《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北.國父紀念館駅:アイス・モンスター[ICE MONSTER]④

訪問:[2014/1/26 13:40]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
昨年6月に、「台灣唯一四季提供鮮採芒果」と書かれた立て看板で年中マンゴーが楽しめるとあったことから昨晩出かけてみたら、売り切れ(sold out)と言われてしまった。レジ横に日本語・英語・韓国語で記されていた「無くなり次第販売終了」という張り紙があったので、明日はどうかと聞くと maybe とのこと。つまり、無い日もあるのかもしれない。

日本語版売切御免表示

ということで、九份から戻ってすぐに向かい、マンゴーかき氷があることを確認してから入店。

混雑度は2割程度と、夏の大混雑とは違ってガラガラという印象。一昨年の冬に様子を見た時は、マンゴーが無くても8割程度は埋まっていたので、ブームが去ったのか時間帯の問題か?

新鮮芒果綿花甜
新鮮芒果綿花甜(NT$250≒880円)

年中食べられるマンゴーかき氷は、新鮮芒果綿花甜の1品だけで、価格も冬季割増になっている。

さて、出てきた皿を見て愕然というか、まったく違うものが出てきた。
楽しみのマンゴーが極端に少ないのだ。(前回訪問の写真と比較してほしい)
表面に見えているマンゴーは3個だけ。

中のマンゴーはもっと少ない

見た目は少なくても底にタップリ入っていることを知っているので、かき氷を食べ進んでみた結果がこの写真。
あまりの少なさにガッカリを通り過ぎてしまった。こんなマンゴーかき氷なら、出さなければ良いのに。

オフシーズンに評判を聞いて初めて来た客は、なんだ台湾のマンゴーってこの程度なのかと思うコト間違いなしだ。台湾のイメージダウンにもつながる行為と思える。
いくら、年中食べたいというニーズがあっても、これだけ違う物を客は望んでいないはずだ。いったい、店主の素晴らしかったポリシーはどこに行ってしまったのだろうか。残念。

ただし、マンゴーは非冷凍ものと思われるものを使っている点(台湾産では無いはず)は評価できる。いや、台湾マンゴーを目当てにしている客から見れば、評価できないか。あまり美味しくなかったし・・

この後、元々冷凍品で年中マンゴーかき氷を出していた 芒果恰恰冰館 SOGO復興店 にも家内を連れて行ったのだが、冷凍物を解凍したものとはいえ、台湾産愛文芒果を使っているだけあってマシなような気がした。
でも、家内も私も、かき氷の美味しさではアイス・モンスターの方が断然上だと一致したので、採点は1ランクダウンに留めておきたいと思う。(マイ5つ星店の称号は剥奪した)

そうそう、サービスかき氷も出なかった。

【店舗詳細情報】
店名:ICE MONSTER
電話:(02)8771-3263
営業:10:30~23:30(無休)
住所:台北市忠孝東路四段297號

大きな地図で見る

※過去の訪問
☞ ①2012/8/4 10:35
☞ ②2012/11/3 14:35
☞ ③2013/6/8 22:15

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

【閉店?】台湾/九份:阿英紅糟肉圓

※2017/3/12夜、隣の金枝紅糟肉圓で食べたものの、この店の姿が目に入らず。単にお休みだった??
 黄色い看板で目立つ店だし日曜日の夕方にお休みというのも不自然なので、閉店したのかもしれない。

訪問:[2014/1/26 11:20]
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
この店もメインストリートの基山街を歩いていて気になった店。
もうひとつの九份名物である紅糟肉圓を食べさせてくれる店だ。

外観 店頭

通常なら黄色い看板でアピールする店はロクなことが無いので避けるのだが、店頭で黙々と肉圓を作っていた店員の多さと製造量から店の勢いを感じた点が、原則に反した選択をした理由。

店頭で作られる紅糟肉圓 店内

肉圓は、台湾夜市ではどこでも見られる屋台料理だが、この紅糟肉圓というのは、初めて見た。ちょっと調べてみると、紅糟とは、紅麹の酒粕を使った調味料を指すようだ。(注文伝票では紅麹と記載されていた)

店内入口横に日本語で紅麹の説明が掲示されていて、それによると「紅麹はご飯に紅麹菌を接種し、繁殖及び発酵により得た赤色の米麹であり、・・」と記されている。

注文した3品

お願いしたのは、上の3品。(合計 NT$125≒440円
代金は注文伝票と共に注文時に支払う。

紅麹肉圓
紅麹肉圓(NT$45≒160円)

まずは、看板メニューの紅麹肉圓
肉圓は、台南名物の蝦仁肉圓を、基隆の台南府城清蒸蝦仁肉圓と、台北永康街の府城台南美食で食べただけだが、それとは形状も皮の透明度もまったく違う。

