《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ミニ情報:ハンガリーのパプリカ粉8種類を比較してみた(自宅土産の紹介)

当ブログでお土産の紹介をした事は、レストラン記事の後ろに追加する形で過去2~3回しか無いはずだが、ハンガリー名物のグヤーシュをはじめ、本当に色々な料理にパプリカが使われている事を実感し、2か所のスーパーで5社8種類ものパプリカ粉を自宅用に買ってしまった。(総額2468Ft≒1150円)
せっかくなので、ここに味比べ記事を紹介したいと思う。(全種試すのに1カ月半もかかってしまった)

どこの店でもブランドごとに「ÉDESNEMES」と「CSEMEGE」の2種類のパプリカ粉を置いていたので、両方を購入した3ブランドとその他2品目を、グヤーシュにした場合と、白金のパプリカドットフ(Paprika.hu)で言う「ハンガリー風ライス」(単に御飯にパプリカ粉を掛けただけのものなので、以下「パプリカ御飯」と記す)にして比較してみた。
グヤーシュは、現地で購入したマギーのグヤーシュの素を使っている。

← 左:399Ft≒185円/75g(単価:532Ft/100g)
← 右:429Ft≒200円/75g(単価:572Ft/100g)

まずは、ブダペストの南150Kmに位置するカロチャ(Kalocsa)にある会社の製品だ。
あちこちにあるミニスーパー「SPAR」で買ったものだが、これ以外はすべて「TESCO」で調達している。

「SPAR」で取り扱っていることから旅行者でも簡単に入手できるブランドになるが、これがなかなかの曲者だった。


▲こんな感じで瓶に入れ替えたラベルと共に撮影した。(以下の写真ではラベル部分はカットした)

「ÉDESNEMES」の方は粒子が粗い感じで舌触りに残る印象。煮込み料理には向かないと思う。
反面、「CSEMEGE」は粒子が細かいのか、見事にスープに溶け込んだ。味わいもまろやかな印象で、煮物に入れるなら「CSEMEGE」の方が良いという印象だ。


▲ CSEMEGE


▲ ÉDESNEMES

実は、最初にグヤーシュを8種類作って食べ比べたのだが、同時に8種類作って比較すればそれなりに差が分かったのだろうが、結果的には差が出たと感じられたのは、今回の「ÉDESNEMES」の舌触りと、後で出てくるピリ辛タイプの味だけだったのだ。

そこで、グヤーシュでの比較を終えてから、急遽パプリカ御飯での比較もやってみることにした。
同じタイミングで同じブランドの2種類を同時に比較するというアプローチで食べ比べてみたが、他のブランドとの比較は出来ないものの、同じブランド間でも明確な違いが出たり出なかったり。

このブランドでは、やはり「ÉDESNEMES」の方は舌触りが悪いものの、味わい的には「CSEMEGE」の方が苦味のある主張が多少強い印象。ただ、パプリカ御飯に塩を加えていただいても、美味しいものではない。



ということで、パプリカ御飯の比較で残った分に、11月にフランスで買ってきたエシレバターを加えて「パプリカバター御飯」にしての食べ比べもやってみた。(すべて、上の写真のように赤いごはんになる)

おもしろい事に、この段階で差が出たブランドもあれば、逆に「パプリカ御飯」ほどの差が見いだされなかった事もあったので、ハンガリーのパプリカ粉の奥の深いところも知ることが出来た。つまり、何らかの主張があったパプリカ粉は意識して購入する必要があるが、それ以外はどれも同じようなものという解釈が成り立つと思う。

少なくとも、このブランドに関しては「ÉDESNEMES」側に良い面が見えてこなかったので、少し高いが「CSEMEGE」を購入することをお勧めしたい。



← 左:379Ft≒175円/100g
← 右:399Ft≒185円/100g

次は、ブダペスト16区のすぐお隣り、Kistarcsa という街にある会社の製品。
今回購入したハンガリー産のパプリカ粉の中では最も安価で、お味の方もダメだろうという予想だった。

