメリゼしたような甘い玉ねぎが加わって、なんとも不思議な味わい。
完成した味とは言えないものの、こういった料理は好きだ。

Escalibada Templada 温製野菜部分
Escalibada Templada con Ahumados(€16.50/単品)
(Hortalizas Asadas: Pimiento, Cebolla, Berenjena y Tomate con Pescados Ahumados)

Tepid of Roasted Vegetables Salad with Smoked Cod and Salmon (Regional Cuisine)


私は、郷土料理と記されていたタラとサーモンが付いた温製サラダ。(カメラの限界か、何度撮ってもピントが合わず、大きな写真での紹介は断念)
机の上に置いてあるオリーブオイルをかけていただくとのこと。
魚の上に粒塩をかけてあるので、ややしょっぱい。塩もお好みにしてくれればいいのに・・

皿の右側に見える赤い球状の物は、皮むきトマト丸1個!
中央の料理も赤かったのでトマトかと思ったのだが、ソテーした巨大パプリカのマリネだった。
中には、やはり巨大な茄子のソテーが隠れている。美味しいねぇ。(っていうか、私の大好物!)

Arroz 'Costa del Ebro' Paella
Arroz "Costa del Ebro" Paella de Sepia y Gambas(€31.00/2人前)
Rice "Costa del Ebro" Sepia and Shrimp Paella (Regional Cuisine)


メインは、ちゃんとした店でもパエリアを食べてみようという事で、2人前から注文可能なパエリアにした。

皿に取り分けてくれたパエリア

ワゴンで皿と鍋を席まで運び、目の前で鍋の半分ほどの量を皿に取り分けてくれる。
全体の4分の1の量である盛りつけられた皿の量は、見ての通り。当地の2人前は日本の3~4人前の量なので、ボリュームたっぷりなのだ。
普通の方なら、これ1品で足りてしまう。

鍋の焦げ具合

半分ほど残った鍋はテーブルに置いてくれるので、各自の腹の状態で分けることが可能。
お味の方は、やや味付けが濃いものの、海老の出汁がたっぷりで、サフランの香りもしっかり。

さすが真っ当なレストランとあって、まずまずの美味しさだったが、具材の少なさという面では寂しい感じ。
小海老、タコ、マテ貝かなにかの貝類が少し入っているだけで、ムール貝とかアサリはなし。
特に日本では確実に入っているアサリ、当地3か所で食べた海鮮パエリアのいずれにも入っていなかった。

Crema Catalana Quemada al Caramelo
Crema Catalana Quemada al Caramelo(€5.00/単品)
Catalan Cream with Burned Sugar


食後のデザートだが、家内は Traditional And Festive に分類されていた、定番中の定番であるカタラーナをチョイス。「Quemada」は焼くという意味だ。

味見ベースだが、変な香辛料が入っていて、ちょっといただけない。
この店だけのアレンジなのか、スペイン全土で見られる味なのか分からないが、過去の経験は無いので微妙。
半分残していたのだが、私もパス。

Pastissets de Tortosa
Pastissets de Tortosa y Garrofetas del Papa con Copa de Mistela(€6.00/単品)
Little Tortosa Pastries with glass of Dessert Wine


私は、The Speciality にあった、トルトーサのお菓子。
これまた激マズの部類で半分以上残してしまったが、手前の砂糖をまぶした揚げクッキーみたいなものだけは、食べれた。黄色い柔らかクッキーは、ジャムなどで甘さを補わないと無理だ。

※メニュー:コース(英語版)アラカルト(英語版)デザート(英語版)ドリンク(英語版)
 

続いて、朝食の内容も紹介しておこう。会場は、レストランやラウンジとは違って朝食専用のスペース。
宿泊者専用なので、レストランとしての評価対象には加えていない。

朝食会場 ハムとアンチョビ
チーズとトマト オムレツとソーセージ類

ポザーダと違って、ほとんどのパラドールはルームチャージのみで予約を受け付けているので、朝食を食べるか食べないかは自由なのだ。物価の安いスペインで1人 €16~18 もするので、昼を食べる予定のある方は頼まない方が良さそうな気がする。

珈琲類は注文制だが、それ以外はバイキング形式。
以下、元を取るのは難しいものの、たっぷりいただいた皿の紹介をしたいと思う。(写真以外にも追加して食べている)

ハム類

左上から時計まわりに、地元カタルーニャのハムとサラミ3種類(Embutidos Catalanes Butifarra y Bull)、ハモン・イベリコ(Jamón Ibérico)、マルメロチーズ(Queso Fresco con Membrillo)、カタルーニャのチーズ3種から1種(Torio de Quesos Catalanes)、イベリコ豚のサラミ2種(Embutido Ibérico

