《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/全日空(ANA):成田(NRT)⇒ロンドン(LHR)

搭乗:[2009/2/6 NH201便] (注:食べログの日記から移植したものです) 《登録日:2013/9/30》
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
ポルトガル&スペイン旅行の往路、またまたビジネスクラスに搭乗することが出来た。
前回(☞ こちら)のサービスの悪さは多少改善されていたが、食事面ではそれほど変わらずというのが今回の印象。



ウエルカムドリンクは無く、離陸後のドリンクとアミューズから開始。



料理の説明も無し。
前菜・メインはメニューに記されているので省略しても良いかもしれないが、アミューズは何も記載は無い。

エコノミークラスならともかく、正規運賃で往復約100万円というビジネスクラスのサービスとしては失格と言って良いだろう。
料理そのものは、なかなか凝った品々で十分楽しめただけに残念だった。



例によって洋食を選んでいる。



前回とパンの種類が変わっていたが、エシレバター、塩胡椒、オリーブオイルの構成は同じ。
この時は、まだ成田発でもエシレバターだったのだ。(現在は不味い国内産バター)

しかし、塩と胡椒の盛り付けが凄すぎ。こんなに使う人って、いるのかしら?
この時は持ち帰り用の小袋を持っていなかったので下げてもらったが、その後ANA便に乗る時には、必ず塩胡椒の持ち帰り用小袋を持参している。捨てるには惜しい塩と胡椒なのだ。

帆立貝とフォアグラのテリーヌ
帆立貝とフォアグラのテリーヌ きのこ風味、シェリービネガーソース フレッシュガーデンサラダとともに

前菜はテリーヌ。
テリーヌの左右に帆立のブロック、下一直線にフォアグラという構成だが、フォアグラがぜんぜん美味しくないし(フォアグラの含有量が少なすぎるマガイ物なのだ)、テリーヌ全体で見てもまったく出来ていない。
こういった料理を出してくる点で、優秀な航空会社との差が出てくるのだろう。

オックステールシチュー
オックステールシチュー アルザスワイン風味 プティオニオンのグラッセ添え

2択のメインは、魚料理にも惹かれたが、こちらを選んで失敗した。
肉とソースが別々になっていたものを合わせた感じで、肉の表面が乾いている上に質的にも悪い。
ソースは典型的なホテルの宴会料理風。旨いわけが無いよな。




次のデザートだが、またもや不味いパフェを無条件に案内してきたので、メニューにあるではないかと「季節の果物」と「チーズ」を要求してしまった。フルーツはつまらないが、チーズは2種類。体を成していた。



食後の珈琲には、小菓子が付く。この時は、2個もらってしまったみたいだ。



中間食は、オーダー形式。
前回と同じ様なものだが、基本的に同じものは選ばない主義なので、角煮丼を選んだようだ。
ビジュアル的には美味しそうだが、食べログ側に乗せなかったところを見ると、大したことは無かったようだ。



朝食はワントレー。もちろん洋食を選んでいる。


パンプキンのクリーミーポタージュ ベーコン添え

スープがメインというのは寂しいが、お味の方は良かった。
恐らく70%以上を南瓜で作ったと思われるほど濃厚な南瓜の味わい。これをクリームで円やかに仕上げてあった。



ただ、全体の魅力という点ではかなり劣るという感じ。
スープがメインなら、サラダもそれなりに出してほしいものだが、見ての通り寂しいのだ。


全日空(ANA)のビジネスクラス機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/エア・カナダ:バンクーバー(YVR)⇒成田(NRT)

搭乗:[2008/9/21 AC003便] (注:食べログの日記から移植したものです) 《登録日:2013/9/29》
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆
ウィニペグからはサスカツーンを経由してバンクーバーへ。この路線はビジネスクラスが無かったので掲載対象外なので、最後のバンクーバーから成田への帰国便での紹介となる。
これも、食べログの日記に書いた情報しか無いので、コメントは日記からのコピペベースとなる。



まずは、バンクーバーのラウンジ食。
優秀だったトロントと比べると落ちるが、ローカル空港には無かったスープがポイント。



離陸前のウエルカムドリンク(左)に続いて、離陸後の食前酒。
食前酒のおつまみを往路便の紹介では載せていなかったので、こちらに掲載した。(右)



往路の洋食があまりにも貧弱だったので、復路の最初の機内食では和食を選択した。
この頃は、出発地の料理を頼むのがベターであるという認識がなかったので、逆の選択をしてしまったようだ。
日本発は和食、現地発は(特に現地の航空会社に搭乗した場合ほど)現地食を選ぶのが良いかと思うが、ANAに関しては現地食の水準が極めて低いので、往復とも和食の方が良いだろう。(私は和食を好んで選ばないので、今後搭乗した際のレビューも非和食が中心になると思う)

決して誉められた内容ではないが、カナダで調理したものと考えれば上等。
最初にこのプレートが出てきたので、御飯の代わりにそばなのか、と思ってしまった。







かなり後になって、御飯と味噌汁の登場。



この御飯、米国米みたいに不味いが、海外発の便で和食を頼むと日本の航空会社でも真っ当な「ごはん」が出てくるのは稀なので仕方ない。もちろん味噌汁も、出汁が少なくて不味い。