しかしながら「ÉDESNEMES」のざらつき感はなく、意外に良い感じだ。


▲左:CSEMEGE  右:ÉDESNEMES

袋の写真を見ると辛そうな唐辛子に見えるが、辛さはまったくなく、パプリカ独特の旨味だけだ。
とはいえ、グヤーシュでは両者の差が見いだせなかったので、パプリカ御飯で比較してみたが・・


▲ CSEMEGE


▲ ÉDESNEMES

どうしたものか、パプリカ御飯にしてみても、パプリカバターライスにしてみても、その差は僅か。
微妙に CSEMEGE側に酸味を感じたが、誤差の範囲だった。
このブランドを使い分けている方は、いったい何を基準にしているのだろう?

ある意味オーソドックスなパプリカ粉なので、土産には良いブランドと言えるかもしれない。



左:135Ft≒60円/50g(単価:270Ft/100g)→
右:219Ft≒100円/50g(単価:438Ft/100g)→

こちらはブダペストの南東200Km、ルーマニア国境に近い「ベーケーシュチャバ(Békéscsaba)」にある会社の製造。

「ÉDESNEMES」の単価が極端に安いが、特売価格。「CSEMEGE」で比較すれば上のパプリカと同水準になるが、パッケージが小さいので実際の単価は、上のものよりも少し安いことになる。


▲左:CSEMEGE  右:ÉDESNEMES

これは、味わい的に違いが良く出ていた。
まずはグヤーシュでの感想だが、「CSEMEGE」は甘みのあるまろやかな味わいで、ざらつき感も無かったが、「ÉDESNEMES」は苦味を感じるものでざらつき感も多少ある。
特に味わいという意味では、「CSEMEGE」に軍配が上がった。

ちなみに、粉を直接舐めた感じではそれほど差を感じなかったので、意外な結果だった。
見た目では、「ÉDESNEMES」は少ししっとりした感じで色も濃いが、「CSEMEGE」はサラサラで色も少し薄い感じ。


▲ CSEMEGE


▲ ÉDESNEMES

さらに驚きだったのが、パプリカ御飯での味わい。
直接粉を舐めた際の ÉDESNEMES側の苦味が、パプリカ御飯では酸味に変わってしまったのだ。
特にパプリカバターライスでいただいた際には、その酸味がさらに強調されてまったく違った味わいになった。

このブランドの粉に関しては、他のブランドと違って料理に独自の味を出してくれることになるだろう。特に、ÉDESNEMESに関しては面白い使い方が出来そうな気がした。
個人的には一番気に入ったブランドとなったが、なぜか量目が少ないパックを買っていたのはショックだ。



← 259Ft≒120円/50g(単価:518Ft/100g)

次は、ちょっと表記が違ったものをチョイス。「Csípős」という接頭語が付いている「CSEMEGE」だ。
「Csípős」は辛いという意味なので、辛口の「CSEMEGE」という意味になる。舐めてみると、確かに辛い。

製造はブダペストの南200Kmにあるセルビア国境に隣接するセゲド(Szeged)という街にある会社。
グラム単価が一番高いのは小袋だからかもしれないが、袋に開閉自由のチャックが付いているので高級ブランドなのかも?

ここまで試した3ブランド6品目は、まったく辛くなかったが、こちらは当然ながら辛いグヤーシュとなった。
分量は300ccの水に対して小さじ大盛り2杯で比較していたが、一味唐辛子ほどではないものの入れすぎた感じ。どちらかというと、パプリカ粉ではなくチリパウダーという感じだ。
当然用途は限られてくると思うが、スパイシーな料理には良いかと思うものの、グヤーシュには向かないと思う。


                          249Ft≒115円/100g →

パプリカ御飯の比較は後回しにして、グヤーシュ比較の最後は「TESCO」のオリジナルブランド。
もちろん他の半額程度と一番安いが、ハンガリー産のものではないと思う。(他のものはハンガリー産であることが明記されている)