紅麹肉圓の中身は柔らかい幼筍

中身はと言うと、柔らかい幼筍がたっぷり。品名の紅麹肉は少しだけだが、この幼筍が抜群に美味しい。
味付けも、日本で食べた記憶は無いものの(無意識で食べているかも?)台湾料理よりは日本的な味で、紅麹って美味しいものだという発見があった。台湾臭がどうも苦手な家内にも好評。


紅麹魯肉飯(NT$35≒120円)

台湾といえば、マンゴーと魯肉飯だと思っている私は、こちらの紅麹版の魯肉飯の期待は大きかった。
見た目は挽肉ベースで、魯肉飯だったら否定したくなるものだったが、これが美味しい。紅麹の威力大だ。
肉も、この価格設定にしては十分な量があり、個人的にはこれが1番だった。

紅麹米糕
紅麹米糕(NT$45≒160円)

昨年高雄の哈瑪星黒旗魚丸大王で初めて食べた米糕の印象が良かったので、紅麹版の米糕も注文。
こちらは、高雄の白米ベースと違って、紅麹で味付けしたもち米ベースという感じのもので、やはり美味しい。
家内は、これが1番良かったとのこと。

ということで、予想外に気に入ってしまったので隣も試したくなった訳だが、さすがにホテルの朝食も食べていたので無理。いずれ九份の他の店も食べ歩きに来ようと誓って、台北に戻ることにした。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:阿英紅糟肉圓
電話:02-2496-9945
営業:09:00~20:00
住所:新北市瑞芳區基山街114號

大きな地図で見る
レストランカード レストランカード

※参考:
新北市觀光旅遊網 - 美食地圖
訪問した台湾のレストラン レビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/九份:賴阿婆芋圓

訪問:[2014/1/26 11:00]
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
店頭 メニュー

九份老街のバス停からメインストリート(基山街)を歩いている途中で混雑していたこの店を見ていたのだが、競争原理の働きにくい立地の店に良い店無し、という判断基準を持っていたのでパスしていた。

しかし、阿柑姨芋圓で、九份の芋圓が美味しいことを知ってしまったので、比較しなければ店が良かったのか芋圓が良かったのか判断できないと思い、戻ってきた。
こういった時は、一人旅よりも家内といっしょに出かけた方が数多く試すことが出来るので助かる。

隣の飲食スペース 製造工場は売店の横
▲左:飲食スペース  右:芋圓の製造場所を見せている

店頭メニューでは3種類掲示されていたが、40元を差し出すと何も聞かずにミックスを出してきた。
というか、ミックス芋圓が入った大きなボウルしか無かったので、それしか用意していない雰囲気。

トッピングの豆は、器の底に事前に敷いてある。
注文を受けてから作るのではなく、機械生産のようなアプローチだ。

冷たい芋圓
芋圓(Cold/Mix)(NT$40≒140円)

有無を言わさず出てきたのと、メニュー上にミックスに該当するものが無い事から正式名称は不明だが、阿柑姨芋圓で食べたものと同じもののはず。

ビジュアル面で完全に負けていたので、期待しないでいただいてみたのだが、裏切ることは無かった。不味い。

芋圓3種

メインとなるべき芋圓は、どれも味が無い。
芋らしさも無く、単なる団子だ。餅粉類の方が多いのではないかという感じ。
特に黄色い薩摩芋の芋圓は、Sweet Potato感ゼロで、着色しただけという代物だった。芋粉ではなく、安く売っている薩摩芋スターチ(蕃薯粉)を使っているのだろう。食感も悪いので、原材料の問題だけでなく製法の問題も大きそうだ。

底に敷かれていた豆の量も阿柑姨芋圓の半分程度で、なぜ日本語表記で「ぜんざい」なのか不思議に思うほど。
シロップ側も見た目通り氷が融けて水分だらけとなっているためか、程よい甘さではなく味が薄くて飲めたものでは無い。もちろん、この部分でも「ぜんざい」ではなく、単なる少し甘い氷水だ。(温かいものを選んでも成分が変わるわけではないので、結果は同じはず)

ここまで差が出るとは想定外だったが、味は悪いし、店の雰囲気もメインストリート側全開で落ち着かず、眺めも楽しめず、良いこと無しの店だった。
即座に口直しをしたくなり、気になっていた斜め前にある「阿英紅糟肉圓」に直行した。

【店舗詳細情報】
店名:賴阿婆芋圓
電話:02-2497-5245
営業:09:00~18:00
住所:新北市瑞芳区九份基山街143號

大きな地図で見る

訪問した台湾のレストラン レビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>