メインは、蒸した銀鱈(メニューでは「西京味噌焼」)。
左手前の物体がなんだか分からなかったが「茄子の揚げ煮」と記されていた。確かに茄子っぽかったが・・



往路と同様にチーズが出てきた。
写真判断だが、往路よりも美味しそうに感じる。



最後はアイスクリームとフルーツ。これも往路と同じだ。



到着前の朝食は、往路で和食を選んだので洋食を選んだ。
しかし、メインの他はフルーツだけって、寂しいなぁ。




ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/エア・カナダ:トロント⇒ハリファックス⇒セントジョンズ⇒トロント⇒ウィニペグ

評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
注:食べログの日記から移植したものです。 《登録日:2013/9/28》

4回搭乗したエア・カナダの国内線に関しては、食べログの日記と同様に1本にまとめて登録することにしたい。
もちろん、ラウンジ情報も含めて写真を多少加えてある。

①搭乗:[2008/9/12 AC618便] トロント(YYZ)⇒ハリファックス(YHZ)



まずは、トロント空港の Air Canada のラウンジ。
日本、アジア、米国、欧州とあちこちのラウンジを利用しているが、ここの食事が一番充実していた。(注:2008年9月時点での話で、現在のランキングは こちら

Air Canada の本拠地だけあって広々としたスペースで居心地満点。
写真は夕食時のものだが、このほかにスープが2種、パンやフルーツ・チーズ類も用意されていた。



トロントからハリファックスへは夕方便で2時間のフライト。
国内線なので ANA で言えばプレミアムクラスとの比較になると思うが、食事が2択というのは嬉しい。
パスタとの選択だが、選んだのはチキンの照り焼き風ライス。



なんとなく国際線エコノミーで出てくるような食事だったが、サラダと瓶入りバルサミコドレッシングの量がある点で、エコノミークラスとの差別化を図っている。

右下の白い包みは小型のシェルチョコレートをピーナッツチョコで二重コーティングしたお菓子。
他の便でも必ず付いていた。

②搭乗:[2008/9/15 AC652便] ハリファックス(YHZ)⇒セントジョンズ(YYT)

3日後、カナダの離島ニューファンドランド島のセントジョンズへの便。
所要時間1時間半の昼のフライトだ。



ハリファックス空港のラウンジにも、サラダとスープがあった。
他の食べ物があったかは記憶にないが、とかく不足がちとなる生野菜を空港ラウンジでたっぷりいただけるのはありがたい。世界のラウンジでの標準仕様といえるのだが、ANAのラウンジには無いのだ!(注:最近登場したが、JALのラウンジと比べると極めて貧弱)

機材は、日本ではなじみの無い「Embraer 190」という93人乗りの小型飛行機。
それでもビジネスクラスは9席あって、左右非対称の1-2列配置だった。



小型機のランチとあって、メイン1皿だけのワンプレートミール。
ここでもメインは2択というのだから素晴らしい。国内線の機内食としてはかなり優秀。
中央は当地定番のたっぷりのポテトサラダ。トマトがやたらと硬いのが印象的だった。



最初の写真では認識できないが、ポテトとレモンの間に、(たぶん)カナディアンサーモンのマリネが添えられていた。ポテトサラダの付け合せという盛り付けだが、こちらがメインでないとことが不思議。

③搭乗:[2008/9/18 AC697便] セントジョンズ(YYT)⇒トロント(YYZ)

ニューファンドランド島で3泊してからは、トロント乗継でウィニペグへ。



僻地ともいえるセントジョンズの空港にもラウンジがあった。
写真左手に食べ物が並んでいたが、乗継地のトロント空港のラウンジが優秀なので手を付けなかった。
何があったか記憶も無いが、並んでいる大皿を見た感じではハリファックスと同レベルだろう。



トロントまでは3時間半という夕方の長いフライト。
国内線という事もあるから高望みは出来ないが、ハリファックスからの往路よりはボリュームのある皿がトレイに乗って出てきた。



野菜たっぷりの中にチキンソテーが少しだけ顔を見せている。トッピングはカッテージチーズ。
メモが残っていないので断定はできないが、ここでも2択だったはずだ。

④搭乗:[2008/9/19 AC261便] トロント(YYZ)⇒ウィニペグ(YWG)

1泊しての乗継便(24時間以内なので途中降機にカウントされない)は翌日の朝。
再びトロント空港のラウンジで朝食をいただいた。



食べた写真が残っていないのは、食べていないからだと思うが、愛用しているHILTON系のモーテル「Hampton Inn」の朝食と同じような充実度で満足。(宿の朝食をたっぷり食べたからパスしたハズ)



2時間半のフライトだが、中型機ということで朝食といえどもしっかりした皿で出てきた。



中央の黄色い塊はオムレツ、その左横にチーズクリーム系のサラダのようなもの(美味しい!)、ソーセージにはドライトマトが添えられていた(これも旨い)。
オムレツの右は定番のハッシュポテトだけど油ぎっとりで食べれなかった。

以上、エア・カナダの国内線ビジネスクラスの4フライトでの機内食の紹介だが、国内線としては優秀と言えるのではないだろうか。長距離路線では★2つの採点だったが、国内線は★4つを進呈することにした。

評価対象外だが、パソコン用のシート電源が小型機も含めてすべてのフライトに装備されていた点でも、特筆ものだと思う。(ANAの国内線ビジネスクラス=プレミアムクラスでは未だに無いに等しい状態!)
もちろんシートは、欧州域内線と異なり広いビジネスクラス仕様。
エア・カナダの国内線ビジネスクラスは、価値ある選択だと思う。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>