ここまで同じ条件でグヤーシュを作って食べているが、まったく別物と考えてよいだろう。
日本のスーパーのプライベートブランドと同様に、安かろう悪かろうだ。
味にこだわりの無い向きが購入するものと考えたい。

ところで、4年前にスペインでも缶入りのパプリカ粉(Ducros Pimentón dulce)を買っている。賞味期限がとっくに過ぎているのだが、缶入りということでまだ捨てずに温存していた。

これを使って同じようにグヤーシュを作ってみたが、これまたまったく違う味になった。やはり、グヤーシュにはハンガリー産のパプリカ「CSEMEGE」で作らなければ美味しくないみたいだ。


▲左:Csípős CSEMEGE  中央:スペイン産  右:TESCOの安物

もちろん最後の3品目も、パプリカ御飯で比較してみた。
御飯が炊き立てではないので、その分の差異が出てしまっているかもしれないが、最初の3ブランドと異なり、どれも特徴のあるお味だ。見た目もまったく違うという点でも面白い。


▲ Csípős CSEMEGE

まずは、ハンガリー産の辛いパプリカ粉。
やはり、パプリカの味わいよりも先に唐辛子的な辛さが来てしまい、大辛が苦手な私には評価不能。


▲ TESCOのプライベートブランド品

次は、非ハンガリー産と思われる TESCOのプライベートブランド品。
期待通り(?)、見事にハンガリー産のパプリカ粉とはまったく異なる味になってしまった。
味になったというよりは、味が無いというのが正解かもしれない。何の粉なんだろうといった感じだ。

それに、ざらついた食感もすこぶる悪い。これは買ってはいけない商品だ。日本でもプライベートブランドのほとんどが、原価の安い得体の知れない材料(安さを求めるので、調達先が都度変わるという意味)と、技術の裏付けのない製法で作っているのだから、当たり前の結果だ。


▲スペイン産のパプリカ粉

最後はスペイン産。これだけは、粉から焼け焦げたような臭いがしてきた。
缶入りとはいえ、製造から4年以上経過しているので、それが影響しているのかもしれないが、来年2月にスペインに行った際に買ってこようと思っているので、それで再確認したい。

で、これまたハンガリー産とは違って、パプリカとは違った変な味がする。(賞味期限大幅超過の問題かも?)
ハンガリー産のものは赤い色素が米に広がっていく感じになるが、こちらは色の広がりも見られない。ハンガリー産ではケチャップライスもどきが作れるが、こちらでは色が出にくいので厳しそうだ。

ということで、かなり労力をかけた割には内容の無いレポートになってしまったが、最後に要点をまとめておきたいと思う。

●どのブランドでも「ÉDESNEMES」よりも「CSEMEGE」の方が5~10%ほど高いものの、安定して良い味を出していることから、買うなら「CSEMEGE」をお勧めしたい。

●あちこちで見られるスーパー「SPAR」に置いてあるカロチャ(Kalocsa)産のものは、あまりお勧めできない。

●ブランドによってかなり特徴があるので、下手に外国人向けの土産物屋で買うと、思わぬ味に出くわす可能性が高いと思われる。(あるいは、Kistarcsa産のように無難な味なのかもしれないが、それなら最安値品と同じことになってしまい、つまらないと思う)

●ハンガリー産のものは、ケチャップライスのように赤く染まるので、糖分を控えたい方向けのチキンライスといった着色料的な使い方が出来ると思う。もちろん、色々なものを赤く染める効果(?)もあるので、取扱いにも気を付けたい。(台所のあちこち赤くしてしまい、家内に怒られてしまった)