オムレツとソーセージ、他

左上のチュロス(Churroの複数形)は、甘さが無いのでお菓子ではなく揚げパンの一種とみるべきもの。

アンチョビとトマトオムレツ

以下時計回りに、トマト入りのスペインオムレツ(Tortilla de Verduras)は、柔らかい食感とトマトとの相性抜群で美味しい、オリーブオイル漬けのアンチョビ(Anchoas con su Aceite de Oliva)は、イタリアのものとは違ってアルコール漬けしてある感じで美味、
なんとなくフォアグラ入りの気がしたパテ(Paté Artesano del Parador)だが、ビルバオのビトケ・デ・アルビア(Bitoque de Albia)で食べたピンチョスに乗っていたものと同じ感じ、

米入りの黒いソーセージ

小鍋に入っている上のソーセージ(Salchicha Fresca)と、下の黒い米粒入りのソーセージ(Baldana de Tortosa)も、非常に美味だ。

Tortilla da Patatas

全体的に美味しかったので、あとから追加でいわゆるスペインオムレツ(Tortilla da Patatas)も取ってみた。
トマト入りのものと比べてやや硬めの食感だが、これも旨い。

家内の選択

私は食べなかったが、家内はお菓子系のものをたくさん取ってきた。
チュロスだけは脂っこさもあってイマイチとの評だったのを聞いたが、残りは不明。

以上でおしまいだが、ディナーよりも満足感が高かった。(笑)

今回2食付で予約したのは、2食付にすれば多少は安くなると思った訳だが、実際はパラドールを2食付で予約する必要がない事が判明した。というのも、今回いただいたディナーコースの価格と、2食付で食べた場合の料金差が同じだったからだ。(朝食をオプションで頼むと、ひょっとすると€18.00だったのかもしれないが、それでも2ユーロ差しかない)

2食付で予約してしまうと、万一キャンセル等が発生した場合に食事代の部分まで放棄することになることから、予約の際は食事抜きのレートで予約することをお勧めしたい。(パラドールによっては、朝食付の設定しかない所もある)
3か月後のGWに出かける6軒のパラドールは、朝食付の設定しかない所を除いてすべて部屋のみで予約してあるが、よほどのことが無い限りディナーはパラドールで食べる予定にしている。

【詳細情報】
店名:Parador de Tortosa
電話:977 44 44 50
住所:Castillo de la Zuda, 43500 Tortosa, Tarragona

大きな地図で見る

最終日は、たっぷり食べた朝食の影響で昼抜き。空港ホテルに泊まった夜もスーパーの惣菜にしたので、今回のスペイン旅行記事はこれで終わることから、いつものように今回の旅費をまとめておこう。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
 往復航空券: 123650円(羽田<>フランクフルト<>バルセロナ、15498マイル獲得)
 現地宿泊費: 25523円(€237.48/5泊、うち2食付1泊、朝食付1泊)
 現地交通費:  9941円(€92.50)レンタカー&燃油・高速・駐車場代、鉄道、バス
 飲食雑費等: 13418円(€124.85)施設入場料を含む
 国内交通費:  2020円
 旅費合計:  174552円...2人で35万円(事前購入したユーロ預金の円転で107.47円換算)
 

【泊まった部屋(214号室)と城の内部写真】
さすがに古城を改装したわけではないので、建物内の見どころはほとんど無い。
ただ、古い調度品を使っているなど、雰囲気的には悪くは無かったのも事実だ。






▲左:バスルームは最新ホテルと同じ  右:部屋からの気になった風景(翌朝行ってみたが入れず)


▲左:通路は雰囲気がある  右:エレベーターも手動扉形式


▲宿泊者用の共有空間(ポザーダ Santa Marinha と比べると見劣り)


▲1階のフロント前通路とロビーは広々


▲左:部屋配置図を見ての通り、ぎっしり宿泊者用の部屋を配置  右:ロビーにあった
 

【外観と周辺の風景】

▲左:城の入口ゲート  右:フロントは、建物を抜けるトンネルの中から入る


▲左:フロント&レストラン棟  右:宿泊棟(スタンダードだとこの部屋に収容されるハズ)


▲左:テラスの無い右側の飛びでた部分に「Twin with Canopy/Hydromassage」の部屋がある
 右:大きな塔のある棟は宴会場専用棟みたいで、入ることは出来ず

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>