●現地では500グラム入りとか普通に売っているほど大量に使うようなので、使うときは気前よく使いたい。
炒飯系なら1合に小さじ山盛り1杯ぐらい入れる感じだ。

初の試みとして気合を入れて作業にかかった当記事も、企画倒れで終わってしまったことから、今後は Google+ の投稿写真だけにしたいと思う。(とりあえず、11月のフランス旅行の土産写真を登録してみた)

テーマ : お土産
ジャンル : 旅行

フランス/アミアン(Amiens):Le Bouchon

訪問:[2013/11/4 13:30] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
帰国日の4日目は、前日暗い時間帯しか見ていないリールの街並みを見てからパリに向かって南下し、ピカルディ地域圏の中心であるアミアンの街にやってきた。
ここには、世界遺産に指定されている巨大なアミアン大聖堂があるとのこと。

街歩きの前に、グリーンガイドでマークしていた店でランチ。店名の「ブッション」はリヨン名物のフランス食堂を意味するので、リヨンのブッションで食べ歩いたことを思い出しながらいただこうという企みだ。(☞ こちら

店内 テーブルセッティング

最初にアラカルトだけ提示されたが、思ったより良いお値段。リヨンのブッションは、本当に食堂という感じだったが、こちらは高級店らしい雰囲気があるのだから仕方ない。
ムニュ(Menu)で食べたいと言って、コースメニューを出していただいた。

ランチのコースは、前菜(4択)、メイン(3択)、チーズ、デザート(4択)の4皿コース「Les feuilles mortes(€28.00)」だけのようだ。リヨンのブッションの4皿コースよりは少し高めだが、食堂格ではないので仕方ないか。

アミューズ パン

まずは、メニューに記されていないアミューズから。
人参のピュレという説明だったが、天然の甘さでは無く強調した甘さのあるお味。悪くは無い。

bisque d'ètrilles
La bisque d'ètrilles, petits croustons beurrès

メインに重い料理を頼むことから、前菜からは軽めで大好物のビスク、すなわち甲殻類のスープをお願いした。

これ、埼玉フレンチで出てくる店は滅多に無いし、材料費がかかるので自宅で作る(注:家内が作ってくれるという意味)ことも稀なので、これだけ安い価格のコースでいただけるとはありがたい。

ビスクだけをアップで

運ばれてきた時の甲殻類特有の香りはもちろん、見ての通り濃厚なスープ。
でも、価格が安い分だけ雑味も気になったのは事実だ。それでも、我が家のように素人が選べない材料で作ったものよりははるかに上等。十分満足した。

Les rognons de veau à la crème
Les rognons de veau à la crème

メインからは、リヨンのブッションらしい内臓肉料理であるロニョン(腎臓)を選んだ。

付け合せのポテトは別鍋で

付け合せは、別皿ならぬ別鍋でクリームたっぷりの山盛りポテト。

ロニョンはリヨン料理が出てくることが多い、愛用している鳩ヶ谷の舟津亭でいただいたことがあるが、その時は豚の腎臓。こちらのは、仔牛の腎臓だ。

不思議なことに、豚の腎臓はレバーサイズでレバーのような形をしていたが、こちらはそれよりも小型で腎臓から直結しているアレを思い起こすような形状。(生の仔牛の腎臓を見たことが無いので、微妙な表現はご容赦)
ちょっと酸味の効いた濃厚クリームソースとの相性も抜群だし、内臓肉らしい臭味が無いわけではないが、意外と素直に受け入れられるお味で、量はあったものの完食。ソースも美味しいので、残さずいただいた。

L'Assiette de Fromages
L'Assiette de Fromages

チーズプレートは3種盛りで出てきた。
ハード1種に山羊と牛のソフトタイプが2種。味わいの異なる3種のチーズという組み合わせを、この価格で出して来るとは素晴らしい。

デザート

デザートは、Le parfait caramel pommes confites en millefeuille を頼んだつもりだったが、発音が悪かったからか、恐らく Notre poire belle Hélène が出てきてしまった。
口頭注文ではなく、指差注文でお願いすべきだった。

デザート本体をアップ

洋梨のコンポートを形状を保ったまま薄くスライスして、たっぷりのチョコレートソースをかけてある。
反対側は、たぶんピスタチオのアイスクリーム。
ちょっとチョコレートが安っぽい味だったが、アイスクリームの良さでカバー。

お会計Le Bouchon

以上に、お決まりのダイエットコークを付けて(実は、フランスではダイエットコークでは無くガス入り水が定番だったのだが、忘れていた・・)お会計は32ユーロ

ちょっとランチとしては高めだが、今回の旅の最後の食事で満足度の高い料理が出てきたので良しとしたい。


※メニュー:ランチコースアラカルト





【詳細情報】
店名:Le Bouchon
電話:03 22 92 14 32
住所:410 rue Alexandre Fatton, 80000 AMIENS

大きな地図で見る

これで、恒例の3泊5日のフランス旅行はおしまいなので、旅の費用をまとめておこう。

最近はオフシーズンとオンシーズンの航空運賃の差が小さくなってしまい、この時期にしてはかなり高くついてしまったというのが実感だ。
来年の8月中旬にもパリ往復の航空券を確保しているが、その差は5万円。であれば、1週間休暇が取りやすい夏休みに2回行って、3泊5日の長距離弾丸旅行を減らした方が良いではないかと思いはじめている。特に来年3月まではANAのボーナスマイルが100%(搭乗マイルの200%)と大きいが、それ以降は半分になるし、再来年4月以降は現在の2割に減ってしまいANAの縛りが実質なくなるので、もっとコストを抑えて効率の良い旅行計画を立てようと思っている。

■今回の旅の費用
 往復航空券: 116610円(成田<>パリ、18582マイル獲得)
 現地宿泊費: 19979円(EUR185.90/3泊、すべて素泊まり)
 現地交通費: 26756円(EUR248.96)レンタカー・燃油・高速・駐車場
 飲食雑費等: 19363円(EUR180.17)
 国内交通費:  2760円
 旅費合計:  185468円(EURは事前購入したユーロ預金の円転で107.47円換算)
 
フランスのレストラン レビュー&各地の風景一覧
 

アミアン(Amiens/ピカルディ)の風景】(☞ 公式サイトwiki





▲世界遺産:ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame d'Amiens/アミアン大聖堂)


▲左:外観だけは斬新なアミアン駅  右:駅前メインストリート


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/リール(Lille): Le Napoleon

訪問:[2013/11/3 20:00]
評価点:総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★☆☆☆
この日は、ベルギー国境に近いノール=パ・ド・カレー(Nord-Pas-de-Calais)地域圏の中心地、リール(Lille)の Suite Novotel を確保。TGVやタリス(Thalys)、ユーロスター(Eurostar)といった国際高速列車のゲートウエイ駅でもあるリール・ユーロップ駅(Gare de Lille-Europe)の駅前立地だが、直前割引で €64.50と破格だったのだ。
駅の駐車場代が €21もするが、そこは500m離れた場所の路地の路駐(チケット方式)で €0.50で抑えた。欧州では夜間や休日が無料になることが多いので、翌日の有料時間帯からカウントしたチケットを発行してくれることが多いのだ。街の中心に近いほど日中の確保は難しいが、夜間であれば空いているのが普通。(国によっては休日にコインを受け付けないタイプもあるので注意。イタリアのモデナやルクセンブルクがダメだった記憶がある)

せっかくなので、リールに隣接するベルギー最古の街だというトゥルネー(Tournai)にも寄ってきたのだが、ベルギーではフランスと違って日曜日でも街のスーパー(カルフールのミニ店舗)も開いているし、レストランも営業していた。雨が強かったこともあり、ベルギー側で夕食を取るという発想が出てこなかったが、結果的には失敗したようだ。

外観 店内

リールに着いてから、街歩きを兼ねてグリーンガイド掲載店で休業日が明記されていなかった店を2軒ほど出向いてみたが、やはりお休み。観光の中心となるジェネラル・ド・ゴール広場(Place du Général de Gaulle / Grand Place)や、リール・フランドル[Lille Flandres]駅前のブラッセリーぐらいしか開いていないので、あきらめて駅前の店に入ってみたが、予想以上にどうしようもない店だった。
グリーンガイド掲載店で私が標準(★3つ)と採点した店であっても、いかに真っ当な店であるかを証明したようなものだ。

お願いしたのは、当地の郷土料理のコース「Découverte du Nord(€21.90)
前菜(3択)、メイン(6択)、デザート(2択)の、いわゆる3皿コース(ムニュ)だ。

Terrine du nord
Terrine du nord

まずは、前菜。もちろん当地を表す「Nord」の文字の入ったテリーヌを選択した。

テリーヌというよりはパテ・ド・カンパーニュの類だったが、不味くは無いもののマルシェに並んでいる市販品風。
サラダのドレッシングが強いマスタード味だったので、それを付けていただいた方が良い感じになった。

チーズは、日本で普通に売っているチーズのようで美味しくない。
こんなチーズだけを食べていたら、未だにフランスのチーズにハマることは無かったはずだ。

パン フレンチフライ

パンは、フランスとは思えないほど激マズ。日本の大手製パンメーカーの袋詰めみたいな味だ。
フレンチフライ(ピンボケ失礼)は、メイン側に付いたものだが、こちらも美味しくは無い。

Poêlon de moules
Poêlon de moules

メインは、大好物のムール貝をチョイス。
何もフランスまで来てムール貝をメインに選ぶ必要は無いだろうと思うだろうが、この日は日曜日。真っ当なレストランが開いていないので、真っ当なフランス料理を食べることは出来ないならと、お隣のベルギーで食べた冬場のムール貝を思い出そうと。

出てきたものは、ブリュッセルの シェ・レオン を上回るボリュームだったが、鍋蓋を開けてみると茹ですぎで貝のタンパク質が表面にこびりついている状態。

殻の山 鍋底のスープも激マズ

単に茹ですぎというだけでなく、大きさはまちまちで可食部の無いものが半分近い。
それでも、101個(暇にも数えてしまった!)もあった貝を食べきって、シェ・リオンで食べた時のように底に溜まったスープを楽しもうとパンに付けて食べてみたら、こちらも激マズ! よくもこんな料理を出せるものだと感心した。
しかも、食べ終わった後に Did you enjoy it? なんて聞いてくるんだから、フランスでも普通の店では、このレベルで通用するのかと呆れてしまったという訳だ。

Café gourmand
Café gourmand

デザートは、今年のGW旅行でカルカソンヌの Comte Roger で知ったカフェ・グルマン。日本流に言えば、珈琲付のデザート盛り合わせだ。(注:フランスではコースでも食後の珈琲は別料金が普通)
見るからにボリュームだけのガサツな盛り合わせで、女性なら拒否したくなるような皿が出てきた。

この店、カウンターにはベルギーのビールを並べてあるので、ベルギー料理の店だったのかもしれないが(あんなムール貝を出すようでは否定したくなるが・・)、ワッフルだけは美味しいわけではないもののベルギー本場ものという感じのする出来だった。
残りのアップルタルトとチョコアイスは、カルフールで大きなパックで安売りされているようなレベルのもので不味い。

お会計 メニュー

【詳細情報】
店名:Le Napoleon
電話:03 20 42 19 69
住所:17 PLACE DE LA GARE, 59800 LILLE

大きな地図で見る
 

リール(Lille/ノール=パ・ド・カレー)の風景】(☞ 公式サイトwiki


▲ジェネラル・ド・ゴール広場(Place du Général de Gaulle / Grand Place)の建造物


▲左:ド・ゴール広場の飲食店街(ここをパスしたのは失敗?)  右:リール・フランドル駅

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>